部活での様子
9日に中学の入学式を控えている息子が
先生からのお誘いでこの春休みから部活に参加させて頂いています。

ヘトヘトで帰ってくるということは先日書きましたが
中学校の側にあるお店に、息子の中学の体操着を取りにいく用事があったので
そのついでに部活をちょっと覗いてみることにしました。
(本当は体操着を取りにいくことの方がついでなんだけど。笑)

堂々と見ていると息子に嫌がられるので
東門の影からそっと見ていました。
(星飛雄馬(←漢字合ってるかな?)のお姉さんみたい)

丁度上級生に交じって試合をしていました。
上級生相手にどれだけ戦えるのかを見る絶好のチャンスです。

でもアレレ。。。
な〜んか自分に自信のないプレイをしているのよねぇ(怒)
サッカ−を始めて8年、
そのうち3年間はクラブチ−ムで地獄の練習と遠征を積んできたんじゃない。
もっと自信を持てばいいのに。。。
前が空いているときはシュ−トをどんどん打っていこうよ。
自分でドリブル突破出来る時はエ−スの上級生に頼らないで
自分で前に運ぼうよ。
外に開いて待っているならボ−ルを要求しようよ。
せっかくいい場所にいるのに要求しなければボ−ルは来ないよ。
も〜う、パスが弱いよ(怒)。上級生は反応がいいからパスが弱いとカットされちゃう。

もうこうなるとダメ。1人で見ながらブツブツブツブツ(怒)
(傍から見たら完全に変な人だったはず)

でも帰ってきた息子はそんなの何処吹く風。
シュ−トを4本決めたと上機嫌で帰ってきた。
言いたいことは山ほどあるけれどここはぐっと我慢。
当たり前の事だけど、やっているのは私ではなく子ども自身なのだから。

でもやっぱり1つだけ言わせて。
「もっと自分に自信を持ってプレイしたらもっと良くなるとお母さんは思うよ。」
なるべく冷静に言葉を選んで言ってみた。

すると息子は
「(自信を持っているから)シュ−トを4本も決めたんだよ。」
だって。
「お母さん、何言ってるの?!」とでも言いたげな態度。

まぁいいかっ。本人が前向きに思えているなら。

明日も部活に参加するのだそう。
見ると物言いたくなるから、明日は見に行くのをやめておこうっと。
久々!
今日は久々に息子のサッカ−の付き添いをしました。
丸1日千葉で練習試合の後、
明日からの遠征に備えて茨城の宿泊先まで車で連れて行きました。
茨城から帰ってくる途中の高速道路はとても混んでいて
しかも途中から大雨。さすがに疲れました。

1ヶ月半振りに見る息子のサッカ−でしたが
気合を入れ必死にやっていたのが印象的でした。
(技術的には?の部分も沢山あったけれど。)
全国の予選まであと少し。
レギュラ−争いも熾烈でチ−ムメイトも練習量を増やし皆が必死の状態です。
でも息子にはこの経験を通して、目標を達成するには努力を惜しまないことを学んでいって欲しいと思います。
注意されっぱなし
練習試合で遠征しました。
今日遠征したのはチ−ム全員ではなく11人だけ。
つまり交替要員がいないので
怪我でもして1人欠けたらチ−ムに迷惑がかかります。
どうかケガをしたり、肉離れが再発しませんようにと願いながら見ていました。

40分×5試合という厳しいスケジュ−ルにもかかわらず
心配していたことは起きなかったのですが。。。

試合中、ずっとず〜っと息子は監督から注意されっぱなしでした。
それは今迄私が息子のプレイを見ている中で気になっていた全てを
1日かけて指摘されたという感じでした。
これには息子も落ち込んだようで、頑張ろうとしているのは伝わってきたけれど
気持ちが下を向いているのが手に取るように分かりました。

帰宅後、監督からあれだけ言われたのだから
私からは何も言うのはやめようと思ったのですが
息子の気持ちが落ち込んだままでは次につながらないと思い
話をすることにしました。
プレイに対する細かい指摘は監督がしていたので
私からはそうではない部分の話をするために
お互い正座をして冷静に話しをしました。

まず息子の気持ちを聞くとやはり私が予想していた通りかなり落ち込んでいました。

でも全国大会の切符を勝ち取るには、
指摘されたことは最低でも出来なくてはいけない事であること
(指摘された内容は殆んどが基本的なことだったので)、

全国の予選が始まる直前ではなく、
今の時期に出来ていないことが明確になって良かったということ
(練習をして克服すれば良いのだから)、

今日の遠征に来たくても来る事が出来ないチ−ムメイトもいた中で
大変貴重な経験を5試合もさせてもらったのだからそれを次に活かそう、
こんなことでいちいち落ち込むような精神的な弱さがあったら
今後11人のメンバ−には入れない等々
決して怒ることなく切々と語りました。

息子が今日書いたサッカ−ノートを後から見ると
「今日は監督に怒られっぱなしだったけど、
今度は褒められっぱなしになるように頑張る」旨が書いてありました。
そうだそうだ、次頑張ればいいんだよ!
但し予選まであと数ヶ月。
同じ指摘を二度とされないように練習あるのみです。
朝練
今日も朝6時半から息子の朝錬に付き合いました。
ちょっと張り切り過ぎて体がだるいです(苦笑)
プ−ルに入った後のようなだるさかな?

今日は息子にダメ出しをしました。
フェイントが大分出来るようになったのに
あまり相手を抜けないのはどうしてだろうとここのところ考えていました。
それは行きたい方向とは逆の方向に一度顔と体を向けていないからだということに気付いたのです。
つまり本人がボ−ル(下)ばかり見ているので
息子のフェイントではひっかからないのです。
それをしつこく伝えると息子は段々不機嫌に。
息子は逆を見てると言い張るのですがそれは目だけ。
決して顔と体は行きたい方向とは逆の方を見ていないよ。
今度フェイントの練習風景をビデオにでも撮って本人に見せるしかないかしら。もう〜(怒)!!!


サッカ−はさておき、動き出す時間が早いと今日1日が有効に使えます。
今日はこれから親子教室の卒会式の準備を進めよう。
それから夕方サッカ−スク−ルに行くまでにお夕飯もちゃんと作らなきゃ。
今日は家族が大好きな春巻きを作ろうっと。

でもやっぱり最後に息子に一言。
人のアドバイスは素直に聞いた方がいいよ!!!
1週間振りに
軽い肉離れと診断されてから昨日までの1週間、
サッカ−生活から遠のいていました。
1週間、ボ−ルを蹴らない日なんてこれまでなかったし、
目標を達成する為に立てた今月の予定が狂うので少々不安でしたが
焦って練習を再開したところでひどくなったらもっと長引くと思い
ボ−ルを蹴るのは親子で我慢、我慢。

でも整骨院の先生からテ−ピングを巻けばやっても大丈夫だと言われたので
昨日のスク−ルから復帰しました。

やっぱり1週間ボ−ルを蹴らなかったのは痛いね〜。
ボ−ルが足についてなかったもの。

今週末、公式戦があるから徐々に調子を上げて下さいな。


新年会
サッカ−の新年会に出席しました。
忘年会だ、新年会だ、打ち上げだと理由を作っては飲むのが大好きなチ−ムなのです。
私も全くお酒は飲めなくても普段話せないことをゆっくりじっくり話したり
本音で語ったりする雰囲気が大好き!
でもちょっと回数が多いかな?と反省もしたりして。

2次会のカラオケまで行き、帰宅する頃には雪が舞っていました。
明日は甥っ子のセンタ−試験。積もらないと良いのだけれど。。。
目標に向かって真面目にコツコツ勉強してきた甥っ子。
どうかその努力が報われますように。
やっぱり
息子が足はそれほど痛くないと言うので
昨日サッカ−スク−ルに行き普段通りの練習をしました。
が、家に着くとびっこをひき始めたので
本日整骨院に行ってきました。

予想通り、かる〜い肉離れでしたが
サッカ−は金曜日まで我慢すれば大丈夫だと診断を受けました。
昨日のサッカ−中に足が痛くなかったのは
やっている最中はアドレナリンが出るからだそうです。

この整骨院、友人の紹介で知ったのですが
あるオリンピック競技の専属マッサ−ジ師で
スポ−ツ医学に精通されているそう。
市内にこんな素晴らしい先生がいらっしゃることは知らなかったので
サッカ−仲間に教えてあげようっと。

さてさて、サッカ−が出来ないからと言っても安々と休んでいる訳にはいきません。
5ヶ月後には全国の切符をかけた予選が始まるからです。
と言う事で、今日のスク−ルは見学。他の子のプレイを見るのも勉強です。
息子はコ−チの隣に座って、皆のプレイについて説明を受けたり
息子自身に対してアドバイスを頂いたりと
見学でも十分得るものがあったスク−ルでした。

スク−ル終了後、息子が「皆のプレイを見ているだけで実際にボ−ルを蹴れないのは本当に悔しい。」と一言。
感情をあまり表に出す事のない息子なのでちょっと驚いた一言でした。
ボ−ルを蹴らない日なんて今迄なかったので
たまにはこういう日があってもいいのでしょう。
焦らずゆっくり治そう!
肉離れ?
今日はサッカ−の招待試合で遠征でした。

試合と試合の合間にコンビニに行こうと歩いていたところ
どこかで見た事のある女性に会いました。
でもここは家から車で1時間もかかるところ、お会いする訳ないと思いつつ
その女性のお母様らしき人と手を繋いでいるお子様に目線を向けると。。。

やっぱりそうだ!親子教室に通って下さっているUさん親子だ!

思わず「Uさん!!!」と声を掛けると
「うわ〜、どうしてこんなところに先生がいらっしゃるんですか〜!!!」とUさんもかなり驚かれた様子。
そうだよね、こんなところでお会いするなんてお互い思わないものね。
ちなみにUさんは動物園に行かれる途中だったのだそうです。

さてさて、題名の肉離れについてですが、
帰宅後息子が右ふくらはぎが痛いと言い出しました。
今日の試合と試合の合間に50分間走をしたこともあり
筋肉痛でしょうと軽く考えていたのですが
痛がり方がどうもいつもと違うのでネットで調べることに。

ま、まずい、なんか症状がかる〜い肉離れっぽい。。。
でもアキレス腱を伸ばさなければ痛くないというので
湿布を貼って様子を見ることに。
故障しない為には毎日の練習だけではなく、
ストレッチ等の柔軟体操も大切なようです。
前向きな気持ち
今日は高校サッカ−の決勝。
平山選手が国見高校で活躍していた年には
チ−ムの皆で決勝を見に行ったっけ。

さて、今年はどうしよう。。。
私は国立に足を運んで息子に見せたいという気持ちでいたけれど
念の為どうするかを息子に尋ねてみた。
すると
「行きたいけど、行くと自分の練習が出来ないからDVDに撮って後から見るよ。」という答え。

補足すると、息子はゴ−ルのある小学校の校庭で練習をしたかったらしい。
校庭開放は午後のみ。確かに高校サッカ−と時間が重なる。

そうか〜、そんな事を言うようになったのね。
息子の前向きな選択が嬉しかったし頼もしく思えた。

せっかくやる気を出しているのだから練習に付き合おうと準備をしていたところ
「本当は○○(息子のこと)に高校サッカ−を見せたいより自分が見に行きたかったんでしょ。」と主人。
完全に私の心を読んでいました(苦笑)
応援に行ってきました
息子の遠征先の静岡へ応援&お迎えに行って来ました。
過去に全国大会に出場した経験のあるチ−ムが多数参加している大会だったので
どの試合も素晴らしいプレ−の連続。
見ていてとても勉強になりました。
(私が学んでも仕方がないんだけど。笑)

「どうしてボ−ルをもらう前に相手を背負わないのよ。」とか
「ゴ−ル前でフェイント1つ入れればシュ−トコ−スが出来るのに」等と
もどかしい気持ちで息子のプレ−を見ていることが今迄多かった私。
でも自主練の成果が少しずつ試合に出始めているのを
確認することが出来た今日の試合となりました。

勉強も他のスポ−ツもそうですが、
毎日の積み重ねって本当に力になるんですよね。
その成果がすぐに出るとは限らないけれど
努力したことは無駄にはならないし、
いつか自分に良い形で返ってくる。
息子のサッカ−を通じて私もそれを学ばせてもらっている気がします。
遠征
息子が静岡に2泊3日で遠征に行くので
東京駅まで送ってきました。

そこにタイミング良く、今回高校サッカ−で活躍していた
大阪朝鮮高校のサッカ−部員(エナメルバックに高校名が入っていた)
が目の前で集合し始めました。

明日から沢山の強豪チ−ムと試合をするというのに
全く緊張感が感じられないチ−ムの子ども達でしたが
大阪朝鮮の選手を羨望の眼差しでじ-っと見て
表情が引き締まったのには驚きました。

子ども達は無事に出発。
せっかく東京駅まで来たし、明日は私の誕生日でもあるので
コ−トを買おうと思ってデパ−トに立ち寄りました。
実は昨年末、義父宅でちょっとしたリフォ−ムをしてペンキを塗っていたのですが、
塗った箇所を知らずに私が寄りかかってお気に入りのコ−トをダメにしてしまったのです。
(クリ−ニングに出しても全くダメでした〜。(涙))
絶対買おうと思って気合を入れてデパ−トに入りましたが
バ−ゲン中なだけあって混み混み。
さ-っと一通りは見ましたが、結局何も買わずに帰ってきました。
(元気な私ですが人ごみは少し苦手)

帰宅後、親子教室に通って下さっている方や
OGから届いた年賀状に返信をしました。
今回、300枚の年賀状を用意していましたが
足りなくて70枚追加で購入。
その70枚も今日で無くなってしまいました。
昨年で300枚強だったので、370枚も書いたのは今回が初めて。
でも親子教室を7年間続け、それだけ多くの親子を送り出したという証でもあるし
今でも教室に通っていた事を忘れずにいてくれるということ、
本当に有り難く思います。


さて、今日で3○才(笑)もおしまい。
明日からも素晴らしい出会いがありますように!
今日もサッカ−
サッカ−の練習試合がありました。
今日は全国大会?と思うようなチ−ムが集まり良い経験をさせて頂きました。
息子は今日に向けてチ−ムの練習がない日も毎日2時間練習していたので
少しはその成果が出せたかな?


今日は妹の誕生日でもありました。
お誕生日おめでとう!
プレゼントはまた今度会った時に渡すね♪


都大会
先週行われた都大会の続きが今日ありました。
東京都約600チ−ムの中のベスト8チ−ムなだけあって
どの試合も手に汗握る、素晴らしい試合ばかりでした。

息子のチ−ムは予想していたより好成績を残し
来年に向けて良いステップとなりました。

毎日1時間の朝練(私が球出しやディフェンスを担当)や、
週5日のサッカ−スク−ル、そしてこの他にチ−ムの練習と
サッカ−三昧の日々を過ごしてきた息子。(私もね。)
技術的にはまだまだ至らない事だらけですが、
努力は無駄にならなかったと息子自身も実感出来た1日だったと思います。
茨城へ
なんとかクリスマス会準備のメドを付けて
娘と茨城へ行ってきました。
ずっと家にこもってクリスマス会の準備をしていたので
好きな音楽を聴きながら雲1つない青空の下
車を運転するのは気分爽快でした!

現地まで2時間くらいかかると予想していたのですが
1時間半程で到着。
昨日から茨城に宿泊していた友人達に
「高速を飛ばして来たんでしょう〜!」と突っ込まれました(笑)

遠征終了後、一目散に試合会場から出発し午後9時に無事帰宅。
もう気分は明日のクリスマス会にまっしぐらです。
最近嬉しく思うこと
息子のサッカ−の遠征で八景島方面へ。
遅刻しないよう、時間の読める電車で片道2時間半かけて行って来ました。

場所を聞いた時には『そんなに遠くまで遠征に行かなくても。。。』と正直思いましたが
着いてみるとあっという間。
普段から遠征の多いチ−ムなので「遠い」という感覚が鈍ってしまったようです(苦笑)
鈍っていると言うと時間もかな?
今では朝8時集合と言われても
『え〜!6時には家を出なくちゃ。。。』と言うより
『家事を一通り終えてから出掛けられる!』と思いますから。
考え方1つで前向きになれるということでしょうかね〜。

今日の息子のポジションはディフェンスとフォワ−ド。
色々と経験させてどこが適正なポジションなのか
見られているような気がしました。
ディフェンスの経験が少ない息子は試合終了後、
コ−チにディフェンスをした時の悪かった点を聞いたようです。
最近、そのような光景をしばしば目にするようになり
サッカ−に対する気持ちが変わってきたことを
ちょっと嬉しく思って私は見ています。

間近に迫った都大会、どういう結果になるのか楽しみです。
今日もサッカ−
今日は都内に遠征。
昨日の教訓からか皆、随分早めに現地に到着していました。

今日の息子のポジションはディフェンスでした。
このままディフェンスになりそうな予感がします。
都大会まであと少し。
練習試合終了後、ディフェンスについて監督に質問しに行った息子。
目の色が変わってきて、うん、いいぞ、いいぞ〜。
親がいっくら練習しなさいと言ってもダメなんだよね、
本人がそのことに気付かないと。
目の色が変わるのがちょっと遅い気もするけれど
その調子でガンバレ〜!
ちょっと切なかった
息子のサッカ−の遠征で千葉へ。
1時間で行けるところだったけれど
遅刻してはいけないと思って2時間半前に出発。

案の定、高速が大渋滞で40分前に到着。
でもチ−ムの皆が集合時間10分前になっても来ない。

あれ?私が集合場所を間違ってる?

と不安になったところで1人、2人と集まってきました。
皆、早めに行動する人ばかりなのに
結局多くの人が渋滞にはまり遅刻。
高速を使うときには朝の30分の遅れが命取りだよね。
公式戦でなくて本当に良かった。
私も気をつけよう。

息子の今日のポジションはディフェンス。
いつも前の方のポジションしかやっていない息子にとっては
馴染みのないポジション。
でも昨日のスク−ルでコ−チがやけにディフェンスの練習をさせていたので
私はもしかしてとは感じていたのだけど。
この先ディフェンスをするのなら
まだまだ勉強すべき点が多いね。

夕方、練習試合が終わり実家にそのまま寄ってきました。
妹夫婦も来ていたので久々に皆が顔を揃え、母は嬉しそう。
短い時間でしたが、お夕飯を一緒に食べ、
沢山のお土産をもらって帰ってきました。
親にとっては子どもがいくつになっても子どもなんだな〜。

題名の切なかったと言うのは、母の肩もみをした時。
母は「痩せたのよ〜。」と喜んで言っていたけれど
痩せたというより年で全体が小さくなっているように感じ、切なかったのです。

厚木に遠征
息子のサッカ−で厚木へ。

そんなに遠くはないはずなのに、
高速が事故渋滞で行きは2時間半かかりました。
でもこうなることは予想済み!
昨日は夜中の3時まで音楽を録音して聴きながら運転してました。
平井堅の「POP STAR」いいよね〜。
ドラマも面白いしね。

息子の今日の出来ですが、
普段サッカ−に関して小言の多い私ですが今日は大満足。
毎日の朝練とスク−ルのお陰で弱点が直りつつあるようです。
サッカ−大好きな私でも思いつかないようなコ−スのセンタリングを2本上げ
2本ともフォワ−ドにドンピシャで合いゴ−ル!
久し振りに息子のサッカ−を見た主人もちょっと驚いた様子でした。

でもJの下部組織に入っていないチ−ムの子でも
世の中には上手な子がた〜くさんいるのね。。。
息子の力不足を思い知らされた1日でもありました。
息子も同じ事を感じたようで
明日から朝練の時間を増やすと言っていました。
どこまでその気持ちが続くか分からないけれど
見守る事にしましょう。

帰りも混んでいて3時間かかりました。
清水に4日間連続で日帰りしたときよりなんだか疲れたな〜。
私の運転中、風邪気味で体調の優れない主人と
朝早かった息子は夢の中。
家族の中で一番体力のあるのは私のようです。


苦手なトラップ
日曜日だと言うのに主人は仕事が忙しく出社、
娘は朝から部活(大会だったので私は朝5時からお弁当作り)、
私と息子はサッカ−へとそれぞれ出掛けました。

チ−ムの練習の後、いつも学校や公園で自主練をする息子。
でも夕方から雨が降る予報だったので
チ−ムの練習前に1時間公園で練習すると言ってきました。
苦手なトラップを練習するのにボ−ル出しをして欲しいとも言うので
私も付き合うことに。

監督やコ−チからも息子の弱点はトラップだとはっきり言われるだけあって
本当に見るも無残。

素直に人の話を聞くところが息子の良いところだと思っているのですが
今日はトラップの悪い点を私に指摘され面白くない様子。
「文句や言い訳ばかりしたって上手にならないよ!」と突き放し
私も汗をかきながらひたすら1時間ボ−ル出しをしました。

その後チ−ムの練習へ。
偶然、公園でやったトラップの練習をすることになりました。
コ−チは息子を見るなり「○○(息子の事)はこれが苦手なんだよな〜。」
と言いながら息子を見ていましたが
練習の甲斐あってか、一度もミスをしないで
トラップの練習を終えることが出来、コ−チからも褒められたようです。

練習後「ミスしないで出来て良かったね。
上手になるにはコツコツ練習するしかないんだよね。」と息子に声をかけると
「分かってる。」との答え。
本人に頑張る気持ちがあれば
苦手なこともいつか克服することが出来る日が来ることでしょう。


そう言えば、今日は日曜日ということもあって公園には
たくさんの小さな子どもを連れたお父さん達がいました。
さぞかし私を見て
『熱いお母さんだな〜』と思ったことでしょうね。。。(苦笑)
最近思うこと
息子のサッカ−について最近よく思うことがあります。
それは当たり前のことだけど基本が大事だということです。
チ−ム戦術も大事だし、テクニック等の個人技も大事。
でも何よりもその前に基本が大事だということを痛感させられています。

息子もそのことに自分自身で気付き(自分で気付いた事に意味がある!)
朝練や空いた時間にコツコツと練習をしている様子。
スク−ルも息子自身の希望で日数を増やし
ボ−ルに触る時間を増やした。
その成果は先週行われた公式戦でも見ることが出来た。
センタ−サ−クル付近から5人を振り切り
トップスピ−ドのままシュ−ト。
基本を練習することで気持ちに余裕が出来たことと
何より息子自身が努力は裏切らない事を
実感したのではないかと思う。

基本が大事と言えば先日次のようなことがあった。

フォワ−ドとしてのボ−ルの受け方を監督から丁寧に教えて頂いた息子。
(その様子は私も見ていた)
翌日の練習試合ではさぞかし教えて頂いたことを実践するのだろうと見ていたところ、
その様子は最後までさっぱりなし。
でも息子は教えて頂いた通りにやったと言い張る。

練習試合後、サッカ−スク−ルがあり直行。
いつもサッカ−談義に花を咲かせる友人にその話をしたところ
「どうして教えてもらったことが出来ないのか考えるべきだよね。
それは教えてもらったことが理解出来ない訳でも出来ない訳でもなくて
基本のことが出来ないから気持ちに余裕がない。
気持ちに余裕がないから教えてもらったことも試合で出てこないということなんじゃないかな。
だから教えてもらったことが出来なくて子どもを責めるより
どうして出来なかったかを監督も親も考えるべきなんだよね。」


この言葉、私の胸にすごく響いた。
サッカ−だけではなくどんなスポ−ツも、
いやスポ−ツだけではなくどんなことにも当てはまる言葉だと思った。
ここでも基本が大事だということを痛感させられた訳です。
目の覚めるような言葉をかけて下さったKさんには本当に感謝です。

さて、フォワ−ドとしてのボ−ルの受け方の話には
実は後日談があります。
監督からの教えについての理解に私と息子の間で相違があったので
監督に再確認してみたのです。
すると両方共合っているという返事。
つまり基本的な理解は私が合っていて
それを発展させたのが息子の理解していることだったのです。
サッカ−に詳しくない私のような親は
余計な口出しはするものではないということですね(苦笑)
今日も
今日は主宰している親子教室がなかったので
朝から用事をあれこれと済ませた。

夕方は息子のサッカ−スク−ルへ。
サッカ−大好きの私はスク−ルの様子をずっと見ている。
息子のプレイを見ているというよりは
コ−チが話す一言一言が私にとって目新しいことばかりで
聞いていて本当に面白い。
サッカ−は奥が深いということが素人の私にでも理解でき、
知れば知るほどはまってしまう。

それにしても、ベンチコ−トを着ていても
足から深々と冷えて寒かった〜。
外でサッカ−観戦もこれからの季節、楽ではありません(苦笑)
今更ですが。。。
8月中旬、息子は5泊6日の日程でサッカ-の大会の為
清水に出掛けました。
私はそのうちの4日間、応援に行ったのですが
その全てを運転して日帰りすることに!

長女が部活を休んでくれれば
一緒に連れて行き、宿泊も出来たのに
どうしても休まないと言うので
仕方なく日帰りになったという訳です。

行きは3時間、帰りは混むので4時間かかっても
なんとか4日間日帰り出来たのは、
皆の勝ちたいという強い気持ちがプレイに表れていたこと、
強豪と呼ばれているチ−ムに勝ち、尚且つ試合内容も良かったから。

250チ−ムが参加し、全てのチ−ムに順位がつくこの大会、
息子のチ−ムは、まあまあの成績を残せたのではないかと思う。
炎天下の中、実質5日間で8試合を頑張った皆に心から拍手を送りたい。
あっ、それから4日間日帰りした自分にも拍手!(笑)
宇都宮遠征2日目
とにかく暑くて暑くて親もフラフラしそうな今日、
子ども達は無事勝ち上がり決勝へ進出。
結果は惜しくも敗れましたが
ラスト10分に見せた子ども達の必死の形相やプレ−が
これからのプラスになると確信しました。

現地解散だったので
そのまま鬼怒川温泉へ向かい、あさやホテルに宿泊しました。
夏休みで家族全員が揃うのは
昨日から明日までの3日間だけなので
これから思いっきり楽しみたいと思います。


宇都宮遠征1日目
息子のサッカ−の宇都宮遠征(1泊)に同行しました。
恐らく私は周囲から相当のサッカ−好きだと思われていますが
チ−ムの他の保護者も相当熱心なので
皆さん殆んど泊まりで同行していました。
2日間行われるうちの今日初日は予選。
無事1位通過しました。

夜は宿泊した保護者とコ−チ・監督を交えての飲み会がありました。
サッカ−のこと、監督がチ−ムを立ち上げた時のこと、
今までの苦労話など普段聞けない話をゆっくり聞く事が出来ました。
他の保護者との交流も深まり楽しい夜となりました。
サッカ−の大会
昨日、今日と息子のサッカ−の大きな大会があった。

結果は惨敗。

サッカ−大好きな私が初めて
「もうこれ以上、この試合を見たくない」と思った。
それほど内容の悪い負け方だったし
実力もさることながら
気持ちでも負けていたと思う。

この大会を目標にチ−ムも息子も頑張ってきたはずだけど
これが今の実力だと認識し、また1から練習するしかない。

でもここでこういう思いをして
息子にとっては心底良かったと思う。
目指すは来年の全国の切符をかけての大会。
それまでにチ−ムがどう変わるかが楽しみである。
息子のサッカ−2
今日も朝から他チ−ムを招待しての練習試合だった。

が、夕べの強雨でグランドコンディションは最悪。
朝6時に連絡網が回ってきて、
「ぞうきんでグランドの水を吸い取るので
大量のぞうきん、バケツ、着替えを持ってきて」
とのことだった。

車を1時間飛ばしてグランドに着くとそこは田んぼ状態。
こんな状態で他チ−ムを呼んで練習試合なんか出来るのかと
皆口々に言っていたが、
「もう呼んでしまっているのだから早くやろう!」
と何故か私がゲキを飛ばして
(だって、ゴチャゴチャ言っていたって仕方ないし。。。)
水を雑巾で吸い取ってはバケツに絞り、
その水をグランドの端に捨てに行くという
なんと〜も地味な作業が始まった。

子ども達もブ−ブ−言いながら作業をしている。
あんまり小言を言う子が多いので
「練習試合や公式戦の時は、皆はいつもグランドに行けば
すぐサッカ−が出来る状況にあるけれど
大会を主催しているチ−ムや、練習試合の時に
グランドを提供してくれているチ−ムは、
いつもこうやって皆が来る前にグランドを
整備してくれているんだよ。
そういう状況に感謝しなきゃいけないよ。」
と話すと分かってくれたのか
黙々と作業をする子どもが増えた。


1時間半、汗だくになりながら広いグランドの水を吸い取り
ようやく練習試合が開始。
強豪チ−ム相手だったが結果は全部勝つことが出来た。

練習試合が2時頃終わり、
これで帰る事が出来る〜と思ったのも束の間、
休憩後また練習。

そのグランドに今度はチ−ムの6年生も加わり、
最後は5年対6年の試合を行った。
監督には0対5で5年生が負けると言われていたが
終わってみると0対0であった。
朝から雑巾の吸い取り作業をし、
練習試合もこなした後の割には
見応えのあるゲ−ムであったように思う。
来週の大会に向けてチ−ムの状態は上向きになってきた。
来週の大会がとっても楽しみになってきた。

帰宅するともう午後8時。
今週もサッカ−三昧で週末が終わった。
息子のサッカ−
今日は朝から息子のサッカ−の招待試合で遠方へ。
来週行われる大きな大会を見据えて
フォ−メ−ションの確認やチ−ム戦術の確認をする
大事な招待試合だった。

結果は思ってもみなかった優勝。

どうして思ってもみなかったかと言うと
5年生ながら6年生大会で戦ったからだ。
息子はフォワ−ドとして出場、
決勝では1ゴ−ル1アシストをし
少しはチ−ムの為に貢献出来たのではないかと思う。

決してサッカ−が上手ではない彼が、
監督・コ−チの教えてもらったことを素直に聞き、
その上でコツコツコツコツ練習してきた結果が
少しずつだけど、発揮出来る様になってきた。
試合で結果を残せれば、
本人のやる気にもつながっていくだろう。

遠方に来たので、ス−パ−に立ち寄った。
東京で最近手に入らない粉末寒天を買う為に(笑)
おかげさまで20箱も買い占め、
これでしばらく寒天探しもしなくて済む(笑)
10分完走
今日は息子のサッカ−の練習日。
前回に引き続き練習最後に10分完走があった。

前回は5分完走で上の学年も一緒だったが
今日は時間が延びて同学年だけという条件。

さて結果はと言うと。。。

3位だった。
上の学年を入れると2位、4年では1位という
前回のことを考えれば3位という結果は褒められたものではない。
でも順位以前に私は息子がチ-ムメイトに抜かれた時の
絶対抜かれないという態度が見られなかったのが
見ていてイヤだった。

練習終了後、抜かれた後もう一度抜かし返そうとは
思わなかったのか息子に尋ねてみた。

するとあっさり「1番だと思ってた。」との答え。
どうしてそう思ったのかは私にも少し分かる。
走った場所が幼稚園の園庭で狭く
何週か遅れる子がいたりするので
どこが1位集団か分からなくなるのだ。

それは分かるけれど3位だったということは
抜かされている場面が2回あったはず。
ずっと1位なら何週か遅れる子がいて
どこが1位集団が分からなかったとしても
抜かれることはないのだ。

と息子にぶつけると「抜かれた事もごちゃごちゃしていて
わからなかった。」とのこと。

もうこれ以上1位にならなかったことを責めるのはやめた。
息子には息子の言い分があるということか。
頭ごなしに「どうして走る事だけでも1番が取れないの!」
と言わなくて本当に良かった。

5分完走
今日は息子のサッカ−チ−ムの練習日だった。
2時間半かけて基礎やチ−ムとしての動きを散々練習した後
最後に5分完走をすることになった。

息子はサッカ−は上手ではないけれど
走ることなら短距離も長距離も得意にしている。
でも5年生も一緒だったので4年の息子がどんな走りをするのか
ちょっぴり楽しみでもあった。

笛が鳴ってスタ−ト。
息子は明らかに1番を取ろうとかなりムキになって走っていた。
2分ほど経ったところでも1位をキ−プ。
でもそこで監督が「4年に1位を取らせるのか!」と5年生に
ゲキを飛ばした。

その声に反応した5年生の1人が息子を抜かした。
でも息子も負けたくないという気持ちを前面に出して
抜かし返した。
それを3回ほど繰り返しただろうか。
最後に5年生が息子を抜かしたところで終了の笛が鳴った。

息子は普段もサッカ−の時も気持ちを表に出すタイプの子どもではない。
それだけに今日の『走ることだけは絶対負けない。』という
息子の気持ちが私には嬉しかった。

大人、子ども関係なく、これだけは誰にも負けないということを
1つでも持っている人は色々な面で強いし輝いていると思う。
それが自信へとつながって他の事でも頑張る事が出来るし
努力すれば結果が付いてくる事も知っている。
さて私の誰にも負けない何かはあるのか?
う〜ん、どう考えても健康で寝なくても大丈夫なことしか
思い浮かばない。
これは努力して得たものはないな〜(苦笑)
続・サッカ−大会
なんとか寝坊もせずに神奈川に無事到着。

前日雨が降りグランドコンディションが悪い中
決勝リ−グが始まった。

結果は残念なことに負けてしまったのだが
この試合で子ども達は多くの事を学んだと思う。
グランドがぬかるんでいる時のパスの出し方や動き、
息子に関してはシュ−トを打つときの体の角度、
キ−パ−と1対1になった時のシュ−トの打ち方、
メンタル面等など。。
書き出したらキリがないけれど
それを今後に活かしていけばいいと思う。
ただレギュラ−争いが激しいこのチ−ム、
同じ事をコ−チや監督に何度も言われないように
注意されたことはグランドの上でちゃんと出来るようにしようね、我が息子!
≪ 前の30件| 次の30件
2019 - September
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
Profile
名前MAYUMI
星座山羊座
最新記事
過去記事
カテゴリー