千葉県 船橋市 森 畳 店 日記
イグサの香りと共に、日々の出来事や畳のことを綴って行きます。どうぞよろしく。森畳店のホームページはhttp://moritatami.com

プロフィール
名前としひろ
URLhttp://moritatami.com
年齢42
性別男性
地域千葉
星座双子座
千葉県 船橋市 大穴北 の畳屋で現在4児の父
船橋市 白井市
印西市 鎌ヶ谷市
八千代市 習志野市
を中心に活動

カテゴリー
日記(1372)
畳表(203)
稲ワラ畳床製造(12)
畳表替え(12)
襖(46)
タタミマン(87)
畳床(93)
アウトレット表(4)
畳その他(816)
シックハウス、ハウスダスト、ダニ類(14)
新畳製造工程(5)
岩手帰省(54)
産業現場等における実習 (9)
建築(38)
畳の歴史(23)
畳表生産者やすのぶさんの1年。(13)
畳の裏返し(2)


2011年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

最新記事
2019年09月15日  屋根瓦にブルーシート
2019年09月02日  市松表
2019年08月15日  みけちゃん
2019年08月14日  朝食
2019年08月13日  岩手に来ました。

過去記事
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

2011年11月30日  古代イグサ使用開始
イグサは世界の湿地に自生し、約300種あるとされています。
(イグサ(イグサ科、イグサ属)、学術的には『イ』といい、日本全土に自生する多年草です。畳表に使われるのは、『イ』の栽培品種で、コヒゲといいますが、一般的にはイグサと呼ばれています。)
日本で、イグサの利用の始まりは弥生時代で、現在のような住まいの敷物としてではなく、遺体を包んで埋葬したり、古墳時代には遺体や副葬品(鉄器や、銅鏡等)を包む梱包材料として使われていたようです。
世界ではオリエント遺跡でも同じようなものが見られたようです。
この時代のイグサの織物はムシロみたいな物で、その折方は現在の畳表のような経糸が表に出ないものとそのこのような織り方との2種類でした。
古墳時代以降に有力な支配層の住居に寝室のような寝所が作られるようになり、その床の敷物としてムシロ、イグサの編み物が使用されていきます。
このイグサの敷物に現在の畳のような畳表に畳床が付きはじめたかは正確には分かりませんが、
奈良時代の正倉院に薦(こも)を重ねてイグサの筵(むしろ)をかぶして、錦の縁(現在の畳縁の原形)をつけたものがあります。
平安時代には貴族の住まいの建築様式である寝殿造に座具や寝具としての置き畳として使われていたことが絵巻物などで見ることが出来ます。

PM 09:13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [畳その他]

2011年11月28日  初めてのクリスマスツリー














我が家では中学生から年長までの子供が4人います。
今までクリスマスツリーという物は、外で見ているだけの物でしたが、私の子供の頃からも含め、初めてクリスマスツリーを我が家に飾りました。
長男の小さい頃からの夢だったようです。
もちろん電飾はありません。
でも長男は楽しそうに作っていました。
ずっと待ってたんだもんな〜
物心つかない頃から与えていたならば感じられない楽しさだったと思います。
私も子供の頃の反動から自分勝手に作っていたなら子供達は違った感情になったのでしょう。

PM 09:24:41 | Comment(168) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月26日  お手伝い













長男が少し時間があるというので、畳をばらすお手伝いをしてくれました。
私の包丁を貸して端の糸を切ってから丁寧にばらしていきます。
時間は掛かりますが丁寧に。
段々上手になってきて、安心してみていられます。
包丁を使う訓練ですね。

PM 05:33:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月24日  畳表をばらしてみました。
写真が見れない場合こっち!http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-1589.html




畳表をばらしてみました。2ヶ所切って一つは完全にイグサを抜いて、一つはイグサを緩めてみました。
こうしてみると畳表は糸とイグサとで織ってるのが分かります。
縦にした糸にイグサを横からさして、はたおりと同じ感じです。

畳表ができるまでhttp://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-category-17.html#entry1282

PM 10:04:44 | Comment(1338) | TrackBack(0) | [畳表]

2011年11月22日  おじいさんの手作り箒
写真が見れない場合こっち!http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-1588.html


今日畳を敷きこんで、いるとお客様が、箒を見てこれすごい!かわいいといってくれます。
使い込んでいる箒なのに写真を撮ってくれたり、うれしいことです。

これが岩手のおじいさんの手作り箒です。
箒もろこしを半年かけて栽培して農閑期に製作するのですが1日せいぜい2〜3本作るのが精一杯です。今では高齢の為少ししか作れません。




糸は畳の切糸を使用してます。


これが箒モロコシです。
栽培から箒までおじいさんが作ります。
原材料は箒モロコシで、アフリカ原産のイネ科1年草です。
詳しくはこちら。http://www2.mmc.atomi.ac.jp/web01/Flower%20Information%20by%20Vps/Flower%20Albumn/ch4-vegitables/morokoshi.htmこのもろこしを春〜秋にかけ栽培して農閑期の冬に作ります。この箒見た目と違いものすごく軽く、とても掃きやすいのです。箒モロコシを乾かしたもの使います。種(実)を取って作ります。このほうき、箒もろこしと糸しか使わないのにびっくりです。昔は部屋を掃くとき茶殻や新聞紙を濡らしてちぎって撒いてほこりが立たないようにして掃いてました。そうする事によりほこりやダニの死骸などを人が吸い込みにくくなります。茶殻の殺菌効果も良いみたいです。昔に知恵は素晴らしい。

使いやすくいい箒です。

身近で見るとすごいな〜と思います。

岩手帰省http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-category-6.html

PM 05:33:08 | Comment(50) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月18日  職業体験2日目








職業体験2日目。
今日は予定外の雨模様。
1件納品が来週に延期になり時間に余裕が!
畳の裏返しに挑戦してもらいました。
使わなくなった建材床の畳があったので、剥がしから、畳表の縫い付け、畳縁の縫い付け、一通り2畳分やってみました。
出来は・・・
まあまあかな?(笑)
普段目にしたり、接することの無い機械なので、いい経験になったならうれしいです。
職業体験終了です。

畳の裏返しhttp://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-1584.html

PM 05:15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月17日  職業体験














今日と明日職業体験の中学生が来ます。
今日は朝8時から。
一緒に一般住宅に行って畳の引き上げ。
畳はもてないので、畳を上げたあとの床のお掃除。
店に戻ってきて、古い畳表、畳縁をはがす体験。
その他諸々今日は3時までの体験でした。
明日も来ます。
明日のお客様に
職業体験の生徒を連れて行ってよいかお伺いしましたところ。
快く、「歓迎しますよ」
といっていただいてとてもうれしかったです。
よろしくお願いします。

PM 05:50:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月15日  畳の裏返し
写真が見れない場合http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-1584.html


近年では畳の裏返し、表替えと言っても意味が分からない方が多いです。
畳の裏返しは畳を持ち上げてひっくり返すだけだと思っている方がかなり多いです。
裏返しとは今現在付いている畳表面の畳表(ゴザ)を剥がして、ひっくり返して縫い付けます。
新しい畳から5年程度での裏返しが理想です。畳縁は新しくする場合がほとんどです。

畳をひっくり返して畳表と畳床を縫いつけたある糸を解きます。


畳を表に戻して畳縁と畳床を縫ってある糸を包丁で切りながら畳縁を剥がしていきます。このとき古い畳表を傷つけないようにしなくてはいけません。


畳表を畳床から剥がすと今までは内側で見えなかった畳表の裏側が出てきます。
年数が8年でも裏側は結構きれいです。
このとき畳床の補修箇所があるときは補修をします。


畳表をひっくり返します。今まで裏の面だった畳表が表側になり、今まで使って焼けてしまっていた表側が裏側になります。
そして畳床に縫い付けます。


畳表を畳床に縫いつけた後は畳の端に付いてある畳縁を縫いつける作業です。
畳縁を裏面にしておき、形が崩れにくくする為の下紙(型紙)を上に置きまっすぐ縫い付けます。
この状態では畳縁のイメージが湧きませんね。


畳縁の裏側のまっすぐ縫ったところを起点に畳縁をひっくり返します。
そうすると縫い目が見えなくなり、畳縁の表の部分が出てきます。
この畳縁を畳の側面に縫い付けます。
畳の上から見ると縫った部分は見えません。


畳の裏返し完成です。

この作業を6畳でしたら6枚、8畳でしたら8枚作業してお客様のお部屋に敷きこまれていきます。

子供の頃この裏返しについての小話を聞いたことがあります。

江戸時代、あるお殿様が、お城の畳、800畳を新しくすることを考えていました。
すると畳刺(畳職人)が裏返しにしたらどうかと進言したそうです。
するとお殿様
「裏返しとは、戦で裏切り(裏返る)を連想させる!よくない」
畳刺
「戦で裏切り(裏返る)とは、戦場での話し。このお城は800畳ですので、1000畳にはなりませぬ。」
そしてお殿様は納得したそうです。

PM 05:06:36 | Comment(180) | TrackBack(0) | [畳その他]

2011年11月14日  Nゲージ














20数年前に持っていた鉄道模型Nゲージ。
昨日子供達が遊びたいと言うので、襖の仕事場に広げて遊ばしました。
日本の小型モーターすごい!
20数年たっていても普通に動く。
また子供達が遊ぶと思います。

AM 09:18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月11日  市松表を使った新畳













今日は熊本県産無着色市松表と宮城県産稲ワラ畳床を使った新畳製作でした。
市松表は
着色等で出来ている柄ではなくい草の天然の色のみで柄が出来ています。
イグサは根のほうが白く、先端に行くと青々としていきます。い草の先端の青い部分と、根元の白い部分をうまく交互に織り柄を作ります。
おしゃれな畳表です。

PM 05:33:27 | Comment(167) | TrackBack(0) | [畳その他]

2011年11月10日  結構書きました。
ブログを始めて6年ちょっと。
よく続いたと思います。
最近は前より、気合が足りないか・・・
http://2.suk2.tok2.com/user/moritatami/?y=2006&m=01&all=0
懐かしいです。
もっとがんばっていきましょう。

PM 05:50:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2011年11月08日  畳床
今日の張り替えは4.5畳は極端に畳の厚さが薄い、15mmのものと60mmのですがポリスチレンホームが主体の畳床でした。
15mmは他の物件で何度も張替えをしてるので畳の機能、強度は極端に問題があることは知っていましたが、60mmタイプははがしてみてビックリ。
やけに軽いとは思っていましたが、ポリスチレンにベニヤ板2mmが張ってある・・・
はじめて見ました。
てっきり上層はタタミボードがあると思っていました。


もう畳とは何か分からなくなりました。
上から見れば畳。
中身は何か分からない。
今回はお客様も極端に薄い畳ということは知っていて、張替えできるか?と言う質問から来たので、問題はすくなかったですが・・・
一般の方には何を言ってるかわから無い話だと思います。

畳床の種類http://tatamiyamori.blog90.fc2.com/blog-entry-181.html

PM 09:31:56 | Comment(435) | TrackBack(0) | [畳床]

2011年11月07日  畳縁と身分差












日本の分化の多くは中国大陸から来たものが多い中で、畳は大和民族が生み出した
日本固有のものです。畳の語源は『たたむ』ことを意味し、重ねられるもの、たためる
ものなど、稲ワラやイグサで作った敷物全般が、畳の起源だと考えられます。
畳という言葉が登場するのは、奈良時代の古事記からで、菅畳八重、皮畳八重、
絹畳八重という言葉が記されています。日本書紀には「八重席薦」、万葉集には
「木綿畳」「八重畳」「畳薦」の文字が見られ、この畳は、莚(むしろ)みたいなものを
重ねてイグサの表をかぶせ、黒の錦の縁(ヘリ)をつけたもので、高貴な身分の方の
寝具を兼ねた敷物として使われたようです。現代の畳の原型はこの時代に
成立されたと考えられます。
平安時代、貴族邸宅の建築様式である、寝殿造の成立とともに貴族階級に、
置畳(厚畳)が普及し、畳の形は、畳表・畳床・畳縁で形成し、現代の畳と似たものに
なっています。この時代の畳は座具や寝具であり、貴族社会では座る人の身分や
地位を表すために、畳の大きさ、厚み、畳縁の色・柄などが厳しく定められていました。
今現在、皆さんが目にする畳の端に付いているのが畳縁(たたみべり)といいます。数十年前では茶色の畳縁が主流でしたでしょうか?以後現在に至るまで、ナイロン系が主ですがいろんな柄や色の畳縁を目にするようになりました。畳が無い住宅、縁無しを好む建築も多くなってきた現代では畳縁という言葉自体珍しい言葉かもしれません。畳縁は奈良時代からあったもので、畳縁の模様や色で座る人の身分が、決まり厳しい身分制のもとに、封建的な制度や風習が出来ていきました。その中で高い身分の方に使われる、繧繝縁(左)や高麗縁〈右〉は古代に寺院を飾る錦として渡来した織物を、畳縁に使用したものといわれています。現代でも雛人形のお内裏様とお雛様が座っている畳には繧繝縁が使われ、神社、寺、茶室の床の間などで大紋高麗縁が使われているのが見られます。

  繧繝縁 ・・・天皇、神仏
大紋高麗縁・・・親王、大臣
小紋高麗縁・・・大臣以下の公卿
   紫縁  ・・・四位五位の雲客
   黄縁  ・・・六位以下
  縁なし  ・・・無位の者

PM 09:07:28 | Comment(172) | TrackBack(0) | [畳その他]

2011年11月05日  畳工事終了後














当店では畳工事終了後にこの4種類をお渡ししています。
畳取り扱い説明2枚、畳表の花瓶敷き、畳縁の小銭、カード入れです。
私の代から初めて10年は経つと思います。
今では前の花瓶敷きが茶色く焼けているのをまだ使っていただいてる宅も多くなりました。
交換、交換っと!

見積りの時は畳表が出来るまでと畳表替え作業工程、もしくは裏返し作業工程をお渡しします。
新畳のときはこれに畳床の情報も加わるので、う〜んお渡しすぎか・・・

PM 05:26:34 | Comment(181) | TrackBack(0) | [畳その他]

2011年11月03日  今日は休日










今日は祝日。当店は今がんばらなくてはいけない季節なので仕事です。
一般住宅張替え終了後、
賃貸物件の張替え作業をしました。
そしてタタミマン達もお手伝い。
機械に畳を載せて縫ってある糸を解いてくれる作業です。
タタミマン1号すごい!(小6)
畳を持ってます。
実は建材床の軽い畳なので、普通に持てます。
楽しい仕事になりました。

PM 08:56:44 | Comment(178) | TrackBack(0) | [タタミマン]

2011年11月01日  カナヘビ














タタミマン3号が私を呼んでいる。
「トカゲ、が池で動けない」

「???」
見てみると
庭の水槽の真ん中の水面から出ている石の上にカナヘビが小さなくもを咥えてじっとしている。
そのカナヘビを亀が首を出して見ている・・・
もしかして亀くん狙ってるのでは・・・
亀くんにはえさをあげてるし、カナヘビ君は小さな虫等を食べてくれるので、ちょっと大事にしたい。
そっと石を持ち上げてみたが動かない。水槽の外の日当に石を置いてもじっとしてる。
写真を撮っても動きませんでした。
数分後見たらいなかったので、逃げたのでしょう。

PM 05:56:08 | Comment(180) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp