テニスの王子様

アメリカ帰りの天才テニスプレイヤー越前リョーマ(12歳)が青春学園(以下青学)の仲間達とともに初の全国制覇を成し遂げようとするお話。

主人公がクールな王子様でちびっこい。笑。
でも情に厚くて実は困った人を放っておけないお人よし。
押しに弱くて小生意気で先輩に可愛がられてる。
これだけ聞くとどんな子だかさっぱりですね。
まずこの作品の前に”COOL”という作品がありまして、私はその当時からこの先生の独特な作品のFANでした。
この作品のタイトルと主人公を見た瞬間、はまるだろうなー…と思ってはいたんですが、やっぱりはまりました。

個性的で魅力溢れる人物達が絶妙に構成されてて、ありえない!という試合光景が既に素敵なところ。
なんせ、現青学3強の手塚・不二・リョーマは自然現象を操り起こしてしまいますからね!!
他にも、ありえない体勢で移動・攻撃をする人やおいおいこんなに飛べないだろ!?とか、なんでラケットに穴が開くの!?といった派手な必殺技を見ているだけで、テニスを知らなくても楽しめます。
コミックスの帯には”スポーツマンガNO.1爆進中”といった言葉が書かれています。

私はストーリー重視ではありますが、別なところでキャラ好きだったりまします。たまに逆な漫画もあります。
この漫画は、とにかく登場人物が多いので好きな人が大勢いすぎて・・・。
特筆するならリョーマ千石さんです。
これについては後々タイトルに”千石清純”などとつけて書いているかと…笑。


悪人が悪人をテニスで倒していく漫画です、と作者さんが言っているあたりが既に普通じゃなくて最高です☆
テニスシーンもですが、普段の生活とか、終わってしまいましたがアニメのオリジナルストーリーもかなり面白いですv

大会を勝ち進んでいくに従って、他校も沢山出てきます。
この他校がまた奇人変人のオンパレード!!
付き人付きの財閥お坊ちゃまや家の中で真剣を振りかざすお堅い副部長、女好きのオレンジ頭・不良の暴力事件から大仏ライオン・薔薇柄の服を着た「んふっ」が口癖なデータマンまで!!
裏設定を知っていくと、身長体重だけでなく、親の職業までわかってしまうあたりFANが多いとFANBOOKも凄いな、といったところでしょうか。
私的に驚いたのは”親の職業:無職”の人でしょうか…。

私的には大HITな漫画ですvv