飛び地日記&鉄砲玉日記
飛び地でぼーっと振り返る日々の出来事。カテゴリー内の「鉄砲玉日記」をクリックするとライブの感想だけピックアップできます。

2004年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリー
鉄砲玉日記(ライブ)(92)
温泉&旅行(44)
日記(228)
エンタメ(16)
音楽(ライブ以外)(19)
ソーイングマシーン(4)

過去記事
2006年03月
2006年01月
2005年07月
2005年06月
2005年05月


2004年03月28日  カーネーション@下北沢CLub Que
この日もスーツのお三方。Queのそう広くもないステージにスーツはちょっとヤボな気もしたけれど、直枝さんが着ていたシャツのピンク色がホントにキレイな色でちょっとうっとり。セットリストは、体温と汗、OHH BABY、New Morning、十字路の孤独な黒い鳥、ローズガーデン、ファームの太陽、クエスチョンズ、ぼうふら漂流族、エンジェル。前回初お披露目だった新曲2曲とクエスチョンズを除けば前回とはガラっと曲目が変わっていてメンバーの気合を感じる。で、この日は踊りました。もぉ頭降るしかないでしょって感じのビートがバンバンな演奏だったもんで。頭振りすぎて、次の日首が回わらなくなりました。

PM 06:45:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2004年03月27日  吉祥寺
ちょっと職場に行ってから、ダンナと待ち合わせて吉祥寺へ。久々にリーフルに行く。試飲させてもらったのは出たばかりのファーストフラッシュ3種類(ピュッタボン、タルボ、ノースタクバル)とオカティのオータムナルの安いヤツ。ファーストフラッシュは新鮮な筍のような草系の香りがプンプンしていて春って感じだった。オータムナルはコクが深くていかにもダージリンって感じの香りがあってお値打ち品。結局買ったのはファーストフラッシュの中で一番まったりとした味わいのノースタクバル。ダージリンでまったり系を買うのは逃げているような気がするけど、好きだししょうがないか。

その後、井の頭公園へ行って、咲きはじめの桜を見る。お花見のお客は凄かったけど、花はまだ2〜5分咲き程度だった。でも、夕日が池に反射したキラキラ光に照らされた桜がなんとも風情があってよかったなぁ。付近をふらついていたら、カーネーションの大田さんを発見。この日やっていた西村哲也さんのライブに来ていたそうだ。めちゃラッキー。眼福、眼福。

PM 06:44:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年03月25日  低調
論文がなかなか進まないとか、職場の人達としっくりいってないとか、色々あって、日々暗い。どこに突破口があるのかわからない状態。いっそ、全部やめて一からやりなおした方がいいんじゃないかと思ったりする。でも、それは絶対間違っているのだけど。

PM 06:43:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年03月21日  荒川市民マラソン
ダンナ初フルマラソン。結構いいタイムで見事完走。偉かった、立派だった。でも、この大会、1万人もフルマラソンにエントリーしていたらしい。みんな完走していたら42万キロ走ったことになる。なんか想像つかないんですけど。

PM 06:43:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]

2004年03月20日  マンマ・ミーア by 四季
汐留の四季劇場「海」でマンマ・ミーアを見る。四季のミュージカルは初めてみたけど、ダンスがやっぱカッコいいな。専用劇場だけあって舞台装置も仕掛けが多くてお金かかっているなぁって感じ。で、肝心のマンマ・ミーアと言えば、話自体にあんまり面白みを感じられず100%満足って感じではなかった。でも、ミュージカルだし話の内容にアレコレ言うのもヤボっていうもんで、たぶん自分の見方がミュージカルを見るモードに入っていなかったってことなんだと思う。次に見たら、なんだか嵌まりそうな予感。

PM 06:42:46 | [エンタメ]

2004年03月19日  色々衣2
魚いい曲だなぁ。こういうどこか無常感のある曲を聞けるとやっぱりスピッツっていいと思うな。夢追い虫もメモリーズも改めて聞くと凄いなぁと思うんだけど、別にスピッツじゃなくてもいいやんと思ってしまうので。

PM 06:42:08 | [音楽(ライブ以外)]

2004年03月17日  色々衣
久方ぶりにスピッツの新譜を発売日に買った。聞きたい曲がたくさんあって、スピッツの新譜にワクワクするのも久しぶり。あと28日のカーネーションのチケットを買った。無頼庵と迷っていたんだけど、やっぱりもう一回ロウ・プレッシャー聞きたいしね。

PM 06:41:24 | [音楽(ライブ以外)]

2004年03月15日  イヤホン2
新しいイヤホンと永江孝志のLong Afternoonの相性がめちゃくちゃいい。辛い通勤電車もこれでうっとりトリップ状態。でも、イヤホンを耳から外すと異様な大きさで地下鉄校内の雑音が聞こえる。こんなの初めて。耳がおかしくなるのかな、正直コワイ感じ。

PM 06:40:50 | [日記]

2004年03月13日  イヤホン
MDプレーヤー用の音質がいいイヤホンが欲しくて2500円のヤツを買ってみた。確かに音は柔らかな感じがするし、低い音のパートは音の一つ一つがはっきり聞こえるような気がする。でも、どうも高音がしょぼく聞こえる。ボーカルなんか妙にこじんまりとしてしまう。もちろん前のよりはいいんだけど、もっと期待していたから大満足とは言えないかなぁ。その上の価格のだと8000円かぁぁぁぁぁぁ。買えない値段じゃないところが困る・・。

PM 03:53:41 | [日記]

2004年03月12日  送別会
今年度は送別会が多い。水曜日にもあったし、来週にもも一回ある。それで来週の送別会に送る記念品をどうするかが今の問題。予算は5000円。あんまり予算はないから、普通、自分では買わないものにしないとなぁ。

PM 03:53:03 | [日記]

2004年03月11日  HONESTY、鈴木博文、カーネーション@高田馬場クラブフェイズ
カーネーションのイベント「気楽にやろうぜ」を見に高田馬場クラブフェイズに出かける。フェイズは初めてだったけど結構デカイ。下北Queと同じかちょっと大きいくらい。HONESTY、カーネーションをバックバンドに率いての鈴木博文さん、カーネーションの3組出場。アンコールでは鈴木慶一さんも登場してと盛り沢山の内容で大満足。カーネーションのセットリストは、やるせなく果てしなく/ロウ・プレッシャー/ハイウェイバス/ROSE GARDEN(新曲)/十字路の孤独な黒い鳥(新曲)/マイリトルワールド/LAST EXIT(新曲)/LEMON CREME/ANGEL/EC:クエスチョンズ/大寒町(博文さん&慶一さん参加)。何が「気楽にやろうぜ」だよぉって感じの気合の入ったライブでした(笑)。新曲の十字路の孤独な黒い鳥、8ビートっていうのかなストーンズかスライダーズみたいだけどルーズじゃない感じで、今までのカーネーションにはあんまりない曲調で結構スキかも。28日のライブどうしようかなぁ。めちゃくちゃ行きたくなってきたな。

PM 03:52:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2004年03月10日  人の分布が片寄っている
都電荒川線に乗る。お年寄りが多いのは当然としても、杖をついてもフラフラしてしまうような人がたくさん乗っているのにびっくりする。ラッシュ時の私鉄やJRでほとんどお年寄りを見なくて不思議だなと思っていたらここに集まっていたとは。都バスよりも密度が濃い。何か優遇制度があるのかな。それで、東池袋で下車して、サンシャイン通りに行けば、これがもぉ若い人しかいない。自分でももぉ年寄りだと思ってしまうくらいだ。ある場所にはある種類の人しかいない。場所によっている人の区別がはっきりとある。そういうとこって田舎とは違うよな。街の個性といえば聞こえはいいけれど、どこか不健康な程の区別のされ方だなぁとも思う。

PM 03:51:42 | [日記]

2004年03月09日  言葉がないひと
問題を持っている人ほど、その問題を誰かに話したり相談したいと思うもんだ。でも、思うことが多過ぎて、もやもやにこんがらがって言葉にできなくなってしまったそういう人の、その思いを言葉にできるように助けを出しながら話を聞いてくれる人なんてなかなかいない。付き合うのに面倒で、面白くもない人と友達になろうとする人はほとんどいない。新しいコミュニティの構築が必要だ、これから必要なのはコミュニケーション能力だと人は簡単に言うけれど、そんな理想の元に作られる世界は本当に助けを必要とする人を助けられる世界になるんだろうか。コミュニケーションという点においても格差が生まれ、人間関係が豊かな人と孤立する人が別れてしまうのではないかと思う今日この頃だったりする。

PM 03:50:40 | [日記]

2004年03月07日  はすぬま温泉@大田区
風が冷たくて強い一日。特に何をすることもないので、午後から蒲田の近くの「はすぬま温泉」という銭湯にでかけた。緑がかった薄〜い茶色の温泉。柔らかな手触りで肌がすべすべになる。源泉の水風呂もあってこっちも気持ち良かったなぁ。蒲田の近くにはたくさん温泉銭湯があるので、色々と行ってみたいな。

PM 03:50:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [温泉&旅行]

2004年03月06日  旨い!
焼きたてのパン、軽いバタークリームのイチゴショートケーキとメイプルシロップのプリン、ズッキーニのトマトソースのニョッキ、ニコラ・ポテルのメルキュレイ1er。みんなどれも美味しかった。

PM 07:38:53 | [日記]

2004年03月05日  世間狭すぎ
昨日のんびりと自分の好きなことに耽溺できたせいか心に余裕ができたみたい。朝から、私に問題があるもののそんな表現の仕方はないじゃないというムカツク出来事とがあったんだけど、素直にすみませんと言えていい感じでコトは収拾したのだ。今までちょっと焦りすぎて空回りしていたかも。遊んでばっかりいちゃいけないとは思うけど、遊ぶことは自分の譲れない大切な土台なのかもなぁ。

新しくバイトで来ている人が実は私の昔の知り合いの知り合いと判明。その知り合いの近々の状況を聞き盛りあがる。今の職場、みんな知り合いの知り合いばかり。世間の広さってそんなものなのかなぁ。

PM 07:38:17 | [日記]

2004年03月04日  攻殻機動隊
家でのんびり過ごす。6日から公開の映画イノセンスが見たいので、その前編ともいえる攻殻機動隊をもう1度見る。先週の週末に1回見たんだけど、テンポが早すぎてというか、説明が少なすぎて全然わからなかったのだ。さすがに2回目は大筋ではわかったんじゃないかと思う。背景の未来の東京の街が印象的。看板やら建物やら人の風俗やらという街の上モノは中国(香港)風なのに、汚いビルの裏側や水路といった上モノの下の部分は70年代の東京を思わせる。声優を含めた人物造詣も大筋ではクールで未来っぽいのに、バドーとトグサは昔のアニメ「宝島」のシルバーとグレイみたいで古典的なアニメの登場人物だ。そのへんの新しいものと古いもののバランスがよいところがいいなぁと思った。

ネットではもうすでにイノセンスの感想があがっているが、あまり評判はよくないみたい。でも、「お金をかけて作った『ビューティフルドリーマー』」とか「押井守の『紅の豚』」という評もあり、それだったらめちゃめちゃ見てみたい。さて、いつ見に行こうかな。

PM 07:37:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [エンタメ]

2004年03月03日  上田現&ele@On Air West
上田の現ちゃんのお誕生日ライブです。セットリストは、夜行、第四ダム、一日の終りに、コリアンドル、レインマンのお話、宇宙ステーション、大陸ラーメン(!!)、怪鳥ロック、北京の蝶、森の掟、ファウル、上田現のテーマ、カサブランカ、バーディ、ロボット女子高生、キコエルカイ、ラルゴ。アンコールに、もう逢えない人に、ワダツミの木、藤木なんとかさんに提供した歌、On The Road。

この日の演奏は、特に前半、スリムでタイトで、現ちゃんの歌もグルーヴィですっごくよかったのです。第四ダムとか宇宙ステーションの新譜の曲もよかったし、なにより大陸ラーメンとかレインマンとか私にとって久々の曲が嬉しくって嬉しくって。レインマンの終りの方で熱唱しつつも、最後まで心地よいリズムが崩れなかったのが本当に素晴らしかったのですよ。この曲のホーンも音がまっすぐ響いてよかったなぁ。ところで、レインマンのお話って曲も恭一のソラミミと同様に「すげえリアルな曲」だなぁと思ったのですがいかがなものでしょうね。現ちゃんはどう思っているかわかんないけど。

第四ダムとかレインマンとか大陸ラーメンっていう水系の曲があったせいかMCも水についてのお話が結構ありました。「ライブ前日NASAの重大発表あるっていうんで、聞きたかったんだけど知らぬ間に寝てしまっていた。きっと水を発見したという話じゃないかと思ったんだけど、どう?(客席の反応を見て、そうだと確信した現ちゃん。)水があるっていうことは、生命がある可能性があるってことで、木星にも水があるらしいし、こんな小さな太陽系でさえ3つも生命のある惑星があるんだからこの宇宙に宇宙人がいる可能性もめちゃ高いわけで、今までの考え方が根底から覆される・・。しっかし、あの火星人の姿を考えたのは誰やねん。最高や!」とか(ミネラルウォーターを美味しそうに飲んだ後で)「水が美味しいというのも実は色んなミネラルが溶け込んでいるからで、ホントの純水というのは存在しないというか危険やねん。人間がホントの純水を飲んだら溶けてしまう・・」みたいなことを言っておられました。(この日はすごく喉が乾いたらしく、しきりに「水をくれ〜」と言っていたのでwaterをやるんじゃないかとワクワクしていたんですが、やりませんでした。)

今回のライブは前半ファウルまでがどっしりと落ちついた曲が多く、現ちゃんも熱唱に熱唱を重ねていたんですが「今まで自分も色んな詞を書いてきたけど、一番最高の詞と言われた曲、上田現のテーマ!!」からは、現ちゃんの歌および演奏がどんどん暴走を始めます。birdyの始まりの時に、現ちゃんがギターをワンワン鳴らして、メタルみたいに弾くのですがもぉこれがとんでもなくとっちらかっていて、ドラムの杉野さんが左右を見渡して、どーゆータイミングで始めりゃいいんだよーって困った顔をしていたのが面白かったです。

今回のライブは本当に演出らしきものはほとんどなかった(それがかってよかった!)、最後、オンザロード(BBSに駄作と書かれて、そんなこたないと証明したいそうです)で、ステージの両サイドと天井に、蝋燭の明かりのようなほんのりと黄色の電球がポツンポツンと並んでついていたのがとてもキレイでした。どこか百物語でおなじみのあの光る玉を思い出させるような佇まいで印象的でしたよ。こんな感じのライブでした。なんかスリムでよかったですよ。

初めてライブで怪鳥ロックを聞いたのですが、思っていた以上にイイ曲でしたねぇ。たぶん私は5人時代のレピッシュにそんなにコダワリのない方だと思うんですがこの曲だけは5人レピッシュで聞きたいですね。ギターがプレゼントみたいにずっと響く曲なんですが、大ちゃんのギターの音を大将のギターの音に入れ替わって聞こえてくるんですもん。現ちゃんの声がマグミの声に入れ替わっちゃうんですもん。自分でもセンチだなぁと思いつつも、めちゃめちゃに浸ってしまったのでした。

PM 06:02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2004年03月03日  ハロー!フォークスby田辺マモル
田辺マモル「ハロー!フォークス」、無頼庵「シンギン」を買う。どちらも凄くよい。特にマモルくんの新譜はヤングアメリカン、3day a weekに次ぐ堂々第3位にランクインだ。マモルくんの声にどっぷり嵌まれる。久々にキターッ!って感じ。凄く嬉しい。

でもって、上田現のワンマンライブにも行く。シンプルでいいライブだった。でも、2時間半身動きとれず腰が痛くなった。年だなぁ。

PM 11:43:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [音楽(ライブ以外)]

2004年03月02日  負け犬にさえなれないぜ〜
話題の酒井順子の「負け犬の遠吠え」を読んだ。彼女が提唱している結婚している人が「勝ち犬」、していない人を「負け犬」って分け方って、なんか釈然としないなぁとこの本を読む前には思っていたのだ。でも、読んでみて納得。つまり、「勝ち犬」vs「負け犬」をこの本でも出て来る雑誌で言い返れば「ストーリー」vs「オッジ」(こっちはちょっと違うかも)なんであって、決して「素敵な奥さん」vs「ニュータイプ」とか「ロッキンオンジャパン」には全然ならないってことなんだな。そんな世界は存在しないっていうかout of 眼中っていうか「パンがなければお菓子を食べたらいいのに」なんであった。まぁ、こういう話が多くの人の共感を得られるような豊かな日本になったってことなのだろう。

てな訳で面白いもののいけすかない(っていうか子どもの頃からからこーゆー頭のいい女の意地悪は超苦手なのだ)本だと思っていたのだけど、あることがあって非常に落ち込んでいる時にこの本を読み返したら癒されるなぁと思ったりもしたのだ。彼女の意地悪が妙に心地よい。良質のユーモアが持つ力ってこういうもんなんだろうか。まぁ、さっきも書いたとおり、自分の境遇と重ねたら大きな勘違いな訳なんだけど。

PM 11:36:53 | [日記]

2004年03月01日  いいなぁ
久々にカーネーションのLiving/Lovingを聞く。染みるなぁ。あんなに聞いたのにまだ新鮮だなあぁ。

AM 08:53:03 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp