千葉県 船橋市 森 畳 店 日記
イグサの香りと共に、日々の出来事や畳のことを綴って行きます。どうぞよろしく。森畳店のホームページはhttp://moritatami.com

プロフィール
名前としひろ
URLhttp://moritatami.com
年齢42
性別男性
地域千葉
星座双子座
千葉県 船橋市 大穴北 の畳屋で現在4児の父
船橋市 白井市
印西市 鎌ヶ谷市
八千代市 習志野市
を中心に活動

カテゴリー
日記(1381)
畳表(206)
稲ワラ畳床製造(12)
畳表替え(12)
襖(46)
タタミマン(87)
畳床(93)
アウトレット表(4)
畳その他(819)
シックハウス、ハウスダスト、ダニ類(14)
新畳製造工程(5)
岩手帰省(54)
産業現場等における実習 (9)
建築(38)
畳の歴史(23)
畳表生産者やすのぶさんの1年。(13)
畳の裏返し(2)


2007年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

最新記事
2020年10月02日  熊本県から畳表が届きました。
2020年09月22日  草刈り
2020年09月07日  縁無し畳
2020年06月29日  県証糸
2020年03月17日  こなつちゃん

過去記事
2020年10月
2020年09月
2020年06月
2020年03月
2020年02月

2007年02月22日  基礎から土台

















今日は畳の仕事をカックンとしげさんに任せtyujoさんのところのお手伝いです。
今流行の家電の揃ったワンルームアパートの土台工事です。
ベタ基礎にアンカーボルトが打ち込まれていて、基礎パッキンを置いていき、土台(木材)をアンカーボルトの位置に穴をあけ、座彫りをし、座金、ワッシャーを置きナット(ダブルナット)を締めて、基礎と土台が動かないようにします。この上に柱など建築物が建っていきます。
基礎、土台もいろんな工法がありますが、実際手伝ってみるととても勉強になります。

ベタ基礎とは、木造で家を建てる際の基礎工事のひとつの工法で、鉄筋コンクリート造の堅固な下地。現在では最も広くこの工法が使われる。

基礎パッキンとは、基礎と土台の間にはさみ込むゴム製の部品のこと。基礎パッキンを用いる工法を基礎パッキング工法という。

土台とは、建物の最下部で、基礎と、建物の骨組みをつなぐ部分のこと。地面に最も近いため、細菌やシロアリにやられないように、ヒノキ、ヒバ、栗が使われる。

アンカーボルトの頭を隠すために土台にドリルの穴より多きい穴を座堀りといいます。
12cm角の土台に対して深さ5cm程度の円形の穴を開け、その中に座金とワッシャが入っているような状態です。

PM 05:39:59 | Comment(471) | TrackBack(0) | [建築]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp