注意されっぱなし
練習試合で遠征しました。
今日遠征したのはチ−ム全員ではなく11人だけ。
つまり交替要員がいないので
怪我でもして1人欠けたらチ−ムに迷惑がかかります。
どうかケガをしたり、肉離れが再発しませんようにと願いながら見ていました。

40分×5試合という厳しいスケジュ−ルにもかかわらず
心配していたことは起きなかったのですが。。。

試合中、ずっとず〜っと息子は監督から注意されっぱなしでした。
それは今迄私が息子のプレイを見ている中で気になっていた全てを
1日かけて指摘されたという感じでした。
これには息子も落ち込んだようで、頑張ろうとしているのは伝わってきたけれど
気持ちが下を向いているのが手に取るように分かりました。

帰宅後、監督からあれだけ言われたのだから
私からは何も言うのはやめようと思ったのですが
息子の気持ちが落ち込んだままでは次につながらないと思い
話をすることにしました。
プレイに対する細かい指摘は監督がしていたので
私からはそうではない部分の話をするために
お互い正座をして冷静に話しをしました。

まず息子の気持ちを聞くとやはり私が予想していた通りかなり落ち込んでいました。

でも全国大会の切符を勝ち取るには、
指摘されたことは最低でも出来なくてはいけない事であること
(指摘された内容は殆んどが基本的なことだったので)、

全国の予選が始まる直前ではなく、
今の時期に出来ていないことが明確になって良かったということ
(練習をして克服すれば良いのだから)、

今日の遠征に来たくても来る事が出来ないチ−ムメイトもいた中で
大変貴重な経験を5試合もさせてもらったのだからそれを次に活かそう、
こんなことでいちいち落ち込むような精神的な弱さがあったら
今後11人のメンバ−には入れない等々
決して怒ることなく切々と語りました。

息子が今日書いたサッカ−ノートを後から見ると
「今日は監督に怒られっぱなしだったけど、
今度は褒められっぱなしになるように頑張る」旨が書いてありました。
そうだそうだ、次頑張ればいいんだよ!
但し予選まであと数ヶ月。
同じ指摘を二度とされないように練習あるのみです。
朝練
今日も朝6時半から息子の朝錬に付き合いました。
ちょっと張り切り過ぎて体がだるいです(苦笑)
プ−ルに入った後のようなだるさかな?

今日は息子にダメ出しをしました。
フェイントが大分出来るようになったのに
あまり相手を抜けないのはどうしてだろうとここのところ考えていました。
それは行きたい方向とは逆の方向に一度顔と体を向けていないからだということに気付いたのです。
つまり本人がボ−ル(下)ばかり見ているので
息子のフェイントではひっかからないのです。
それをしつこく伝えると息子は段々不機嫌に。
息子は逆を見てると言い張るのですがそれは目だけ。
決して顔と体は行きたい方向とは逆の方を見ていないよ。
今度フェイントの練習風景をビデオにでも撮って本人に見せるしかないかしら。もう〜(怒)!!!


サッカ−はさておき、動き出す時間が早いと今日1日が有効に使えます。
今日はこれから親子教室の卒会式の準備を進めよう。
それから夕方サッカ−スク−ルに行くまでにお夕飯もちゃんと作らなきゃ。
今日は家族が大好きな春巻きを作ろうっと。

でもやっぱり最後に息子に一言。
人のアドバイスは素直に聞いた方がいいよ!!!
素敵な女性
今日は2才児の親子教室の日。
このクラスにとっては冬休み後初の教室だったので
いきなりじっくり取り組むような工作は避け
親子で体を動かすゲ−ムを沢山取り入れました。

今日の教室には私の知り合い(Fさん)が見学にいらっしゃいました。。
この方は娘のミュ−ジカル出演を機に親しくさせて頂いている方で
ピアノの先生もされています。
人生経験も豊富で、二十歳になるお嬢さんもいらっしゃるので
子育ての良き先輩でもあります。

そのFさんが1〜2才のお子様にリトミックを教えてみたいというお気持ちが有り、
1〜2才児はどんな様子なのかをご覧になりたいということでお越しになりました。
親子教室終了後、一緒にランチをしたのですが
今日の様子をご覧になって1〜2才児でこんなに取り組めるものかと大変驚いていらっしゃいました。
中には皆と一緒に取り組まないお子様もいましたが、
それはこの年齢ならそういう日があっても当たり前のこと。
Fさんも同じことをおっしゃっていました。
「でもその輪の中にいなくても皆の方をチラッ、チラッと見ていたのよ。かわいいわよね。」とも。
Fさん、良く分かっていらっしゃる!
輪の中にいないからと言って楽しんでいないとは限らないし
子どもは五感を使ってちゃんと見聞きしている、
だから部屋から出て行かなければ大丈夫なんだという話もしたりしました。

その後も教室を主宰しているという同じ立場にいるもの同士、
様々な話をしました。
Fさんからは沢山のお知恵と、今迄経験しているからこそ言える貴重な数々のお言葉を頂き、
却って私が勉強させて頂いたようでした。
Fさんが「子どもって本当にかわいい。すごく癒される。」ともおっしゃていたのですが、
こんな素敵な先生にピアノを教えてもらっている生徒さん達は本当に幸せだと思いました。
1週間振りに
軽い肉離れと診断されてから昨日までの1週間、
サッカ−生活から遠のいていました。
1週間、ボ−ルを蹴らない日なんてこれまでなかったし、
目標を達成する為に立てた今月の予定が狂うので少々不安でしたが
焦って練習を再開したところでひどくなったらもっと長引くと思い
ボ−ルを蹴るのは親子で我慢、我慢。

でも整骨院の先生からテ−ピングを巻けばやっても大丈夫だと言われたので
昨日のスク−ルから復帰しました。

やっぱり1週間ボ−ルを蹴らなかったのは痛いね〜。
ボ−ルが足についてなかったもの。

今週末、公式戦があるから徐々に調子を上げて下さいな。


似てる!
娘の中学で百人一首が行われ見学をしてきました。
百人一首は上の句と下の句をきちんと覚えていないと取る事が出来ません。
終了後、取った枚数の個人の成績発表が行われ
その上位に娘のお友達の名前がありました。
お母さんも来ていたので「すごいね〜。」と声を掛けると
やはりコツコツ覚えたのだそう。
果たしてうちの娘は覚えてこの百人一首に臨んだのかしら???

その後、役員さんが準備をした豚汁を子ども達に配りました。
会場の体育館が寒かったので美味しさが増したのでしょう、
7杯おかわりしていた男の子もいました。

役員さんの手が足りないと言うので片付けを手伝う事に。
その間、○○くんはどうだとか○組はどうだとか
あまり好ましくない話が飛び交っていました。

帰宅後、その話の内容を娘に伝えると
「私、そういう話キライなんだよね。そういう話は良くないよ。」と分かったかのような顔。
でもその感覚、よ〜く分かる。私も同じ気持ちで聞いていたから。
前向きな話ならよそのお子さんの話もいいのだけれど
ウワサであれこれ話しているのを聞くのは、
例え自分の子どものことではなくても聞いているほうも辛い。
その感覚がやっぱり親子で似ているんだな〜。

そうそう、今日は何枚取れたの?と聞くと
「15枚!6句しか覚えていかなかったのにすごいでしょ!」だって。
もう、本当に先が思いやられます(苦笑)
有り難いこと
積もりましたね〜、雪。

積もると私の出番!
主人の実家の私道を雪かきするのが何故か私の役目となっています。
頭ではお役に立てないので仕方がないか(苦笑)。。。

この私道、結構長いのと視力の弱い義父の為に
義父がいつも歩く道路まで雪かきをしていたら2時間かかりました。
雪は重いし、かいている側から積もっていくので少々大変でしたが
大雪が毎日降っている地方や雪かきをしてくれる若い人がいない地域の方を思うと
このくらいで大変だなんて言ったらバチが当たるよね。

雪かきが終わると義母は美味しいお汁粉を用意していてくれました。
それからお夕飯の足しにとおでんを大量に作って持たせてくれました。
本当に有り難い、有り難い。
そう言えば道路を雪かきしている時に通りがかりのおばあさんに
「雪かきどうもありがとう。」と言葉を掛けてもらいました。
そういう温かい言葉も有り難いよね。

他の家族3人はどうしてたか。
主人は会社、娘は今月末に受ける英検の勉強の為に塾にこもりっきり、
息子は沢山のお友達から電話をもらって雪で滑り台を作りそりで滑って楽しく遊んだようです。
女の子にはもてない息子ですが、同性のお友達が沢山いることも有り難いことです。

新年会
サッカ−の新年会に出席しました。
忘年会だ、新年会だ、打ち上げだと理由を作っては飲むのが大好きなチ−ムなのです。
私も全くお酒は飲めなくても普段話せないことをゆっくりじっくり話したり
本音で語ったりする雰囲気が大好き!
でもちょっと回数が多いかな?と反省もしたりして。

2次会のカラオケまで行き、帰宅する頃には雪が舞っていました。
明日は甥っ子のセンタ−試験。積もらないと良いのだけれど。。。
目標に向かって真面目にコツコツ勉強してきた甥っ子。
どうかその努力が報われますように。
やっぱり
息子が足はそれほど痛くないと言うので
昨日サッカ−スク−ルに行き普段通りの練習をしました。
が、家に着くとびっこをひき始めたので
本日整骨院に行ってきました。

予想通り、かる〜い肉離れでしたが
サッカ−は金曜日まで我慢すれば大丈夫だと診断を受けました。
昨日のサッカ−中に足が痛くなかったのは
やっている最中はアドレナリンが出るからだそうです。

この整骨院、友人の紹介で知ったのですが
あるオリンピック競技の専属マッサ−ジ師で
スポ−ツ医学に精通されているそう。
市内にこんな素晴らしい先生がいらっしゃることは知らなかったので
サッカ−仲間に教えてあげようっと。

さてさて、サッカ−が出来ないからと言っても安々と休んでいる訳にはいきません。
5ヶ月後には全国の切符をかけた予選が始まるからです。
と言う事で、今日のスク−ルは見学。他の子のプレイを見るのも勉強です。
息子はコ−チの隣に座って、皆のプレイについて説明を受けたり
息子自身に対してアドバイスを頂いたりと
見学でも十分得るものがあったスク−ルでした。

スク−ル終了後、息子が「皆のプレイを見ているだけで実際にボ−ルを蹴れないのは本当に悔しい。」と一言。
感情をあまり表に出す事のない息子なのでちょっと驚いた一言でした。
ボ−ルを蹴らない日なんて今迄なかったので
たまにはこういう日があってもいいのでしょう。
焦らずゆっくり治そう!
講習会
PTA主催の読み聞かせの講習会に参加してきました。
親子教室を1人で運営しているので
新しい情報を得る為にこういった講習会には時間が許す限り参加するようにしています。
講師の先生は全国を飛び回っている方なので
絵本のことは勿論、その絵本が書かれた背景や
作者・作家の生い立ち等お詳しく、大変勉強になりました。

また素話といって本を見ずに語る手法で4作品を語って下さいました。
心温まる作品有り、ファンタジ−の世界へ誘なう作品有り。。。
心打たれる素話ばかりだったので、学校にいるという現実を一瞬忘れた程でした。

講師の方のお話の中で印象に残ったのは
「お話会の主人公は語り手ではなく、聞いている人。
語り手は3割程の力しか持っていないけれど
残りの7割の力をを聞いている人からもらって
お話会をしているのです。」というお言葉でした。
私も教室で読み聞かせをする時には
その気持ちを忘れずに臨みたいと思いました。

肉離れ?
今日はサッカ−の招待試合で遠征でした。

試合と試合の合間にコンビニに行こうと歩いていたところ
どこかで見た事のある女性に会いました。
でもここは家から車で1時間もかかるところ、お会いする訳ないと思いつつ
その女性のお母様らしき人と手を繋いでいるお子様に目線を向けると。。。

やっぱりそうだ!親子教室に通って下さっているUさん親子だ!

思わず「Uさん!!!」と声を掛けると
「うわ〜、どうしてこんなところに先生がいらっしゃるんですか〜!!!」とUさんもかなり驚かれた様子。
そうだよね、こんなところでお会いするなんてお互い思わないものね。
ちなみにUさんは動物園に行かれる途中だったのだそうです。

さてさて、題名の肉離れについてですが、
帰宅後息子が右ふくらはぎが痛いと言い出しました。
今日の試合と試合の合間に50分間走をしたこともあり
筋肉痛でしょうと軽く考えていたのですが
痛がり方がどうもいつもと違うのでネットで調べることに。

ま、まずい、なんか症状がかる〜い肉離れっぽい。。。
でもアキレス腱を伸ばさなければ痛くないというので
湿布を貼って様子を見ることに。
故障しない為には毎日の練習だけではなく、
ストレッチ等の柔軟体操も大切なようです。
ボ−リング対決!
いくつか通っている息子のサッカ−スク−ルの1つが年明け初日でした。
そのスク−ルの友人達とスク−ルの前にボ−リング大会を行いました。

最初はただ楽しむだけ。。。のはずでした。

ところが!

私と同じぐらい(もっとか?!)負けず嫌いな友人Sさんと争ううちに
2人共闘志メラメラ!!!

普段は120〜130ぐらいのスコアしか出せない私ですが
ストライク、スペア、ストライク×3回と続き、
終わってみると自己ベストの167。
負けたくないという気持ち1つでこんなに高いスコアも出るのね〜と自分でもビックリ。

勝敗?
勿論勝たせて頂きました(笑)
Sさん、またの挑戦をお待ちしていますよ!!!(爆)
前向きな気持ち
今日は高校サッカ−の決勝。
平山選手が国見高校で活躍していた年には
チ−ムの皆で決勝を見に行ったっけ。

さて、今年はどうしよう。。。
私は国立に足を運んで息子に見せたいという気持ちでいたけれど
念の為どうするかを息子に尋ねてみた。
すると
「行きたいけど、行くと自分の練習が出来ないからDVDに撮って後から見るよ。」という答え。

補足すると、息子はゴ−ルのある小学校の校庭で練習をしたかったらしい。
校庭開放は午後のみ。確かに高校サッカ−と時間が重なる。

そうか〜、そんな事を言うようになったのね。
息子の前向きな選択が嬉しかったし頼もしく思えた。

せっかくやる気を出しているのだから練習に付き合おうと準備をしていたところ
「本当は○○(息子のこと)に高校サッカ−を見せたいより自分が見に行きたかったんでしょ。」と主人。
完全に私の心を読んでいました(苦笑)
応援に行ってきました
息子の遠征先の静岡へ応援&お迎えに行って来ました。
過去に全国大会に出場した経験のあるチ−ムが多数参加している大会だったので
どの試合も素晴らしいプレ−の連続。
見ていてとても勉強になりました。
(私が学んでも仕方がないんだけど。笑)

「どうしてボ−ルをもらう前に相手を背負わないのよ。」とか
「ゴ−ル前でフェイント1つ入れればシュ−トコ−スが出来るのに」等と
もどかしい気持ちで息子のプレ−を見ていることが今迄多かった私。
でも自主練の成果が少しずつ試合に出始めているのを
確認することが出来た今日の試合となりました。

勉強も他のスポ−ツもそうですが、
毎日の積み重ねって本当に力になるんですよね。
その成果がすぐに出るとは限らないけれど
努力したことは無駄にはならないし、
いつか自分に良い形で返ってくる。
息子のサッカ−を通じて私もそれを学ばせてもらっている気がします。
遠征
息子が静岡に2泊3日で遠征に行くので
東京駅まで送ってきました。

そこにタイミング良く、今回高校サッカ−で活躍していた
大阪朝鮮高校のサッカ−部員(エナメルバックに高校名が入っていた)
が目の前で集合し始めました。

明日から沢山の強豪チ−ムと試合をするというのに
全く緊張感が感じられないチ−ムの子ども達でしたが
大阪朝鮮の選手を羨望の眼差しでじ-っと見て
表情が引き締まったのには驚きました。

子ども達は無事に出発。
せっかく東京駅まで来たし、明日は私の誕生日でもあるので
コ−トを買おうと思ってデパ−トに立ち寄りました。
実は昨年末、義父宅でちょっとしたリフォ−ムをしてペンキを塗っていたのですが、
塗った箇所を知らずに私が寄りかかってお気に入りのコ−トをダメにしてしまったのです。
(クリ−ニングに出しても全くダメでした〜。(涙))
絶対買おうと思って気合を入れてデパ−トに入りましたが
バ−ゲン中なだけあって混み混み。
さ-っと一通りは見ましたが、結局何も買わずに帰ってきました。
(元気な私ですが人ごみは少し苦手)

帰宅後、親子教室に通って下さっている方や
OGから届いた年賀状に返信をしました。
今回、300枚の年賀状を用意していましたが
足りなくて70枚追加で購入。
その70枚も今日で無くなってしまいました。
昨年で300枚強だったので、370枚も書いたのは今回が初めて。
でも親子教室を7年間続け、それだけ多くの親子を送り出したという証でもあるし
今でも教室に通っていた事を忘れずにいてくれるということ、
本当に有り難く思います。


さて、今日で3○才(笑)もおしまい。
明日からも素晴らしい出会いがありますように!
今日も充実♪
娘がミュ−ジカルに出演した時から家族ぐるみでお付き合いのあるSさん宅にご招待されました。
噂では聞いていたけれど大、大、大豪邸!
その大きさに娘も一瞬玄関前でたじろぐ程でした(笑)。

さてこのSさん、容姿端麗な上に何でも出来るス−パ−ウ−マン。
それなのにいつも周囲への心配りは忘れない、本当に素敵で尊敬出来る女性です。
Sさんにはお嬢さんもいらっしゃるのですが、このお嬢さんもこれまた素敵。
我が娘はこのお嬢さんをお姉さんのように慕い、憧れてもいます。
そんな素敵なSさん親子なので、今日は楽しかった〜!
Sさん、今日はお招き頂きましてどうもありがとうございました。
Sさんから頂いた様々なアドバイスも今後の参考にさせて頂きます。
Sさんの手料理も大変美味しく頂きました!

その後、夕方から私の実家へ。
妹夫婦も合流して食事をしました。
時間もなかったので父のお墓参りには行けませんでしたが
仏壇の前で、今年も皆健康で良い1年になることを祈ってきました。

主人は今日でお正月休みはおしまい。
「明日から会社だ〜。」とぼやいていました。
帰宅したのは午後11時。
今日も充実した1日となりました。
お正月2日目
朝は駅伝を見て盛り上がりました。
山梨学院のケニアの留学生の走りは素晴らしかった〜。
でも区間新記録が出なくてちょっと残念。

今日は年賀状を1日中書いていました。
親子教室の方には例年ですと元旦に届くように送っていたのですが
毎年温かいメッセ−ジを書いて下さる方が多いので
それにお返事をする形を今年からとった為です。
今日1日で100枚は書いたでしょうか。
卒会した方からも「今年は小学校に入学します。」と近況報告があったりで
私は孫の成長を喜ぶおばあさんのような気持ちで嬉しく拝見させて頂いています。

夕方からは近くの神社に初詣に行き、お願い事をた〜くさんしてきました。
私が前厄のようなのでお払いもしてもらいました。
おみくじは息子が一番良い結果でした。他3人はまぁまぁというところでしょうか。
占いもそうですが、悪いことが書いてあることこそ真摯に受け止め
そのことを気をつけるようにしています。
私のおみくじには「人の話を良く聞き、謙虚さを大切に。」という趣旨のことが書いてありました。
主人にも母にも良く言われることなのでその内容にビックリです。
新年明けましておめでとうございます
2006年がいよいよスタ−トしました。

例年と同じように家族で新年の挨拶をし、お雑煮を食べました。
こうして家族4人で新年を迎えることが出来ることに幸せを感じます。

子ども達からは今年の目標も聞きました。
娘は勉強と部活を、息子は全国大会を目指してサッカ−を頑張るのだそうです。
目標を持って過ごすと1年がもっと楽しく、充実して過ごせるよ、そんな話を子ども達にしました。

では私の目標は?
これは公私共に言えることなのですが、
何故だか年を追うごとにせわしなく、慌しい生活を送っているので
今年こそは時間的にも精神的にも落ち着いた、穏やかな日々を過ごしたいと思っています。

と毎年新年に同じ事を思うのですが、実行された試しがないのよねぇ。。。(苦笑)

それでも具体的に目標を掲げると。。。

1.仕事面では今年は親子教室を拡大せず、着実に丁寧に仕事をしていきたい。
2.プライベ−トでは特に息子の夢を叶える為に練習にはとことん付き合うつもり。
3.今年こそはダイエットを成功させたい!(難しい目標だ〜。。。)

以上達成出来るようにコツコツ頑張りたいと思います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

午前中のお楽しみと言えば、年賀状!今年も沢山頂きましてありがとうございます。
普段、なかなか連絡が取れない方からの近況報告や、
親子教室にお越し頂いている方からは教室の感想が書かれていて
嬉しく拝見させて頂きました。
「HP見てます。」と書いて下さった方も多くて、
長期間更新出来ないことがあることを反省したり。
写真入りの年賀状も多く、お子様の成長振りにびっくりしました。

写真と言えば、面白かったことが1つ。
主人の会社の上司(推定年齢50歳くらい?)がご夫婦で赤ちゃんを抱いている年賀状を見た主人が
「え〜、赤ちゃんが出来たの〜?」と驚いていた事。
「その上司なら昨年の年賀状に孫が出来たと書いてあったけど。」とボソッと指摘すると
「そうだよね〜、あ〜ビックリした!」ですって。
お正月早々天然な主人に大爆笑してしまいました。

息子のサッカ−の練習にも付き合いました。
目標を達成するには地道な努力あるのみです。

午後は昨日作ったお料理を持って(沢山作りすぎてしまった〜)主人の実家へ。
義母、義姉もお料理が上手な上に沢山作るのでお料理がテ−ブルに乗り切れない程あって何を食べたらいいのか分からない程。
とても華やかで賑やかな食事となりました。

夜は目標3を達成する為、元旦だと言うのに主人と1時間のマラソンをしました。
(正確に言うと目標達成の為と言うより、
今日食べた分を消化する為と言った方が正解です。笑)


こんな私ですが今年もどうぞ宜しくお付き合い下さいませ。
2006 - January
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー