廃記
blogのジャンルを闘病にしようかと一瞬考えました。 そんな僕は音ゲー中毒。
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]

疲れた。
11月末に横浜のマックでQRIS君とこるく先生と騒いでいたのをバイト先のコに目撃されてたwww
今日たまたま最寄り駅着いたら雨降ってたから雨宿りしに行ったら言われた。

「藤原さん、11月の29日(だっけ)に横浜のマックにお友達といませんでした??」
「あー、いたいた!3人でしょ!?てか見てたの!?w」
「はい、テスト前で勉強してたら何か藤原さんの声っぽいのが聞こえたんで見てみたらいたんですよw」

人間どこで何を見られてるか分からないという話。

-----------------------------------

で、以下はまた憲法の話なんで興味ない人はスルーでお願いします。
全然続きなんて書く気なかったんだけど、きっかけがあったもんで。

今日、憲法の授業で旧竹田宮家の方の講演があったからなんですが。
30歳くらいの若い方なんだけど、女系天皇について語ってらしたんです。

彼が女系天皇反対派らしくどんな講演してくれるのかと聞いてみた。
まぁこれがまた天皇家に関する知識が膨大だこと膨大だこと。
彼の研究対象が昭和天皇の祖父の何とか天皇らしいんだけども、それにしても物凄い博識さだった。

それは置いといて。
肝心の「何故女系天皇はいけないのか」という質問に対する彼の見解にはちょっと驚いた。
以下要約。

そういう質問をする事自体がナンセンスなのだ。
何故天皇が男系の男子でなくてはいけないのか、という問題ではなく、男系の男子だからこそ天皇なのだ、と。
それは何故、どうして、というものではなく伝統なのだ。

法隆寺は世界最古の木造建築物として知られているが、じゃあ法隆寺が朽ちてきたから鉄筋コンクリートにするだろうか。
決してそうはならないだろう。
何故鉄筋コンクリートじゃダメなのか、木造じゃないとダメなのか。
理由はない。それが世界最古の木造建築物であるが故にそれは木造でなくてはならないのだと。
別に鉄筋コンクリートが悪いというわけではない、それが法隆寺だからこそ鉄筋コンクリートが相応しくないのだ。
同様に天皇家の男系の男子であるべきなのだ、と。



成る程、ハッとさせられた。
今まで「何故伝統だからといってそこまで男系の男子に拘るのだ」という疑問を抱いて来たが、まさかその疑問に対して「伝統だからだ」と返されるとは。
単純明快、且つ今まで聞いてきたどんな女系天皇支持説よりも説得力があった。

・・・でもやっぱり女系天皇でも良いんじゃないかと思う俺の意見を翻すまでには至らなかったというのが正直な感想か。

男系の男子として120代以上、2000年に渡って皇族を継承してきた歴史の重みや凄さも淡々と説いて戴きまして。
その上で如何に男系男子を受け継ぐことが重要か、とも。

じゃあ実際に愛子さま以降男子が生まれなかった場合どうなるのか、ということに関しては

・旧宮家の男子の臣籍復活
・旧宮家の男子の入り婿
・旧宮家に限らない男子の入り婿

とまぁこんな対策法でしたでしょうか。

でもね、そのどれに関してもやはり議論があるわけです。
憲法で天皇の継承者は皇族に限る、と書いてあります。

でも旧宮家はあくまでもう一般人ですよ。
いくら旧宮家として天皇のY染色体が流れていたとしても身分的に一般人と変わらない人間に継承権を与えて良いんですか?
そんな人間をまた皇族として迎えることに問題はないんですか?

別に僕個人としては問題があるとは思いませんが、反対論は出てくるでしょう。
繰り返しになりますが、旧宮家も今となってはただの一般人なんですから。

こうなると、全て丸く収まる解決法なんてないんですよね。
臣籍復活にしても「一般人がどうのこうの〜」、女系天皇容認にしても「男系男子がどうのこうの〜」。
結局は、「男系男子であること」に重きを置くか「皇族であること」に重きを置くかの違いじゃないでしょうかね。

どっちでも問題があって、僕みたいにどっちでもええやんと思う立場からすれば、彼のようにやたら「男系男子であること」のみに固執するのも一面的でしかない、言ってしまえば偏屈なんじゃないかな、と。
だって彼は男系男子である事を重視するが故に「天皇は皇族から出る」っていう文言をないがしろにしてるとも言えるわけじゃないですか。

何より、そこまで男系男子にだけ拘るのも、現実と時代の流れに即してないですよ。
別に男女平等の世の中だから、とフェミニズムを推しだす気は毛頭ないんですけど。

法でも慣習でも言語でも何でもそう。
古い体制にいつまでもしがみ付く必要は全くないと思うんですよね。
確かに神武天皇から2000年、これまでの過去を踏まえた歴史も大事だと思います。
でも歴史っていうのは過去から今までのものじゃなく、今から未来にかけても含まれ、予定されているものでしょう。
先例がないからダメだ、ではなく、じゃあ自分が、今の時代が先例を作って新しい歴史を拓けば良いんですよ。
それは決して過去への侮辱でも冒涜でもないと僕は思います。
その時代のニーズに応えられるものであれば十分だと思います。

男系男子がいるのにわざわざ女性に継がせろと言ってるわけじゃないんですから。
残念ながらなのか喜ばしいことなのか僕には分かりませんが、宮家に女性しか生まれないその現実と、平成の世という時代の流れに鑑みて、女系天皇を容認するのは全く悪いことではない、と思います。


2回に渡ってお送りしました憲法シリーズ。
単に誰かさんの文章に文句つけただけの前回と違って今回は自分の意見をば述べてみました。
全文読んでる人がいるのか疑問ではありますが思いの丈をぶちまけられていささか満足です。




ところで、J1とJ2の入れ替え戦中に起こった停電だけど、あれ絶対停電の瞬間ヴァンフォーレの選手がペナルティエリア内でファウルしてたよなぁ!?
間違いねーよ。
レイソル残念だったね!

2005/12/07 PM 11:50:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | [日記]










Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp