講習会2日目
昨日に引き続き講習会へ参加してきました。

今日は午前、午後共にけが・急病の応急処置の話と実践でした。

教室の中で何かあったら大変なことだけど
でも何が起こっても慌てないように
応急処置の講習会を見つけると必ず参加するようにしています。

誤嚥の対処、人工呼吸、心臓マッサ−ジの実践も行いました。

昨日、今日と有意義な講習会でした。
また2学期もがんばろうと改めて感じることが出来た2日間となりました。
講習会
台風直撃が心配される中、
今日から息子は菅平に4泊5日の合宿に出発。

私は息子を集合場所まで送り届けた後、
その足で浅草まで講習会へ出掛けた。

この講習会、保育士、幼稚園教諭を対象にした講習会で
私が夏休みに楽しみにしていたことの1つ。

1つ目の講習は服部栄養専門学校の服部幸應先生の
「食育」についての話。
現在の日本の教育は「知育・徳育・体育」の3本柱で
基本理念が成り立っていて
そこに「食育」、つまり「人」を「良」くする「食育」を、
教育の3本柱に加えることを服部先生は提唱されているのだそうです。
17年間、研究し続けているアレルギ−の話、
子どもの体温の話、癌の話(高タンパク、高脂質の食生活で大腸がん、直腸がんが増えている)、
骨密度の話、きれる子の話等どれも食育に関係する話で
大変興味深いものでした。

午後は前・文部科学省幼児教育課教科調査官の神長先生のお話。
幼児が生活や遊びを通して学び成長する姿に焦点を当てたお話でした。

最後に男性保育士として活躍されている「まあせんせい」こと
菊池政隆先生の保育実技。
子どもが夢中になる楽しい遊びを目一杯紹介して下さいました。

「ひかりのくに」という先生向けの本を出版している会社が主催したセミナ−だったので
本やCDも数多く販売されていました。
幼稚園、保育園にはそういう方が出入りされているので
本も購入しやすいのでしょうが、
個人で教室を行っている私にはまたとない機会なので
15冊の本と2枚のCDを買ってきました。
今後の教室に役立ちそうな本ばかり買えたのでとっても嬉しかった〜。

合宿から帰ってきました
昨日からお手伝いをしていた合宿から帰ってきました。

その感想を一言で言うと
「技術の向上より生活面を正しに行った」
という感じです。

先輩、先生に対する態度、言葉使い何一つなっていない。

食事の時のマナ−。立てひざをついて食べる、
出された食事を大量に残す、自分の食べたものさえ片付けない。

これはほんの一部。他にも色々有ったので
3日間付き添っていた保護者で体調を崩した方もいたぐらい
生活面で口すっぱく子ども達に言って聞かせました。

でも救われたのは、最終日には子ども達も変わっていたし
先生や保護者のお陰で合宿を乗り切ることが出来たと
代表のお子さんが挨拶したこと。
帰宅後、近所のお祭りに出かけて、
合宿に参加していた子ども達に会ったのですが
男女問わず「合宿ではありがとうございました。」
との声が聞かれた事。
技術の向上は勿論大切なんだけど
生活面で学んだこと、参加した子ども達は忘れないでほしいな。。。

自分の子育ても含めて色々考えさせられた2日間でした。。。
長女、合宿へ
今日から夏休み。
その夏休み初日から娘はテニス部の合宿に山中湖に出掛けた。
朝、7時に集合場所まで見送る。
テニスのことだけではなく、精神的にも強くなって帰ってきてね。

帰宅後義母から電話。
病院と買い物に車で連れて行って欲しいという電話だった。
午後から友人が来るから午前中部屋の掃除をしたかったのだけど
暑い中、病院に行かせるのは可哀相かなとも思い引き受ける。
病院(病気ではなく毎月もらっている血圧の薬をもらう為)、
買い物(スイカやじゃがいも、たまねぎ等の重い物を買った)
を済ませた後昼食を食べた。
食事も済み、デザ−トを食べていると
見た事があるお顔が続々とお店に入ってきた。
主宰している親子教室のOGと現在通って下さっている親子
総勢15名程のメンバ−だった。
久し振りにお会いする方や
卒会後初めてお会いする方ばかりだったので
思いがけないところでの再会に私もとっても嬉しかった。

帰宅後お習字へ。
昨日、先生の作品を拝見し、感じた思いを忘れないように
数枚書き上げてからお習字に向かった。
昇段試験の作品はまだまだOKが頂けそうもないけれど
まだまだ頑張るぞ〜!

帰宅後、友人が遊びに来てくれた。
以前は友人を呼んでよくお茶をしたものだが
ここ数年、親子教室のことで手が一杯で
なかなかそのような機会を持てなかった。
友人を呼んだのも昨年のクリスマスに
自宅でホ−ムパ−ティ−をして以来。
息子が夕方からお習字があったので
ゆっくりとはいかなかったけれど
久々に友人とのおしゃべりを楽しむことが出来て
私も良い気分転換になった。

夜は私も山中湖へ行く準備をした。
実は娘が今日から行っている合宿は学校主催ではなく
様々な事情で保護者主催となっていたので
保護者が付き添わなくてはいけない為だ。
明日も朝が早い。早く寝なくちゃ。
そう思いつつ、準備や明日の主人の夕飯の下ごしらえ等を済ませて
夜中に床に就いた。
今日も
慌しい1日だった。

午前中、9月に行う育成会のお祭り準備の為に
四方八方へ飛び回る。

お昼、終業式を終えた子ども達が帰ってくる。
通知表は。。。まぁまぁというところか。
中1の娘は夏休みの宿題が山のように出されていて
ブツブツ言っている。
部活の拘束時間がとにかく長いので
限られた時間の中でやらなければいけないことを
計画的にこなさなければ8月31日に
大変なことになるよと話しておいた。

5年の息子は宿題が少ないことも手伝って
自由研究以外の宿題を今日終えた。
残りの夏休みは勉強をしない気だろうか?
まぁ、本人に任せてみようっと。

昼食後テレビをつけると夏休み恒例の「五つ子ちゃん」
が始まった。
でもあれ?いつも見慣れた子ども達が出演していない。
もう高校生になった設定になっていた。
個人的には以前の出演者が好きだったので少し残念。

午後からは、私と子どもが習っているお習字の先生が
新聞にも載るような大きな展覧会で素晴らしい賞を
受賞されたので、作品を拝見する為に会場に出向く。
すると、会場の受付で先生にバッタリお会いし
先生と会場を見て回った。
先生はいつもご多忙な方。
いつこんな素晴らしい作品を書き上げているのだろうと
お伺いすると、やはり家族が寝静まった後、
夜な夜な書き上げるのだそうだ。
こんな立派な先生でも書いて書いて書き込んで
展覧会に出されるのだから、
私も昇段試験でヒイヒイ言っている場合ではないと思った。

その後、先生とは別れて新宿に立ち寄った。
主人が以前に購入した背広を受け取りに行くためだった。
主人から教えてもらった住所を頼りに行くも
全然辿り着かない。
おかしいな〜?
道行く人や交番でも教えてもらってもそのような場所はない。
お店に電話して確認しても主人の教えてもらった住所で
合っている様子。
でも1時間半、あちこち歩いても着かない。
いい加減疲れたので、恥を忍んでもう一度お店に電話した。
すると住所の一部に「西」が抜けていたことが判明。
1回目の電話でちゃんと確認したはずなのにどうしてよ〜〜〜!
とりあえず、新宿に着いて2時間後、
無事背広を受け取ることが出来たけど
本当に勿体無い時間を過ごしてしまった。

夕方帰宅後ホッとする間もなく1本の電話が入った。
それは娘が注文していたテニスのラケットが入荷したと
いう電話だった。
本当なら日を改めて取りに行きたいところだったけれど
明日からテニス部の合宿の娘がどうしてもラケットを
2本持って行きたいと言うので
車を飛ばして吉祥寺へ。
方向音痴プラス吉祥寺まで車で行ったことがなかったので
辿り着くか心配だったけれどなんとか着き
ラケットを受け取ることが出来た。

その後学校へ行った。
学校の校庭で、巨大スクリ−ンでディズニ−の
映画を観るという企画があり
私が吉祥寺に行っている間子ども達が観ていたので
私もラスト20分だけ観た。
昼間の暑さとは打って変わって
夜の風が本当に心地良く
穏やかな気持ちで映画を観る事が出来た。
又、子ども達は、学校の校庭で
大勢のお友達と映画を観ることが出来たので
大満足の様子だった。
この企画をされた方、当日お手伝いをされていた方々、
本当にお疲れ様でした。

夜1時間走り、今日も慌しい一日が終わったのでした。
サッカ−の大会
昨日、今日と息子のサッカ−の大きな大会があった。

結果は惨敗。

サッカ−大好きな私が初めて
「もうこれ以上、この試合を見たくない」と思った。
それほど内容の悪い負け方だったし
実力もさることながら
気持ちでも負けていたと思う。

この大会を目標にチ−ムも息子も頑張ってきたはずだけど
これが今の実力だと認識し、また1から練習するしかない。

でもここでこういう思いをして
息子にとっては心底良かったと思う。
目指すは来年の全国の切符をかけての大会。
それまでにチ−ムがどう変わるかが楽しみである。
ヘトヘト。。。
昨日、親子教室のお祭りをお休みされた方に
お祭りで配った景品を渡す為
午前中に5組の親子と待ち合わせをした。
皆さん、それぞれお忙しいのと
まだ具合の悪いお子さんもいらしたので
待ちあわせ場所は市民会館だったり、
ご自宅に伺ったり。
無事、皆さんにお渡しすることが出来、
これで本当に1学期が終えた気がした。

午後はテニス部の片付けの際にポ−ルとポ−ルの間に手を挟み、
指を骨折しているかもしれないという娘を
病院に連れて行った。
レントゲンも撮ったが、結局骨折ではなかった。
でも子どもは骨が柔らかいので
後からひびが入ったりするのだそうだ。
1週間経っても痛みがひかないようなら
ひびが入ったかもしれないから
またいらっしゃいと言われた。

せっかく整形外科の2番の予約券を取ったのに
支払いを済ませると3時間も経っていた。
も〜う、時間が勿体無い!

午後からは育成会主催のお祭り準備の予定が入っていたので
遅ればせながらダッシュで現地に向かった。
も〜う、なんだか汗だく。。。

夜は塾の個人面談があったりと、いつものことながら
一日中走り回っていたのでした。
1学期終了!
今日は2才児さんのお祭りだった。
でも夏風邪をひいているお子さんが多く、
残念なことに6組の親子が欠席だったが
お祭り自体は滞りなく終えることが出来た。

今日で主宰している親子教室の1学期も終わり。
これから私自身も夏休みに入る。
お越し頂いている保護者の皆様のご協力のお陰で
1学期も無事終えることが出来たことに
感謝の気持ちで一杯である。
この場を借りて皆様ありがとうございました
夏休みに英気を養って、また2学期も頑張る所存です!

1学期の間、走り続けてきてホッとしたいところだけど
家に帰ると現実が。。。
今日はお習字の日なのだ!

マズイ、また課題を書いていないよぉ〜。。。
先週に引き続きしごかれたのは言う間でもありません(苦笑)
息子のサッカ−2
今日も朝から他チ−ムを招待しての練習試合だった。

が、夕べの強雨でグランドコンディションは最悪。
朝6時に連絡網が回ってきて、
「ぞうきんでグランドの水を吸い取るので
大量のぞうきん、バケツ、着替えを持ってきて」
とのことだった。

車を1時間飛ばしてグランドに着くとそこは田んぼ状態。
こんな状態で他チ−ムを呼んで練習試合なんか出来るのかと
皆口々に言っていたが、
「もう呼んでしまっているのだから早くやろう!」
と何故か私がゲキを飛ばして
(だって、ゴチャゴチャ言っていたって仕方ないし。。。)
水を雑巾で吸い取ってはバケツに絞り、
その水をグランドの端に捨てに行くという
なんと〜も地味な作業が始まった。

子ども達もブ−ブ−言いながら作業をしている。
あんまり小言を言う子が多いので
「練習試合や公式戦の時は、皆はいつもグランドに行けば
すぐサッカ−が出来る状況にあるけれど
大会を主催しているチ−ムや、練習試合の時に
グランドを提供してくれているチ−ムは、
いつもこうやって皆が来る前にグランドを
整備してくれているんだよ。
そういう状況に感謝しなきゃいけないよ。」
と話すと分かってくれたのか
黙々と作業をする子どもが増えた。


1時間半、汗だくになりながら広いグランドの水を吸い取り
ようやく練習試合が開始。
強豪チ−ム相手だったが結果は全部勝つことが出来た。

練習試合が2時頃終わり、
これで帰る事が出来る〜と思ったのも束の間、
休憩後また練習。

そのグランドに今度はチ−ムの6年生も加わり、
最後は5年対6年の試合を行った。
監督には0対5で5年生が負けると言われていたが
終わってみると0対0であった。
朝から雑巾の吸い取り作業をし、
練習試合もこなした後の割には
見応えのあるゲ−ムであったように思う。
来週の大会に向けてチ−ムの状態は上向きになってきた。
来週の大会がとっても楽しみになってきた。

帰宅するともう午後8時。
今週もサッカ−三昧で週末が終わった。
息子のサッカ−
今日は朝から息子のサッカ−の招待試合で遠方へ。
来週行われる大きな大会を見据えて
フォ−メ−ションの確認やチ−ム戦術の確認をする
大事な招待試合だった。

結果は思ってもみなかった優勝。

どうして思ってもみなかったかと言うと
5年生ながら6年生大会で戦ったからだ。
息子はフォワ−ドとして出場、
決勝では1ゴ−ル1アシストをし
少しはチ−ムの為に貢献出来たのではないかと思う。

決してサッカ−が上手ではない彼が、
監督・コ−チの教えてもらったことを素直に聞き、
その上でコツコツコツコツ練習してきた結果が
少しずつだけど、発揮出来る様になってきた。
試合で結果を残せれば、
本人のやる気にもつながっていくだろう。

遠方に来たので、ス−パ−に立ち寄った。
東京で最近手に入らない粉末寒天を買う為に(笑)
おかげさまで20箱も買い占め、
これでしばらく寒天探しもしなくて済む(笑)
昇段試験
午前中は明日の親子教室のお祭りの準備。
4日にも同じ内容で行っているので
そんなに準備がないと思いきや、
細かくチェックしていくとやるべきことがあるあるあるある。。。
明日のお祭りを成功させるには、
この下準備が完壁なことが絶対条件なのだ。

午後は習字。
2年前から始めたお習字だが
いつの間にか昇段試験を受けるまでになった。
時間がない中、頑張ってきた甲斐があったな〜。。。
昇段試験は1年に1回の夏だけ。
(3年前に受験した保育士の試験にシステムが似ているな〜)
これに合格しないと、段が取れないのである。

7〜8月のお習字は昇段試験の為の課題の特訓となる。
課題は楷書と行書で書く物が3つと作文である。

作文はなんとかなるような気がするが3つの課題が難題だ。
本当は家で書いた物をお習字の時間に先生に見て頂き
直して頂いたところをまたそこで書くというのが先生のスタイルなのだが
親子教室が1学期も終了間際でバタバタしていて
家でゆっくりじっくり課題に取り組んでいる時間が少しもない。
ということで1つも課題に取り組むことなくお習字に行き、
今日もみっちりばっちり5時間しごかれた(苦笑)

もうすぐ親子教室も夏休みになるから
そこからもうちょっと頑張りま〜す!
またまた寒天
昨日に引き続きまた寒天のデザ−トを作りました。
今日の寒天は牛乳寒天。
お水の変わりに牛乳を入れれば簡単に出来ます。
特に作ろうと思って作るのはなく、
朝食や夕飯を作る合間に簡単に作る事が出来るところが気に入っています♪
最近はまっている物
それは寒天のデザ−トです。
義母が毎年お正月に色とりどりのデザ−トを入れ、
寒天のデザ−トを作るのですが
これがものすごくおいしくて私のお気に入り!

又、運動不足でちょっと太り気味の義父の為に
義母が色々と工夫して寒天でデザ−トを作り、
低カロリ−を心掛けているところを見て
私も2ヶ月前から作るようになったのです。

写真は私が作った果物を入れた寒天デザ−ト。
寒天の粉末をお湯で煮溶かして果物を入れた容器に
流し込むだけの簡単デザ−トです。

ここのところ寒天ブ−ムですよね。
色々な番組で寒天を特集し、
特にダイエット効果が有るということで
大きく取り上げられているので
困ったことに寒天の粉末が売り切れで手に入らないのです。
今はストックしてあった物で足りていますが。。。

ロ−カロリ−で食物繊維たっぷりの寒天を
皆さんも機会があったら作ってみてくださいね!
保護者会
今日は息子(小5)の小学校の保護者会があった。
夏休み前ということで先生からは様々なお話を伺った。
その中でも印象に残った話を1つ。

クラスの子ども達は本当に良い子で素直で
何でも一生懸命取り組む生徒なのだそうです。
ただし。。。「幼い」のだそうです。
何が「幼い」のかと言うと
お友達に何か言われたとか、何かされた時等に
「○○ちゃんに○○言われた(された)。」とすぐ先生に
言いに来るのだそうです。
それの何が悪いのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
5年生と言えばもう小学校高学年。
もうそろそろ自分で考え、自分で解決する力を持たなくては
いけない時期なのではないかと先生はおっしゃる訳です。

私も『なるほど〜。』と思うと同時に
娘(中1)の中学入学後の初めての保護者会でも
「この学年は今まで見てきた中でも特に幼い。」と
先生がおっしゃったことをすぐに思い出しました。
言うこと、やることが幼いのだそうです。

それにしても申し合わせたかのように小学校、中学校で同じことを言われるなんて
最近の子どもが全体的にそうなのか、それともこの学年に限ったことなのか?

果たして我が子はどうであろう?
息子は。。。学校やお友達の前で見せる顔と
家で見せる顔は違うと思うのでなんとも言い難いけれど
家では年相応のように思う。

娘は。。。「幼い」とは思わないけれど、中学入学後はちょっと難しいと感じている。
小学生の時までは天真爛漫なところが娘の特長だったけれど、
今はとにかく疲れていて以前のように笑うことが少なくなった。

テニス部に入ってからは平日は帰宅が7時半、
その直後休む間もなく塾や習字の習い事、
帰宅後学校の宿題や塾の宿題等やらなければいけないことをこなし終わると
時計はもう12時、1時を回っているという日は珍しくない。
土日もテニスの大会や練習試合が入っていて、
朝6時に出て、夜8時に帰宅ということも多々ある。
とにかく疲れきっている→疲れているから話をしない
という悪循環なのだ。
そのハ−ドさを物語るように、娘は中学に入って4キロ体重が減った。
痩せるお年頃ということを考慮しても、
3ヶ月で4キロ減は子どもの体としてはちょっと心配なことではある。
娘のちょっとした変化を見逃さないように、
これから少し気をつけようと思う。

それにしても子どもって、いくつになっても悩みが尽きないな〜。
今日の保護者会は自分の子育てを見直す良いきかっけとなった。



お祭り当日
今日はお祭り本番!
成功しますように、変なドジをしませんようにと
心の中で念じた。

そんな緊張感溢れる中。。。

あまりにも荷物の量が多いので
思わず荷物の一部を写真に撮ってしまいました。
どれくらい多かったかというと
会場の駐車場と会場のお部屋の間を6往復したほど。

お陰さまでお祭りは混乱なく無事終えることが出来ました。
参加して下さった皆様、ご協力ありがとうございました。
30分だけ寝た
明日は親子教室のお祭りの日。
というのに準備がまだ完璧ではない。
そうならないように6月からコツコツ準備をしてきたつもりだったけれど
飾り付けやおみこし作りに凝っているうちに
案の定、切羽詰まってしまった。

今日は日曜日だったので1日中準備が出来れば良かったのだけど、
朝から晩まで息子のサッカ−の付き添いだったので
そういう訳にもいかなかった。

夜サッカ−から帰宅後、必死で準備をした。
途中30分だけ寝て(寝過ごさなくて良かった〜)
なんとか準備を終えることが出来た。

明日、皆、喜んでくれると良いな〜。
体重計
1ヶ月前の話。
長年使っていた体重計が壊れたので新しく購入した。
どうせ買うなら特長ある製品が良いと思い
TANITAのインナ−スキャンという商品を購入してみた。

この体重計は最近良くある体重計プラス体脂肪率を測れる他に
内臓脂肪量、筋肉量まで分かる。
その上、自分の基礎代謝量が分かり、
それにより自分の体内年齢まで分かってしまうという優れものだ。

そしてそして、私が最もこの体重計に惹かれた点は
「女性ダイエットモ−ド」と言って
ダイエットすると一番効果的な時期、チャレンジ時期、
リラックス時期を教えてくれる機能が付いているところだった。

この1ヶ月間、それらの数値をノ−トに取っているのだけど
体内年齢が実年齢より10才以上も老けていたことが分かった。
又、夕飯を軽めにして体重が多少減ったとしても
基礎代謝が下がり、却ってやせにくい体になることも分かった。

正しい知識で、正しいダイエットをしないといけないということが良く分かった1ヶ月だった。
夕飯
和食大好きな娘が「今日はいわしのつみれ汁が食べたい!」と言い出しました。
そのメニュ−は義母が良く作ってくれるお料理。
でもって、私は作ったことがない。
どうしてかと言うと。。。

ほんと〜うに恥ずかしいのだけど、主婦15年目にして
お魚を下ろしたことがない。
どうしてか?それは簡単、魚を下ろせないのだ。
(イヤ〜本当に恥ずかしい。。。だって、自分で下ろすの
気持ち悪いし、恐いし。。。ブツブツ。。。)
でもいわしのつみれ汁を作るにはいわしを下ろさなければ
作ることが出来ない。

よ〜し、ここは頑張って下ろしてみようか。
ということでいわしを見て恐い、キャ−という声を発しながら、
そして水をジャ−ジャ−流しながら下ろしてみた。

結果は。。。
やってしまえば意外な程簡単だった。
そして出来たつみれ汁のお味は。。。
すっごく美味しかった。
家族にも大好評だった。
義母にも作り方を散々聞いたので出来たものを持っていくと
そこでもお褒めの言葉を聞く事が出来た。
15年間出来なかったことがこんなにあっさり出来るなんて
チャレンジしてみるものだな〜。



2005 - July
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー