「自分の足で歩けよ」



どこかから声が聞こえる
どこからかは分からない

凄く近くからかもしれないし
ずっと遠くの方かもしれない

私の足はふわふわした雲の上に置かれていて

真綿のように優しく包まれているから
移動はもっぱら風のゆくまま身を任せ


「歩けよ、前に」


片言で、強調するように聞こえてくる、それ。
あんまりしつこいから、ちょっと勇気を出す。

そっと、足を大地に下ろしてみる。


痛い。



でも。

 なぜだか、生きてるって実感した。


------------------------------------


守られる安心感と、進みだす勇気。
どちらがかけても辛いなぁ。
均衡を保つのって、難しいですよね。
えっと、守られてるだけじゃ駄目よねという。


此方からお借りしてるお題より。

「ふと気が付いた10のお題」
お題リンクというところから、”少数””10個以下”で検索したらこのサイトさんが一杯お題ありましたので拝借。