飛び地日記&鉄砲玉日記
飛び地でぼーっと振り返る日々の出来事。カテゴリー内の「鉄砲玉日記」をクリックするとライブの感想だけピックアップできます。

2003年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリー
鉄砲玉日記(ライブ)(92)
温泉&旅行(44)
日記(228)
エンタメ(16)
音楽(ライブ以外)(19)
ソーイングマシーン(4)

過去記事
2006年03月
2006年01月
2005年07月
2005年06月
2005年05月


2003年07月31日  前夜
明日未明から北海道行ってきます.今年は山三昧だぁ.

PM 02:32:40 | [日記]

2003年07月30日  区切
申請書も完成したし,コラムも書けたし,ひとまず今年前半の仕事は終了.相変わらずしょぼくれているけれど,ちょっとづつ足元が固まってきたような気もする.夏休みが終わったら,さっそくまた論文始めるぞ(と日記には書いておこう・・な〆だなぁ)

PM 02:32:08 | [日記]

2003年07月29日  申請
ちょっと誉められて嬉しい.少し先が見えた気がする.

PM 02:31:37 | [日記]

2003年07月28日  飯袋
山での炊飯に備えて,どんな高地でも芯が残らずご飯が炊けるという「不思議なめし袋」を試してみた.洗っていない生米を不織布の袋に入れて,お湯で20分煮るだけだ.洗わなくてもヌカくさくならないというスグレ物だ.煮ている内にどんどん袋が膨らんでいく.20分経った頃には,鍋からはみださんばかりになっていた.シワシワじいちゃんがムキムキの坊主になったみたいだ.そりゃ,米食べたら力出るでしょって感じ.

PM 02:31:02 | [日記]

2003年07月27日  大菩薩嶺
大雪山登山の最終練習で,大菩薩に行ってきた.練習になるようぎゅうぎゅうに荷物を詰めた大きなザックを背負ったら,全然歩けない.コースタイムの1.5倍くらいの時間がかかってしまった.なかなか甘くはいかないもんだなぁ.でも,頂上から大菩薩峠の稜線は高山植物がわんさかと咲き誇っていて,それはそれは美しかった.笹原の斜面を雲が登ってきて,目の前を過ぎていく.雲が切れると広がる大きな風景.ほんと気持ちよかった.

PM 02:30:33 | [温泉&旅行]

2003年07月26日  アナラーズ@下北沢Club251
久々の穴ライブは,カナちゃんのさよならライブということもあって,超満員.ファンの熱気ももの凄い.恭一は何度も何度も足を蹴り上げ,ウエケンと洋一のコーラスがまた場を煽る.みんなで踊ってみんなで笑ってみんなでアンコールして.やっぱこういうのも楽しい.あー,でも,そろそろ毎日っつーのは無理かも.

PM 02:29:59 | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年07月25日  音楽
強い雨の中,ライブに行って来た.見事にどれもまったく初めてのバンドばかり.ちょっと緊張した.でも,どれも興味深く聞くことができた.面白かった.暗いライブハウスの中で,生音を浴びながら,ぽつんと立っているのはいい気分だった.こういうライブとの付き合い方が本当は好きなのかもなぁと思った.

PM 03:30:01 | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年07月24日  洋食
木曜日にちょっとしたボーナスを貰ったので,神保町の七條というお店にいってきた.洋食とフレンチの両方がお手頃な値段で食べられる.前菜に岩がき,生ハムとポアロねぎのテリーヌ半熟卵ぞえ,メインに名物の海老フライと,牛ほほ肉の煮込み,デザートに,チョコ,カシス,コアントローのソルベワインと生ビール1杯づつに,パン2人分で,全部で7700円だった.テリーヌと牛ほほ肉が美味しかった.特に牛ほほはゼラチン質のぷりぷり感が気持ちいいくらい.ソースが甘めで赤ワインとよく合って,美味しいのなんの.

PM 03:29:29 | [日記]

2003年07月23日  独居
一人暮らしのおばあさんとお話をする.その人は,妹から一人だと寂しくない?とよく言われるけど,寂しいという気持ちがよくわからないの,と言っていた.実は私もそうなんですよ〜と妙に意気投合.もちろん,家族と一緒に暮らした方が楽しいと思うんだけど,逆は真ならずなのだ.だから,人付き合いとかできなくなっちゃうんだろうけど,しょうがないんだよな,こればっかりは.

PM 03:28:30 | [日記]

2003年07月22日  質問
本屋でうろうろしていたらアルバイト先の生徒さんに発見されてしまった.5分前なら競馬コーナーでうひゃひゃと笑っていたところだったから,危機一髪だった.その生徒さんに質問をされたのだけど,難しいテーマで私もすぐには答えがわからない.ともかく,その答えが書いてある本は,その人が見ていたコーナーではなく,こちらでしょうと案内はしてみた.が,すぐに目的の本は見つからない,二人であーでもないこーでもないと探している内に,ようやく答えに近い本を見つけ出すことができた.あーよかった.もっと勉強しなくっちゃなぁ,自分.

PM 03:27:35 | [日記]

2003年07月21日  丹沢
せっかくのお休みなのに今日は雨降り。山に登りたかったのになぁと諦めきれず、お昼になって丹沢方面に出かけた。ところが、ヤビツ峠あたりから豪雨になって、山登りどころかお昼に作ろう持ってきたバーベキューの出番もなさそうな雰囲気になってきた。札掛から宮ヶ瀬湖に抜け、厚木まで戻ってきてしまったところで、雨が上がり晴れ間が広がってきた。近くの公園でバーベキューしようかと色々探したけど、結局宮ヶ瀬湖に戻ることとなった。雲間から夕暮れの空と光が降りそそぐ宮ヶ瀬湖。壊れかけたベンチで、小さなフライパンで作るステーキ。ちょっとしんみりとするけれど、家族だなぁと思う時間を過ごした。

PM 03:00:20 | [温泉&旅行]

2003年07月20日  仕事
日曜なのに、雨も降りそうもないのに、18日の単純作業の続き。お昼に近くの韓国料理店で冷麺を食べた。黒っぽくて細い面が一見美味しそうだったけど、食べてみると麺が柔らかかったり、スープが妙にすっぱくて、大量のもずく酢を食べているような気分になった。夜は御徒町のアーグラーでインドカレー。ナンやサフランライスがものすごく美味しかった。

PM 02:59:43 | [日記]

2003年07月19日  散歩
夕方から散歩がてらにお買い物。ダンナと2人で歩いていると、車に乗っている時よりも、電車に乗っている時よりも話が弾むので楽しい気がする。久々に100円ショップに行って、糸やら針やら針箱に必要なものを一式買う。北海道旅行に向けて、色々と繕わなければいけないものがたくさんあるのだ。

PM 02:58:43 | [日記]

2003年07月18日  作業
一日中単純作業。久々に肩こり。

PM 02:57:24 | [日記]

2003年07月17日  チョコレートパフェ他@渋谷eggsite
チョコレートパフェのイベントに行ってきた。チョコパも60ワッツも初めて見る旭荘201もビューティフルハミングバードもとってもよくって楽しかった。チョコパを聞いていたら、米を背中に背負って、北海道を徒歩で旅行したくなってきた。フォークって体力があることなのかもしれない。ビューティフルハミングバードは前に聞いた時よりも小さなハコだったせいか、ボーカルの人の声の響きがダイレクトに聞こえるようだった。この人の歌声にはいろんな手触りや色合いがあって、目を閉じて聞いていると、自分の背中や、ニノウデや後頭部やわき腹と色んな所が震えだすのだ。声は空気の振動。その震えの肌目の違いが様々なイメージを生む。スゴかったなぁ。

PM 02:56:37 | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年07月16日  悩み
最近、自分の将来について、悶々と悩んでいる。自分のやりたいことって何だろうか?とか。ご飯食べて行くにはどうしたらいいの?とか。20年前に悩むべきだったのかもしれないけど、まぁ、今でもいいのかもしれない。

PM 02:55:30 | [日記]

2003年07月15日  吉田戦車の「武侠さるかに合戦」
吉田戦車の「武侠さるかに合戦」を読んでいると、吉田戦車はファンジーの作家だなぁと改めて思う。棒のキャラクター設定(生き物でない故、倒すことが難しい、とか、最下級の武器ゆえ卑怯なことをしても自分を貶めることにはならない、とか)なんて絶妙だと思う。ありえないモノがうじゃうじゃ溢れる日常世界。初期の作品集「鋼の人」から割と最近の「ぷりぷり県」までそんな世界ばっかりで、とても好きな吉田戦車だ。そうなると「伝染るんです」は吉田戦車らしい作品かと言われると、そうではないような気がする。その二つの中間が「火星田マチコ」で、やっぱりスゴイと思うんだな。

PM 02:54:35 | [エンタメ]

2003年07月14日  特になにもなく
先週から調子の悪かったソフトがようやく動くようになった。係りの人が熱心にやってくれて感謝、感謝。ところで、最近、月曜日は何にもないことが多い。昨日も、結局、仕事、何をしていたのか覚えない。ヤバイ。8月のお休みまでに、申請書と新しい論文の目処とつけなければ。頑張れ〜。

PM 12:22:35 | [日記]

2003年07月13日  家でごろごろ
新木場に行くことになっていたんだけど、車の故障で取り止め。昨日の疲れもあって、ゴロゴロしていたい気分。夜ご飯にワダとパコラとトンカツと揚げ物ばっかり食べたせいか見事体重が戻ってしまった。

PM 12:21:53 | [日記]

2003年07月12日  横浜ハイキング
ダンナと一緒に横浜へ。午後3時前に山手駅から出発。本牧山頂公園→マイカル本牧→港の見える丘公園→中華街→赤レンガ倉庫→みなとみらい→桜木町という行程。アップダウンが多くて、かなり疲れた。歩いて見ると、横浜というところはあちこちに外国の匂いのする街だということが改めて実感した。そして、海風が心地よいんだなぁ。

中華街では福満園で夕ご飯を食べた。これまでの福建料理の他に四川料理も出すようになったらしい。豚レバーの辛味炒めが美味しかった。海苔入りのチャーハンも上品な味付けでよかった。

PM 12:21:13 | [温泉&旅行]

2003年07月11日  職場でなるほど
帰りがけにやっぱりそうだったのね〜、と思うことあり。まぁ、生暖かく見守ろう。

PM 12:20:27 | [日記]

2003年07月10日  おなかスッキリ
木曜日のバイトも7月まではあと1回。今回もなんとかやれたかな〜。職場に戻る途中で、ようやく書き直した論文を提出。はぁ、長かったなぁ。早く決着して欲しいな。

PM 12:19:46 | [日記]

2003年07月09日  epoch、青山陽一、カーネーション@初台DOORS
初台へカーネーションなどが出演するイベントへ。上田禎さんの新しいバンド、エポック。音楽は好きなんだけどなぁ。上田さん、やっぱり歌いたいのかなぁ。いっそのこと、ウエケン→エポック→上田現&eleの順でイベントやればいいんだーっ(冗談)。青山陽一さんのバンド形式は初めて。キーボードがカッコよくって、アップテンポの曲も多くって、すごくよかったな。舞台が大きく、ホールみたいに見えたな。カーネーションのメニューは、one day、My Little World、FUNNY、OOH!BABY、EDO RIVER、END OF SUMMER、ぼうふら漂流族。いつもより落ちついた感じだったな。どのパートもよく聞こえたし、初台ドアーズと3人カーネーションは相性よさそう。最初のone day がよくって太田さんと直枝さんの声がステージの上までずどーんと大きな柱が立っているように響いてゾクゾクした。

PM 12:19:02 | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年07月08日  アルバイト先でぷりぷり
4月に首を切られそうになったアルバイト先で10月以降も継続して欲しいという依頼。新しく雇った人が色々と病気になったらしい。担当者につい嫌味を言ってしまう自分はつくづく小人物。

PM 12:18:11 | [日記]

2003年07月06日  お散歩
お天気もよく、時間もあったので、オーボンヴュータンまでお散歩に行くつもりが、調子に乗って、自由が丘まで行ってしまった。さすがに帰りは疲れた。でも、頑張らねば〜。体重も減らさなきゃ〜。

PM 09:42:54 | [日記]

2003年07月05日  高尾山
8月のトムラウシ行きのためのトレーニング。6号路から山頂へ。夕暮れ近い沢沿いの道はゆるゆるとした登りが続き、とても歩きやすかった。澄んだ空、風も爽やか。山頂からは1号路降りて、リフトに乗って帰った。リフト470円は高いけど、展望もいいし、涼しくて、大変気持ちよかった。往復2時間10分。その後、新宿のコージツと神保町のさかいやにも行って充実の1日。

PM 09:42:08 | [日記]

2003年07月04日  とりあえず完成
書き直しをしていた論文がようやく完成。時間かかったなぁ。というか6月何していたんだろう自分。

PM 09:41:29 | [日記]

2003年07月03日  眠いけど
昨晩は飲みで帰りが遅くなり、久々に睡眠時間5時間でアルバイトに出かける。初めてする話だったので緊張したけれど、妙に調子がよくって、いい感じに時間が終了。んーん、普段寝すぎかな?

PM 09:40:55 | [日記]

2003年07月02日  酔えないの〜?
最近元気がないという元アルバイトの女の子を励まそうと、久々に街中に飲みに出る。お酒を飲んでいる時も、ニコニコ笑っている彼女ではあるけれど、どこか上の空な感じ。新しい職場で疲れているのかなぁ。

PM 09:40:21 | [日記]

2003年07月01日  時代って
本屋で宝島社が出している競馬本のシリーズの新刊が出ているのを発見する.83年に3歳だった世代(ミスターシービー世代)から94年世代(ナリタブライアン世代)までの馬達の物語であり、それぞれの馬の話を書いたライター達の物語でもある.しかし、それぞれの馬(やライター)の話よりも,前書きが面白かった.83年にJRAの距離別グレード制が導入され,競馬がギャンブルからスポーツへの第一歩を踏み出し,現在最後の三冠馬ナリタブライアンが現れた94年はサンデーサイレンス産駒がクラッシック戦線に初登場する前年であり,競馬が『物語としての』スポーツを体現できた時代であり,サンデーサイレンスの出現によって競馬から物語が消え,新しい時代が始まったとしている.

そんなに目新しい考えでもないのだろうけど、「ここからここまでがこういう特色を持った一つの時代」という認識が提示されると、それこそ目から鱗が落ちるような感覚を味わった。たぶん、それはサンデーサイレンスが去年死んだからこそ感じるのだろう。そして、ヒシミラクルが新しい時代の前触れであるといいな、と思う。

PM 09:39:42 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp