ため息
只今 休業中    タネの小さなため息の溜池 画面が重いです、 しばらく御辛抱ください  面倒な広告がでます  御容赦ください

2005年09月28日  すいません ネタにするのはこれでたぶん最期
3月から半年 開催152日間 
愛知万博が終わったが、地元新聞はしつこく跡片つけの報道を毎日2〜3ページ費やしている。

万博期間問通し券を買って、いろんな情報元だった友人からメール 
 どこかに万博を笑うサイトがあるらしく、おもしろいところを抜粋して送ってくれた。

「ただし、リピートしてないと笑えないかも」


悲しいとき〜。
悲しいとき。
フランス館の関係者用入り口の表示「STAFF ONLY」が
唯一のスタッフ」と直訳されて書かれているのを見たとき。

悲しいとき〜。
悲しいとき。
ブルガリア館でヨーグルトを食べたあと裏手のゴミ箱をみたら
明○ブルガリアヨーグルト」の空き箱がたくさん捨てられているのを見たとき。

悲しいとき〜。
悲しいとき。
キッコロゴンドラに乗ったときに一緒に乗り合わせた向かいのカップルが、喧嘩を始めて女の子が「あたしもう帰る」と言ったきり、ゴンドラ内の全員が無言になってしまったとき。


悲しいとき〜
悲しいとき。
クロアチア館の出口で「ご自由にお取りください」と書かれておいてある岩塩をつまんでなめてみたら、その下に「この塩は食用ではありませんので食べないでください」と注意書きがされているのを見たとき


あははは  この「悲しいネタ先」は全部入ったから笑った
あのブルガリア館のヨーグルトはきれいなグラスに入ってたけど500円もしてたんだ。
どーみても あの箱(平均198円)の1/4くらいの量だった。

画像 会場内を縦断していたキッコロゴンドラ

PM 09:14:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | [近郊紀行]

2005年09月24日  カロリー 1/2


キューピーマヨネーズ
同じ400グラム カロリー半分のほうが 20円高かった。


私の、マヨネーズがないと困るメニュー

サンドイッチ
お好み焼き
生野菜

ヤキソバとハンバーグにぐにゅぐにゅかけている、マヨラー高校生を見たことある。
鞄の中にいつも小振りなマヨネーズを入れてらしい。 


明日で愛知万博が終わる、近くを走るJRの時刻表も通常に変る。
半年間 エキスポシャトルなる電車が走っていた。

なんだかんだ 揶揄や文句や批判を言いつつも、ここの日記でそうとうネタにしたし
やっぱり「お祭り」は参加せねばいられない体質なんだと自覚したし、遠くの友だちにも会えた。

信じられないことに昭和ヒトケタの老母がお彼岸の雑務を私に丸投げして、明日の閉幕を見届けに行く。

ヤフオクでシニア券 一人3700円を2枚で三千円で落札して渡した。これで2度目だ。
親孝行もしっかりできた。
思い残すことはナニもない。

小泉の圧勝のひとつに万博会場内、弁当解禁があったに違いない。


祭りの後の淋しさは・・・    あの歌ちょっと胸キュン

PM 09:29:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | [つぶやき]

2005年09月23日  マネキン
現在主流のマネキン(女性)のサイズは
身長175  上から 82・58・85 だそーです。

スリムですね そりゃそーだ 洋服を見せるためのものだから
異性に喜んでもらえる体型(巨乳)の必要はどっこもない






下記画像は名古屋駅前通り メイテツセブン前の「ナナちゃん」
彼女は別格
身長約7メートル  他のサイズ 不明
夏はビキニ 秋は祭りの法被  正月はミニの振袖と化粧直しがあるものの  ヌード(画像の状態)の時が多い

待ち合わせ場所にされてますが、股下に立つような奴は子どもと酔っ払いだけ


AM 11:57:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | [情報]

2005年09月18日  小さいけれど心踊る水族館
碧南海浜水族館    
大人(15歳以上)510円、小人(4〜14歳)200円

1F 水族館
壺に出入りする蛸 刺されると痛いくらげと痛くないくらげ

2F 海の科学館 
クロアチア ディナル山脈のカルスト地域の地底奥底に生息するドラゴンズ・ベビーが展示中(画像)
真っ白なヤモリとかトカゲとか サンショウウオ みたいだった。確か目がなかった。
万博関連だそうです。

・・・私の足が映っておりますな

PM 11:14:39 | Comment(4) | [近郊紀行]

2005年09月04日  平成わらしべ伝説
実家で取れるタケノコを春先に配った。

お返し その1 氷川きよし 2曲入りDVD



昭和ヒトケタの老母は突如 氷川クンが心の支えになり、ものすごい無理してライブ?にも行く

(チケットを取るには、B’zや ミスチルと同様に困難らしい)

DVD 
婆さん パソコンもプレステ2もDVDプレーヤーも持ってない
甥っ子に「この曲だけカセットテープに落せない?

「わからん テープみたいな古いモノ」


その2 京都のあられ  長岡京市 小倉山荘

おいしかった、個包パックの中に8種類のあられ、さすが京都手の込んでますこと










その3  ヨン様 ロッテ免税店の粗品だろうか ハガキ2枚組
この家には来年のタケノコ配布はしない きっぱり 
ケンカ売られたのかと思った




前出の冬ソナビデオのお礼に(お礼は不用だと思うけど)ヨン様命のマダムにこの絵葉書をあげたら




おかきが届いた。
おかきは小倉山荘のあられがあるので
前に画集を貸してくれたマダムにお礼したら



素晴らしいピーマンと茄子(すでに3本食べた)をいただいた。たけのこ抜きのチンジャオロースにしました

ごちそうさまでした

PM 05:24:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [つぶやき]

2005年09月03日  絵に書いたような暮らしのススメ
書店での雑誌分類は 女性、婦人、生活 てな順に並んでいると思う。

女性は未婚で〜40未満キャリア志向 ファッション中心 

婦人は既婚で〜子育て終了まで 


生活は暮らしに役立つ工夫や趣味と嗜好別

結婚して間もない主婦向けの生活誌 エ○セ
「誰の楽しみや必要とされているのだろう???×3乗」
  巨大メディァ企業が発行元
結婚した芸能人、有名人の露出がもっとも多い雑誌。
売れなくなったタレント・リサイクル雑誌と呼ばれている らしい。


季節毎の恒例 特集「300円おかず」には毎度、呆れている
誰も指摘しないのだろうか
その他にも、ここの勘違いぶりを見つけるために定期購読しているイヤな読者だ
(実は・・資料として勤務先が買っているので タダ読み¥500)

4人分一品 300円のおかず。
小さく ほんとに小さな字で 
値段は2005年 都内のスーパーの底値価格で算出しました、と書いてある。

安いのだ 都内のスーパー!(今季はまだマシなほう 以前はいったいどこのスーパーがこの値段で出しているのだ、というくらい安価だった)
ざっと抜き出してみると

豚バラ100g 70円
豚ひき肉100g 58円
鶏ひき肉100g 62円
タマネギ 1個 24円  3個で72円
キャベツ 1個 100円

底値というのにはゴマカシはないだろうけれど
■底値商品を買えるのは 限定された人数で朝イチでスーパーに走れる身分の人だけだ。 

もっと問題なのは
■底値で出る目玉商品でその日必要なすべての商品は用意できない。

■使用された調味料代が加算されていない 
砂糖も醤油も無料ではもらえませんけど
(・・アタシは一時ほとんど実家からくすねていた)

@@「プチ稼ぎでトクする」 恐ろしく甘くユルい
(こんなの真に受けると たちまち詐欺に遭うぞ)
@@百均グッズで工夫してステキで便利なインテリア小物  
・・・・・・貧乏臭く しかも、計算すると大して役にも立たないのに高い
工夫などしないで とっとと目的の既製品を買ったら とお節介を焼きたくなる。


ピックアップされる芸能人(今月号は 江角M子)の、こんな普段着 こんな台所  こんな子育て こんな言動(スタンス?)
芸能人の暮らし振りを手本にする素人、理想の暮らしを夢見る新人主婦がいるのだろう

でなきゃこの上っ面だけの薄っぺらな、暮らし本が売れてる理由がワカラナイ


母から娘 あるいは夫の母親(姑)から家事を伝承する習慣は、こくわずかに上層階級(含む 皇室)を除いて消滅したせいで
こんなヘナチョコ生活誌が蔓延るのだろう。


個人的意見だけど 料理に関しては「オレンジページ」という雑誌が足が地に着いた、いい雑誌だと思う。
無理やり再生させようとしている あのスーパーが創刊した。(現在は別の会社 JRだったかな?いい加減)

あんないい雑誌を作っておきながら
その企業の元トップは
「農業なんて効率が悪いんだから 食料は外国で作らせて 輸入すりゃあいいんだよぉ」
なんて言ったのだ、アホだ  だから傾くんだよ。

(料理しね〜奴がナニをいうか  はいその通り!)

PM 04:44:13 | Comment(3) | [つぶやき]

2005年09月01日  そんぽ じゃぱん 所蔵
ゴッホ展

「ひまわり」
(損保ジャパン東郷青児美術館 所蔵 旧安田火災)

「ひまわり」の展示期間が 8月28日で終わりだからと無理やり連行された。

どーして、こーいう強引な友だちが多いのか、理由を知っている人がいたら教えてもらいたいもんだ。


略歴(いい加減な抜粋)
フィンセント・ファン・ゴッホ  1853年3月30日〜1890年7月27日
オランダ南部のズンデルトに生まれ

祖父も父も牧師、自らもまた牧師を目指すが、その道は開けず、
1873年、ロンドンの下宿の娘に失恋し、やがて精神の変調が始まる。
27歳にして芸術家になることを決意


「人民の挿絵画家」彼が最初に描こうとしたのは、貧しくても強く生きる人々の姿  (蟹工船ですか?)
1883年、娼婦と同棲し、性病を患う。


1886年 パリでゴーギャン、シニャック、ベルナールなど、印象派に続く若い世代に出会い、交流。彼の描く絵は、明るくなっていった。(そーかなぁ)


1888年「日本の浮世絵にあるような明るい光」を求めて南仏の町アルルに向かい、ゴーギャンと共同生活をするが、ゴーギャンに自画像の「耳の形がおかしい」と言われ自分の左耳を切る
ケンカ別れ

1889年、サン・レミの精神病院に入る
ドラクロワやミレーの白黒の版画を、色彩と形態とが融合する独自の表現に置き換える模写を行う

南仏を離れ、再び北へと戻る。パリ近郊のオーヴェール=シュル=オワーズで、自然と宗教とが葛藤するかのような風景を描きながら、自らの胸を撃ち享年37歳

画家になると決心してわずか10年

生活は画商の弟テオが支え、書いた絵を渡していたが、生前に1枚しか売っておらず、謎とされている。謎ねえ・・
誰も価値がわからなかったか・・・兄さん具合悪いしなあ・・・とか?

≪糸杉と星の見える道≫(1890年)


ひまわりを見て友人の感想 (51歳 勤労主婦)
「こりゃ気も違うわ・・・はあ(ため息)」

タネ 「そんなもんですか」と返答


どーでもいいことだけど 
 ピカソって芸術大豪商人だよなあ、と思う。日本人では喩えたり置き換える人がいない。
ゴッホはなぜか石川啄木を思い浮かべ、モジリアーニは音楽の教科書にあった滝廉太郎 だ。
いずれも根拠とか理由はなし

 背景が落ち着かない

PM 09:44:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | [芸術家のみなさん]

2005年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

NEW
2009/11/01  このサイト不調なり。
2009/10/24  美味しくて優しい
2009/10/23  うまい
2009/10/18  山深き宿
2009/10/10  防災 その2

日記(37)
お買い上げ?(21)
スキ(16)
ビデオ 映画(8)
情報(36)
つぶやき(53)
近郊紀行(26)
芸術家のみなさん(26)
食(82)
びっくり(23)
業務秘密(3)
芸能(1)
読んだわ(2)
怒り(2)
笑った(1)
ライブ(11)

OLD
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月


(-_-;)
タネ
中年
どっちつかず
A型
牡羊座

過去記事








2004 8月
2004 9月
2004 10月
2004 11月
2004 12月
2005
1月

2005 2月
2005 3月
2005 4月
2005 5月
2005 6月
2005 7月
2005 8月
2005 9月
2005 10月
2005 11月
2005 12月
2006年
 1月
2006 2月
2006 3月
2006 4月
2006 5月
2006 6月
2006 7月
2006 8月
2006 9月
2006 10月
2006 11月
2006 12月
2007年
1月
2007 2月
2007 3月
2007 4月
2007 5月
2007 6月
2007 7月
2007 8月
2007 9月
2007 10月
2007 11月
2007 12月
2008年
2008 1月
2008 2月
2008 3月
2008 4月
2008 5月
2008 6月
2008 7月
2008 8月
2008 9月
2008 10月
2008 11月
2008 12月
2009年
2009 1月
2009 2月
2009 3月
2009 4月
2009 5月
2009 6月


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp