飛び地日記&鉄砲玉日記
飛び地でぼーっと振り返る日々の出来事。カテゴリー内の「鉄砲玉日記」をクリックするとライブの感想だけピックアップできます。

2004年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリー
鉄砲玉日記(ライブ)(92)
温泉&旅行(44)
日記(228)
エンタメ(16)
音楽(ライブ以外)(19)
ソーイングマシーン(4)

過去記事
2006年03月
2006年01月
2005年07月
2005年06月
2005年05月


2004年09月30日  チョコレートパフェ企画『秋には少し…第一巻』TWELLVE、古里おさむ、田辺マモル、田所せいじ、チョコレートパフェ@渋谷O-nest
チケットには田所さんの名前はなかった。だから、TWELLVEの後、フロアの奥のお立ち台に田所さんがギター片手に登場した時にはもうめちゃくちゃ嬉しく盛りあがってしまった。若いのにアル中のトボけたキャラが好きなのか、にもかかわらずカッコいいギターにヤラられるのか(あー、また玉川さんとのデュオ見たいよ)、はたまた微妙に哲学的な歌詞に心奪われるのか、何がポイントなのかはわからないけれど、今、私の中で一番ホットなミュージシャンである(笑)。田所さん、MCで天花ちゃんが好きだと言っていた。なんて趣味が悪い・・と思いつつ、田所さんらしいとも思う。

古里おさむさんはギター、キーボード、ベース、ドラムのバンド編成で。ギターの人がとても個性的だった。初めて聞いたのだけど、すごーくマジメな遊びとメロディのない永江孝志という感じ(いや、全然違うのかも)で、なんだか靴の底から足裏を掻くような気分。音楽はカッコいいと思うんだけろけろ。

で、再び田所さんの登場後、田辺さんの出番。一曲目はチョコパをバックにビューティフルサンデーを。この日の田辺さんは非常に声がよかった。薄いベルベットのように軽やかでしなやかだった。一緒に寝たけど何もしなかったみたいな曲でも、とっても2枚目な感じの歌い方で、歌だけ聞けばヨン様のような田辺さんだった。田辺さんにはどこかでやっぱり王子様でいて欲しい感じがする。そうそう、12月にはワンマンもあるらしい。嬉しい。

そしてお終いはチョコレートパフェ。久々に聞いたのだけれど物凄くよかった。どの曲にも一貫して伝わってくるイメージがあって、途中でダレることなんて全くなかった。斎藤さんや山崎さんのステージアピールはいかがなものか?とも思ったけれど、それもチョコパのイメージといえばそうだ。2曲目の合言葉と、ボーカルを順繰りに歌う曲がよかったな。自分が今高校生でチョコパを聞いたら、絶対無理やりにでも彼氏を作ろうとするな、そしてうっかり妊娠して失恋するんだろうなと考えたりした。そんな風に今のチョコパは偉くエロだと思う。マジメな高校生がマジメな恋をしていると思っていたら、ついエロに走っていました、とそんな感じ。

PM 11:39:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2004年09月29日  ストーミー・ウエンズデイ
台風襲来。そんな訳で予定していたビール会は中止に(皆様方すみませんでした)。ぽっかり時間ができたので、久しぶりにストーミー・サンデーを聞いた。今まであまり気に留めていなかったギターがめちゃカッコよく聞こえる。天候のせいか、本編最後の2曲がとても染みた。強い雨音をしーんとした家の中で聞いている時のわびしくも落ちついた気分と、台風の時に思わず外に出たくなる興奮した気分。

AM 01:06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年09月28日  もひとつ仕事
でも、小心者の私は次の日には簡単にその自由を放棄するのであった。だってなー、「来なくてもいいよん!」と言うことで相手がその機会を逸するのであれば、それが相手の意志であれ、やはり逸した(逸させてしまった)責任はこちらにあるような気がするからだ。相手はたぶん大人じゃないからな。

帰りに仕事で一緒になった人とラーメン屋に行った。さすがに夕食前にラーメンは怖かったので、ぎょうざにした。皮が美味しかった。

AM 01:05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年09月27日  初仕事
ハンコ押さなくてもいい!。出欠取らなくていい!。あぁ、確かに本来はそうだったのだ。久々の出来事に「自由」というものを思い出したような気がした。私は自由とか権利とかそういうモノがなかなか実感できない愚かな人間なので、最近の過保護な風潮もそれなりにいいと思っていたのだけれど、実際その自由な場面に遭遇してみると、めちゃ開放的でホッとしたのだ。

AM 01:05:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年09月26日  新選組
大倉孝二最高!。登場人物がみな個性際立って描かれ、それを演じる役者さんの演技もみんな確かなものだから、どんな小さなお話でも興味深くみることができる。ドラマが1年間続くことによる贅沢なのかもしれない。名作といわれるアニメってこんな感じだったよなぁと思う。

AM 01:04:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年09月25日  上野ぶらぶら
上野に行った。お昼はデリーでカレー。その後、松坂屋の斜向かいの中国系お茶&スイーツのお店で、タピオカ入りミルクジャスミンティー。東京芸大美術館で興福寺国宝展を見る。出品数がちょいと少ないかなと思ったけれど、無箸世親像が間近で見られてとにかく幸せ。背中も素敵。アメ横を散策して、松坂屋でバーゲンして、福助で氷あづきを食べる。福助の煮あづきは本当に美味しいなぁ。そんなんで、食べ続けてきたせいか、なんと1キロ半増えて戻ってきたのだった。上野はコワイ。

で、久々に運慶の作品を見て興奮したので、橋本治の「ひらがな日本美術史」の2、3巻の運慶の下りを読みなおす。運慶の作品に対する、力強く、デーモニッシュで神々しく、そして色っぽい生きた人間の姿、という橋本治の評は、私が「素晴らしい」と感じるもののほとんどを言い表していると思う。というか私の価値観は未だ彼の世界観の中にいるのだなぁ、って美的センスで生きている訳じゃないからまぁいいか。

PM 09:55:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | [日記]

2004年09月22日  カーネーション@渋谷クワトロ
カーネーション20周年を祝って、その歴史を振り返るライブの2回目(1回目は8月24日)。今回は1994〜2004 and NOWということでEDO REVIER以降のアルバムからの選曲かと思いきや、それ以前の曲や前回もやった曲とかもあった。

セットリストは、スペードのエース、十字路、Garden City Life、ハイウェイバス、Something\'s Coming、ハッピー☆アンラッキー、FUNNY、LEMON CREME、サンセット・サンセット、60wはぼくの頭の上で光ってる、SUPER ZOO!、ANGEL、アンブレラ、MOTORCYCLE & PSYCHOLOGY、ダイナマイト・ボイン、クエスチョンズ、OOH!BABY。EC1:ハイウェイ・ソング、EDO RIVER、ローマ・函館。EC2:パーキングメーター、夜の煙突。曲数は22曲とそんなに多くはないけれど、コロムビアに移ってからの盛り上がりとやがて迎えたバンドの困難、エイベックスに移る時のメンバー脱退、そしてCCCDリリースに対する怒り、チェコでプレスしているアナログ盤、大田さんのネタなしMC、12月12日九段会館の件(テーパー席あり!)などMCもたっぷりとあって怒涛の2時間半。終了した時には午後10時を回っていた。

演奏が始まってしばらく、実はちょっと不安だった。直枝さんの声が伸びないというかいつもの艶がない。ギターも歌詞もよく間違える。3人の足並みもちょっと乱れたりして、いつもよりギクシャクしてるんじゃないかと心配だった。直枝さんが怒りをぶちかましたMC(あぁこの人は賢い社会人にも正義の理論家のどっちにもなられへんなぁ)の後のANGELの力強かったこと!。喉も張り裂けんばかりの歌い方。ベースとドラムもそのボーカルに応じるようにずしんずしんと重い。生きるために唄う歌。生きるために聞く歌。その後はめちゃめちゃ速くてグルーヴゆんゆんの曲ばかり続いたけれど、直枝さんのボーカルは尻上がりに調子を取り戻し、いつものような強さと艶を兼ね備えたものとなった。そうして、2回目のアンコールの弾き語りのパーキングメーターの色気が零れ落ちるような歌。ライブの最後に一番いい声になっちゃうなんて本当に凄い。大阪かどっかで直枝さんは「この場所に音楽の神様が降りてきている」と言ったらしいけれど、この歌こそがそれだけで神様だなぁと思うくらい痺れた。

あと、久々にハイウエイバスが聞けて嬉しかった。私にとっては、この曲が3人カーネーションの原点だ。3人の演奏がグルグル回って増幅して気持ちよくてしょーがない。初めて聞くハッピー☆アンラッキーとアンブレラみたいなファニーでロックな曲もっとやって欲しいと思いつつ、前回に引き続いて聞けたローマ・函館のすがすがしいポップもやっぱりいいもんだと思う。もちろん、OHH! BABYやANGELの素晴らしさは言うに及ばず。これもカーネーション、あれもカーネーション。音楽のための音楽ではなく、誰かを喜ばせたり勇気付けるためだけの音楽だけじゃなく、まだ上手く言えないけど、その真中にいつもある音楽だ。また、いいライブが見れてよかったなぁ。

PM 09:52:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2004年09月20日  最新スポット
来週から始まる仕事の準備を始めた。うむむむ。どっから始めたらいいんだか。お客様の趣向やニーズがどの辺にあるのかわかんないと難しいなぁ。様子見が必要かも。

そんな訳でそうそうに仕事を放棄して散歩に出かけた。最初は上野あたりでもぶらつこうかなと思っていたんだけど、ダンナが東京駅前に丸善本店がオープンしたと言うのでそっちへ。そのビルは「丸の内オアゾ(OAZO)」というらしい。ちょっと変すぎないか?。丸善はそのビルの地下一階地上四回に入っている。万年筆や皮革製品の売り場もあったり、入場無料のギャラリーがあったりして、デパート気分で面白い。地下の化粧品売り場では手作り化粧品に必要な材料が置いてあって興味を引かれた。でも、本の品揃えはちょっとイマイチかも。八重洲ブックセンターの方がいいや。数は多いものの一歩突っ込んだヤツってのが少ないと思う。専門書なんて店頭ではどの道売れないんだから、唸っちゃうような品揃えにしたらいいのに。

と悪口が過ぎたかもしれないけど、東京駅や走る電車を見ながらのんびり座って試読できるのは素敵かも。意外とデートスポットとしてもいいかも。場所がいいってのは強いな。やっぱり。

PM 03:53:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年09月19日  散歩
ダンナと散歩に出かけた。天気がよかったから・・つーか、天気良すぎ。久々の30度超えで汗をダラダラ流しながら10時半から4時半まで、気づけば6時間も歩いていたんだった。しばらく散歩していなかったから、色々と新しいお店や施設もできていた。

まずは、世田谷通りの農大近くに、中華饅頭や水餃子などの粉モノを売りにしたお店(店名失念)。頼んだモノは、福建海苔がたっぷり入ったのりまん、ジューシーな角煮を挟んだ蒸しパン、ニラ饅頭と水餃子の定食。どれもむちむちとした口当たり、具もたっぷりと入っていてなかなかの美味しさ。特にのりまんの海の風味がよかった。他にも内臓の前菜などもあるみたいだし、夜にも行ってみたい。

もう一つが、これも農大前に新しくできた「食と農」の博物館。東京農大の付属のミニ博物館なのだけど、世田谷通りと馬事公園の正門を結ぶケヤキ並木に面している方が2階まで吹き抜けで一面ガラス張りになっていて、とても気持ちがいい空間になっている。そこにはカフェもあって、イスも大層掛け心地よくのんびりできる。展示はまずまずというか、博物館っていうよりは今のところ大学のPRセンターって感じかな。でも、入場無料だし、結構楽しめるかも。

PM 11:02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年09月18日  ウエタマミコ 166.6 夢(とかいてホシノとよむ)@自由が丘マルディグラ
わた様がウエタマミコさんのバックを勤めるというので行ってきました。久々のマルティグラ。こんなに小さかったっけ?。20人くらいでほぼ満杯。でもお酒と食事はとっても美味しい。最初にマルティグラというオレンジ味のショートカクテル、一緒に行ったダンナが頼んだジントニックを横取りし、そして生のハイネケン、うー、飲んだなぁ。ハイネケンは適度なあっさり具合がとても美味しかった。ライブの音楽を聴きながらお酒を飲むのってすごくいい、というか危ない。自分の中のモノがドロンと剥き出しになりそう。ここんところ色々な事で緊張してたからかもしれないけど。

そんな訳でウエタさんの最後から2曲目「支え」で涙が出そうに。「支えてくれる誰かを」この歌詞がズキーンと胸に突き刺さる。なんだかんだって自分は幸せものだなぁと思って胸が熱くなり、でも辛いことは辛いよーと思ってまた熱くなり。自分の中の色んな気持ちに触れるいい歌でした。わた様もクールにギャク言ってはったけど。って、でも色んな意味でお美しい方です。

166.6のボーカルの方の力強い歌声も、夢(とかいてホシノとよむ)のボ・ガンボスのカヴァーも(そして麗蘭のカヴァー!。あぁJ-POPSバンザイ!!)、どの曲も楽しくて、力付けられるようで、やっぱりライブに行かんといかんと改めて心に誓う夜でした。

AM 12:05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp