虹を描いて
時々妄想にとびます★どうぞ 怒らないでやってくださいませ★ ご了承いただいた方のみ お読みくださいませ★ 携帯からのアクセスはhttp://2.suk2.tok2.com/user/noriko/

2005年09月13日  大阪9月12日ライブ
12日スマップイン大阪ファイナル

又、慎吾が大きくなっていました。
なんでや(爆)

1回目の衣装変えてからのすぐの曲「夏楽園」のイントロのところで、
慎吾は、気がついたら、しりもちついてました。
またそれもかわいい(笑)

「退屈な日曜日」の感想で挨拶です・・
木村:今日は大阪ファイナル、みんながんばろう!っていったのか。。。
吾郎、聞き取れなかった。
慎吾、イエ〜ぃ!(からはじまったかな?)乗ってるぅ〜!(だったかな?)
「いいとも」いってきました。
会場:お帰り
慎吾:今日も大阪最後、、よろしく(うそだ。なんていったのかな?)
剛 :(韓国語が入っているわ。)
中居:ただいま
会場:おかえり、
中居:ただいま〜。大阪ファイナル〜♪(なんかいったけど思い出せない)

「Sweet Summer Surfing Seasen」この曲で階段登るよね。
慎吾は階段登るとき、必ず中居を見る。。
今日は先に上って、中居の立ち位置を教えていた。。
「そこ、そこ」ってマイクで立ち位置を指して教えていた。
慎吾と中居のいい空気っていうのかな。。
慎吾は常に全体のこと見ながら、仕事をしている。。
なので、こける、違うか?!(笑)

MC
中居「スマップライブイン大阪ファイナル〜」
会場「いえ〜ぃ」
中居「さ、さ、お座りください」
木村「そう、座った方がいいよ。長いからね、まだ、5分の1ぐらいだからね」
中居「大阪にいつ入った?昨日?(違うと誰かがいう)おとついか?土曜日スマステやって、昨日、夜なにしてた?そういえば、慎吾CM撮りしてたな。。」
慎吾「そう、ここでしてたの。コンサートやってます。みたいな感じが、、、
バンバンバン〜♪ってうたい終って、、いきなりオムロンの社員みたい人が舞台に上がってきて「香取さん、体重を計ってください」っていうの。
「いや、コンサート中なんですけど、、、」っていいながら無理やり体重計られんの。(笑)」
木村・中居(爆)「おもしろい」
中居「横浜、国立、まだ、これから名古屋、東京ドームってあるけど、大阪ドームなんだ。」
慎吾「そう、大阪ドームなんだよ。記念って感じで。だけど、今は乗ってる〜っていたら、(会場:イエーィ)って返ってくるけど。さみしいよ、夜中の1時頃の大阪ドーム、誰もいないんだから、、」
中居「そうだね、それが1時ぐらいまで?」
慎吾「2時ぐらいだね」
中居「そのころ、みんななにしてた?木村は?」
木村「映画みてた。」
中居「何見てた?(ホテルで有料のテレビのことをいっているみたい)?カードもう、つかっちゃった?」
木村「え?もうすぐ1枚終るかんじかな?」
中居「(なにかいったけど、、、、わからん)
木村「慎吾のシャーク・ティル」
慎吾「見てくれたの?」
木村「それは東京でみた(それから2〜3本映画の題名いったけどわからない)で、サーファー・ガールかな」
中居「で、どうだった?」
木村(マイクはずして、なにかいっているんだけど、口のうごきだけではわからない。)
慎吾「(突然)あ、今「ちくび」っていった?」
木村「なに、いってんだ(笑)」
慎吾「だって、今、「ちくび」っていったもん。」
木村「いってないよ。」
慎吾「たしかにいった、ちくびって。。」
中居「お前、何回もいうな」
慎吾「だって、確かにいったもん。「ちくび」って」
木村「お前、言い始めて、4〜5回いってるぞ。。」
中居「で、どうだったの?サーファーガール」
木村(また、マイクはずして、、なにかいうんだけど、聞こえないし、唇も読めないし)

ここで、中居さんもマイクはずしておんなじようにしゃべったのかな。
マイクをお腹の辺で持っているから、、全然聞こえないっていうんではないけど、
なんかようわからん(笑)
吾郎「ここに(お腹へん)マイクもってきてたら、聞こえるんですけど」
中居「和田アキコがここで歌っていたな」
(前後してる。。。)

慎吾「あ、また、ちくびっていった。」
木村「いってねーよ」
慎吾「いった。今、またちくびっていった。だっていったもん。ちくびって、ねー、いったでしょう、ちくびって。いったよね、、ちくびって」
木村「今、冷静に数えていたら、最初から7〜8回いっているよ。」
慎吾「だって、いったもん。ちくびって(ひつこい!疲れているのかな?)」
木村「あんまり、よくなかったんで、スタッフのもってきてくれた映画みた(題名がわからない)」
中居「それみたら、4時か5時だね」
木村「そう、それぐらいかな。その間に1度ケータリングの部屋にいったんですよ。
そうしたら、マネージャーさんとかが廊下にねてんの。どうしたのかなって思って(ここでなんかいったんだけどわからない)ドアを開けたら、吾郎と剛がいたの」
中居「ちょっと、待って、、(剛の肩をたたきながら)剛、参加してくれるかな?」
剛「(参加)ちゃんとしてますよ。そ、それでね、吾郎さんとワインと一緒に飲んだ。。」
木村「いつから吾郎さんなんだよ」
吾郎「シャワー浴びてからいったの。10分ぐらい待たせたの」
木村「なに?吾郎、剛を待たせたの?じらせたの?」
吾郎「そうそう(笑)待たせたの。。」
剛「なかなかこなんだもん」
吾郎「一人でルームサービスで食べるより、だれかと一緒の方がいいでしょ?ワイン冷えているっていからね」

どこでいったのかな。。ここでいったのかな
中居「慎吾はCM撮りして、木村は部屋で映画みて。。そして二人は、、」みたいなことをいった。
昨日のMCをひきづっているぽかった、、(笑)

中居「それでどうしたの?」
剛「いや、そのまま、健全に寝ましたよ。なにもなかったですよ(あわててた風)」
中居「なに、その健全って?」
剛「昨日は本当に寝た。。あんまり飲まないで寝た。」
中居「飲むとどうなるの?」
剛「わからなくなるの。。お酒に飲まれるの」
吾郎「そう、ライブビデオ見てましたよ。」
剛「その日のビデオみてました。」
中居「昨日のをみたてたの?反省会してたの?どうだった?」
剛「うん、反省会と軽い打ち上げみたいな感じ。よかったですよ。ながい、スマップ長い」
ここのつなぎがわからない。

中居「慎吾「いいとも」だ。」
木村「お昼普通に起きてテレビつけたら、テレビ出てるんだもん」
中居「何時にいったの」
慎吾「朝の7時30分に連れ去られて気がつけばアルタ、、気がつけば、、そこに寝かされて、(大阪ドームを指指す)
本番20分前ですって、えーだよ。黒のスーツにテロテの絵をかいたの。そうだ、今日放送だよ」
中居「ひっぱりすぎなんじゃないか(笑)、じゃ、今日リハなし?リハなしだと、どんな感じ?」
慎吾「気がつけば、「本番20分前です」だもん。」
木村「慎吾、お前がいない間、お前のパート歌ったけど、むずかしいな」
中居「人のパート覚えているな〜」
木村「え?」
中居「おれなんて自分とこしか覚えてないもん。他の人のとこ覚えている?」
吾郎・木村「覚えているよ」
中居「木村はわかったけど、(吾郎にむかって)お前も?」
吾郎「うん」
中居「おれなんか、レコーディングに15分しかかからないし、」
木村「えー?」
中居「ほら、さびのとこしかとらなかったりするじゃない。Aコース歌手だよ(っていったのかな。なんていったのかわからない)」
木村「すくなくとも、アルバム発売したときよりは確実に歌うまくなってる。」
中居「だって、レコーディングの2〜3日前にもらって、1〜2回しか練習しないもんな」
吾郎「昨日、剛がいってたよ。「中居くん歌うまくなったって。はずさないんだもん」っていってたよ。」
中居「剛、(って肩を抱く?たたく?どっちだかな。ここでなにかいうんだけど声が小さい、わからない、「俺をほめてもみたいな」ことかな)お前とどっこいどっこいだろう。がんばれ、、(みたいなこといったような)」
木村「イヤホン(業界用語で違ういい方するよね)で聞いていて思うもん。やっぱ、歌いこまないとダメだよ。」

中居ひとりが歌がうまいってほめられてテレた風なしぐさをする。
木村と慎吾両サイドから「ちょっと、ちがうから」っていってふたりで中居の体をさわる。。
中居「いたー、木村、、俺のちくびつねったぁ〜」っていいながら、、
シャツのボタンをひとつはずして、ちくび(きゃー、恥ずかしい。。いまさらやけど、、・爆)
をさわりながら、そして自分のちくびをみながら、本当にいたそうに、、
中居「木村、つねった、、いたー♪、、ちくび、つねった〜」
このときの木村のリアクションはみれず・・・
慎吾「魅せて〜♪」中居のちくび(きゃー、恥ずかしい)を見ようとする。
中居「なにいってだ」
ここで、なにかいってような気がする・・
そういいながら、センターに歩きながら、、
中居「慎吾太った?」
慎吾「今日タモさんにも言われた「(タモリさんのものまね)慎吾〜いそがしいけど、先週より太った?」っていわれた」
木村「言われてたね。普通に言われてたね。コンサートやっているのに太るはずがないのに」

いや、木村さん、慎吾は確実に成長してる。。コンサでは確かにやせるしかし、、
Aftreがよくない。。とあずは思う。ちなみにあずはまた、体重更新したもんね(失礼しました)

センターにもう少しで着くころに、また、
慎吾「あ、誰かちくびっていった。そのへんでいった。」
木村と中居の辺を指差して、、今日はかなりひつこい。。(爆)
慎吾「ね、誰かいったでしょ?」
中居、木村「いってないよ」
慎吾「じゃ、つよぽんいったんだ」
剛「いってないよ」
慎吾「ううん、つよぽんがちくびっていった。。」
剛「いってないって」
中居「慎吾、お前何回ちくびっていってんだ」
慎吾「つよぽん、あきらかにうそだってわかっていてこっちはいってんだ。。
普通に返してくんなよ。もっとオーバーにやってくれよ」
中居「剛、慎吾にからかわれているんだよ」
木村「これは、いじめだな」
中居「剛、慎吾より年上だよな。。そうだな、年上だよ。
おこってやれ、、年上をからかうなっていってやれ」
剛中居のいいなりだ、、
剛「おい、慎吾。。年上をからかうな、、」
慎吾「からかってないよ」といいながら。。
二人のにらめっこ始まる。。。剛、すっごい顔してる。。
木村と中居、「もっとすごい顔」とかいって煽る。。
慎吾と剛のすごい怖い顔が交互にスクリーンに映される。。。
慎吾、白目向いたような、、、顔とかする。
中居「剛のすごい顔はじめてみた。」
慎吾・剛「顔がいたい」
中居「はい、それでは次いきましょうか。」
といいながら、MCは終る。。
カツケン(V)
カツケン、今日も大阪名物たこ焼きに挑戦します。
昨日は7個だったので、昨日を超えたいらしいです。
カツケンたこ焼きののっている皿を持って、、
カツケンたべはじめるんだけど、ちょっと、たこ焼きの山を見て、ナーバスになっている
「カツケン、食べれない。。こんなたくさん食べれない。。いやいや、がんばるんだ。。」
負けないこと、(忘れた)♪
サライの空へ♪
って歌いながら、、、たこ焼きをひとつ、ふたつ、三つ、よっつ、いつつ、六つ、七つ・・
もう、口のなかすごいんだわ。いっぱいたこ焼きはいって、、
もう、だめかって思った矢先、、八個目を口にいれた、、
記録を更新しました。たこ焼き8個入りました。わーって会場はすごい声援です。
すぐ、口のなかのもの出して、、
「ふぁー、こんなことしている場合ではない。。すぐに行かなければ」
なにかを口ずさみながら、、廊下を行く。。。

ダメ人間
優雅「(笑いながら)おおー危ないぞ、あぶない。。前が開いていたぞ、、
そこの、ジャケットとってくれる?
(ラケットもって、)シャラポア、シャラポア、、ジャケットじゃないよ。ラケットだろ。
ドライヤーとってドライヤー。髪の毛を整えとかないとね(とかなんとかいいながら、一応顔から風があたる。。)違うだろ、これは扇風機だろう。ドライヤーとって。。」

優雅は額から頭のてっぺんよりちょっと下ぐらいまで、ガムテープを張られてます。
「ちょっと、なに張ったの?とれない!」
「(なにかみたいっていった)とったるわ。。」バリっていう感じではぐ。。。
それをはいだカムテープながめながら
「ギャー、髪の毛が、僕の髪の毛が!スタッフの人こんなものその辺に置かないでほしい。隠しといて。君はもういらない、くび!くび!」
「くびですかー?うるさいわ、ちり毛!」
といいながらステージへ、、(今日も客席うるさい、、歌って、、歌ってと、、)
「あほ、今まで散々歌ってきたやろ。歌えへんわ。ぼけ」
会場は本当にうざいぐらいにうるさい。。
「うるさいわ。歌えへん。なにいうてんの。。ちょっと俺に主導権にぎらせろ。しゃべらせろ!」

はずかしいで。。ほんまに、はずかしいわ。あの空気読まないでどうすんねんな。。
スマップ困らせてどうすんねん。。

しばらく、「歌って」コールが続く。
「ダメ人間のダメな話〜
うちのおかあさんは僕が物心ついたころからパンチパーマです。
(なにかいった)
おにいちゃんに殴られました。。おかあさんも女なんだからといわれました。

ダメ人間のダメな話〜
3本ぐらいあったけど、見事に飛んでる。ごめん。

ダメ人間のダメな話
少しばかりいそぎすぎて靴下を左右履き間違えました。。
と、ズボンをあげて、、左右を見せる、、右足→白、左足→黒、、、

カツケンの音楽。。
ダメ人間「カツケンや、カツケンやで、、

カツケン、猪木の物まね。。
「がんばってますかー、ワン、ツー、スリー、ダー(だっけ?)
猪木に会ってきました。大きかった。。。ははははは
カツケンの暴れん坊物まね
「日本一節ない顔ができる草なぎ剛」
つよぽんの顔まね。。。

次に登場したのが、、、待ちになった、、、
ツータくん、、、!!
かわいいです、アライグマだっけ、、?
立って、、立って!!会場から立ってコールされて。。
立ち上がります。。。

けど、悲しくなってきちゃいました。
つよぽん。。。

「みなさん、立ってコールありがとうございました。
いや、いや、、やることがありません。
マチュマロキャッチをやってみたいと思います。
1回目失敗、2回目失敗、3回目失敗、
「投げれないんだよ。手に引っ付いて、、がんばります」
4回目やっと、成功しました。
「ここで歌を1曲」例の歌〜
「アライグマが歌うってへんだろう」っていいながらヒカルさん登場です。
いつものせりふをいいながら階段下ります。
ひかる「大阪ファイナル、、お客さんも盛りあがっているね」
優雅「そうですね」
ひかる「アライグマがマシュマロキャッチおかしいだろう。
立って立ってコールもおかしいだろう。(みたいなこといった)
すくなくとも、ソロ歌っているときよりは輝いていた。。」
優雅「剛いきいきしてましてね」
優雅、マシュマロを見つける。。「ひかるさん、なにか落ちてます。」
優雅マシュマロを拾いあげる。
「せっかくだから、、優雅やってみたら?」マシュマロキャッチをするけど、
失敗、、
その失敗をまた、ひろって今度はヒカルがマシュマロキャッチをする、、
優雅投げるんだけど、失敗におわる。
それをひかるひらう。
ヒカル「これはマシュマロじゃない。。変形している。。。」
とかなんとかいいながら、キャッチは見事に成功する。
飲み込まないように。。。
ヒカル口の中にマシュマロ、入れたまま。。
ゼスチャーで、優雅が通訳
「きたないから、、早くなんとかしたい」
二人後ろを向いて、はいたのか、のみこんだのか、定かではない。。正面に戻る。
ヒカル「マシュマロで盛り上がったところで、もうひとつなんか盛り上がりないね」
優雅「ヒカルさん、そうですね」
ヒカル「これなんかどうだ、、」
ヒカル・優雅「大阪、大阪、?、?、たこ焼き、、、、?」
優雅失敗する。。
ヒカル「おまえ、、剛がツータくんしているとき、
打ち合わせしたろ、そんとき普通にヒカルさんってやってたよな」
優雅「そうなんですけど、覚えが悪いですから」
ヒカル「もう1回。。。大阪、大阪、?、?、たこ焼き。なんでやねん。
みんなさんで。。。」
ヒカル、優雅「大阪、大阪、?、?、たこ焼き、、なんでやねん」と終る。。
ヒカル「いまいち、盛り上がらないな。。。」
優雅「そうですね」
ヒカル「あれやろうか」
優雅「ヒカルさんの後に僕、優雅が続けます。僕と一緒にいってください。」
ヒカル「最初はゆっくりね」
で、はじまります。
「じゃ、5倍速ね。。いや、大阪ファイナルだから6倍速で、、」
会場「えー」
優雅「えー、、?」
ヒカル「なんだよ。お前まで。。。」優雅動揺する。。。なにかいったと思う。
ヒカル「せーの。。省略。。。わー、チャ、チャ、チャ」

早いかったけど、みんな、できていた。。。すごいぞ。。
ヒカルさんも優雅もとっても満足そうです。。。
「もう一回、、もういっかい」コールが鳴り止まなかったように思います。
ヒカル「出た、、、もういっかいコール、この事態は明らかに。。。」
緊急事態発生、、画面。。。

で、カツケン登場。。。。
ファイナルだからかな。。
すごく、高く飛んだような気がする、、
金色の着物のすそを高く左右に持ち上げて、
足を開けやすい状態に持っていって、、、黒のサポーターパンツを見せて、、
登場します。。音楽が終って、、
「アリーナの一番前、、俺の黒のパンツみたろう。。熱い視線を感じたぞ。
どうしました、、どうしました。。」
ここで、もう1回コールが始まります。なに対して始まったのか。。
もう、一度、パンツを見せろっていうことなのかな?
「もう1回コール、、なんのためになんに対していっているのかわからない。。
なにもコールがなかった札幌ドームがなつかしい。。。
今日のいいともに行ったときのいきの飛行機の中、帰りの飛行機のなか考えてみました。
わからない。。」

もっと、たくさんの言葉で訴えかけていたように思います。これだけしか記憶に残っていなくってごめんなさい。
ほとほと、困っているみたいです。
来年はやめましょう。5日間もしてくれなくなるような気がします。

といいながら、、袋をだして、、マシュマロいくつはいるか、、
やるみたいです。

10個、11個、12個、、、、18個(数まちがっている。とにかく、ミニだけど、1袋全部入った)
ヒカルさんも、優雅も、、笑いながら、見守ってます。
全部入ったけど、すぐに出すことができないから。。。
ヒカルさんの助けを求めてます。
けど、ヒカルさんは笑ってしまって、、助けてくれない。。
必死で、訴えかけているカツケンさんがかわいい!!
その前に超くるしそうです。
ヒカル「なに?(笑)」
必死で、訴えます。早く、わかってあげてください。ヒカルさん
「音楽いってください」
やっと、音楽が始まった。口に入ったマシュマロは出てきます。

それを、必死で、押さえながら、、がんばっているカツケンさん
いや、慎吾が、超いとおしいです。
そこまで、体はらなくてもええやん。っていいたいけど、
おもしろいから、、やって、もっとやって、、あずって鬼だわ。。。(笑)

次にシマオです。シマオも、
「もう一回コールのウイルスについて」なんてアドリブを言ってます。

クイズの女王
慎吾が剛に出した問題
慎吾「問題です。草なぎ剛が今まで生きてきていちばん変な顔は?」

吾郎が木村に出した問題
吾郎「慎吾は今日何回ちくびっていったでしょうか?」
でした。
これが終って、センターに4人固まるとき、木村は剛にしゃべりかける、、
剛、、ちょっと引き気味?(笑)

後半の歌はなんなく進んで、、トロッコの帰り・・・
中居と剛が1塁側で返ってくるとき、親子席のおこちゃまがいすの上に立っていた。
中居、「座って座って」て、真顔で言ってた。。お子ちゃまには超やさしい。中居です。

Wアンコール。。
剛 ちゃんと、バック転ができました。。
バンバカもふざけないで、歌ったようにおもいます。
木村が中居の自転車を乗っていた。。。
中居「きむら〜、俺の自転車〜」っと。。

花火も上がって、、本当に一番最後、、
メンバーが「バイバイ、、又ね」っていうなか、、
会場は「もう一回コール」が流れています。

慎吾「今日はなんにもないからビールのむぞ!バイバイ」

ここでいうもう一回コールはいいと思うのよ。。。
だって、アンコールってことだから、、メンバーもうれしいはずなのよ。
やっぱ、大阪ファイナル、ただでは終りません。。。(笑)
メンバー一人ずつ、、消えていくんだけど、
剛だけ入れてもらえない。。
中居のアナウンスで、、
「最後に「草なぎ剛」のソロをお聞いてください。。。」
剛、一人ぽつんと、どうしていいかわからないで立っている、
なにかしたいんだけど、なにも、できないでいる。。。(笑)
中居は追い討ちをかけるように
「草なぎ剛がなにかします」
とかまたいうし、、
たまりかねて、、慎吾が出てた。
さすが、親友よね。助けにきたわ。
つよぽん、やったって感じで、扉の向こうに消えた。。(笑)
中居「最後に香取慎吾がソロを、、、」
さすが、、慎吾すぐに歌いますが。。
アカペラで(曲目がわからない。。。たぶん、、)♪メイビー女の子〜って、、「KANSHAして」だったと思います。振り付きで歌ってくれた。
これで終わりかと思いきや、、、次に吾郎が
中居「本当に最後、吾郎がうたいます」
かわいそうに、出されたのね。。
吾郎さんもなにもできないでつったってます。
吾郎「いや、、はずかしい」っていって、、中に入っていきました。
これで、本当に終わりました。
それでも、もう一回コールがなりやまない、、大阪ドームでした。
今日もたのしかったです。
終ったのが、なんと、、22時でした。元は取れていると(爆)

今日はまじ、妄想が入っている。トークはごめんなさいですわ。
決してうそではないです。
ただ、バームクーヘンのようなミスは犯していると、、、
反省します。

本当に2日間もつたないレポ読んでいただきありがとうございました。
すこしでも、大阪は面白いねんでーってことわかっていただきたいと思って、、
元は取るって感じの大阪なんで、、ごめんなさい。
盛り上げるのも上手です。ひつこい感じにはなりますけど、
それでは、また機会に。。。書きたいと思います。あず

PM 07:57:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | [SMAP]

new
2005/12/09  慎吾 レコーディングの日
2005/09/22  名古屋9月20日(のんノンレポ)続き
2005/09/21  9月20日名古屋ライブレポ(のんノンより)
2005/09/20  9月18日名古屋ドームレポ(seiさんより)
2005/09/20  9月19日名古屋ドーム

2005年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

old
2005年12月
2005年09月
2005年08月
2005年07月
2005年06月


虹を描いて



管理人は2TOPファンですので

時々あぶない方向に行くことがありますが

笑ってゆるして〜


過去のおはようSMAPレポは
■ここです






Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp