飛び地日記&鉄砲玉日記
飛び地でぼーっと振り返る日々の出来事。カテゴリー内の「鉄砲玉日記」をクリックするとライブの感想だけピックアップできます。

2003年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリー
鉄砲玉日記(ライブ)(92)
温泉&旅行(44)
日記(228)
エンタメ(16)
音楽(ライブ以外)(19)
ソーイングマシーン(4)

過去記事
2006年03月
2006年01月
2005年07月
2005年06月
2005年05月


2003年09月27日  ツコレミの穴vol.1@チェルシーホテル
ライブハウスに行くまで、この日の会場って、ラブホテルに付属してるライブスペースだと、なぜか本気で思い込んでいたんですよ、私。なんかね、やっぱり夢見たいんですかね?私も(笑)。行ってみれば、フツーのライブハウスでした。でも、内装が凝ってまして、アールヌーボー風のお花のシャンデリアとか、側面に張られた鏡とか、古い木製のマントルピースだとか、大正か昭和の初めのモダンな雰囲気のしつらえでした。そうして、久々の縦長の設計。幅が狭くて、奥が深い。お客さんもたくさんいて、ライブ開始前には、全然ステージが見えなくなっておりました。

この日は穴の主催イベントで、他にトモフスキーと三代目魚武濱田成夫。最初はトモフスキー。今日はひとりということで、ギターで弾き語ったり、MDカラオケで歌ったりしておりました。カラオケでも音が分厚かったり、テンポもグルーヴもちゃんとあってよかったなぁ。ちゃんとトモフスキーを聞いたのは初めてだったので、ふにゃふにゃダラダラとしたMCにびっくりしたんだけど、演奏に入ると、歌はビシーっと強いし、歌詞は隅から隅までキチンと聞こえるので、ダブルでびっくり。それにいつも高いところにいて歌ってくれるんだよね。後の方でもトモフの顔かなり見えたし。本人が気にいっているのか、何度も椅子の上から飛びおりて、そん時には全身も見えたし。いやぁ、やっぱりね、そういう心遣いって嬉しいじゃないですか。MCもめちゃ楽しかったし(「アナラーズのお客さんは、若くて、優しくて、暖かくて、キレイで、ババァだ!」とウエケンが言ったらしいが、ウエケンは「俺は言ってない」と連呼していた:笑)、歌がとにかくよくって、この声好きだなぁ。もっとライブ見たいと思いましたよ。

次、魚武さんかと思いきや、アナラーズ。と思ったら、途中で穴バックで魚武さんのステージになって、また最後に穴という構成でした。大将が「途中で転換するよりこういうのがいいでしょ」って言ってたけど、同意、同意。まず「アナラーズその1」。セットリストはドカベンから始まって、Chain Somoker、APPLE、リセット、ガーリックマン、ミサイル、アカイカサ、バイバイ、ベースボールスター、AnaBolic steroiDのあたりだったか。割とMC少なめでサクサク進んでいったんだけど、このセットはいいっしょーーっ!。久々にミサイルが聞けて、めちゃめちゃ嬉しかったですわ。三池さんのドラムはサクサクとリズミカルで、はっきり言って、好きです。この日は割と古めの曲が多かったので、よけいに思ったのですがまた、新たな穴のカラーが生まれるのかなぁと思いました。

そうして、三代目魚武濱田成夫さん登場。穴のセッション風演奏をバックに次々とポエトリーリーディングを進めていきます。で、いくつか詞を読むと、読んでいた本をポーンとフロアに投げるのね。何冊投げたんだろ?うちのダンナも1冊いただきました。途中で、ウエケンやちぇりさんもギター弾いていたなぁ。ウエケンカッコよかった。リーディングの後で、魚武さんのボーカルで2曲くらい。2曲目のスローなバラードは、前奏のちぇりさんピアノが素敵でうっとりしましたわ。んでねー、阪神尼崎駅とか、真夜中にバスに乗ってくアルバイトとかぴったりと言えずとも近い生活をしていたので、ジーンと来ましたな。

で最後にアナラーズその2.かなり暑くなってきたんで後で静かにと思っていたんだけど、最初っからワーパー電波なんだもん。思わず前にずずっと出ました。その後、天プラ、Theme、とやって、アンコールでTACOだったのかなぁ。久々に、TACOでは大将の下まで行きました。やっぱり近くでみるといい男だよねぇ。はぁぁぁ、うっとり。なんか、あったかい感じのライブでした。よかった。

PM 07:46:56 | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年09月27日  体験クライミング
素晴らしい秋晴れの日。ダンナと南町田のグランベリーモールへ出かける。家族連れ、動物連れとたくさんの人でにぎわっているけれど、のんびりとした郊外、郊外とした雰囲気。この日の目的は、モンベルのお店の体験クライミング。10m以上もありそうな擬似断崖を登るのだ。私は登りモノが非常に苦手なので、一番簡単なコースにしてもらった。命綱をつけて、両手両足を使って登って行く。さすが一番簡単なだけあって、手や足をひっかけるところが自然にあるので、どんどん登っていけちゃう。一箇所だけ、ふとももをのせて、思いっきり腕をつかって乗り上げるところがあったけれど、なんとかそこも無事通過。ちゃんと一番上までいけて、妙に嬉しかったのだった。

そして、その後、アナラーズのライブを見に渋谷へ。

PM 07:46:08 | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp