depthchology 〜We make it!〜
活動しているバンドと巷の音楽ニュース、CD、ライブの様子を紹介

2005年03月29日  ライブドアVSフジテレビ
ライブドアとフジサンケイグループの対立は見てて飽きないが、さすがに最近はみんな疲れが見えるようです(笑)
株式取得にまつわる経営権の奪い合いには様々な手段があるのですが、それをお互いすべて出し尽くして戦っているので無理ないので
しょうけど。

ライブドアの敵対的買収は良くも悪くもホントに大きなインパクトがありました。個人的には近鉄買収よりよっぽどすごかったと思いますが、メディアという舞台が戦場になると、これだけ騒ぎになるのですね。個人的には買収が始まった当時に、2、3回取り上げただけでしたが、それでもアクセス数やトラックバックがすごかったです。
あきらかにメディアに対する認識や世界観が弱かったため、ライブドアの戦略は必ずしも成功には至りませんでしたが、堀江社長にメディアの理想論を語る力があったら、今頃どうなっていたか、という思いもあります。
テレビ放送に限らず、ジャーナリズムや音楽配信などの音楽業界にも影響を与えておもしろかったかもなぁ。
もっとも、ライブドアがそんな会社だったら、こんな成長の仕方しないけどさ(笑)

ところで、このライブドアとフジサンケイグループの対立で、話題になったのは「ライブドア派?フジ派?」と言われるどちらを支持するか、という論争。
どのblogも基本的にはどちらかの立ち位置から論じてますし、掲示板等でも、お互いの支持派が盛り上がりまくっています。いつの間にか、メディアでもいろいろな調査を実施していたみたいですね。
ただ、人の意見はそれぞれの立場から発せられるもので、今回のように、人格、市場、メディア論などいろいろな立場が舞台となりうる以上、単純に対立関係にできなかったり、対立していても意見がかみあわないのは必然。
なのですが、なんかblogとかみてるとお互いの有利なデータを取り上げて喧嘩しているだけのような感じもなきにしもあらず。


例えば、3月27日、フジテレビの特番では、ライブドア参入によってメディアがどなるか、というアンケートがありました。

フジ緊急生特番で「面白くなる」

(たまたま見てました。内容については突っ込みどころ満載ですが、あえて取り上げません)
結果としては「よくならない」が4862件。「よくなる」が5024件。これだけなら、フジテレビがとったアンケートなのに、ライブドア参入が一般には支持されている、というイメージがでてきますが(デイリーニュースかなんかでそういう報道をしてた)、ここに3つめの「変わらない」2921の数字があります。
単純にライブドアがわざわざ参入しても何も変わらないのなら意味がない、という意味で、この数字を「よくならない」に追加したら「よくなる」を逆転してしまいますよね。
なんか数字遊びな話なんですけど、今のライブドアとフジサンケイグループのイメージってそんな程度のような気もします

この前、インターネット上で行われたアンケート結果

「ライブドアVSフジテレビ、あなたが支持するのは?」
の結果を見ると、ライブドアの支持者がフジテレビの2倍以上の支持を取り付けていますが、

毎日新聞世論調査:ライブドア堀江社長の言動への評価二分
を見ると、堀江社長を支持するのは半数、残りは支持しないという結果が出ます。まあ、堀江社長=ライブドアだと思われるのですが、やはり、堀江社長、という人格を指定することで、支持の度合いが違うのか?
もっとも毎日新聞の調査はネット利用者以外の人にも聞いているので、というのがありますが、年齢層別の支持を見ると20代(おそらくネットを日常的に使っている人が他の世代に比べて多い)では不支持のほうが多いんですね。
ということはネットでわざわざ投票する=この問題に積極的な人、というのはライブドア支持の人が多いのかもしれませんね。

いろいろな調査はありますが、いずれにしろ、好き嫌いもありますが、ライブドアのようにメディア買収を考える企業が出てきたときに、メディアの倫理観と市場のシステムをどう融合するか、という議論が一番大事な気がするんですが、そっちはあんまり盛り上がらないですねぇ。


テサラックのあいだ

Now is lived.

AM 10:41:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | [事件]

2005年03月24日  ニート
「ニート」は約85万人、10年前から27%増・内閣府

家事手伝い=ニートということで、前回厚生労働省調査より30万人上乗せされて、85万人が無業者と定義されています。

私自身は契約ながらもせっせと働いているのでニートではないのですが。もちろん、一人暮らしですねをかじる年齢でもないので、働かない=のたれ死に、とある意味切迫している(笑)。

ニートの立場が、働かないけど食べて行ける(周囲の援助で?)という環境なので、一般就労者からみたら非難を受ける立場なのはしょうがないかもしれない。ただ、ニートと言われる人でも仕事をしたくないから、というより「働きたくても働けない」という理由でニートになっている人も多いようだ。その場合、そういう周囲の批判はよりつらくなり、一人で立てこもってしまう状況をさらに作り込んでしまうことは前から指摘されている。

それに、最近頻発したニートと思われる人たちによる家庭内暴力などで、ニートのイメージはさらに悪化しているよに思える。

統計に関して言うと、働きたくても働けない人、やる気がなくて働かない人もいるようだし、この統計値だけではなんとも、というところが。

ニートが増える要素(核家族を中心とした無職でも何とかなる環境)は増えていても、ニートが減る環境はなかなか増えないと思われる。強制的に一人暮らしをさせてもいいかもしれないが、それでいいのかどうか。
では、ニートの人たちがかなり頼っているPCを取り上げてはどうか。しかし、そうなるとPCを通じてわずかながらできていた外界とのネットワークをきってしまうかもしれないし、一方でネットなんていっても、所詮つながっている世界は狭いのだから、荒療治もいいのかもしれない。
カウンセリングとかもやってるみたいだけど、効果があるんだったら、もっと話題になってるだろうしなぁ。

いずれにしても、日本らしい話題だなぁ、と思わないでもないが、何となく劇的な解決の見えにくい話題のような気もする。

Economics Lovers Live
切込隊長BLOG
まきこみ計画

AM 03:15:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | [事件]

2005年03月14日  ドラえもん、新声優陣発表
新声優陣発表「ドラえもん」40歳若返り
ドラえもん:新しい声優決まる 206歳若返り

というわけで、ついにドラえもんの新しい声優さんが決まった訳ですが、ドラえもんの声を演じるのは「水田わさび」さんという人。ちょっと聞いただけではピンと来なかったので、ちょっと調べてみました。

水田 わさび
あぁ、なるほど。見た事のあるアニメがいくつかあったので、なんとなく声が一致しました(御伽草子とか夜中にちょろっと見てた)。確かにあの声なら、思ったほど今のドラえもんと違和感ないかも。大山のぶ代さんに似てて、ちょっとつぶれたような子供の声が出せる人ですね。

別にドラえもんはつぶれた声でなくてもいいと思うんですが、正直他に浮かぶドラえもんらしい声のイメージもなかなか湧かないですしね・・・。それだけ大山のぶ代のインパクトが大きいということでしょうね。ドラえもんの口からドラゴンボールの孫悟空の声が出たとしたら・・・あ、これは意外とイケルかも。もっとも孫悟空の声役の野沢雅子さんはすごい高齢の方なので、今回の条件から外れてしまいますけどね。

思い切って全然違うタイプの声狙っても良かったけど、今の視聴率の問題とかもあると思いますし、水田 わさびなら、かなり安心して見れそうな気がします。

あと、男の子としてはやっぱり押さえておかなければならないポイント(?)として、しずかちゃんを演じるのは「かかずゆみ」。
って、よく存じていなかったので(汗)こちらも調べてみました。

かかずゆみ 天真爛漫
あら、意外と声優さんしてる方ですね。いくつかこれまでの声優歴を調べてみたらこちらもなんとなくイメージが浮かんできましたが、こっちはちょっとしずかちゃんがどんな感じかイメージつかないなぁ。

あと、のびた役の大原めぐみはあまり情報が見つかりません。なんか声優役は初めてだそうです。スネ夫役の関智一さんは声優界ではわりと有名な方だったと思います。
初めてと言えばジャイアンの声優は若干14歳。かなりインパクトありますね。どんな声してるんでしょ。とりあえず声変わりしているかしていないか、気になりますね。


でも、私には「今」がある
OKADA Network Blog
電脳玉手箱
電脳秘書執務日誌
みるなるみ

PM 03:15:53 | Comment(13) | TrackBack(6) | [事件]

2005年02月28日  今月だけでこんなに
「メスは闘犬に使えない」 土佐犬子犬3匹川に捨てる
動物愛護法違反:犬を虐待した容疑で、夫婦を書類送検−−近江八幡署 /滋賀
ペット虐待業者を規制、営業取り消しも

探偵ファイル:
無責任な飼い主・老犬15匹放置(前編)
無責任な飼い主・老犬15匹放置(後編)

言葉が出ないとはこのことなんだろうか。
まず、ペットショップで本物の動物を置くのを辞めたらどーすか。

基本的にペットの血統とかいうのが理解できないので、なんともですが。血統がなきゃ愛せない、ってことはないでしょう?無理矢理たくさん子供を産ませたため、歯が抜け落ちてしまった犬とか、人間だったら、虐待なんて言葉じゃすまないよ。

病気の犬を平気で売るお店とか、子供が生まれたら保健所に持ってくる飼い主とか。

一生懸命愛情をかけたペットを売っているお店もあると思うので、申し訳ないところではありますが、ペットショップとか規制が緩いということはないですか?
そして、飼い主になる人は、最低でも命をあずかるという責任をもっと負わなければいけないのですが、単純に法律で守らせればいいというものでも、ないでしょうね・・・

PM 03:19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2005年02月21日  ライブドアの戦略
ホリエモン攻め続ける「買えるだけ買う」

なめ猫♪
娘通信♪
具体的なライブドアの戦略が読めます

まったく話の終わりが見えない、ライブドアVSフジテレビ。今のところ、TOBによる25%株取得を目指すフジテレビがほぼ確実に25%を達成しそうな一方で、ライブドアは今のところ、周りの批判にくわえ、リーマンのライブドア株売却などの影響もあって、株価の下落が著しく今後の行く先が不安な状況。

今のところ、ライブドアとしては、ニッポン放送の株50%を奪取して経営権を握るくらいしか方向が見えてこないっぽい。それにしても、週末の堀江社長のテレビの露出度には驚きを通してあきれてしまった(おかげでテレビを見るのをやめて、仕事に集中できましたが)

テレビに出る事を悪いとは言わないが、もう少し、テレビメディアに参入しようとしているビジョンとかはないのかなぁ。

彼も金がすべてとは思っていないだろうけど、ライブドアは基本的に先の事を考えているんだろうか。
プロ野球の参入のときもそうだったが、参入する分野に対して経営手法や規模拡大手法を明確に提示しないと、周りは納得しないんじゃないかと。
今回のフジサンケイグループへの参入の際、彼はポニーキャニオンについて「単体で持っててもしょうがない」ということで、他の音楽メディアとの融合を目指したいと言ったとか。

冷たく言うと、ポニーキャニオン単独でレコード業界を大きくする気概はないんだね・・・。多分、音楽の世界を見た事がないんだろうなぁ。今、音楽の世界はM&Aも活発になっているけど、一番これから必要なことは、事務所であれレコード会社であれ、アーティストであれ、「絶対的な自分たちだけの付加価値を持っていること」だと思う。

M&Aを行う事で確かに一見、会社は大きくなるし、M&A前の採算事業だけ引っ張ってくれば一時的に、経営はよくなるだろう

でも音楽業界は衰退の一途なわけだし。それは、とりあえず売れそうなアーティストを高めの値段で売りつけるという従来の手法の手詰まりがある。
いろいろな手法が試され、中には一定の効果をあげているものもある(着うたや、低価格CD、特典戦略など)。
ライブドアがもし、ポニーキャニオンを足がかりに、各アーティストやジャンルにあわせた、販売戦略や音楽配信、メディアとの融合戦略などを語ってくれたら、少なくともポニーキャニオンについては私は支持したと思う。
彼は音楽配信にも言及しているが、残念なことにライブドア単体で音楽配信に関する実績は0に等しい。
まさか、ポニーキャニオンを持っただけで音楽配信を活発化できるとか安易に考えているんじゃないだろうな・・・

そんなわけで、少なくとも音楽業界に関していえば、ライブドアが好きなM&Aやってれば収益があがる世界ではないと思う。
ていうか、ライブドアってM&A以外の具体的な戦略はないのかしら?

それにしても、思ったよりライブドアの追いつめられ感が強い。ライブドアの見通しが甘かったのも確かだが、やはりライブドアの戦略はかなり異端だったみたいだね・・・

All the Amami fans - やっちやば奄美ブログ
メディアの記事についてはこんな話も

AM 01:08:23 | Comment(3) | TrackBack(4) | [事件]

2005年02月10日  ライブドアとフジサンケイグループ激突 その2(非音楽ネタ)
ライブドア、放送業界へ命をかけて進出--ニッポン放送株35%取得

ライブドアのニッポン放送の株取得はやはりかなりのインパクト。ある程度ライブドアを知っているblogがこぞってとりあげていて興味が尽きないですな。

昨日は簡単に内容を説明しただけですが、いろいろおもしろいTBいただいたり、たくさん他のニュースも出てきたので、チェックしてきました。

もしもライブドア(4753)が、年商3億円の会社だったら
趣味ト私ノ幸福論
現役CMプランナーの辛口!広告批評
・ライブドアについて
あまりにも有名になってしまった会社ですが、基本的なもうけは金融。簡単に言うと、金融業などで得た資金でM&A(他の企業を吸収して規模を拡大)を積極的に行うことで大きくなった会社。
インターネット関連で将来性が少しでもあるとにらむと、あっという間に押さえてしまうそのスタイルがこの会社のすごいところだと思う。
でも、メモライズの件(有名な日記サイトでしたが、ライブドアに吸収された後、一方的に閉鎖)や、提携した会社から訴訟を起こされるなど、もともとかなり積極的かつ強引に突っ込むところが、やっぱりライブドア(笑)

この件でマスコミが市場の動向ばかりを放送して、ライブドアの展開を放送していないという興味深い指摘があった。
確かに、ライブドアの今後のもくろみが思ったより語られていないことが多いが、これはマスコミの勉強不足(ネットとメディアの融合のイメージが作れない)というのもあるが、ライブドアのやり方が、まだ一般の理解を得られるやり方でないというものあるのではないかと。

本来、こういったことは、相手の会社に自分の事を知ってもらって上で、提携のメリットを説明するものだが、今のところライブドアのコメントでは、そのメリットが分かりにくい。
一方的にライブドアに語られても、寝耳に水で困るし、その割には詳細な内容や目算もないので、本当に確実性のある話か分からない・・・という雰囲気が垣間見えますが。

で、今回の買い取りは、やっぱり会社の規模を考えると無茶しているらしい。確かに一年間の売り上げの何倍もの資金を投入するって普通やらないよな・・・

横浜ベイスターズ航海記
・プロ野球
たぶんニッポン放送がプロ野球の株を持っていた事は今回とはあんま関係ない(笑)
堀江社長としてはプロ野球の野望がなくなったわけではないが、今のところ正直それほど参入したい意欲はないんではないかと。
で、ニッポン放送が持ってるヤクルトと横浜の株をどうするのか、という事に関しては今後、ヤクルトに集中したいとか。
ん、やっぱ古田いるから(いや、関係ないって)

IRFANのネット放浪記
・フジテレビ
はっきりいって泣きたい気持ちでは(笑)
まさか、ニッポン放送とフジテレビの逆転関係(規模の小さいニッポン放送がフジテレビを傘下においている)がここまでもつれるとは。
まぁ、フジテレビとしては泣きながら無理矢理TOBを進めるしかないですね。頑張って下さい。
朝のニュースとかも見てましたが、まったくこの関係のニュースとか触れないところがフジテレビが必死なところをあぶりだしてて笑える。

今のところフジテレビがライブドアと提携して、何かメリットがあるかというと、多分ないとフジテレビは考えてるだろうねぇ。


つーか、いろいろ見てみると、確かにやったことはすごいんだけど、今のところライブドアの勝算が見えないなぁ。株を取得して運営のキャスティングボードを握ろうとしても、フジテレビ側は絶対いやがるしね。

にしても、すごくたくさんのblogでいろいろなテーマが展開されているが、割合みなさん好意的なんですね(笑)私みたいなのは少数派っぽいんですが・・・(汗)

AM 01:55:27 | Comment(3) | TrackBack(2) | [事件]

2005年02月09日  ライブドア、ニッポン放送の株35%を取得
ライブドア、ニッポン放送の株式の35%を取得
ライブドア:加速する異業種参入戦略

昨日夜飛び込んできたニュース。ライブドアはあいかわらず無茶な事をやるというか、まさかこういうことをするとは思わなかった。

1ラジオ局であったニッポン放送がフジテレビの株をかなりおさえているという不思議な関係(どう見てもテレビのほうが規模がでかいので、普通はテレビ局の下にラジオがくるのですが、株式上ではラジオ局がテレビ局を持つような関係になっていたわけですね)は前から指摘されており、フジテレビ側はちょうど、その関係を修正しようとしていたところでした。
簡単に言うと、フジテレビがニッポン放送の株を持って正常な関係に戻そうということでね。
そこでふってわいたライブドアの行動。フジテレビが押さえようとしていた株を横から見事に押さえ込み、35%以上の株を取得することでニッポン放送の筆頭株主になってしまいました。
まさに唖然。

気になるのはその真意。

・TOBを狙っている
ホントはフジテレビを狙っているわけではなく、ニッポン放送の株の値段をあげて、フジテレビに買わせる事で儲けようとしている

・純粋に放送とネットの融合を目指している
テレビやラジオからネットへ流れる人の流れはまだ未知数ですが、単純にテレビを見ている人はネットより圧倒的に多い。その人たちをネットに引き込む導線として、ライブドアが存在すれば、ネット上で重要なポジション獲得が可能

のいずれかっぽい気はします。ていうかどっちに転んでもOKみたいな。

まあ、正直なところはわかりにくいですね。単純に堀江社長の行動力なのかもしれませんが、やっぱりやり方がなぁ。

前からそうなんだけど、何も言わずにいきなりやって、後から発表するんだよなー。
確かにフジテレビが公開買い付けをしている以上、最初に「株ください」って言っても相手がウンと言わないのは分かってるけど、だから、いきなり買い上げて「俺が買ったから俺の言う事を聞け」って言われてもな・・・。
手段としてやるなとは言わないけど、相手を信用していない気がする。なんか金にものを言わせてるって思われたら、普通に損するだけな気がするんだけど。

Sky\\\\\\\\\\\\\\\\'s The Limit v2
なんだか色々・・・ニュース
Dr.KK妄想日記

AM 01:22:41 | Comment(0) | TrackBack(5) | [事件]

2005年01月26日  女性専用車両
痴漢抑止:「女性専用車両」増発、警視庁が異例の要請

関東地方に住んでいる人としては、気になる記事。
現在の痴漢被害は、おそらく被害にあったことのない人の想像を超える被害が起きていると思う。
現在その関連のサイト「探偵ファイル」で痴漢撃退の特集が組まれていたが、その内容からみても、痴漢という犯罪がどれだけひどいか想像がつくと思う。

この問題、もう何年も問題になっているんだけど、少し前、この被害の対策として「女性専用車両」の導入が始まった。

はじまった当初はこのサービスの有効性が理解できなかったが、関西ではかなり普及しているようだ。実際関西に行ったら、どの路線でも女性専用車両の案内があってびっくりした。

ところが関東ではなかなか導入が進まない。それで今回警視庁がわざわざ鉄道会社にお願いに来たのだとか。うーむ、警察も意外と(失礼!)痴漢対策にやる気をみせてるんだなと思いましたが。

関東での導入の難しさは一言に「混雑」につきると思う。やっぱり、あの混雑がさらにきつくなる可能性を考えると、そりゃ鉄道会社はイヤだろうなと思う。そうでなくとも、一般の利用者にとってもこれ以上の混雑は辛いと思う・・・

ただ、最終的には私としては女性専用車両を入れるしかないんじゃないかなぁと思っている。やはり、少数とはいえ、被害にあった方がいるわけだし、被害に遭う側からすれば、加害者を物理的に切り分けるしか防ぐ方法がないと思われるからだ。

あと、個人的な理由だが、私は頻繁に電車内でMDを入れ替えたり携帯を取り出したりするんですが、この動作が目の前に女性とかいたりすると、痴漢の動作と間違われかねないんだよなー。いや、電車の中で黙って立ってればいいんですけど。私の場合音楽で満員電車の混雑の辛さをごまかしているところがあるので・・・
なので、痴漢と間違えられるリスクを考えたら女性専用車両があってもいいかもな、と思ったりする

でも、結局もっとも効果的なのは「混雑車両を減らす」ということにつきるんだろうなぁ。オフピーク出勤がもっと定着して電車の混雑率が150%程度になれば、人と人が接触しなくなるので、痴漢の割合は一気にへるんじゃないかと。

関東の場合、かなりの路線が相互乗り入れを果たしていることや、車両の構成が複雑なため、導入はかなり大変そう。
とりあえず、各路線で、何本かだけ取り入れてみるとかやってみてもいいかも。

AM 09:41:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2004年12月10日  暴力事件なので、加害者が悪いのは当然です・・・が?
紳助、罰金納付…女性側は引退要求、民事訴訟も示唆

だいぶ大きくなってきましたね。最初の女性側の反応からすると、このようなメッセージが出ることは想像に難くないですから。

事件に関しては、略式起訴の内容を認めているので、事実、ということかな。引退を含めた強硬な要求を出すのは、海外では珍しいことではないと思いますが、結果的に引退、という幕引きは難しいかなと思います。

女性側の意見に同意するつもりはないですが、日本ではこういった時に頻繁に示談が示され、会社、被害者、加害者で丸く収めてしまうことが多いですね。これは日本ならではのお互いが今後もやっていくため、ということで、悪いことではないと思います。ただ、示談が結果的に被害者側としては、うやむやにされる感じになるので、「示談でいいじゃん!」という流れを作ってしまうのは個人的には良くないかも、と思うところ。

結論としては、刑事、民事でそれぞれ紳助側が非を認め、謝罪と賠償ということで、まとめるしかないのかなぁ、と思います。

難しいのは双方を雇っている吉本側で、とくに女性の態度は日本では好まれないので、今後、彼女の扱いに苦心するんだろうな。
まぁ、こういうことになってしまうと、女性の性格を見抜けなかった会社にも非がある、ということになりますが、それはそれでかわいそうかなぁ・・・。

この女性、実際に普段の仕事や人に対する接し方にかなり噂がありますが、それを差し引いても、日本で女性の人権関係に関しては最強の一人と思われる弁護士を雇っていることから見ても、ただの、態度がでかいだけの女性ではないとみましたが。

ただ、個人的な話ですが、この女性もこの女性がマネージャーとして担当していた、批評家さんも私は嫌い・・・(笑)
紳助さんは嫌いではないですが、暴力というネタを出してしまった時点で、どんな理由があっても負け、ということを感じた事件ですね。
個人的には復帰して頑張ってほしいです。この状況から復帰したときには人を傷つけることの痛みや自分の行動を律することのできる、もっといい人になってくれると思っているので。

AM 01:55:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | [事件]

2004年12月06日  プロ野球の最近の騒動についてなんとなく
「岩隈問題」連盟裁定へ


プロ野球では、球界再編も一息ついたと思った今頃、オリックス合併チームにて、楽天に行きたい、という選手が出たことで、またもや騒動となってしまった。
基本的には当事者間で解決するしかない話なので、静観すべきネタのような気もするが。

一連の球界再編。最終的になんら変えることができなかったパ・リーグ、交流試合でうまみが減ったセ・リーグ。気合いを入れて乗り込んできたはいいが、今のところ話題性のみで、チーム運営や将来の展望が全く見えない新規参入組。なんとなく12球団のこって満足している選手会とファン、という面白い展開になっている。なんていうか、多分、雇われている状態の選手会と見ているだけのファンが得する(これは正確には近鉄ファンなどを考えると、そう言えない部分はあるのだけど)、という展開はあまりない展開だと思うのですよ。

現在のプロ野球は旧態の巨大エンターテイメント産業として特定の組織(まあ、ストレートに言えば巨人)を中心としたぶら下がり型だった。特定の組織にすべてを集約させて、基本的にはそこへ対抗という形で、下部ネットワークを構築する。

これは、プロスポーツを巨大化させるには必須なんじゃないかと。単純にスポーツでは、見る側からどれだけの収益を得ることができるかというのが、重要なファクターなんだけど、基本は試合の入場者数および、その際付加利益(グッズとかね)がモノを言う。音楽業界もそうだけど。
ただ、これでは現状、収益性が低く、利益率が低い。なぜなら、プロスポーツでは、プロの表現をカバーするだけの支出が伴いますから。ちゃんと給料が出ること、ちゃんとした設備があること。などなど。

そして現実には、支出の方がそれでも大きくなるので、スポンサー(=運営会社)が必須になる。スポンサーは利益を上げたいのでいろいろ考えた結果、テレビ配信や自分の本来の仕事との連携(新聞社なら新聞との連携みたいな)で運営していくんだろうな。
プロ野球の場合、さらに、ここに「盟主」と言う名の一極集中型のシステムを作ることで中央にお金が集まる形を作っている。

結果として日本ではプロ野球を見る人の半分が巨人ファン、残りが他チームのファンという構造になっていると言われています。

これって、昔はすごく不均等で気に入らなかったんだけど、現状、プロ野球を今のように盛り上げるにはそれしか方法がなかったのかなとも思う。おかげで、ファンが集中するので、特定の球団を持ち上げる(テレビ放送とか新聞とか)ことで、大多数の顧客の満足度をあげることができるし、少ない労力で利益をあげることもできたわけだしね。そして残りのファンは「打倒巨人」をあげることで巨人一辺倒のプロ野球に逆の意味で加担することになったのではないかと。
ちなみによく、収益の再配分と言う話を聞くけど、セ・リーグではまさにそれを行ってきた訳ですな(巨人が儲けて、他球団はテレビ放映権料などの利益で収益をあげる)。

今プロ野球は確かに衰退していると思う。一番の要因は大リーグだと思うけど(大リーグの盛り上がりにも問題があって、多分日本のファンは大リーグが好きなんじゃなくて、大リーグでやっている選手を応援しているだけ。プロスポーツとして本当に楽しんでいるかは少し疑問)、他にもファンの分散とか、テレビの絶対視聴者数の減少(=ファンの減少)が影響しているのかな。

今回、オーナーの人たちが取った手段は、収益の再配分をより確定させ、将来的に収益が弱くなってもプロ野球を維持するための手段だった。大々的に広告やテレビ放送を行うプロチームを8球団程度にし、8球団が確実に利益を上げ、下部組織を増やすことで結果的に底辺を維持できればいいんじゃないかと。

この方法、チームを減らす=プロ野球の衰退と考えられて、ファンや選手から総スカンを食らった。ただ、この方法もプロ野球を良くする方法の一つではあると思う。
特にパ・リーグはこれまで、地道な努力をしてきて、毎年ほとんどの球団が利益を少しずつあげてきている。ただ、それでも支出がウン十億単位でマイナスだから、努力の結果が見えにくいけど。
そんな状況を経験している側からすれば、いくら、12球団維持で、とファンから訴えられても、塀の外から適当にヤジを飛ばしているうるさい人たちにしか見えなかったんだろう。

例えば、ウェーバー制の導入が言われていて、これは戦力の均等化に非常に有効。ただし、日本ではこれまで、「特定の球団じゃないと行かない」という選手側のわがままが横行してきた。このことに関しては誰も指摘がないけど、いいのかね?

例えば、収益の再分配と言われていて、これも経営の改善方法にはいい手段だが、はたしてそれで、プロ野球チーム全体が良くなるだろうか。現に今セ・リーグはテレビ放映料という巨人のおこぼれをもらっている現状で、観客動員などは、ほとんどのびない(というか減っている)。セ・リーグは実質の観客動員数を発表しないので、詳細は不明だが、最近の球場の客の入りを見れば少なくとも増えているとは言いがたいんじゃないだろうか。

プロ野球に関して、チーム数維持、あるいは増加でのポイントは、これまでの中央集権型を廃棄して地方分散形の地域密着チームを作る。これはJリーグが一番いい見本。
ということになると思う。地域密着にするにはチーム数が多いのが必須だ。そうでないと身近にチームがいないと愛着湧かないから。
で、これって、球界のシステム自体を大きく入れ替える必要がある。はたしてそれが今のプロ野球に可能なんだろうか。
心配なのは、今のプロ野球は中央集権システムによって、観客動員を遥かにこえるファンと利益をあげているのだ。それを地方分散にしてうまくいくのか。
メジャーリーグも地方分散ではあるが、メジャーリーグも決してうまくいってるわけではない。赤字の球団も多い。それでも持ってるのは、アメリカの野球の浸透が違うからではないだろうか。
同じものをそのまま日本に持ってきて成功すると思うのはあまりに短絡的じゃないのかね・・・

もちろん、オーナーの8球団を中心とした1リーグ運営は、リーグそのものを縮小してしまう可能性が高い。8球団制にするんなら、下位リーグを今までのような1軍のおまけみたいなのものではなく、しっかりとした組織にする必要があるだろう。

まあ、1リーグなんてのは当分ないと思う(あるとすれば、楽天が数年後、経営破たんしたときか)。とりあえず12球団でやるんなら16球団くらいに増やして、リーグ増やせと言いたいのが個人的意見だが、なんとなくこのままずるずるといくような気がする。

さて、最初の話に戻ると、まあ、楽天に行きたいと希望している選手の行く末としては、最終的に楽天行きになると思う。本人の意思がかたいことと、オリックスとしては無理してでも引き止めれば、また周りからなんやかんやと言われかねないこと。また、他球団移籍という手もあったが、騒動が長期化してしまい、選手やチームのことを考えると他チームも移籍を諸手を挙げて賛成、という雰囲気ではなくなってしまったから。

ただ、オリックス側からすると同情してしまうことが多い。確かに楽天との分配ドラフトになったが、本来はオリックスと近鉄が合併することで強いチームを作ることが本来の合併だったのに、結果的にプロテクトは実質25人しかできなかった。そして、プロテクトした選手から「ヤだ」と言われる始末。
オリックスのオーナーが一連の流れを「失敗」と言ったことは無理からぬことだと思う。オリックスとしてはチームは強くならなかった上に、近鉄とオリックスを抱え込んだことで実質的負担は増える形になってしまった。

一連のオーナーの行動を批判するのはもちろんかまわないが、現状の枠組みを破壊しないように、再編することを、選手もファンも考えているのだろうか。このようなことが続けば、オーナーは運営したくなくなってしまう。どんなに文句を言っても現状すぐに分散型プロ野球の組織を作るのは困難なのだから、緩やかな再編の流れを作った方がいいと思うのだが、オーナー側の再編は反対され、ファンの側も再編を叫ぶだけで12球団維持できれば、何も言わなくなる現状。
あんまりプロ野球が改善されていないと思う今日この頃です。

AM 02:23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2004年12月03日  あの人がヌード写真集!?
岩崎恭子、金メダルヌード写真集…来月下旬発売へ

うそ・・・ホントなの?いや、彼女が確か金メダルをとったのは12年前ですよね。私とほぼ同世代の人だったので、よく覚えてますし、最近テレビなどに良く出ているのは知ってましたが・・・。
ていうか写真集出すってだけでも結構オドロキなんですけど?

ま、多分ヌードといっても、別にオールヌードではないみたいだし、オリンピックのメダリストっていうのを外しても普通にかわいらしい人ですよね。

いや、ていうか写真集買わないと思うのにエントリするものでもないけど、なんか菅野美穂以来の衝撃だったのでつい・・・。

PM 10:59:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | [事件]

2004年12月01日  プロ野球とITの融合って言うじゃない・・・
孫サマ チームづくりは「冬ソナ」式


プロ野球でパ・リーグにソフトバンクが参加することが決定。なんか、球団再編の波の中で地味っぽくなってる気もするが、IT業界の雄が1980年代まで、日本の小売業最強だったダイエーのかわりに参加するという、日本の経済モデル変換を移したような典型的な事件です。
で、なんか、インタビューとか読んだところ、ネットによる複数の視点からの中継(視聴者がどの場面を見たいか選べる)とかやるみたいで、例えば盗塁しそうなファーストの選手をずっと観察するとかできるわけですな。

企画としてやってみたい気持ちも分かるが個人的にその企画のあたり具合については少々難しいのではないかと。私もネット関係のお仕事をしているから何となく思うんですが、日常でネットを使いこなしている人って意外といないんですよ。

まあ、普通の人だとメールを多少やり、よく見る日常と関連したサイトを見る程度ではないでしょうか。主婦の人だったらショッピングサイトとか見たり、若い人だったら、ドラマや遊ぶところを参考にしたり。
強いて、チャットや掲示板やメッセを活用している人もいると思いますが、まあ、それくらいですよね・・・。

ネットは可能性としていろいろな側面があってどれが使えるようになるかは未知数。最近ヒットしたのはHDDに音楽をダウンロードする音楽配信ビジネスですが、これも、日本ではまだまだ。何か新しいビジネスを展開するのはネットとはいえども大変なわけです。

プロ野球をITビジネスと連動するというのは、おそらく当事者が描いている以上に難しいと思います。テレビ中継のかわりという話もありますが、それは安定したブロードバンド環境がないと難しいでしょう。日本の家庭すべてが光回線なら話は別でしょうが、ADSL程度ではねぇ・・・。
あとは、プロ野球のデータ配信などが考えられますが、その程度なら今でもいろんなサイトで見れますよね。同時中継とかで、数分置きに現在の戦況などを見れるサービスがあります。

ネットは大きな可能性を持っていると思いますが、それがあたるかどうかはかなり博打みたいなところがあるし、映像配信などの分野は既にメディアが存在するので、そこに切り込むのはそうそう簡単にはいかないでしょう。
楽天とソフトバンクがどんな展開をするのか、楽しみ。

PM 10:51:22 | Comment(0) | TrackBack(1111) | [事件]

2004年11月04日  理科の授業で血液を使ったら・・・
生徒の血液使い理科授業 和歌山・橋本の男性教諭


っていうか、目くじらたてるほどのもんなんですかね。中学校の理科の授業で顕微鏡で血液を見るために生徒の一部に針で血を出させたところ、問題になっているようです。
まあ、血を顕微鏡で見ようとしたことではなく、血を出すのに、じゃんけんで選ばせたりとか、血を見て泣く子がいた、というのが問題みたいなんですが。
血をみて泣く子、ですか(笑)。私が子供のころにもいたかなぁ。少量の血を見て泣くような状態で、大地震とかおきたら大丈夫なんですかね。

ていうか、血液の授業で血をみないで授業してどうすんだよ、って思いますが。顕微鏡で血を見たところで、血小板とか細かいのを見れるかと言われたら、難しいと思いますけど(学校の顕微鏡ってせいぜい100倍くらいっしょ?)、実際に今自分の体内に流れていた組織を、見る、という過程や、その姿を見ることに十分意義はあると思うけど。
まあ、強いて言うとじゃんけんで決めさせたとこは問題なのかなー。ふざけてやる子供も出るだろうしねぇ。そこらへんはソースが断片的なので判断できん。しかし、それにしても、わざわざニュースにして問題にすべき内容なのだろうか。
よく言えばニュースとしていろいろなことを伝えようという姿勢なのかもしれないけど。
自分が教師だったら、一つの行為でこれだけ問題になることに責任感を感じるより、何かあったらどうしよう、という心配のほうが強くなってしまわないかな。
この記事だけで鵜呑みにしてはいけないかもしれないが、聞いている限りでは、周りの「騒ぎ過ぎ」を感じるニュースでは、と思います。

PM 03:46:34 | Comment(2) | TrackBack(1) | [事件]

2004年10月23日  子を思う?お母さんの行動ネタ
娘のためにサイトの閉鎖をお願いする母親のメール

最近いろんなサイトで見かけた、「マジですか?」なネタより自分の中でトップクラスの破壊力だったのがこの内容。詳しい内容はリンク先をご確認ください。いくつか専門用語もありますので、簡単に解説

2chの同人板(漫画やアニメについて情報交換や元ネタを使った自作アニメやコスプレまで展開する活動を同人と言います。それらを楽しむ人たちが集まった2chの掲示板が同人板)のお話
・サイトを運営している人たちや交流ネットワークの中で同じ同人またはその関係者からもらった「?」なメールを紹介する「厨房メール展覧会」というコーナーがあります。このコーナーにすごいメールをもらったという、話が。

で、その内容が
・娘がいる母親から。娘は毎日インターネットにはまって同人系のHPに熱中。そのために視力が悪くなり、成績も良くない(らしい)
・行く末を案じた母親は思い切ってサイトの運営者にHPを閉鎖してくれるように要求

・・・ってここで既におかしいのですが、その前に「娘からパソコン取り上げろよ」と思いません?

HPで怪しいサイトや危険なサイトも多いですが、個人で同じ趣味同士の交流のためのHP。そのHPに対して「娘のためにならないからHPを閉鎖しろ」とメールを送ってくるお母さん。
でも、その前に娘に対してやることあるでしょお母さん。ねぇ。

話はさらに展開

・管理人の方もびっくりしながら、一人の都合のためにサイトを閉鎖するつもりはない。第一、ここを閉鎖しても他のサイトを見てしまったりしては意味がないのでは
→やんわりとお母さんの側でなんとかしなさいよ、と言っている
と、返信

すると、

・そっちにこっちの家庭のことを言われる覚えはない
・子育ては大変なんだ
・遊びでやってるHPなんでしょ、こっちは娘の一生がかかってるだから!

というお返事(もっと丁寧な書き方みたいだけど)

いやー。すげぇよ。ある意味かっこいいよ。
でも、インターネットの仕組みとかよくわかってないのかな。いずれにしても、自分のできていないことを他人に責めるのは間違いだろうに・・・。
自分の責任を棚に上げている姿を子供が見ちゃうよ?

その後ですが

・管理人はその親の子供をアクセス禁止に
(ドメインかなんかで接続できないようにしたのかな。このHPでもできんのかしら。インターネット何年もやっててHPなんか6年以上やっていてよくわかっていない・・・)
・娘にバレて娘立腹。親と話をしなくなる
・親、大慌て。慌てて閉鎖要求した管理人にもとに戻してもらうようお願い
・娘からはご迷惑をおかけてしてごめんなさいメール

というオチがついたようです。
うん、まぁ笑って上げられるなら、いいと思います。ただ、笑えない気持ちもあります。私は子供のころ、結構わがままな子供だったので、親は他人の迷惑に関して厳しい人でした。厳しすぎて、今の私はたまに迷惑をかけることに過敏に神経を使ってしまうこともあるんですが(その割に時々無神経なことを平気で言う)、そのおかげで、自分のやることの責任や他人に対する責任はちょっとはあるかなぁ、と思うんですが。
親バカじゃん、で済む話からもしんないけど、子供育てるって大変なんだな・・・となんとなく溜息。

でも、もしかしたらそんな親を見て子供が「しっかりしなきゃ!」と逆に自立心を持つかも

AM 02:06:12 | Comment(0) | TrackBack(1101) | [事件]

2004年10月09日  ライブドアが妙に人気な今日この頃ですが
ライブドア派が40%、楽天はたった7%


最近の再編問題に、IT関連2社の新規参入の好感度で楽天が圧倒的な不人気らしい。宮城県に寄せられた意見では新規参入チームとしてライブドアを希望する人が全体の9割近い数字を出しているとか。そんなにライブドア好きなんですか。

一度エントリーで書いたが、正直ライブドアにプロ野球を運営する体力はないし、そもそも、ライブドア自体経営が現在でも順調ではない。それは楽天でも同じかもしれないが、楽天はそれでも機関コンテンツによる安定収入があるだけ、まだ期待がある。
また、球団経営のビジョンがあまりにないことが明白で、彼の功績といえば正直最初に声を出したことと、仙台を選んだことくらいだ。もっともこの二つは意外に重要なことで、彼のマイナス部分(プロ野球を知らないことによる底の浅いビジョン、経営不安など)はすべて相殺されているといえるだろう。

だが、前も書いたように現在のプロ野球の衰退は、近鉄とオリックス、それとかなりマイナスなことを言っちゃったナベツネをはじめとするオーナー陣だけが被るものではない。むしろ問題という意味ではプロ野球は横見で見て、言うだけ言うファンの態度に最大の問題があるわけではないのかと思う。

で、オーナー陣の提案(というかちょっと強引すぎたが)の縮小再生産というのは決して経営的にはマイナスな話ではない。少なくとも今のプロ野球の高コスト、低利益構造から緩やかに低コスト、低利益構造(Jリーグみたいな)に移行する手段だってないわけではないと思う。というか、現状の12球団で赤字を出し続けながら経営していくのだって解決にはならないし、仮に新球団参入でも黒字がすぐに出る状況じゃないし、今のところライブドアも楽天も状況打開のインパクトのある案が出てこないあたり、そうそう簡単にいくものではないと思う。
はたしてそんな状況の12球団維持が本当にいいことかなぁ。現状スタイルが維持できるファン、マスコミの一時しのぎでしかないと思う。
もちろん、それとは別に今回の選手会の行動は立派なものだと思うが。

で、話を戻すと、現状12球団維持で仕方ないと思われる来期。楽天とライブドアがぶつかっていることに関して異常なほどライブドアの好感度が高いのはなぜなんだろう。もちろん、ライブドアが動いたからこそ球団縮小が回避され、選手会が動き、仙台にとっては新球団ができる機会を得られたからかもしれないが。

楽天の動向は確かに後取りでよく思われないのは理解できる。だが、ライブドアが仙台に球団を作っても本当にまともな運営ができるかどうかは疑問だ。ライブドアは確かに最初に声を出してはいるが、その後、プロ野球の改革ビジョンをほとんど示していない。ビジョンがないのに球団を持ちたいというのは、プロ野球の現状を理解していない(楽観的)証拠だと思うのだけど。
そういう意味では、資金力があり、経営についても(Jリーグだが)プロチーム運営の経験があり、財界、プロ野球界のバックからサポートがもらえる楽天が来た方がよっぽどうまく行くし安定すると思うのだが。そういう意味でライブドアが来期一年間は社会人野球でもなんでもいいから、チーム運営やフランチャイズの選定をやると言ったら、私も経営者側ももう少し理解が示されたのではないかと思う。

ただ、楽天にしろ、たかだか3万弱しか入らない仙台の球場で安くチケットを販売するという時点で、じゃあ、どこで収益をトントンにするのかいっこうに見えない。それで数年内に黒字にすると言われてもどうなんだろう。選手の給料を押さえればとか言ってるが、アメリカの大リーグの低予算チームでも、選手の給料はそこそこ突出しているし、結局赤字のままの球団もいる。
読売とかの黒字のチームから贅沢税を取るという話もあるが、そういう話をするなら今からしないといけない訳で、その割にはストライキ後のファンからはそういう球団改革の話とかが全く見えない訳で、そんな状況で、本当に新球団加えて12球団でやってっていいのかね、と思う今日この頃。

ところで、ライブドアといえば、12球団維持とライブドアを応援するライブドアのblogをさらしておこう。
私たちは12球団を残すことがプロ野球全体にとっていいことだと思います。
ライブドアとその取り巻き、みたいな(笑)気がする

<補足>
ぐぐったところ、仙台の経済界のアンケートがあって、こちらを見るとライブドアと楽天の支持が拮抗していておもしろい。やはり経営者の立場になると両会社の状況とか考えて冷静な判断になるのだろうか
ライブドア支持がやや優勢・宮城県経営者アンケート

AM 02:35:23 | Comment(0) | TrackBack(2) | [事件]

2004年10月02日  四国独立リーグ結成
四国に野球独立リーグを−石毛氏構想

四国3県で成長した私としては、もうとにかく成功してほしい。

四国の野球熱が高いのは事実でおそらくはその保守的な地盤によるものかと。だいたい、最近まで甲子園に出場する高校に商業、工業系や普通公立が多いあたりが、保守的スタイルの最たるものだと思うが。
最近は明徳義塾とかの台頭で状況がかわってるみたいですけどね。

四国だが私が住んでいた15年以上前とはすっかり変わってしまってるらしい。電車ネットワークは相変わらずだが、すべての県に高速道路一歩んで行けるようになったし、どの県にもそこそこの野球場などがあって、変わったなぁ、と。
最後にいた愛媛の松山なんて合併効果で人口が50万人を超すとか。
当時住んでいた場所とか今でも残っているんだろうか。

で、四国独立リーグだが、本当にうまくいって欲しいのだが、さすがに四国まで試合を見に行くのはつらい。残念。
計画自体はめちゃくちゃ無謀という訳ではないと思うけど、スポンサーとか、会場とか観客動員などの計画はまだまだのところが多いようだ。来年できるかどうか分からないけど、無理はしてほしくないなぁ、と思うところです。

AM 12:30:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2004年09月06日  私の家にも来ましたよ
「総務省に意見を」ソフトバンク、ユーザーに異例の呼びかけ

内容を記した記事は上記参照。

で、私は実はODNユーザーなので、このメールをいただくハメになりました。日本テレコムとソフトバンク統合以来いつかはくるかと思っていましたが、孫社長直々のメールがODNユーザーの私のもとに直接くるとは光栄(笑)

ご存知の人はご存知かもしれませんが、ソフトバンクは携帯電話業界への参入を狙ってますが、そのためには携帯電話の周波数をもらわなければいけません(テレビで言えばチャンネルを一個もらうって話ですね)。このチャンネルが1〜12chにあたる800Khzを希望していたのに、47chくらいに相当する2GHzあたりを割り当てられて(UHFチャンネルだな)ご不満、というわけです。もっとも、テレビはみんなUHFチャンネルを1〜12chの中に設定すると思いますが。
あ、でも、そういえば東京の人は主立ったチャンネルは1〜12chに収まっているので、チャンネルの設定をしなくていいんですよ。それで、14chに設定されているMXTVという東京のみのローカルチャンネルを設定していない人が多いらしいです。地方出身者からみると驚きの話なんですが)
携帯電話の場合、結局利用者は電話番号をもらうだけなので、影響は感じないですが、ソフトバンクからすると、1〜12chにあたる800khzの通信にすれば費用が1兆円レベルで押さえられるそうで。そりゃ、文句も言いたくなるわな。

話を戻しますが、結局、うちにもメールがきた訳なんですが、申し訳ないですが、メール送りませんでした。てゆか、メール送ってあげた親切なユーザーいるんだろうか・・・
ODNとしては私はもう7、8年くらい使っているので(ちなみにきっかけはそのとき買った電話機が日本テレコムのLCR対応で、それでODNに入ったといういい加減なもの。ま、他にもクレジットでなくても申し込めるとかいろいろ利点があったんだけど)、このメールアドレス、変えたくないし、今更どんなメールが来ても驚いたりはしませんでしたが、世間的にはどうなんだろう、とちょっぴし思いました。

AM 02:23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2004年07月08日  近頃のつらいこと
ADSLサービスの障害発生について

いや、自分の普段の仕事関係がばれるんですが・・・

頼むよー!苦情すごいんだよー!ていうか二日間ADSL使えないなんてこのIT時代にー!(それは関係ないか)

まじでつらいので早く復旧してください。



涙の訴えでした(>_

PM 10:56:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2004年07月02日  ブルーウェイブバファローズじゃ、会社名がないからダメなのか
近鉄とオリックスの買収話は驚いたが、ありえる話なのでちまたの盛り上がりをボケッと聞いていたが、ライブドアが買収したいという話はマジで驚いた。

いやー、ライブドアが来たかー。ホントびっくり。

現在のプロ野球については、いろいろな意見があるが、個人的にはやはり供給過多、チーム数が多すぎると思う。ただ、Jリーグと違い、プロ野球は潜在的な底幅があるので、なかなか整理をかけられない現状もある。プロ野球の場合はゴールデンタイムに中継があったりして、国民としての浸透度が高いため、条件がそろった場合は爆発的な動員、数値を出す可能性がある。
このごろで言えば、阪神やダイエーの優勝によって地域的な話ではあるが、盛り上がった例だと思うけど、あれだけ常に盛り上がっていればプロ野球は今の規模でもいいでしょ。あの盛り上がりはJリーグにはないもの(新潟のような局地的な人気の側面はJリーグならではですが)。

その盛り上がりと基準にすれば、今のプロ野球の規模は適正だろうが、全体としての状況を見ればやはり供給過多なのだと思う。
その中で出てきたのが、巨人一極集中の陰りと一部チームの運営難だと思う。つまり両極地に最初にしわ寄せが来たということなのかもしれない。

プロ野球にはJリーグのような、小さな規模で地域密着で息を長く、というのは難しいのではないか(横浜やオリックスは2軍でそれに近いことをやっているけど)。なので、一時的にはパイを小さくして運営を適正規模に持っていくしかないのではないだろうか。

今回の事件でファンの意見が・・・という話をちらほら聞くが、近鉄側から言えばこれまで、近鉄がなかなか動員などで伸び悩んでいるのを横で見ていただけのファンには言われたくないのでは(笑)そんなことを言うのが一度でも試合を見に来たことのあるファンなら分かるのだけど。テレビとかも近鉄を非難するんだったら視聴率度外視で近鉄対ロッテとか中継してみろ。岩隈のピッチングとか見てみたいのに見れないのが現実でしょ。

昨年パリーグの試合で日本ハムVS西武の試合を見に行ったが首都圏チーム同士の試合なのに東京ドームの外野席しか埋まらない状況にびっくりした覚えがある。もっとも日本ハムが北海道に行ったことで、動員は増えているようで頑張っているんだな、と思うが。

話がそれまくったが、ライブドアは危険度満載でしょ(笑)。なんか、周りでライブドアの参戦を喜んでいるみたいだけど、これまでIT業界でのやり方を見てたら、プロ野球でまともな運営ができるとは思いませんが(笑)。ライブドアのやり方が間違っているとは思わないけど、プロ野球ってドライな経営ができないから、たくさんの球団が苦労しているんじゃないだろうか。
少なくとも、ライブドアとイーバンクの応酬とか見せたらプロ野球の運営をこの会社に任せたいって言う人いるかしら(笑)?
泥沼化した「イーバンク・ライブドア論争」

記者会見でも近鉄というチームへの愛情がぜんぜん感じられなかった。楽天のJリーグ神戸買収とは規模が違うし、チームへののめりこみの具合も違う。短期的に見ればプロ野球が12球団残って表面上はいいかもしれないけど、ライブドアのような会社の利益面からしか考えない会社はプロ野球にとってプラスにならないと思うのが今のところの気持ち。
ライブドアがそんなつもりじゃないかもしんないけどさ。売名行為って言われてもしょうがないでしょ。そういうやり方だもん。

近鉄とオリックスの買収の過程もフリューゲルスを思い出してヤなんだけど、それを企業利益のためと考えて割り込んでくるライブドアみたいな会社が出るのはもっと微妙。


そして音楽系サイトなのにプロ野球の記事でこんなに長くなる自分も微妙(笑)
今日ライブじゃなかったっけ・・・。

AM 12:30:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

2004年06月12日  替え玉大作戦
昨日の話の続きになるが、現状、なかなか売れないアーティストや新人アーティストにとっては、メジャーとインディーズという違いが、最初のステップアップ程度ではなくなっているかもしれない。

インディーズでも売れてやれる時代でもあるし、メジャーじゃなきゃうまくいかないアーティストもいるだろう。
たかだか音楽だが、そこにビジネスを組み込むことの難しさを感じてしまうのが現実なのかもしれない

替え玉受験で都立高に一人合格、少女の父が画策

あまりにもネタっぽくて笑ってしまったが本当らしい。本当なら、やり遂げたお父さんに一本。替え玉という発想がよく浮かぶなぁ。
もう一つ気になるのはかわりに受けた人は本物の女子高生なんでしょうか。それとも実は年上だったりするんですかね。どこから雇ったんだろう・・・

学校は「前代未聞。都立高では例がない」みたいなことをおっしゃってるそうです。私立や地方でもないと思います(笑)本当はいけないことなんですけどね、お父さんの必死さが伝わってくる分だけネタになってしまうのが悲しいかも。
 

AM 09:06:07 | Comment(0) | TrackBack(1102) | [事件]

2004年06月08日  ネットとドラマとバトルロワイヤル
長崎で起きた小学6年生の女児による同級生殺害事件は、最近の子供の事件の中でもかなりの影響をおよぼしている。巷ではこれまでの事件にくらべたら…という話もあるが、まあ、くらべる対象が間違っている。

事件に関してはもう、死ぬ程意見が出ているので、これ以上論説を展開してもどうかと思うが

「ネットとかドラマとかバトルロワイヤルのせいだとか、結果的に責任転嫁の論議をするのは止めません?」
と言いたいところだ。
今回ネットに関しては、なんだか、ネットのせいにすれば、という雰囲気を感じる。気持ちは分かるが、ネットだけで人殺しまでしねぇよ、と突っ込みたいところである。

あと、議論の際に「昔は近所の子供同士でコミュニティがあって…」みたいな「昔はよかった」論争はほんとに意味がないと思われるが。今さら昔に戻るわけでもないし、だいたい、そんなことを言ったら子供がいなくてコミュニティも何もなかった地域の子供たちは健全に育たないっていうことになるんじゃないだろうか。

結局は「昔は〜」というのは自分だけはちゃんと育ってきたんだということを言うための遠回しな言い訳にすぎない。
他の原因論もそうだが、原因をスケープゴートにして結局は何もしないというのが、これまでの日本の話だったのではないか。暴論を言えば、原因論を語る前に、1人の子供と一緒に住んでみた方が絶対いいと思うけど。子供のいない自分が言ってもそれは説得力がないのだが…

ところで、このところ仕事が不調。この前も書いたように単純なミスや予想以上に時間がかかりすぎたり、問いう状態で、あきらかに調子が出ません。
地味に泣きそうなんですが、バンドもあわせて生活が落ち着いてないからなのかなー。と思う今日この頃。
バンドやってる時点で生活が落ち着くなんてことないんですが。

そんなわけで、現在小旅行計画中。計画が実行されましたら報告いたします。

PM 10:56:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [事件]

前の30件| 次の30件 ≫
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2007年05月09日  一応いろいろ考えてるんですけど
2007年02月14日  演奏することと著作権
2007年01月14日  あけましておめでとうございます
2006年12月09日  今年の紅白歌合戦
2006年10月23日  海外で活躍するということ(超適当散文)

過去記事
2007年05月
2007年02月
2007年01月
2006年12月
2006年10月

カテゴリー
ひとこと(150)
事件(51)
バンド関連(51)
映画(14)
音楽(191)
読み物(4)


プロフィール
名前RYO
性別オス
地域神奈川
血液型A型
星座双子座
Welcome!! This is the slightly doubtful text site which I made.
If there are those who think is interesting,
please associate just for a moment.
Only Japanese of this site is correspondence. I'm sorry.

FirefoxやNetscapeでは思ったより文字が小さく表示されるようなので、ツールバーの表示から文字サイズ→大きくを一回程度やっていただくと、良さげです。


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp