千葉県 船橋市 森 畳 店 日記
イグサの香りと共に、日々の出来事や畳のことを綴って行きます。どうぞよろしく。森畳店のホームページはhttp://moritatami.com

プロフィール
名前としひろ
URLhttp://moritatami.com
年齢42
性別男性
地域千葉
星座双子座
千葉県 船橋市 大穴北 の畳屋で現在4児の父
船橋市 白井市
印西市 鎌ヶ谷市
八千代市 習志野市
を中心に活動

カテゴリー
日記(1371)
畳表(203)
稲ワラ畳床製造(12)
畳表替え(12)
襖(46)
タタミマン(87)
畳床(93)
アウトレット表(4)
畳その他(816)
シックハウス、ハウスダスト、ダニ類(14)
新畳製造工程(5)
岩手帰省(54)
産業現場等における実習 (9)
建築(38)
畳の歴史(23)
畳表生産者やすのぶさんの1年。(13)
畳の裏返し(2)


2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

最新記事
2019年09月02日  市松表
2019年08月15日  みけちゃん
2019年08月14日  朝食
2019年08月13日  岩手に来ました。
2019年07月16日  昭和41年の畳床

過去記事
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

2014年12月29日  箱入り娘?






















寒かったの? こはるちゃんは砂の入っている火鉢のなかに… かわいいけど…

AM 07:42:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2014年12月27日  市松表






















今日の畳の表替えは市松表を使用しました。
市松表は
着色等で出来ている柄ではなくい草の天然の色のみで柄が出来ています。
イグサは根のほうが白く、先端に行くと青々としていきます。い草の先端の青い部分と、根元の白い部分をうまく交互に織り柄を作ります。
おしゃれな畳表です。
12枚の在庫になりました。ぜひ・・・


PM 09:18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [畳表]

2014年12月22日  古代イグサの使用開始
イグサは世界の湿地に自生し、約300種あるとされています。
(イグサ(イグサ科、イグサ属)、学術的には『イ』といい、日本全土に自生する多年草です。畳表に使われるのは、『イ』の栽培品種で、コヒゲといいますが、一般的にはイグサと呼ばれています。)
日本で、イグサの利用の始まりは弥生時代で、現在のような住まいの敷物としてではなく、遺体を包んで埋葬したり、古墳時代には遺体や副葬品(鉄器や、銅鏡等)を包む梱包材料として使われていたようです。
世界ではオリエント遺跡でも同じようなものが見られたようです。
この時代のイグサの織物はムシロみたいな物で、その折方は現在の畳表のような経糸が表に出ないものとそのこのような織り方との2種類でした。
古墳時代以降に有力な支配層の住居に寝室のような寝所が作られるようになり、その床の敷物としてムシロ、イグサの編み物が使用されていきます。
このイグサの敷物に現在の畳のような畳表に畳床が付きはじめたかは正確には分かりませんが、
奈良時代の正倉院に薦(こも)を重ねてイグサの筵(むしろ)をかぶして、錦の縁(現在の畳縁の原形)をつけたものがあります。
平安時代には貴族の住まいの建築様式である寝殿造に座具や寝具としての置き畳として使われていたことが絵巻物などで見ることが出来ます。

PM 04:40:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [畳の歴史]

2014年12月17日  平安時代〜鎌倉時代の畳


平安時代には貴族の住まいの建築様式である寝殿造に座具や寝具としての置き畳として使われていて、この頃には畳床、畳表、畳縁、が一体となった現代の畳に似た物になったようです。そして畳(畳床、薦の枚数)の厚さや、畳縁の(畳縁は奈良時代からあった)模様や色で座る人の身分が、決まり厳しい身分制のもとに、封建的な制度や風習が出来ていきました。
その中で高い身分の方に使われる、繧繝縁(写真左)や高麗縁(写真右)は古代に寺院を飾る錦として渡来した織物を、畳縁に使用したものといわれています。
この頃の絵巻に火事の絵が描かれているものがありますが、畳を担いで走る人の絵が書かれているので、とても畳は貴重で大事なものであったのがうかがえます。

鎌倉時代はじめごろはやはり置き畳での使用だったようで、絵巻物等にも来客のための座具や寝具用にに畳を運んでる絵が描かれています。
しかし鎌倉時代の終わり頃には現代と同じように建物の一部として部屋に畳を敷き詰めてある様子が絵巻(法然上人絵伝)に描かれています。
これは位の高いごく一部の貴族の邸宅での話で、庶民にはまだ畳は縁遠いものであったと考えられます。

イグサ http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-912.html



PM 10:19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [畳の歴史]

2014年12月13日  畳の裏
今日は健在床(ワラ床ではない)の畳の表替えでした。今まで張ってある畳表と畳縁を剥がします。
畳の裏側です。
かなり多いのですが新しい畳を作るとき、健在畳床を切って後そのままの場合が多いです。

今回もそうでした。畳床を縫ってある糸が伸びて見えはす。少しほどけたようです。
なので、

私は切った端を紙テープを貼って止めるようにしています。
お客様には見えない作業です。

PM 05:33:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | [畳その他]

2014年12月10日  古ゴザ
農家さんに古ゴザを持って行きました。
作業用に使うようです。
でも毎回持っていくと、ネギやら、ダイコンやら、今日はホウレンソウ。
ついでに持っていくし、処分してしまうものなので、使ってもらうことはありがたい。
なんか得した気分です。

PM 10:19:06 | TrackBack(0) | [日記]

2014年12月06日  薪ストーブ























今日ホームセンターで見ました。
薪ストーブ。
簡易的なものなので、これで薪を燃やすと煙突からかなり煙が出ます。
市街地では使えないのでは?
当然我が家の周りでは使えません。
岩手のおじいさんのところはこのタイプ使っています。
山奥なので問題ないですし周りも同じように薪ストーブです。
地所の間伐材を巻きにして燃料にしています。
今年岩手行けなかったので、思わず足を止めてしまいました。

PM 09:09:17 | TrackBack(0) | [日記]

2014年12月03日  さてさて






















今年の年末は例年に比べると畳の仕事忙しくありません。
消費税増税前の駆け込みの需要の反動でしょうか?
さてさて
近くの空家のリフォームの相談がありまして、内装、コンセントカバーの交換、キッチンの引き出し修理、取っ手交換、ブランドを撤去して、カーテンレール取り付け、物置撤去、庭木の伐採。
工事自体は来月半ばまであるので、できることは自分で少しづつ動きます。
今日は夕方からブラインドを外してきました。
そして引き出しの修理開始です。余った時間に(笑)

PM 06:02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2014年12月01日  本






















この本。時代の先へーエプタ
というものです。
先日当店に連絡があり、HP,ブログの写真を使いたいとのこと。
畳のことであればもちろんOKです。
いろいろ写真のことで打ち合わせ、、本を送っていただきました。
畳や床に座る床座のことをいろいろ書いてありました。資料もすごいし、読んでとても勉強になりました。
個人的にいいものだと感じました。

PM 09:00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [畳その他]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp