再会
今年3月に親子教室を卒会した3組の親子が
幼稚園の制服姿を見せに会いに来てくれました。
卒会しても会いに来てくれるなんて嬉しい、感激の一言に尽きます。

たった4ヶ月しか経っていないのに3人共大きくなって、
しっかりして、言葉数も増えて入園するとこんなに変わるものかと驚かされました。

幼稚園の話しや親子教室在籍中の話などに花を咲かせたのですが
以前に悩んでいたことや心配だったことも
「こんなこともありましたよね。」と笑って話せる状況になっていました。

子どもが小さい時は手が掛かるので大変だし、
大きくなったらなったで他の悩みは尽きないけれど
でもその悩みは永遠に続くものではないから大丈夫ですよと
3人のお母さんにも、そして自分自身にも言い聞かせたのでした。
方向音痴PART2
今日の息子のサッカ−の練習場所は「永福町」。

京王井の頭線沿いなのですが、全然土地勘がないので
方向音痴な私は早めに家を出ました。

練習開始1時間前に駅に到着。
これで迷っても大丈夫だと思って自信を持って歩いていたんです。

しばらく歩くと息子が「なんか違うような気がする。」と言うので
地元の方に尋ねると「駅の反対側ですよ。」

駅から既に10分歩いていたので往復で20分のロス。

言われた方向に歩いてみたけどなかなか着かない。
また地元の方に聞くと「この辺にサッカ−が出来るところはないですよ。」

「???」(インタ−ネットで場所を確認したらこの辺だったんだけど。おかしいな。。。)

時計を見るとなんと練習開始10分前。
遅刻は絶対許されるチ−ムではない。

「お母さん、もっと他の人に聞いてよ!!!」
息子が怒り始めたので(当たり前か。笑)
今度は家族で歩いていた方に自分の調べた地図を差し出して聞いてみた。

「その競技場ならここ(私が目的地としていた地点)ではなくて、
ここからずっと先の場所ですよ。」

どうやら私がインタ−ネットで調べた目的地点が間違えていたよう。(それでは着くはずがない。)

大荷物を持っていたけれど、そこからダッシュをし、
ギリギリ1分前に到着。監督を見るとかなり怪訝なお顔。
『すみません、1時間前には永福町に着いていたんですけど。』と心の中で謝りながら
監督の前を通り過ぎたのでした。

ちなみにこの日、遅刻をした子は1時間競技場内を走らされ、
練習に参加させてもらえませんでした。。。

移動教室
今日から長女が2泊3日で移動教室に出掛けて行きました。
(今は修学旅行とは言わないようです)

先生から荷物は自分で用意するようにと言われていたので
子どもに全部用意をさせ、私はチェックをしませんでした。
朝はどの親御さんも集合場所のバスまでお見送り。
私も見送るために集合場所に行きました。

が!!!

なんだかふと、3日前からつけていた健康チェックカ−ドを
娘が持ってきていない気がして尋ねると案の定

「忘れた〜〜〜〜〜!!!!!!お母さん、持ってきて〜〜〜〜!!!!」

ちょっと待ってよ、出発時刻まで10分ないじゃない!
しかもどこに健康カ−ドを置いたか分からないらしい。
でもここは元陸上部、髪を振り乱しつつ、スカ−トをはいていたのに自転車を猛スピ−ドで走らせ、車より速くこぎ(まるで暴走族)、
自宅に戻って無事カ−ドを見つけ
出発30秒前に無事子どもに手渡す事が出来たのでした〜。

ドジぶりまで母親に似るのですね〜(笑)
またまたお宅ご訪問
またまた疲れもせず、以前からお約束していた友人宅へ。
数ヶ月前に新宿にお引越しをした友人に会いに行ってきました。

新居は歌舞伎町のそば。
一体どんなどころにお引越ししたのかしらと思っていたら
着いてビックリ!
新宿都心に60坪、まるでブティックが入っているのかと
思わせるようなオシャレな外観で
地下1階、地上3階の大豪邸でした。
内装も大理石の床に全て買い換えたという家具で
モノト−ンに統一してあり
昨日の白亜の豪邸も驚いたけれど今日もド肝を抜かれました。

近くのイタリアンレストランでコ−スを食べ
歩いて10分だという伊勢丹にてお買い物。
毎日こんな夢のようなゴ−ジャスライフが送れるなんて
うらやましい〜!

またまた自宅に戻って家の掃除を念入りにしてしまいました(笑)
白亜の豪邸
昨日のお祭りの疲れを感じる間もなく
朝から息子のサッカ−の練習で青梅へ。
先日は厚木(コンビニ弁当は禁止なので3時半に起きて
お弁当を作り5時出発。ハァ〜)、また別の日は府中。
ホ−ムグランドを持っていないチ−ムなだけに
週末はいつも各地に飛び回っています。

5時までの練習の予定が気がつくと時計は6時。
今のチ−ムは「予定は未定」が保護者の合言葉になっています(笑)

練習終了後、せっかくここまで来たので用意しておいた水着を子どもに着せて近くの川へ。
チ−ムの中で一番仲の良いみっくん家族と一緒に川遊びを堪能しました。
お腹もすいたところで皆でお食事へと思ったのですが
みっくんのおうちが近くなので寄っていってとのお誘いを受け
突然で申し訳ないと思いつつご自宅へ。

伺ってビックリ、そこにあったのは4月に新築したばかりの白亜の豪邸。
注文建築だというのでみっくんママのセンスの良さがキラリと光る素敵なゆっくりくつろげるお家でした。

我が家に着いたのは夜も遅い11時半。
我が家と言えば、昨日のお祭りの荷物が玄関やリビングに散乱していて
みっくんのお家とは大違い。
そんな状態がイヤでイヤでその後3時まで片付けをして
リビングにワックスまでかけちゃいました。
(下の階に響かないように、しずか〜に片付けしたつもり、多分。笑)

今年1月に義母達と同居の話が出ていた時に
私が乗り気でなくそのうち話は立ち消えに。
でも新しいお家に住めるならやっぱり2世帯でもいいかなと
安易に思ってしまった私なのでした。




心にしみた一言
育成会のお祭りが終わりました。

昨年の参加者は250名ということで
300名分の景品の用意をしましたが、
今回は500名近くの参加があったのでビックリでした。
(子どもに付き添ってきた保護者の景品は申し訳ないけれど無しにしたので
子どもの景品が足りなくなることはありませんでしたが。
親子教室の中にもわざわざ遠くから足を運んで下さった方が
いらっしゃいました。どうもありがとうございます!)

反省点や改善すべき点はたくさんあって
それはまた来年に活かせればと思いますが
実行委員長をして本当に本当に良かったと思えた事が
あったのでここに残したいと思います。

それは今回のお祭りのお手伝いをしてくれた5年生の女の子が
お祭り終了後に私に言った一言でした。

「○○さん(私の苗字)が実行委員長で良かった。
また来年もお祭りのお手伝いをしたい。
その時には○○さん(私のこと)が実行委員長がいい。」
とポツリポツリと言ってくれたのです。

いや〜、本当に心にしみた一言でしたね。
失敗は許されない、成功して当たり前の実行委員長という立場で
ピ−ンと張り詰めていたものが切れて泣けましたもの。
これがお話の上手な子が言った言葉ではなく
普段おとなしくて口数の少ない子が言った言葉だったので
余計に言葉に重みがあったのです。
私はこの言葉のお陰で、今日まで取り組んできた事が
全部報われたような気がしました。

言葉掛け一つで気持ちが変わるのですから、
言葉って大切ですよね。
私も周囲の人にも、それから親子教室に通ってくれている皆さんに対しても
言葉には責任を持たなければいけないし
温かい、励みになるような言葉掛けを心がけていきたいと思った出来事でした。


お祭り
久し振りの更新です。
書きたい事は山のようにあったのですが
ゆっくりパソコンに向かう時間が取れなくて。。。
明日の育成会のお祭り準備が大方終わったのと
(私、お祭りの実行委員長なんです)
親子教室のお祭りも3回のうち2回が昨日、今日とで済んだので
ちょっとホッとしてパソコンに向かっています。

明日のお祭りは色々企画しました。
その1つが手話の50音の歌。
昨年のお祭りではトトロの「さんぽ」を手話付きで歌ったのですが
今年は有志の子ども達(30人)の方から
手話で何か歌いたいと言ってきてくれたので
難しいとは思いましたが手話の50音を覚えてもらいました。
(以前にNHKでやっていた歌で♪指文字あいうえお♪という歌です。)

子ども達には舞台で歌ってもらい、
それを参加者にも覚えてもらおうと思っています。
他にも色々企画・準備したのでお近くの方は是非いらして下さいね〜。

2004 - July
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー