おにぎりの作り方
我が愛猫『おにぎり』との日々を気侭に綴ります **現在『猫のようちえん』より『ありすちゃん』が留学中**

2005年08月28日  バクテリアは消えたけど…
投薬が終わり、再尿検査に行った先日、バクテリアは消えていたのですが何と尿の中にストルバイトという結晶が出ている事が分かりました。尿路疾患というやつです。
前回(5日前)の尿検査では無かったそうなので、幸いに早期発見となりました。フードは尿路疾患に配慮したもの(アイムスライト)にカルカンウィスカス(室内飼い専用)を混ぜてあげていたのですが…体質的な問題らしく、予防的なフードをあげていてもかかる子はかかるそうです。
早速、食事療法にとりかかる為、3種のフードサンプルをもらいました。その内の1種、『ユーカヌバ・ベテリナリーダイエット』(これもアイムスから出ているフード)というやつの食いつきが良かった為そのフードを与える事にしたのですが、普通新しいフードをあげる時は今まであげていたものに混ぜて…とするのに、それを忘れてちょこはいきなりそのフードだけをあげてしまいました(^^;)それでも食べてくれたおにぎり、良い子です。病院食は美味しく無いと思ったのですが、今の所問題なく食べてくれています。それにしても、やはり市販のフードに比べて少しお値段が張りますね(^^;)今後は、結晶に効いているかを見る為、定期的に検査が必要と言われました。定期的な通院で、少しは病院に慣れるかも…?現在のおにぎりは、診察台の上でビビって小さく固まってしまいます。暴れるよりは、診察しやすくて良いのですが。

PM 11:08:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月28日  初めての客人3
この通り、友達はお腹撫で撫でもできちゃいました!おにぎりは嬉しくてしがみついている様に見えます。
友達は滅多に我が家に来る事はないので次また来てもおにぎりは忘れているかもしれませんが、この様子だとまた来た時でもすぐに仲良くなれるかなぁと思いました。友達は、大満足で実家へと帰っていきました。
びびりのおにぎりですが、初めての人でも(人によるかも知れませんが)こうして触る事ができたのはちょこにとってもとても嬉しい事です。これならオフ会に連れて行っても心配ないかも!?
でも知らない場所、知らない人、知らない猫がいるとなると、やっぱりびびって隠れるかもしれませんね…(^^;)

PM 10:21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月28日  初めての客人2
友達は、ちょこと同じく猫好きです。実家には野良にゃんがたくさん居て、祖父母の家の一室は野良にゃんが寝たりするのに使わせているそうです。現在一人暮らしの友達は猫が飼えず、また近所で野良にゃんに遭遇する事もないので、猫との触れ合いは久しぶりだったそうで…。
ちょこからすると、父&母はおにぎりと仲良くなる為にちょっと荒っぽく接しているように見えるのですが、そんな二人と違って男にも関わらず早くもおにぎりと交流を深める友達。ソフトに接していたのが良かったのでしょうか。それに比べ父なんかは、先日、多分無理に触ったせいだと思うのですが猫パンチ(これがまた速い!)を喰らっていました。爪は出ていなかったそうですが、猫パンチが出るとは…(-.-;)

PM 10:12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月28日  初めての客人
先週末、友達が帰省ついでに2泊3日で泊まりに来ました。我が家ではお客が訪ねてくる事が滅多にないので、おにぎりにとっては初めてのお客さま。おにぎりはびびりなので、友達にも『触れないかもしれないよ』と伝えていましたが…。
友達が部屋に入ってくると、案の定動揺するおにぎり。思った程のパニックぶりではなかったのですが、真ん丸な目で高い所から『何だこの人は…』と様子をうかがったり、一度部屋を出て再び入る時も『あ、まだ居る!』といった感じで、ドアの所から中の様子をうかがったりしていました。友達には、『無理におにぎりを触ろうとすると余計びびるので、最初は構わず様子をみておいて』と言っていたので、その通りにじっとしていてくれたので、おにぎりも徐々に落ち着いて、そのうちそこら辺にゴロンと寝たり、おもちゃで遊ぶようになりました。
画像は友達と遊んでいるおにぎりです。

PM 09:58:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月19日  バクテリア、再び
16日の夜、そろそろ寝ようとした時におにぎりがおしっこをしていたのですが、行った側からまた砂を掻いておしっこのポーズを取っていました。その後何度も何度も同じ事を繰り返したので『これはもしや…』と思い、翌日少しだけ出ていたおしっこを容器に取りすぐさま病院へ。検尿してもらった結果、やはり尿にバクテリアが入っていました。
実は5月頃にも同じ行動が見られ、きっと必要になるだろうと思って取ったおしっこに若干血が混じっていたので、オス猫によく発症する結石かと思ってかなり焦りました。検尿結果は、バクテリアのせいで『残尿感』がある為に何度もトイレに行っていたという事で、検査した時はおしっこは正常に出ていました。血が混じっていたのは、尿道で炎症を起こした為でした。結石でなくて一安心…。この時は、まずもらったお薬でバクテリアは退治できたのですが、再尿検査の時に血しょうが若干混じっていた(炎症が完治していない)ので更にお薬をいただいてちょっと長引いたのですが、今回はバクテリアのみという事だったので、前回よりは早く治るかなとホッとしています。お薬飲ませるのは苦手なので…。ちなみにバクテリアは前回とは違う種類との事。先生と『(バクテリアが)出やすい体質なんですかねぇ〜(^^;)』と話してました。
最初にバクテリアと聞いた時、ちょうどおにぎりが脱走した後だった事もあって『脱走中に何か変なモノを口にしたのかな…』と思って先生に聞いてみたのですが、バクテリアは元々体内にいるものという事でした。恥ずかしながら、雑菌等と勘違いしてました…

PM 05:05:44 | Comment(5) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月19日  帰省後のおにぎりは…
田舎へは14日早朝4:30頃出発、帰って来たのは日付けが変わって1:30頃でした。おにぎりは我が家に来て初めて、丸1日近く、家族の誰もいない家で過ごしました。
帰って来たのに気が付いたおにぎりが2階リビングまで降りてきて『待ってたよ〜』という様にゴロゴロ言いながらあちこちにスリスリ。リビングではよく蹴って遊んでいるキッチンマットがぐにゃぐにゃに乱れ、側にはフワフワ部分がすっかりしぼんでしまった耳掻きが落ちていて、その他は特に変わった様子は見られませんでした。誰もいない家でいたづらしてるかなぁ〜と思ったのですが、普段からいたづらしないのでこの時も何もしなかった様です。お利口さんなおにぎりです(*^^*)
家族の誰も居ない時間がいつもより長かったせいか、おにぎりの行動に若干変化が出ました。家族の誰に対しても、ほんの少しではありますが、帰省前より懐いた感じがしました。特に母は大進歩で、窓を開けて欲しいと頼んでいる時のおにぎりに限り、脇を持っての『抱き上げ』ができる様になったのです。更に挨拶程度に手をペロッと舐める時もあるとか…。
撫でようとすると逃げ回っていたおにぎりですが、みんなが居ないとやっぱり寂しいと思うんですね。

PM 05:04:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月13日  おにぎり、お留守番
14日に『日帰り予定』で父の田舎に帰ります。場所は岡山県寄りの広島です。猫にお留守番してもらう場合、『2日程度であればフードと水をたっぷり用意しておけば大丈夫』らしいのですが、我が家の場合はありんこがやって来るのでフードの出しっ放しは出来ません。(窓が閉まっていても入って来るので)なので、おにぎりには14日早朝に出る時の分しかフードがあげられないのです。一応日帰りでいつも田舎に帰るのですが、帰りの高速が込んでる事が多く、運転しっぱなしで父も疲れるのでSAで休憩しながら大抵翌日の早朝に帰宅する事になります。一日くらいなら食べなくても大丈夫かもしれませんが、何だかこっちの都合で食べさせてあげられないのが悪い気がしてなりません…。
でも、暑くなってからは少し食欲が落ちているので、留守中はずっと寝ているだろうし大丈夫かなぁ…。気にし過ぎると何も出来ないのですが、結構心配性のちょこなので(^^;)

PM 10:27:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月13日  ありんこがやって来る!
暑くなり始めた頃からですが、最初に家の中でありんこが見つかったのは台所(2F)でした。『台所は流しの所に生ゴミがあるし、きっと冬に備えて食料を探しにこんな所まで来たんやなぁ』と思っていたら、何と3Fのちょこの部屋まで入り込んでいたのです。原因はおにぎりのドライフード。
おにぎりは1回分のフードをその時に全部食べずに残すので、今迄はそのまま出しっ放しにしていていつでもまた食べれる様にしていたのですが、その臭いに誘われてありんこが壁伝いに部屋まで上がってきていたのです。最初は2〜3匹見つけて『嫌やわぁ』と思いながら駆除、フードの入れ物にはラップをかけてありんこが入って来ない様にしていました。が、ある日の帰宅後、残っていたフードをあげようと入れ物のラップをはがそうとした所、ラップがしっかりかけられおらず隙間からありんこが入り込み、入れ物の中で10匹程だったでしょうか、いそいそと動き回っていました…(-.-;)ありんこはよく見かけるとてもちっちゃい大きさのものですが、さすがに数が多くなるとかなり気持ち悪く、慌てて洗面所に流しました…。それ以降はかなり気を付けていたのですが、フード保管の為の密封容器からうっかりこぼれた粒にこれまた大量に群がっている時もあり…大慌ててありんこ駆除しているちょこの横で、おにぎりは『ごはんまだ?』と言った表情でお行儀良く座っていました。
ちょこの家には敷地が狭いので『庭』はありません。ただ、母が趣味でプランターに花を植えているので、そこにありんこの巣があるのかなぁ…と思っていますが、生きる為に一生懸命餌を探して動いている訳なので、巣ごと全滅というのはちょっとかわいそうな気がしてなかなかそこまで出来ていません。
現在は、残ったフードはすかさず密封容器に入れ替え、食べこぼしにも気を付けているのでありんこの姿は見かけません。ただ、フードを片付けなくてはいけない事で、ちょっと困る事が…

PM 10:13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月07日  おにぎりと家族〜弟の場合
犬でも猫でも関係なく好きな弟には、猫を飼う事について特に相談した事はありませんでした。
おにぎりが来てから、特に撫でようとか接触しようという感じがなかったので、おにぎりの方も『この人は無理に何かして来ない』と認識した様で、実はちょこ以外の家族で一番おにぎりを触る事ができます。ゴロゴロも言っています。おにぎりが何故か階段を登る時や降りて来る時に止まる場所があるのですが、そこであればいつでも弟は撫でる事ができるので『そろそろ抱っこに挑戦してみては?』とアドバイス。でも、抱っこはまだおにぎり的にはダメだった様で逃げられていました。そこでまずちょこがおにぎりを捕まえて抱っこ、そのまま弟に渡して抱っこさせてみました。思ったより大人しくしていたおにぎりですが、それもほんの一瞬。すぐに暴れだして逃げていきました。でも一瞬でも抱っこできたのはすごいです。父や母の場合だと、ちょこがおにぎりを抱っこして父や母の方を『向いただけ』で暴れ出して逃げてしまうので…。

PM 11:44:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月07日  おにぎりと家族〜父の場合
猫を飼う事に一番反対していたのは父です。猫に限らず、『動物はダメだ』という事でした。その一番の理由は『臭い』。ちょこは父に反対された後、ネットで実際の所どれくらい臭いがあるものなのか調べてみたのですが、『(猫自体に)臭いは無い』と書いてあって安心したのですが、『トイレの臭い』に関しては気を使わないといけないみたいだったのでその点が不安で父に対して『臭いは大丈夫』と言い切れませんでした。
でも、トイレ掃除をこまめにする様にしているし、ネットであった様に猫の体臭というのがホントになかったので、父もそれには驚いていました。父はおにぎりに対して、最初のうちはちょこが勝手に引き取ってしまって、『家族の一員となってしまったのだから可愛がってあげないと』と何となく義務的にしているのかなぁ〜…という感じがしていたのですが、今では特にそんな感じもなく、普通に可愛がってくれている様に思います。しかし、母同様なかなか撫でる事が出来ず、弟が撫でているのを見て『なんで撫でさしてくれへんのや〜』とちょっと寂しそうです。
最近携帯を買い替えた父。仕事でのみ使うので通話さえできれば良いのですが、最近のものはどれもカメラが付いていて『こんなんいらんのになぁ』と言っていたのですが、試しにおにぎりを撮影。いつの間にか待ち受け画面等に設定していました。

PM 11:18:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月07日  おにぎりと家族〜母の場合
母の場合は、猫を飼う事についてそれほど反対していた訳ではないのですが、元々犬派の人間(結婚前に犬を飼っていた事も)なので『飼うなら犬が良い』と言っていました。カレンダーも犬の写真のを買うくらいです。また、家は借家ではないのですが、爪で家具等を引っ掻かれるのも気にしていたので、あまり乗り気ではありませんでした。
でも、実際おにぎりが家に来て一緒に生活してみると、爪研ぎは決まった場所でちゃんとするし、いたずらも無く、あまり鳴かず静か(近所の犬の方がうるさい…(-.-;))なので、『思っていたより猫は飼いやすい』と分かってもらえたみたいです。
母は初めから、『おにぎりに早く慣れてもらわないと』と、おにぎりが逃げても触りにいく程強引だったので、『それではなかなか懐かないのでは…』とちょこは心配していましたが、おやつを出せば寄ってくるし、おにぎりが窓を開けて欲しい時は近くにいれば母にも訴えて鳴くので、心配していた程慣れていない訳ではなさそうです。普段は撫でれなくても、窓の外を見るのに夢中なおにぎりは、母でも撫でる事ができます。先日本屋で立ち読みした『猫のきもちがわかる本』というやつに、『餌をあげる時に寄ってくるのは懐いているという事』とありました。おやつの場合も同じではないかと思うので、おにぎり(猫)としては懐いている内に入っているみたいです。でも母としては撫でて可愛がりたい気持ちがあるので、相変わらず何とか撫でようと頑張っています。

PM 10:57:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | [日記]

2005年08月01日  今さらながらのオフ会報告
久しぶりに仕事が一段落し用事もあまりなかった週末も、気が付けばもう終わってしまいました…(-.-;)
7/23のオフ会報告がすっかりしそびれてしまい、今さらながら書いてもきっと他のブログでどんな様子だったのかみなさん御存知だと思うので、内容がダブるのも面白くないと思いちょこはオフ会で撮った写真を高画質でお届けしようと思いました。ブログではあまり、きれいで大きな写真はアップできませんので…。
リンクの『おにぎりの食し方(近道)』より、『オフ会写真館』へどうぞ。中には『パソコンで確認したらピンぼけしていた残念写真』もありますが(^^;)対象が動いているので、なかなかピンとが合った写真を撮るのは難しいですね。暗すぎる写真に関しては補正してあります。サイズも、元のままだと画面からはみ出て見にくかったので、『これくらいなら見やすいかな?』というサイズまで小さくしていますが、ちょこの使用しているディスプレイは結構大きなものなので、はみ出てしまったらすみませんm(_ _;)m
お気に入りの写真がありましたら、御自由にお持ち帰り下さい。ただし、写真を使われる場合は個人の趣味の範囲内でお願いします。
ところで、オフ会に『おにぎりは連れていかなかったの?』と思われる方がいるかも知れませんが…外出慣れしていない&ビビリのおにぎりが参加できるかどうか事前にいよだ園長に相談した所、ちょこ宅からようちえんには電車を使って行かなくてはいけない事もあり外出慣れしていない大人猫には負担になる(ちび猫なら好奇心旺盛なので大丈夫らしいですが)今回はお留守番という事になったのです。

AM 12:56:22 | Comment(8) | TrackBack(0) | [日記]

2005年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

プロフィール
名前ちょこ
URLhttp://chocoko.easter.ne.jp/
地域大阪

カテゴリー
日記(146)

最新記事
2005年12月30日  虫騒動
2005年12月30日  箱入りにゃんず
2005年12月30日  ありすちゃんの居る場所
2005年12月26日  おにぎり2才
2005年12月25日  黒猫ありすちゃん

過去記事
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年09月
2005年08月




Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp