義母の様子
義母のお見舞いへ行った。

手術翌日ということで、鼻や喉、手等にも
様々なチュ−ブが取り付けられ、手術跡も
痛がっているのだろうと思うとお見舞いに行く
足取りも重かった。

が、義母は起きていた。チュ−ブも午前中には外れ
顔色も普段と変わらない。
痛みも起き上がる時以外は全くないと言う。

現代の医学ってすごい!本当にそう思った。
これなら退院も少し早まるかしら。

帰ってきてから義父のお夕飯作り。
今日のメニュ−は玉ねぎと海老のかき揚げ(義父の大好物)、
お豆腐とわかめのお味噌汁、ほうれん草のおひたし
なます、きゅうりのぬか漬け、それにお刺身。
なんだか簡単なメニュ−ばかりだけど
義父は喜んで食べてくれた。

でもご両親様と同居されている方はこれが毎日のことなのよね。
本当にすごいことだわ。。。
私もこれが毎日のこととなったら、
羽付けて飛び回っていることなんか出来ないよね、きっと。
無事終了
義母の手術が無事終わりました。
腸を15センチ切る手術だったものの2時間で終わり
術後には話も出来たほどです。

明日からはもうリハビリが始まります。
寝たっきりだと腸が癒着してしまうのだそうです。

ご心配頂いてメ−ルを送って下さったり
言葉を掛けて下さった皆さん、どうもありがとうございました。
ご心配おかけしました。
母の日
今日も雨の中、一日中息子のサッカ−の付き添い。
スポ−ツをやっている子どもを持つと家族中が大変です。
土日、休日は一切ないし、休むとレギュラ−争いから脱落する。
子どもとは言え、厳しい世界なのであります。

私の場合、サッカ−を愛しているので別に構わないのですが(笑)
それに振り回され、どこにも遊びに連れて行ってもらえない娘はちょっぴり可哀相かな。

さて、本題の母の日ですがサッカ−終了後思いがけず
子ども達それぞれから手紙とプレゼントをもらいました。

娘からは、お勉強を頑張る旨と長生きして(まだ30前半なんだけど。笑)
元気で優しいお母さんでいてねという手紙と一緒に
色鮮やかで大輪のカ−ネ−ションを、

息子からは先日私達夫婦が結婚14年目を迎えたので
結婚記念日と母の日おめでとうというメッセ−ジと共に
これからも家事を宜しくとの手紙をもらいました。
それから貝殻がアクセントになっているアロマキャンドルと
口紅(子どもが買ったものなので安いものね。笑)をプレゼント
してもらいました。
(友人に、息子は将来女泣かせになるねとからかわれました。笑)

でもやっぱりその気持ちが嬉しかったな〜。
こうして温かい家族がいて支えてもらっているからこそ
今の自分があるのだなと感謝の気持ちで一杯になりました。

娘の手紙には今迄お母さんにあげた手紙はどうしているの?とも
書かれてあったので返事を書いて机の上へ。

「今までのお手紙はお母さんの宝物として
全部大切に箱の中にしまってあるよ。」

他にも色々書いたのですが私からの手紙を読んで
えらく感動したようで(もともと感動やさんなのですが)
とびっきりの笑顔で「ママ(いつもお母さんなのに。笑)
どうもありがとう〜」と私と変わらない体格の娘が
抱きついてきました。

ちなみに、主人からも母の日のプレゼント(と呼べるのか?)をもらいました。
その品は。。。。。トイレットペ−パ−(爆笑)!
最近慌しくしていてトイレットペ−パ−1つも
買いにいく時間がなく
最後の1つがトイレにあっただけだったので
それに気付いて買ってきたようです。

どんな品でも嬉しいよ!パパもどうもありがとうね!
義母の入院
義母の入院の日を迎えました。
病院に一緒に行く為に迎えに行くと
いつも落ち着いている義母が少し緊張した面持ち。

朝一番で入院の手続きを済ませた後、私は午前中親子教室へ。
終了後また病院に戻り検査に付き添ったり
病室に置くお花を買ったり。
3時からは学校のPTA総会に出席し
夕方からは塾から戻ってきた子ども達を連れてまた病院へ。
それにしてもこういう時に優しい言葉が掛けられなかったり
気の利いたことを何も出来ない自分ってなんて無力なんだろうと思う。

朝7時半に家を出て夜9時まで留守にしていたので
自宅に戻ると留守電が13件も入っていました。。。
なかなか連絡が取れずヤキモキされていた方、ごめんなさい。
この状態、しばらく続きそうです。
フラワ−デザイン教室
リンクでもご紹介している留美子先生の
フラワ−デザイン教室へ行って来ました。

今週末は母の日ということで
お洒落なボックスの中をシックなお花でアレンジし
中央にはコサ−ジュが隠されているという
留美子先生ならではの素敵なアレンジでした。
どんなにセンスのない私でも先生の選んだ素敵な
お花のお陰でなんとか完成。
義母にプレゼントしようと思っていたのですが
出来上がりに満足し自分の物にしてしまいました。

偶然来ていた高校時代の友人はなちゃんは
1つはその場で作り、もう1つは一式を購入し
自宅で作って両方のご両親様へプレゼントしたそう。
そうか〜、そんな方法もあったのね。

ちなみに母の日のプレゼントは私の母へは洋服を、
義母には置時計を用意しました。
またまた。。。(T_T)
今日も息子のサッカ−の練習の付き添いで遠方へ。
初めて行く場所なので地図を持って
万全な状態で行った。はずだった。。。

一昨日のように電車を間違えることなく駅には着いたのに
歩いても歩いても目的地に着かない。
『これはまたやってしまったかも。。。』と思い
通りがかりの人に尋ねると怪訝な顔で言われた。

「全然反対方向ですけど。」

ハァ〜、またやってしまった〜。
それから今歩いてきた道を15分、
駅から更に15分歩くハメに。
「こんなに歩くならタクシ−に乗れば良かった」と
ブツブツ言う子ども達を尻目にひたすら歩き
練習時間丁度にサッカ−場に着いたのでした。。。
方向音痴
ゴ−ルデンウィ−クの真っ只中、
今日も息子のサッカ−の練習の付き添いでした。

所属しているチ−ムがホ−ムグランドを持っていないこともあり
都内で場所が確保できたところがその日の練習場所となります。
今日も電車を乗り継いでの移動だったのですが。。。

またやってしまいまいました、
反対方向の電車に飛び乗ってしまったのです。
まぁ、いつものことねと気にせずいると
几帳面な息子は練習時間に間に合わないとやきもきしている様子。
大丈夫よ、こんなこともあろうかと集合時間30分前には
着くように家を出ているのだから。

息子も電車に詳しくなったほうがいいよ、お母さん、あてにならないからネ(笑)
大事な友人達
お互い忙しくなってなかなか会えない友人達に
今日会ってきました。

その友人とは、1人は同じ病院で出産をし
子どもが1時間違いで生まれたりょうちゃん(男の子)と
そのお母さんのひろみさん。

もう1人は上の子が同い年で以前住んでいたところでの
公園仲間のしんちゃん(男の子)のぞみくん(男の子)と郁美さん。
しんちゃんとのぞみくんと書くとBBSにも登場してくれていたり、
私のHPのリンクに郁美さんのHPもご紹介しているので
お馴染みの方もいらっしゃるかも。

約2年振りの再開でしたが、りょうちゃんもしんちゃんも
最初は恥ずかしそうで(そうだよね、もう6年生だものね)
なかなか目を合わせなかったのですが
しばらくすると小さい頃一緒に遊んでいた雰囲気と
なんら変わりなく遊んでいましたね。

その後、小さい頃遊んでいた懐かしの公園へ。
子ども達だけ遊びに行かせて、親はゆっくり甘いものとコ−ヒ−に舌鼓。

ハァ〜、幸せ。
子どもが小さい頃は、親だけでゆっくりお茶が出来る日が来るなんて想像出来なかったもの。
大きくなったらなったで悩みも尽きないけれど
でもやっぱり腰を落ち着かせてお茶が出来るなんて
それだけでちょっぴり嬉しい。

夜は郁美さんが用意してくれたピザの材料を子ども達に自由に
トッピングさせ、皆でお腹一杯頂きました。

甘いものもコ−ヒ−もピザもとっても美味しく幸せだったのですが
子どもが生まれてからずっとお付き合いのある彼女達や子ども達に
こうして会える事にすっごく幸せを感じました。
子どもが中学生になっても子連れで会いましょ、ひろみさん、郁美さん!
(今回は残念ながらお会い出来なかったみわさん、今度は絶対お会いましょうね!)


大人の会話
昨日、娘のお友達が遊びに来ました。

頭の回転が早いお友達ばかりなのですが
その中でも話をさせたらこの子にはかなわないと
以前の参観日から感じていたAちゃん(とします)と私の会話です。

私    「最近学校どう?」

Aちゃん 「先生がすぐ授業をストップするんだよね〜。」

私    「それは皆がうるさいから静かになるまで待っているんでしょ?
      Aちゃんがうるさい子を注意すれば静かになるんじゃないの?」

Aちゃん 「そ〜んな簡単な事ならとっくに静かになってるよ。」

私    「そうなんだ、色々大変なんだね(苦笑)」

Aちゃん 「(完全週休2日制に伴って)それでなくても授業時間数が少ないんだから、
      授業をストップすれば授業がもっと遅れるのに。(その後もAちゃんのつぶやきは続く。。。)

いや〜、完全に大人の会話です。
恐れ入りました!という感じです。
その才能、良い方向に伸ばしていけるといいね、Aちゃん!
2004 - May
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー