ため息
只今 休業中    タネの小さなため息の溜池 画面が重いです、 しばらく御辛抱ください  面倒な広告がでます  御容赦ください

2007年01月29日  業務上の軽い秘密 
昨年の業務日記(日誌)から。
昨年の冬にあった地下街での仕事

現場は開通(?開店)前の地下街の店舗

これがあーた 寒いなんてもんじゃない。

こんなに寒くて、地中で冬眠中のカエルは大丈夫なんだろうか、とか
この地下を掘ったためにこの夏、七年目だったセミたちが大勢、太陽を見られなかっただろうに、
とか
土地を肥やしてくれるミミズたちの恨み骨髄(こんな形容なかったっけか)を感じつつ。



新しい店舗ではこのように、お靴を脱いでスリッパに履き替えます。

だからこういう時はちゃんとした靴を履いていきます。

間違っても PYUMA とかNIKKENとか訳のわかんない靴=パチモンは業界末代まで語り継がれます

『***さん(メーカー名)とこの営業さぁ プラダそっくりのBUTADAってバッグ持ってきてたぜ』

これは 実話で当事者は私です(-_-;) 老母が某K国の土産でくれたものです。
結構ウケました。

まだ空っぽのコンビニ

PM 09:42:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | [業務秘密]

2007年01月27日  太郎クンは三国イチのシアワセ者だったかな










 展覧会  開催中〜3/11

 
 
 



岐阜県出身の山本芳翠
 JR中央線 恵那市駅から徒歩数分 

中仙道広重美術館



私はこの美術館を長いこと

   中山 道広 重美術館

なかやま・みちひろ氏の重美術かあ、ほぉっ と勘違いしていた

   (勝手にハード・アートってジャンルがあるのかと)



この浦島って絵 なんともエロティクじゃあ〜りませんか
ちょっと 『ビーナスの誕生』にも構図が似てると思う

ろ〜ずさん江
ご所望はこちらでしょうか(笑)





PM 07:30:12 | Comment(11) | TrackBack(0) | [芸術家のみなさん]

2007年01月25日  失っちまった哀しみは
この10年で片方が消えてしまった淋しい手袋たち

 毛糸のノビノビ手袋、仕事用の軍手ポチポチ付き手袋。
もちろんほとんど安物(100〜780円 あたり)

糸がほつれ出したもの、洗って縮んでるものもあり。

毎年片方だけ失って冬が終わる。
冬の初めで失くしたこともある

一昨年、買ったラメ入りモール糸のお気にいりは両方、丸っと見つからない

_| ̄|○  涙

片手別々のものを着けて片方をコートのポケットに入れてる。
いつか失った片方が出てくるかもしれないと大事に取っていたけど・・・

この前ドラッグ・ストアでフリースの手袋 全品100円だったのを見て
やっと捨てる気になったので、せめて記念撮影。

ごめんね

AM 08:21:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]

2007年01月18日  ディープな夜
新年宴会の二次会で何年か振りにカラオケ。

ボックスじゃなくてカラオケ喫茶↓の画像

他人の歌も聞くのだ。

飲み物代(500円〜 とカラオケチケット10枚で1000円

チケットに歌のNOを書いてカウンターの籠に提出しておくか、おねいさんに渡すと入力してくれる。

テーブルにはノド飴三種類と老眼鏡
いたせりつくせり

しかも 『モーニング ランチ・サービスあり』の店内張り紙

18番の「赤いスイートピー」を唄おうと思ったら若い後輩から
「先輩それ、そろそろ無理ですよぉ ユーミンの失恋の歌にしといたら?」

素直に従った
なんちゅうか高齢者が多かったのだ
場の空気を読むもこれ年長者の務め




途中からどこかの英会話サークル?の一団が入店
すごいんだ
どいつもこいつも 英語の歌

こちらがたぶん先生
ご主人とド演歌のデュエット
「ワタシ カンジ読メルネ マダ書クノ ムリ」

その後、カーペンターズを唄っていたが
メチャうまい
(アメリカンだから当たり前、でもなかろうて)

最後に若い後輩と「恋のバカンス」で締めた
翌週1週間「ほぼ死んでいた」

PM 10:31:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | [日記]

2007年01月12日  手作りできる
ポン酢

蜜柑を絞って、醤油とレモン果汁(無ければ酢で可)を加える


胡麻だれ、
○酒を火にかけて、アルコールを飛ばす。
○練りごま・酒・味醂・醤油を混ぜる。


胡麻だれ
○お玉一杯弱の胡麻を油が出るまでする。

○砂糖、醤油、ごま油、辣油、ニンニクヒトカケする、酢、水少々混ぜる。分量はお好み


その他
練りゴマにポン酢とラー油入れる  そんだけ

お試しあれ

PM 10:20:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | [食]

2007年01月08日  母さんに心配かけるなっ!
ボーダーら遭難 冬の嵐 - goo ニュース

驚いたのだ

遭難したと母親にメール

20代の男性ボーダーグループ6名が滋賀高原で遭難


母親は110番通報し、長野県へ通報
その後、地元の遭難対策協議会が雪洞(せつどう)を掘って退避せよとケイタイに連絡、指示

雪洞 昔教わったのはスコップがあれば四角のブロック状に掘りだし、レンガのように積み上げ
おもちゃのピングーの家や陶器を焼く窯のようなものを作ったけれど
この場合はとにかく風を避けられるように、スキー、スノボーの板でひたすら掘る穴でいいのでは


無事救助されたそうだ


ワタシは新聞を手に思った

母親は心配で夜じゅう起きていたに違いない

しかし・・・なぜに最初にメールなんだ
ケータイのことは詳しくないが 電話よりメールのほうが確実なのか


この記事からワタシたちが学ぶべきは
出かける時は ケータイを忘れずに だろうか? 

しかし  しつこいようだが  なんでまずメールなんだ

  メールのほうが安いからという経済観念の定着か?


ともかく 親や人に迷惑をかけないように遊んでください
雪を甘くみてはいけません
しかし
なぜに メール      (しつこい!)

AM 11:00:46 | Comment(7) | TrackBack(0) | [つぶやき]

2007年01月06日  失敗なんて恐れるなっ!
人間 しくじっても、どってことないって
必死になれば(ならずとも)どーにかなるもんだって


暮に炊きこみドライカレーなんぞ作っておけば
みんな揃わなくても チンしては食べたらいいわと家族愛溢れる私は思ったのだ
家族のために粉骨する自分  はい大げさです


いい加減に細切れにしたハムとか野菜と、洗ってザルにあけておいた米をバターで炒めて炊飯器に
普通よりやや少なめの水、カレー粉とコンソメ 適当な塩胡椒

何度も作っている

変だな〜 カレーの匂いがしない・・・ううむ  少ないのかなぁ
ガバッと入れてみまひょ
・♪〜〜〜




。   ・〜〜〜△。。


勝、─ 供+×〆§@@@ 〜〜〜〜〜△◆♯ ▲■◆□▼ 



なんで黄色い缶が粉カラシ・  ・・・それはナンデスカ  ハテ面妖な




何もなかった顔をして


カラシにまぶされた米や野菜を水洗いしてザルに上げて

もう一度 水加減からやりなおし



ああ、良かった

激カラ炊きこみライスにはなりませんでした
やはり迅速なカラシの洗い流しが功を奏したようです

ガンバ 自分

AM 01:19:50 | Comment(11) | TrackBack(0) | [食]

2007年01月04日  ドーパミン βエンドルフィン
必要なものしか買わない
正しい
でも、そんな人とは仲良しになれないし
ならない

浪費厳禁主義の人と行動を共にすると、自分の至らなさを痛感して
落ちこんだり、
他人なのに叱られたりするからで

無駄で不要なのに
買わずにいられない心理状態のマズさ
に気付きたくないのだ


福袋

製造関係者だったことがある

ある年のこと
袋の中のひと品に不具合が見つかり、限定200個(実は250個あった 限定と書くと売れ行き効果絶大)
年末の暗い倉庫に朝から晩遅くまで
閉じてある口を丁寧にはがし
そのメーカーの品だけ取りだし、検品し、また閉じる


その時思い知ったことは、
1度閉じた口を開けるのはとんでもなく面倒で、うんざりすることと
「福袋は中身を全部見られても、全然ウレシクない」



今年買った福袋は2個 げへへへへ 似た性格の友達がいるのはと〜ても楽しく
ややマズい

靴下五足入り ¥1000
アクセサリー1個入り ¥1000
(書いてて なんてショボっ!)

もちろん楽しかった だからオーケー


買い物は快感

AM 10:36:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | [お買い上げ?]

2007年01月02日  貧血なの、なんて言い訳は自慢にゃならん
本年もよろしく

家族全員 貧血で要検査と診断結果に書かれている

鶏レバーが好き
牛の生レバーも好きだけど経済的な理由で年1回がやっと

しかし
「肝臓というのはカラダの悪いものをろ過する機能があるのよ 食べるなんて・」
と絶句するような奴とは上っ面の友達でいることを勧める

今のところ副作用というか 不具合は出ていない
小学生低学年のころから食し続けて 高校生からは自分で煮ては父と二人だけで平らげていた
(他の家族も無宗教だけど、レバーどころか血剤も拒否している )


鶏レバーのしぐれ煮

調理時間:20分
(血抜き時間20分除く)

材料:4人分

鶏レバー 400g (1コ=40g)
A しょうゆ 1/4カップ
酒 大さじ2
砂糖 大さじ2 (好みで増減)
しょうが 2かけ分 (1かけ=10g=大さじ2/3=小さじ2)
水 大さじ2


作り方:

1 鶏レバーは20分程冷水に漬けて血抜きし、食べやすい大きさに切り分ける。Aのしょうがはうす切りにする。
2 小鍋にAを合わせて煮立て、(1)を入れて、アクを除きながら中火で12-13分煮る。仕上げにしょうゆをかける。
3 器に盛り、せん切りにしたしょうがをたっぷりのせる。

ええーとこれは自分で作った もちろん美味しい(お〜ほほほっ)
器の陶器は家族が趣味で作ったやつを無理やり押し付けらて渋々使っている
(小学生レベルのデキだわ きっぱり)


前の月

PM 01:13:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | [食]

2007年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

NEW
2009/11/01  このサイト不調なり。
2009/10/24  美味しくて優しい
2009/10/23  うまい
2009/10/18  山深き宿
2009/10/10  防災 その2

日記(37)
お買い上げ?(21)
スキ(16)
ビデオ 映画(8)
情報(36)
つぶやき(53)
近郊紀行(26)
芸術家のみなさん(26)
食(82)
びっくり(23)
業務秘密(3)
芸能(1)
読んだわ(2)
怒り(2)
笑った(1)
ライブ(11)

OLD
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月


(-_-;)
タネ
中年
どっちつかず
A型
牡羊座

過去記事








2004 8月
2004 9月
2004 10月
2004 11月
2004 12月
2005
1月

2005 2月
2005 3月
2005 4月
2005 5月
2005 6月
2005 7月
2005 8月
2005 9月
2005 10月
2005 11月
2005 12月
2006年
 1月
2006 2月
2006 3月
2006 4月
2006 5月
2006 6月
2006 7月
2006 8月
2006 9月
2006 10月
2006 11月
2006 12月
2007年
1月
2007 2月
2007 3月
2007 4月
2007 5月
2007 6月
2007 7月
2007 8月
2007 9月
2007 10月
2007 11月
2007 12月
2008年
2008 1月
2008 2月
2008 3月
2008 4月
2008 5月
2008 6月
2008 7月
2008 8月
2008 9月
2008 10月
2008 11月
2008 12月
2009年
2009 1月
2009 2月
2009 3月
2009 4月
2009 5月
2009 6月


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp