飛び地日記&鉄砲玉日記
飛び地でぼーっと振り返る日々の出来事。カテゴリー内の「鉄砲玉日記」をクリックするとライブの感想だけピックアップできます。

2003年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリー
鉄砲玉日記(ライブ)(92)
温泉&旅行(44)
日記(228)
エンタメ(16)
音楽(ライブ以外)(19)
ソーイングマシーン(4)

過去記事
2006年03月
2006年01月
2005年07月
2005年06月
2005年05月


2003年03月31日  お花見
ダンナを誘って夜桜でお花見をした。夜桜にエスニック料理は結構よかった。

PM 04:04:36 | [日記]

2003年03月27日  高田渡、コモンビル@NHKライブビート
高田渡よかった。高田渡を知ることができてよかったと思う。自分にとっても、自分の仕事にとっても。で、玉川さんは現存する変身ヒーローなのだ。カッコよかった。玉川さんの右腕(特に肘から下)になってみたいな。

PM 03:54:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年03月24日  カーネーション@ZEPP TOKYO
お客さんが少なくて、異様に会場が広く感じたのだけど、カーネーションの3人がステージに出てきて演奏を始めると、途端に広さを感じなくなったのは贔屓目なんだろうな。でも、ガツンと音が鳴り出した時にまず迫力を感じるし、それなのにどっかでキレイな音が鳴っているし、やっぱり凄いなと思う。曲目は、センチメンタル、My Little World、OHH! BABY、Gong Show、クワトロで披露した新曲〜放課後の屋上で。新曲と放課後の屋上で、はメドレーっぽくつなげてやってカッコよかったなぁ。

PM 03:41:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年03月23日  スピッツ@名古屋センチュリーホール
ダンナと名古屋まで遠征。久々に美保ちゃんに会えて幸せ。スピッツライブは、テッちゃんがまるで気志団のボーカルの人のようになっていたのびっくりした。ライブは惑星のかけら、田舎の生活、ババロアがよかった。久々のバニーガールが楽しかった。アンコールはあっさり2曲だった。

PM 03:18:27 | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年03月21日  久保田洋司@赤坂グラフティ
本当に久々に久保田くんのライブに行く。なにせ2年ぶりくらいなので知らない曲がたくさん。でも、どの曲もメロディがしっかりしていて、サビではどれも心が震える。久保田くんの強い声のはっきりした歌い方も浸れるものがあって、とてもよかった。特にtommorowsは素晴らしい曲だった。アルバム買わなくっちゃ。

そうしてこの日だけの再結成The 東南西北。お客さんのノリが若い。ステージ上の久保田くん達の表情も若返っているように思える。昔のライブの雰囲気が見事に甦っていた。トンナンのライブが終ると今の年相応の雰囲気に戻るファンの子達。不思議な時間だったな。

PM 03:30:50 | Comment(13) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年03月17日  レピッシュ@千葉LOOK
レピッシュが3人になってからの初めてのアルバム「POP」が発売されてのツアー。POPはストンと肩の力が抜けた楽しいアルバムだったのだけど、この日のライブもホント楽しかった。アンスキャンダルのカジローくんをトロンボーンで迎えて、3人のだけのステージよりもすごく動的に立体感のあるライブだった。楽しさという点ではひところよりもずっと幅が広がった感じ。

一番グッと来たのは,本編の最後、Magic Blue Caseの後にもう1回アルペジろを今度は早いテンポで演奏して、皆を踊らせ、そして全員で「ラララ〜」の大合唱。いつもだったら、クサい演出だぁと思うところだけど、なんだか純粋に楽しかった。これまでそれこそ現ちゃんがいなくなる前から,レピの色んな大変なことに立ち向かっているような姿が異様にカッコよく尊敬すらしていた訳だけど、今回のようにお客さんみんなで純粋に楽しめるのってなんて素敵なんだろう、安心できるのっていいなぁ,と思ったのだった。

セットリストは、旭タクシー、パヤパヤ、poor boy、miracle、Rider on the run、black bird、アルペジろ、JACKの憂鬱、Freed man、T.S.G、美代ちゃんのハッパ、郷愁の空、内緒、SINGING THE RAIN、゛、Year! Year! Year!、LOVE SONGS、Magic Blue Case、アルペジろ2。アンコール:ZERO FIGHTERS、BAD MAN?、Barthday Party、KU・MA・MO・TO

PM 03:06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年03月14日  不勉強
ヒトゲノム計画の「遺伝子を読む」仕事というのは、ただひたすら遺伝子上の塩基配列の順番を同定していくことだとは全然知らなかった。ただひたすら読んでいくのだそうだ。地味で力技の仕事である。この遺伝子を読むという作業は、どの遺伝情報が人間の持つ様々な形や機能のどれとどう関連しているかを決定することとは直接には関係がないんだそうだ。それはこれからのお話。大きなプロジェクトでどーんとやれば早く判明することなのか、そうでないのか。みんなは、戦力を持っていない自分達はどう振舞うのが得策なのかを真剣に考えている。私はとまどうばかりなんだが。

PM 02:53:10 | [日記]

2003年03月13日  なんとなく鬱気分
一昨日ジュンク堂で探していた分析方法は、Googleで日本語以外のページで検索してみたら、あっさりと見つかってしまった。やはりワールドワイドな活躍が必要な時代だなと痛感する。さっそく分析をしてみれば、結果は良好。ありがたい、これで新しい論文が書けるかも!と喜んだのもつかの間、入力し忘れていたデータがあったことを思い出し、それを追加して分析してみたら、今度はまったくのNG。あぁ、絵に書いた餅だったのかなぁと一気に奈落の底へ。

ついでに、まだ若いのにもうドクター確実に取れるなんていう女性が訪問してきて、その明るい積極的な人柄に圧倒され、また落ち込む。なんとなく鬱な気分で夜中も目が覚めてしまう。でも、自分でできることやるしかないんだよな。それは何かはわかっているんだし。

PM 06:38:09 | [日記]

2003年03月12日  英語の反省
会話の時に、せめて疑問文を使えるようにしよう。

PM 06:24:58 | [日記]

2003年03月11日  OK、4U
カーネーションのVENTURE BUSINESS Vol.03を買いにタワレコに行ったら、ちょうどポイントが40ポイントになったので、1000円引きで永江孝志のOKミュージックが買えた。凄く嬉しい!。その後、ジュンク堂でSPSSの本を探したんだけど、なかなか手頃なものがない。すげえ本格的で全然わからないものと、あまりにお手軽なものと。ボタンを押す以上のことが必要なんだけど、あまりコンピュータのデータ処理が得意でない人のためのシンタックスの解説書とか、ボタンではなくシンタックスで一連の処理をすることを学習するテキストがあればいいのにな。んまぁ、頑張ろう。

PM 06:20:49 | [日記]

2003年03月10日  いや、全然普通の人なんだけど。
朝から外回り。今日の訪問先の方は物凄い人だった。なんのことはないごく普通の田舎出のお婆様なのだけど、どこか凄いのだ。ただ普通に生きているだけだけど凄い。妙にオーラを感じる。こんな感じ初めてかもしれない。

お昼にふらっと入ったラーメン屋さんが美味しかった。ネギとニンニクの揚げたの入りの油が入っている醤油ラーメン。なんていうことないんだけど、辛すぎずほどほどのコクで美味しかったなぁ。

会社に戻ってきてから、頭がぼーっとして体がだるい。みんなは花粉症だと言う。そうなのかなぁ。いやだなぁ。

PM 06:05:51 | [日記]

2003年03月09日  上田現@恵比寿SPAZIO2
この日はバックのeleもなく、文字通りのワンマンショウ。内容は、キーボードやギターでの弾き語りとカラオケ(笑)が半分くらいづつ。カラオケバージョンでは、バックの音楽に合わせるの苦労しているようで、歌のノリががまーったくというほどない感じ。アレアレと思って聞いていたけど、弾き語りではカラオケ編もご愛嬌だわ、と言ってしまえるくらいよくって、久々に現ちゃんの声とピアノを存分に浸れた感じ。現ちゃんバージョンの「ワダツミの木」もとても丁寧な歌い方で気持ちが溢れるようだったし、「ふね」の渋い響きに痺れたし。現ちゃんは正攻法で正面きって歌ったりピアノを弾いたりしている時が一番素敵だなぁと改めて感じた。

それに、会場がよかった。最近、東京では妙に奇麗っぽい感じの会場が多くて、私はついつい「ふん、こんなところにカネ使いやがって」なんて思っていた。そういう会場を使う意図もよくわからなかったし。この日のSPAZIO2も白木作りの小奇麗なホールでなんかなぁという感じがしていた。ところが、ステージが始まって、真中にいてキーボード弾く現ちゃんに自然な色合いのライトが当たると、ステージの床に、横から見た現ちゃんのキーボードを引く姿の影が映る。白木の床に、揺れる頭と腕の影。よかったなぁ。ステージ後の真っ白い反響板に映る映像もよかった。万華鏡のような模様だったり、雪がふったり、水面の煌きのようだったり。こういった現代的な演出と素朴そうに見えるライティングのバランスがいい感じ。こんな風にお金掛けるんなら、どんどんやって!と初めて納得した。

それに、しゃべりまくってたし、現ちゃん。しきりと「今日が楽日だ」と言ってて、もっとずーっとツアーやってたい止まりたくないって言ってて、「ずっとまっすぐ進んで行って、で、戻ってきたい」みたいなこと言ってた。他にちょっと面白かったのが、途中でギターのチューニングをする時に、床のエフェクターをいじっていた現ちゃんが突然「電源抜く!」って言い出して、会場がザワザワ〜ってなったこと。いやぁ、現ちゃん、今日は全然現ちゃんっぽいなぁって密かに感動(笑)。いつもの百物語と曲目的にはほとんど一緒なんだけど、なぜか凄く楽しくて、心が熱くなって。いいライブだったなぁ。

PM 05:39:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [鉄砲玉日記(ライブ)]

2003年03月08日  根小屋駅
高崎まで出張。快適、新幹線。いいお天気。うっすらと雪のかかった美しい山並み。親切なタクシーの運転手さん。仕事も順調に終っていい気分。帰りに、根小屋の駅で20分ほど列車待ち。駅舎はどんなに新しくても昭和40年代より後には改装しているとは思えないほど古びていた。けれど、建物はしっかりしていて柱は太く、侘しさよりも懐かしさを感じさせるものだった。

夜はダンナと新宿のサンサールへ。羊の内臓(肺?)料理とチキンのほうれん草カレーと、じゃがいもとカリフラワーのカレーがめちゃ美味しかった。スパイスの香り方に勢いがある。単純だけど旨みがある。自分ではこういう風にはできないんだよなぁ。

PM 05:55:54 | [日記]

2003年03月07日  父のケガ
実家の父が機械に手をはさまれる事故にあった。利き手の人差し指の第2関節より先の骨がバラバラになってるらしい。2週間後の経過がよくなければ、切断するとのこと。実家に電話してみたら、父が出た。口調は結構しっかりしているのでひと安心。でも、指を切断した方が労災からの補償や障害認定が受けられるので都合がよい、なんていうことを聞くと何ともいえず悲しい気持ちになる。どうしたらいいんだろうなぁ。

AM 09:20:17 | [日記]

2003年03月06日  話題のアレ
明け方、息苦しくって目が覚めることがここ2、3日続いている。もしかすると、今話題の睡眠時無呼吸症候群だろうか。睡眠時無呼吸症候群というと内田善美の「星の時計のRiddle」という漫画を思い出すのだが、あんな素敵な夢を見ている訳ではない。ただ息苦しいだけだな。

PM 10:30:40 | [日記]

2003年03月01日  ほんとうの様子はわからない
一日中激しい雨音が聞こえていた。日も差していないのか、部屋の中は一日中ずっと暗かった。それをいいことに一日中すっと寝ていた。安心して寝ていられる休日は久々で、とても嬉しい。

AM 12:01:57 | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp