千葉県 船橋市 森 畳 店 日記
イグサの香りと共に、日々の出来事や畳のことを綴って行きます。どうぞよろしく。森畳店のホームページはhttp://moritatami.com

プロフィール
名前としひろ
URLhttp://moritatami.com
年齢42
性別男性
地域千葉
星座双子座
千葉県 船橋市 大穴北 の畳屋で現在4児の父
船橋市 白井市
印西市 鎌ヶ谷市
八千代市 習志野市
を中心に活動

カテゴリー
日記(1380)
畳表(205)
稲ワラ畳床製造(12)
畳表替え(12)
襖(46)
タタミマン(87)
畳床(93)
アウトレット表(4)
畳その他(818)
シックハウス、ハウスダスト、ダニ類(14)
新畳製造工程(5)
岩手帰省(54)
産業現場等における実習 (9)
建築(38)
畳の歴史(23)
畳表生産者やすのぶさんの1年。(13)
畳の裏返し(2)


2011年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

最新記事
2020年06月29日  県証糸
2020年03月17日  こなつちゃん
2020年02月26日  紋縁
2020年02月22日  2月22日
2020年02月14日  裏返し

過去記事
2020年06月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

2011年03月27日  畳・・・室町時代
平安時代には貴族の住まいの建築様式である寝殿造に座具や寝具としての置き畳として使われていた畳ですが、室町時代になると商品経済、手工業の発達により、様々な専門職である手工業職人が活動するようになったと考えられます。
文献等に莚打(むしろうち)、畳差(たたみさし)などが見られますが、莚打は筵を編んだりする専門職のようで、この筵は現在の畳表に近い物だと考えられます。
畳指しは文献に出てくるもっとも古い畳職人の名称のようです。
畳の使用はごく限られた階層の物でありましたが、この頃から書院造や神社などでは敷き詰めるようになり、高貴な身分の方の寝具を兼ねた敷物(ござ 御座)から建物の一部となって行ったようです。


ござ 御座
〔「おわします」の漢字表記「御座」を音読みした語〕

(1)天皇や貴人の席。おまし。
「―をしつらえる」
(2)おいでであること。いらっしゃること。
「是に―の事は如何なる人も知り候はじ/太平記 11」
(3)貴人の席に、畳の上にさらに重ねて敷く畳。上げ畳。
「―といふ畳のさまにて、高麗などいときよらなり

おまし 御座
(1)貴人が座ったり、臥せったりする所。また、貴人の居室。
「西の対に―などよそふ程/源氏(夕顔)」

(2)貴人の敷物。
「ここかしこ―ひきつくろはせなどしつつ/源氏(蓬生)」

みまし
貴人がすわる所。御座所。また、その敷物。
「大宮人に―しかせん/新勅撰(秋下)」

和室を御座敷(おざしき)といいますが、ござ 御座(畳)を敷き詰めるとところからも由来するようです。

PM 04:48:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp