日曜日だと言うのに主人は仕事が忙しく出社、
娘は朝から部活(大会だったので私は朝5時からお弁当作り)、
私と息子はサッカ−へとそれぞれ出掛けました。

チ−ムの練習の後、いつも学校や公園で自主練をする息子。
でも夕方から雨が降る予報だったので
チ−ムの練習前に1時間公園で練習すると言ってきました。
苦手なトラップを練習するのにボ−ル出しをして欲しいとも言うので
私も付き合うことに。

監督やコ−チからも息子の弱点はトラップだとはっきり言われるだけあって
本当に見るも無残。

素直に人の話を聞くところが息子の良いところだと思っているのですが
今日はトラップの悪い点を私に指摘され面白くない様子。
「文句や言い訳ばかりしたって上手にならないよ!」と突き放し
私も汗をかきながらひたすら1時間ボ−ル出しをしました。

その後チ−ムの練習へ。
偶然、公園でやったトラップの練習をすることになりました。
コ−チは息子を見るなり「○○(息子の事)はこれが苦手なんだよな〜。」
と言いながら息子を見ていましたが
練習の甲斐あってか、一度もミスをしないで
トラップの練習を終えることが出来、コ−チからも褒められたようです。

練習後「ミスしないで出来て良かったね。
上手になるにはコツコツ練習するしかないんだよね。」と息子に声をかけると
「分かってる。」との答え。
本人に頑張る気持ちがあれば
苦手なこともいつか克服することが出来る日が来ることでしょう。


そう言えば、今日は日曜日ということもあって公園には
たくさんの小さな子どもを連れたお父さん達がいました。
さぞかし私を見て
『熱いお母さんだな〜』と思ったことでしょうね。。。(苦笑)