ため息
只今 休業中    タネの小さなため息の溜池 画面が重いです、 しばらく御辛抱ください  面倒な広告がでます  御容赦ください

2005年03月30日  平和で結構ですこと
3/30 中日新聞夕刊 1面

首相、愛知万博「弁当持込禁止」の見直しを経済産業省に指示


驚いた。首相? 経産省? げっ 国家的なモンダイなの?

万国博覧会 って言ってるけど 入場料4600円
開期半年限定のテーマパークでしょ
そのテーマパークのやり方が気に入らなければ、行かなきゃいい


この万博、当初は「技術 文化 交流」がテーマだったものが、国の介入で「自然の叡智」に変更
ところが会場を海上の森というオオタカの営巣地がある森を会場にしてコンクリートを流し込むだの  跡地を住宅に分譲だの
矛盾もいいところで 計画は転変劇を繰り返し実現に至った

     実のところ
          何がしたかったんだか 

????「愛知・名古屋の顕示」あるいは「お祭り騒ぎ」?????

1988年 この年から当地では「オリンピック」というコトバが禁句になった
タクシーに乗って「オリンピック残念だったねえ」  などと言うもんなら、しかもその相手が標準語だったりすると

「降りてちょうす」
           降ろされたもんだ   嘘だけど

この怨みどこかで晴らにゃ、いかんがや

コンサートでもいっつも名古屋飛ばしだがや 福岡でもやっとるのによぉ  
なんでもええんだわ ようけ人集めて 愛知か愛媛か区別つけたらな、いかんでよぉ
そうだ 万博っちゅうのがあるがや


お祭りにはテキ屋さんはつきものでテキ屋さんだってお祭りに参加するために 資本投下がされている
椅子 テーブル 半年で元を取らなくちゃいけない
 弁当なんて持ち込んでもらったら
テキ屋さんはアガッタリだ。
利益は保証してもらえるだろうね

約束してあんでしょ?

お祭り来るからには、多少の出費は承知してもらおうか と主催者側 協会側は決め込んでいたんでしょ?

テロの恐れだって? ペットボトルが凶器に?
引率のある遠足はいい  でもオトナの団体旅行はダメ  なんで?
コドモの弁当を作るのはオトナだよ。


黒字で収支決算の計画?
公金も投入されてるだろうし

最近の「万博」の話題は「弁当」のことばかりだ
さすが「偉大な田舎」

その田舎出身の私もこの成り行きから目が離せない   あんまりアホらしくて  ねえ?

解禁のようですな

PM 01:00:44 | Comment(5) | TrackBack(2) | [日記]

2005年03月25日  次の出発
ジョージ・シーガル
「次の出発」(画像)が地震で損傷

「次の出発」は1983年、福岡市立美術館が3200万円で購入。

先週の福岡西方沖地震により、
「バスに乗り込もうとする3人の乗客」

を描いた石こう像のうち2番目の像が倒れ、表面が欠けて破片や石こう粉末が散乱しているとのこと。

彼の石膏像は石膏を溶かした包帯を生身の人体に巻いて型をとる工法


人間の怪我と比べてはイケナイ。型があるので再生は簡単


震災に遭われた方々に 一日も早く暖かい日がきますように

PM 04:57:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | [情報]

2005年03月16日  ニーズ  女性編
夫になる相手に求める3C

Comfortable  快適な暮らしの保証 快適に充分な収入があること

Communications  自分を理解してくれて自分の話を聞いてくれる でも怒ったり叱ったりはしない 非難は論外、らしい(やさしいってことでしょうか)

Cooperation  協力 家事、育児を進んでやってくれる(言わなくても進んで、が大事)

とても現実的で具体的だ。驚くのは容姿(ルックス)が必要条件にない。

柴門ふみさんがどこかで書いていたが、結婚したことのある女性は誰一人、見てくれなんて問題にしない。
家事、育児ができ 高収入がある男を選ぶに決まっている。

これらが満たされているのなら 学歴も問題にしないだろう。

フリーターのキムタクより、やり手の松村ってことだろうか


私の周りの30代後半以上はなぜか ホリエモンが好きな女性が多く、今回の騒動は「フジも批判してる人全部  やっかみよぉ」
たぶん彼が今より1.5倍くらい太ってもまだ、彼女たちはホリエモンを支持すると思う。


最近は3Cに「厚生年金の加入者」が加わったそうだ。


講演会の最後に「実は・・」と付け加えられた

非婚化と同様に少子化の問題は結婚しない女性にあるのではなく、男性の植物化にある。というのが小倉先生の説で、こっちのほうがずっと深刻ではないかと。
仕事で疲れきった土日 水を与えてくれるなら 母親でも妻でもいい。
自分で水も飲めない。とにかく休んでいたい、水の入ったバケツに沈んでいたい
これでは子どもなんて作るのも持つのも無理だとしめくくられた

たぶんこれに関する小倉先生のご本がそのうち出ると思う。めちゃおもしろいから
ネタにさせていただいたお礼に、ちょい宣伝 

PM 10:29:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | [情報]

2005年03月15日  ニーズ  男性編
理想の妻の条件 4K+1K  (小倉千加子教授 講演会より 覚書)

かわいい(きれい 含む)
賢い (但し、夫をやりこめない程度 消費生活センターに相談に行かない程度)
家庭的(具体的には わかってない)
軽い(体重が)

驚くなかれこの理想の4Kというのはもう何十年も同じだそうだ。

そして近年不況を反映か、Kがもう一つ増えた
経済力(金のとれる女)

転勤になって、どこの町でもすぐに高収入を得られる女性
  薬剤師 なんだそうである。

とある有名なお嬢様大学が今年度から「楽学部」を新設した
「薬学部」を6年制にしようとしている

大学は産業だからニーズのあるところからお金を取る 訳である。

やれやれ  理想的な女性が見つかるといいですな  
こんな理想どおりの女性が好きになれればいいし、相手も好きになってくれるといいですね

ダメだ・・・ 非婚化 少子化はさらに進むとみた(冷ややか〜〜〜)

AM 11:08:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | [情報]

2005年03月11日  松任谷由実 VIVA!6X7ツアー


3/10 名古屋センチュリーホール   中年(40代以上)が目立つ だからか、古い曲が半分以上。

名古屋は1番底の時期(いつだったのだ)にもチケット前売りと客動員が揺るがなかった土地だと「おべんちゃら」を言う。
  
入り口付近にダフ屋が一人
「余ってなーい? チケット  なーい  なーい  誰もなーい♪」と一人で唄っていた。

ユーミン お歌が上手になってしまって・・。腰の周りにわずかな中年の影 
ユーミンとは青春がシンクロしている、
ユーミンを聞くのは「あの頃の自分」に会いたい からだと思う。

会場の自分より若い人はたぶんバブル期の「恋人たち」でユーミンをラブソングとしていた人たち
私たちの世代は「夢見る娘の時代」」だ

小さな投げキッスひとつ スクリーンのひとコマであった世代
 ユーミンが時代を牽引した。 「欲しいものは欲しいと言ったほうが勝ち」

時代は女のヒナ形を山口百恵から松田聖子へと変えた
欲しいと言えなかった娘たちも、ユーミンの描く恋愛ドラマに身を置くことで日々の支えにし、やがて現実を前に、諦めとササヤカな幸せを交換した


サブリナパンツ
白 いドレープたっぷりのワンピース
トラッドのジャケット
カーボーイ・ハット


アンコールはユーミンヒット・メドレー(たぶん人気投票の上位曲では・・)
そのラストソングは我ライフソング?!「DESTINY」

最後の最後の1曲は 「青いエアメール」

センチメンタル ノスタルジー 甘い酢っぱい記憶のカケラ、こんなものばかりを封筒に詰めて、実は毎日バックに入れているのかもしれない。
そして誰も見てない所でたまにそっとのぞく  知られちゃイケナイおばさんの秘密 もし知っても黙って見逃して欲しい。誰にも迷惑はかけませんから


ヤフーbb プレゼンツ  以前は三菱だったり キリンビールだったと記憶・・


帰りの乗り換え駅に開店した新しい商業ビル「アスナル」の上海湯包小舘で軽く酒盛り
なんだかひどく酔った。

PM 09:44:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | [ライブ]

2005年03月06日  ライクアローリングストーン
宮谷一彦でもボブ・ディランでもない
ピカソの作風のことだ。

ピカソの芸術の変遷は女性遍歴とセットになっている。
付き合う女性が代わると作風も代わる。どっちが先かは不明だが、ものすごくわかり易い、彼の心のヒダは浅いようだけど(失礼な?)変り続ける精力 探究心 思い切りの良さ 20世紀の第一人者らしい 芸術家としてだよ

左画像 20歳の自画像(1901) 似てなくな〜い?

青の時代 シュミーズ姿の少女
1900年〜後期印象派の画家ゴーギャンや、ナビ派とよばれる象徴主義の画家などの影響
ドガの主題や、ロートレックの様式と主題からも影響、「青い部屋」(1901)後の数年間は、青い色を基調

ばら色の時代
1904年、パリの「バトー・ラボワール」(洗濯船)というみすぼらしい建物でフェルナンド・オリビエと暮らし始めた


前キュビスムの時代
1906年夏、スペインのゴゾル滞在 ギリシア、イベリア半島、アフリカの美術による影響が作品の特色になる。「ガートルード・スタイン」(1905〜06)の肖像でも顔が仮面のようにあらわされているが、この時期の代表作「アビニョンの娘たち

写実的作品とシュルレアリスム作品
第1次世界大戦(1914〜18)の間、ロシア・バレエ団のために、衣装と舞台装置のデザイン。1918年に、バレエ団のバレリーナだったオルガ・コフロワと結婚 彼女の「普通に書いてよ」発言で古典主義的作品を描く。1921年息子パウロ
20年代初期には、重厚で彫塑的な人体をえがいた「泉のそばの3人の女」(1921)や腕を組んで座る軽業師


1930年代初期のキュビスムの作品は、調和のとれた曲線が強調されて、エロティシズムを感じさせる。新しい恋人はマリー・テレーズ
35年に娘マイア。マリー・テレーズは「鏡の前の少女」(1932)のモデル。

35年には、ミノタウロスと闘牛の主題をむすびつけたエッチングの大作
1937年4月26日、スペインの独裁者フランコの要請で、ドイツ空軍がバスク地方の町ゲルニカを爆撃した。巨大な壁画「ゲルニカ」に着手、2カ月足らずで完成
「ゲルニカ」の制作過程は、ピカソの新しい恋人
ドラ・マールによって撮影

二次大戦(1939〜45)の勃発(ぼっぱつ)、ピカソのパレットは暗さをまし、「羊を抱える男」「雄の子牛の頭蓋骨のある静物」(1942)や「納骨堂」(1945)などの死を主題とする作品が数多く制作。
1940年代には恋人、女流画家フランソワーズ・ジローにクロード、パロマの2人の子供が誕生。この3人は、初期の様式を思わせる作品に何度も登場。正式な婚姻関係はない。


肖像がえがかれた最後の女性は、1953年にであい、61年に結婚したジャクリーヌ・ロック

ゲルニカ」は、1939年から8までニューヨーク近代美術館に展示された後、マドリードのプラド美術館所蔵
92年に、マドリードに新設された20世紀美術館「レイナ・ソフィア美術センター」展示。

参考文献 創元社 「ピカソ」
      視覚デザイン研究所 「絵画の見かた」

AM 01:03:06 | Comment(4) | TrackBack(1) | [芸術家のみなさん]

2005年03月01日  どーでもいいことだがね
なんだか 新聞 地元TVで連日話題になってる
「愛知県」だけが盛り上がってるよーな気がする。
おそらくじゃなくて、たぶんじゃなくて絶対!!

名古屋城の名物「金シャチ」  
きんしゃち  かねしゃち ではない
新聞でも表記は「シャチ」で、しゃち でも 鯱 でもない


19日から名古屋市内で始まる「新世紀・名古屋城博」のため
 3日、50メートルの天守閣からクレーンで地上に降ろされ、閉幕の6月19日まで展示される。

金シャチは、24日の愛知万博開会式にも来賓?としてお出かけして“出席”する。

前回「名古屋城博」ではヘリコプターで降りたそうだが、大きなクレーンができたおかげで今回のほうが安く済むらしい。

1937年この金シャチは盗難にあった。
いったいダレがどうやって

金シャチのうろこだけはがした。
金シャチ1体で100枚の金のうろこが張ってあるそうだ。
58枚のうろこをはがし盗んだ犯人は自宅にて るつぼ(坩堝)で溶かし金の延べ棒にして売ったところ逮捕

と新聞に書いてありました。

PM 09:04:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | [情報]

2005年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

NEW
2009/11/01  このサイト不調なり。
2009/10/24  美味しくて優しい
2009/10/23  うまい
2009/10/18  山深き宿
2009/10/10  防災 その2

日記(37)
お買い上げ?(21)
スキ(16)
ビデオ 映画(8)
情報(36)
つぶやき(53)
近郊紀行(26)
芸術家のみなさん(26)
食(82)
びっくり(23)
業務秘密(3)
芸能(1)
読んだわ(2)
怒り(2)
笑った(1)
ライブ(11)

OLD
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月


(-_-;)
タネ
中年
どっちつかず
A型
牡羊座

過去記事








2004 8月
2004 9月
2004 10月
2004 11月
2004 12月
2005
1月

2005 2月
2005 3月
2005 4月
2005 5月
2005 6月
2005 7月
2005 8月
2005 9月
2005 10月
2005 11月
2005 12月
2006年
 1月
2006 2月
2006 3月
2006 4月
2006 5月
2006 6月
2006 7月
2006 8月
2006 9月
2006 10月
2006 11月
2006 12月
2007年
1月
2007 2月
2007 3月
2007 4月
2007 5月
2007 6月
2007 7月
2007 8月
2007 9月
2007 10月
2007 11月
2007 12月
2008年
2008 1月
2008 2月
2008 3月
2008 4月
2008 5月
2008 6月
2008 7月
2008 8月
2008 9月
2008 10月
2008 11月
2008 12月
2009年
2009 1月
2009 2月
2009 3月
2009 4月
2009 5月
2009 6月


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp