無料体験
今日は新2才児の無料体験の日でした。
こういう教室に来るのは初めてのお子様ばかりだったので
どうなることかと思いましたが、ほぼ全員がご入会をされ、
嬉しい悲鳴となりました。

今回の体験者は以前にご兄弟が教室に通って下さっていた方か、ご紹介でお越し下さった方のみでした。
市民会館には昨日募集のお知らせを貼らせて頂きましたが、
それをご覧になっていらした方はいなかったので、
口コミのすごさを改めて実感しました。

今年は児童館の幼児サ−クルと曜日が重なり、無料体験前にキャンセルが出ていたのでまだ定員に達していません。今年度2才になるお子様で興味のある方がいらっしゃいましたらお知らせ頂けると幸いです。(定員まであと数組です。)
今日から開始
2ヶ月もお休みを頂いていた親子教室が今日から始まりました。
準備万端にし、昨日爪をきれいに切って気合を入れました。この爪を切っている瞬間が特に明日から教室だということを強く感じさせ、身が引き締まります。

さて、2ヶ月ものブランクが空いて、お子様達はどうなっているのだろう?もう教室の内容なんて忘れてしまったかしら?それより何より、私自身は以前と同じように元気にやり通すことが出来るかしら?

沢山の心配事があったけれど、それは全て無駄に終わりました。
参加したお子様は、皆、教室の流れを覚えていてくれました。
お休みだった間、「教室に行きたい。」と言ってくれていたお子様が沢山いたということも耳にしました。
今日は久し振りだということで内容がてんこ盛りでしたが、飽きることなく全員でこなすことが出来ました。
そして私自身も元気な姿で教室に戻ってこられたことが嬉しくて嬉しくて仕方がありせんでした。入院中は『教室を閉鎖しなければいけなくなるかも。』と思ったこともありましたが、体調がいい限り、様々な方のご協力の下、今後も続けていきたいと思いました。

退院祝いに私好みの美味しいお菓子を下さったTさん、どうもありがとうございました。濃く入れた紅茶と共に家族で美味しく頂きました♪入院したことで沢山の方から気にかけて頂いていることを実感し幸せな気分になりました。
幼稚園に行く際に泣いている子どもへの接し方
昨年度まで受け持っていた3才児さんが入園式を終えて数日が経っています。
勿論喜んで通園しているお子様もいらっしゃると思いますが、泣いているお子さんも多々いるようで、ここ数日で8人の方から「どうすればいいのですか?」というお電話やお手紙を頂きました。

泣く行為についてですが、私なりに思ったことを簡潔に書くと。。。
3年もの間、24時間一緒に過ごしてきた大好きなお母さんと突然離れなくてはならないので、泣くのは何も不思議なことではないと思っています。
それからお母さんが『うちの子、幼稚園で大丈夫かしら。。。』と不安そうな顔をしていると、子どもは敏感ですからお母さんの顔を見てもっと不安になります。信頼出来る幼稚園に通園させているのだから、登園後は先生にお任せしてお母さんはど〜んと構えて頂きたいと思います。
泣いているお子様に対しての言葉掛けは、昨年の今頃もHPの掲示板に書きましたが、先の見通しが分かるような言葉をかけてあげると良いと思います。新しい環境、新しい先生やお友達と新しいことづくしでお子様にとっては不安で一杯なのです。ですから例えば、「園庭で遊んだ後、教室で手遊びや読み聞かせをして、お弁当を食べおわったらお母さんが必ずお迎えに行くからね。」と幼稚園での流れを説明してあげるとか「帰ってきたら幼稚園での楽しいお話をお母さんに聞かせてね。お母さんも楽しみにして待ってるね。」等々。
1人目のことなら尚不安な気持ちになるのは経験上よ〜く分かりますが、先の見えないトンネルではないので大丈夫ですよ!

再会
2月に教室を卒会された親子数組にお会いしました。
3月分の月謝を頂いていたのに、私の入院で教室が開催出来ず、月謝を返金する為でした。

1ヶ月半も会わないと、子どもってすぐに大きくなって、言葉の数もぐ〜んと増えるんだわ〜。心身共に大きくなったお子様を拝見しながら嬉しい反面、もうこの子達とはお別れなんだな〜という複雑な思いで一杯でした。

でももうすぐ入園式だものね。元気に楽しい園生活を送れることを祈らなくてはいけないですね。

Aさん、退院祝いのお花をどうもありがとうございました。Aさんのように清楚で品の良いお花でしたね。とっても嬉しかったです。早速リビングに飾らせて頂きました。

今回、入院したことで色々な方からお気遣いのメッセ−ジを頂き、本当に嬉しく思います。どなたかが私と同じ境遇になってしまった時(本当はあってはならないけれど)には、今回皆さんにして頂いたことが出来る人間でありたいと思います。
本格始動
退院後、やっとやっと体調も良くなってきたので
山のように溜まっていた親子教室の仕事を昨日、今日とこなしました。まだまだやるべきことが一杯残っていて、仕事を休んでいた1ヶ月半を取り戻すのは大変なことです。

今日、息子が遠征先の茨城から帰ってきました。
春休みは静岡に3日、茨城に4日、千葉1日、茨城に2日間行っていたので疲れもピ−クだったと思うけれど頑張っていた旨をコ−チから聞かされました。

始業式は明後日ですが、息子は6年生として入学式の準備の為明日から学校です。
また慌しい毎日が始まりそうです。
素敵な女性
今日は2才児の親子教室の日。
このクラスにとっては冬休み後初の教室だったので
いきなりじっくり取り組むような工作は避け
親子で体を動かすゲ−ムを沢山取り入れました。

今日の教室には私の知り合い(Fさん)が見学にいらっしゃいました。。
この方は娘のミュ−ジカル出演を機に親しくさせて頂いている方で
ピアノの先生もされています。
人生経験も豊富で、二十歳になるお嬢さんもいらっしゃるので
子育ての良き先輩でもあります。

そのFさんが1〜2才のお子様にリトミックを教えてみたいというお気持ちが有り、
1〜2才児はどんな様子なのかをご覧になりたいということでお越しになりました。
親子教室終了後、一緒にランチをしたのですが
今日の様子をご覧になって1〜2才児でこんなに取り組めるものかと大変驚いていらっしゃいました。
中には皆と一緒に取り組まないお子様もいましたが、
それはこの年齢ならそういう日があっても当たり前のこと。
Fさんも同じことをおっしゃっていました。
「でもその輪の中にいなくても皆の方をチラッ、チラッと見ていたのよ。かわいいわよね。」とも。
Fさん、良く分かっていらっしゃる!
輪の中にいないからと言って楽しんでいないとは限らないし
子どもは五感を使ってちゃんと見聞きしている、
だから部屋から出て行かなければ大丈夫なんだという話もしたりしました。

その後も教室を主宰しているという同じ立場にいるもの同士、
様々な話をしました。
Fさんからは沢山のお知恵と、今迄経験しているからこそ言える貴重な数々のお言葉を頂き、
却って私が勉強させて頂いたようでした。
Fさんが「子どもって本当にかわいい。すごく癒される。」ともおっしゃていたのですが、
こんな素敵な先生にピアノを教えてもらっている生徒さん達は本当に幸せだと思いました。
クリスマス会PART2
月曜日に3才児さんのクリスマス会を終えたばかりですが
ゆっくりはしていられません。

今日は2才児さんのクリスマス会。
月曜日のようにハプニングが発生しないように
火・水曜日は気分が落ち着かなかった〜。
迎えた今日、なんとか無事に終えホッと胸を撫で下ろしています。

残念ながら嘔吐・下痢や咳等で体調を崩しお休みした親子が数組いたので
クリスマス会終了後、今日プレゼントするはずだった物をお節介ながらご自宅にお届けしました。

時計を見るともう午後4時半。

あ〜、息子をサッカ−スク−ルに送っていかなくては!!!

といつもの生活に戻る私なのでした。

今回、クリスマス会当日のお手伝いをして下さった4人の方、
本当にどうもありがとうございました!
親子教室の卒会者の方だけあって
流れも、フォロ−して欲しい点もよ〜く熟知されていらっしゃいました。
お陰さまで本当に助かりましたし、私も会を進め易かったですよ!!!
皆さんの仕事振りを見て、「来年は私が手伝います!」と言って下さった3才児さんの保護者の方がいらっしゃったことからも
4人の方がいかに生き生きと仕事をされていたのかが伺えます。
今度の打ち上げのお食事会でまたお目に掛かれる事を楽しみにしていますね♪






クリスマス会終了
3才児、約50組100人が参加したクリスマス会がなんとか終わりました。
これまで何を準備するのも丁寧に進めてきたつもりでしたが
ゲストの方が登場後、思ってもみなかったハプニングが2回発生!
直前のリハ−サルでは何も問題なかったのに。。。
私が慌てふためくと皆が動揺すると思ったので
その間、手あそびをしたり体操を踊りながら
ゲストの方の復帰を待ちました。

数分後、なんとか予定していた演目が始まり
それからは皆さんに楽しんで頂けた。。。ように思います、多分。

クリスマス会終了後、幸いにも保護者の方から「とっても楽しかったですよ!」
と言って頂き今までの地道な準備が報われたような気がしましたが、
円滑に進行出来なかったことを深く反省しました。
クリスマス会準備
本当なら息子のサッカ−の遠征で茨城に行くつもりでした。
だけど。。。
来週月曜日に行われるクリスマス会の準備が完璧ではない!!!
この茨城遠征に私も行きたくて根詰めて準備を進めてきたけれど
やっぱり終わらなかった(涙)

でも責任ある立場だし、
準備が完璧ではないのにクリスマス会が成功するはずもない。

ということで朝から晩まで準備に追われたのでありました、
明日こそ茨城遠征を見に行く為に(笑)
1学期終了!
今日は2才児さんのお祭りだった。
でも夏風邪をひいているお子さんが多く、
残念なことに6組の親子が欠席だったが
お祭り自体は滞りなく終えることが出来た。

今日で主宰している親子教室の1学期も終わり。
これから私自身も夏休みに入る。
お越し頂いている保護者の皆様のご協力のお陰で
1学期も無事終えることが出来たことに
感謝の気持ちで一杯である。
この場を借りて皆様ありがとうございました
夏休みに英気を養って、また2学期も頑張る所存です!

1学期の間、走り続けてきてホッとしたいところだけど
家に帰ると現実が。。。
今日はお習字の日なのだ!

マズイ、また課題を書いていないよぉ〜。。。
先週に引き続きしごかれたのは言う間でもありません(苦笑)
お祭り当日
今日はお祭り本番!
成功しますように、変なドジをしませんようにと
心の中で念じた。

そんな緊張感溢れる中。。。

あまりにも荷物の量が多いので
思わず荷物の一部を写真に撮ってしまいました。
どれくらい多かったかというと
会場の駐車場と会場のお部屋の間を6往復したほど。

お陰さまでお祭りは混乱なく無事終えることが出来ました。
参加して下さった皆様、ご協力ありがとうございました。
無料体験
主宰している親子教室の新2才児、4才児の
無料体験を行った。
前回の無料体験の時は大雪に見舞われたので
参加者も2組と少なかったが
今日はその分沢山の方にお越し頂いた。

今回の体験者は在籍者のご紹介や口コミでいらっしゃった方が殆どなので
どんなことをしている教室なのかは良く分かっている様子。
お陰さまで体験者の9割がその場でご入会された。
ご入会されずに空きが出た分も
ご入会された方がお友達をご紹介下さり
すぐに満員御礼となった。

1人で教室を運営しているので
頑張れば頑張った分だけ評判として自分に返ってくるのが
この仕事をしていて楽しい点の1つ。
でも手を抜いたり、私がどうしようもない失敗をすれば
それが悪評となって自分に返ってくるし
1人でやっている分誰のせいにも出来ない。

やっぱり精一杯頑張るしか私には道がないということなのだ。
お別れ会
親子教室の3・4歳児クラスのお別れ会が終了した。
それが終わると皆それぞれの道を歩む事になる。

未来に羽ばたく皆さんの事を
本当は祝福しなければいけない立場なのかもしれない。
でも一番かわいらしくて、でも手も掛かる時期を
月に2回とは言え一緒に共にしたきた私にとって
毎年この時期はかなり複雑な気持ちになる。

明日は2才児クラスの今年度最終日。
今日まで3・4歳児のお別れ会の準備に追われていたので
明日の準備がまだ完璧ではない。
次から次へとやらなくてはいけないことが迫ってくるので
この時期にしか味わうことの出来ない気持ちに
どっぷり浸かっていたいのにそう出来ないことが残念だ。

でも卒会する皆さんへの感謝の気持ちは忘れずにいたい。
今後も地道に、コツコツと積み重ね
地域に根付いた教室として頑張っていきたいと思う。
それがこれまで通って下さっていた皆さんへの
ご恩返しにもなるような気がするのです。



卒会式
2月に4回に亘り行ってきた親子教室の卒会式が
今日最終日を迎えた。

卒会式の中で子ども達に特技を披露してもらっている。
これは皆の前で、しかも舞台の上で披露し
温かい拍手をもらうことによって
同じクラスのお子さんの成長を保護者が分かち合うと同時に
自信を付けて幼稚園に通ってもらいたいという目的で行っている。

今年は大塚愛の♪さくらんぼ♪をアカペラで歌うお子さんもいれば
俳句を暗記して詠んでくれたお子さんもいた。
男の子では腹筋を見せてくれた子もいたし
私が教えた手話の♪さんぽ♪を披露してくれた子もいて
特技もバラエティに富んでいた。
そうそう、お母さん手作りのセ−ラ−ム−ンの衣装を着て
手作りのマイクスタンド(100均でちりとりと棒を買って
組み合わせて出来ていました)で歌を歌ってくれたお子さんもいらっしゃいました。

1才代から見ているお子さんも多いので
入会当初の小さかった頃を思い出し
胸がいっぱいになりましたし
成長振りや立派な姿を見ることが出来て
とっても嬉しく思いました。

最後まで笑顔を絶やさない先生でいようと決めていたけれど
最後は感極まってやっぱり涙してしまいました。
あるお子さん(3才・女の子)には
「いつもニコニコしているのに、どうして今日は泣いてるの?」
と聞かれ、又あるお子さん(3才・男の子)には
「先生、泣かないで。」と慰めてもらうことに。
子ども達はいつの間にか自分で考え、
自分の気持ちをはっきり言えるようになっていたのですね。

優しくてかわいい子ども達と過ごせて本当に幸せでした。
明るい未来に羽ばたく皆をこれからも応援しています。
≪ 前の30件| 次の30件 ≫
2019 - September
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー