今日の喜怒哀楽
 今日はどんなことがあったのか。 自分なりの喜怒哀楽をぶつけてみる。   風刺漫画サイト「漫画で斬る!!」の日記コーナー。

AbEndがモアベター。
ここの楽しいgifアニメバナーは
「雑談日記」さん
からお借りしています。

変身!安倍じゃ危ない!
AbEndへリンクしてます。

密告奨励法の共謀罪は廃案!バナー

共謀罪クイズ、共謀罪は密告奨励でっち上げやり放題現代版治安維持法バナー


「週刊金曜日」を読もう。
Title[2].gif









プロフィール
名前MNG
URLhttp://www8.tok2.com/home2/mangadekiru/
性別
血液型O型
星座水瓶座

2007年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事
2007年09月22日  引越しました。
2007年09月22日  ガンバレ!!球児!!
2007年09月19日  早く解散せよ。
2007年09月12日  安倍総理辞任。
2007年09月09日  遂に覚悟を決めたか。

過去記事
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月

カテゴリー
日記(59)
小泉政権(22)
ブッシュ政権(21)
スポーツ(93)
本(61)
政治(168)
イラク・中東情勢(43)
社会(105)
安倍政権(40)
国際(6)
漫画(34)


2007年06月30日  暴走国会終わる。
【怒】 国会 3法の成立「よかった」安倍首相
6月30日17時15分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相は30日朝、社会保険庁改革関連法、年金時効停止特別措置法、公務員制度改革関連法の3法が成立したことについて「教育再生3法も含め、国民にとって大変重要な法律が成立して本当によかった」と述べた。また、委員会採決を省略した「中間報告」方式が用いられた公務員法に関しては「21世紀にふさわしい公務員の仕組みを作っていくために必要な法律。大変な抵抗があったが、国民の皆様に必ず支持をいただけると確信する」と述べた。首相公邸で記者団に答えた。【石川貴教】

強行強行の国会運営で、「重要法案」をゴリ押しした安倍総理。
「国民のために重要」などと言っているが、それを判断するのは国民だ。
国民が「重要法案」を信認するかどうかは、今度の参院選でハッキリする。
総理は首を洗って待っていた方がいいだろう。

PM 11:13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [安倍政権]

2007年06月28日  過疎地での投票所が激減。
【怒】 3町で投票所21減 投票率の低下懸念

 七月二十九日投開票の参院選で、四月の統一地方選では五百十三カ所あった鳥取県内の投票所が、三町で二十一カ所減り、四百九十二カ所になる。行財政改革の一環や合併に伴う見直しなどが背景にあるが、県選管は投票行動にどう影響するかやきもき。中山間地で投票所が消え、高齢者などの交通弱者から困惑の声が上がっている。

 若桜町は十八カ所から九カ所に半減し、伯耆町は二十六カ所から十五カ所に削減。湯梨浜町は十六カ所から一カ所減らす。

 鳥取市が昨年四月の市長選で大幅に減らしたこともあり、前回二〇〇四年七月の参院選(県内投票率64・17%)と比べると七十八カ所減。「最も気になるのが投票率の低下」と話す県選管は五月中旬、各市町村選管に投票所を増やすよう文書で要請している。

http://www.nnn.co.jp/news/070628/20070628001.html

投票日の変更の上に投票所も減少し、投票率の低下が懸念される。
アメリカの大統領選では、貧困層の地区では投票所が非常に少なく、ブッシュへの批判票を減らす効果が大きかった。
日本でも弱者の基本的人権が、ないがしろにされようとしているのかもしれない。
これが意図的なものだとしたら、許されないことである。

PM 10:24:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | [政治]

2007年06月25日  今度は「総大将」?
【怒】 参院選 安倍首相「正攻法で臨みたい」
6月25日8時1分配信 産経新聞

 安倍晋三首相は24日、NHKの報道番組に出演し、7月の参院選について、「(自民党総裁という)最高責任者として一番大きな責任を負っている」と述べ、改めて与党が敗北した場合の責任論に言及した。ただ、同時に「総大将である私が、今から過半数を取れないかもしれないと想定して発言していては、勝利を得ることはできない。政策を堂々と訴える正攻法で臨みたい」とも指摘し、過半数割れした場合の具体的な対応に関しては触れなかった。

安倍総理、今度は「総大将」だそうだ。
こんな「総大将」を頂かなければならない自民党も気の毒だ。

以前は自らを「権力の頂点にいる」と称し、防衛大学校では「総司令官」としてシビリアン・コントロールを無視した訓辞を行なった。
やたらに権威を振り回すのが好きな性格のようだが、本当に大人げない。

参院選に「総大将」として臨むからには、負けたら潔く腹を切ってもらいたいものだ。
(あくまでも比喩としてですので、念のため。)

AM 12:46:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [安倍政権]

2007年06月23日  これが「けじめ」?
【怒】 <年金問題>安倍首相、「けじめ」と夏の賞与を一部返納へ 
6月23日13時29分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相は23日、沖縄全戦没者追悼式出席のため訪れた沖縄県糸満市で記者団に対し、年金保険料の納付記録漏れ問題の責任を取って、夏の賞与を一部返納する考えを明らかにした。柳沢伯夫厚生労働相、村瀬清司社会保険庁長官らも同様に返納する方針。首相は「私は今、行政の長として一番大きな責任があり、私の責任を含めてけじめを考えていかなければいけない」と語った。
 国家公務員の夏の賞与は、29日に支給される。昨夏の首相の賞与は約566万円、厚労相は約413万円で、今年も同水準となる見込み。
 安倍首相は昨年9月の就任以来、財政再建の模範を示すとして、自らの給与と賞与の3割削減を続けている(閣僚は1割削減)。また同12月には、政府主催のタウンミーティング問題の責任を取るとして、首相としての給与を3カ月間自主返納した。【佐藤丈一】


給料の一部を返納したくらいで、けじめなんて言われたらたまらない。
そんなことで許されると思ったら大間違いだ。
最後の一人まで探し出して支給するという言葉が、口先だけでないことを証明しなければけじめは付かない。
できないことは分かっているが。
総理がつけるべきけじめは、一日も早く退陣することだ。

PM 11:35:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [安倍政権]

2007年06月22日  暴走、あべっちゃまくん。
【怒】 おぼっちゃま育ちのあべっちゃまくん。
権力の頂点に立って有頂天だ。

日米同盟と美しい国のために、憲法改正まっしぐら。
と思っていたら、消えた年金でつまづいた。

それでも懲りない、あべっちゃまくん。

参院選の日程変更もおかまいなし。
国会の会期を延長して、法案通過をゴリ押しだ。

どこまで続く大暴走。

あべっちゃまくんは、困ったちゃん。
参院選で引導を渡してあげましょう。

PM 06:05:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | [漫画]

2007年06月21日  会期延長で大迷惑。
【怒】 国会12日間延長を決定、参院選は7月29日に
6月21日20時32分配信 読売新聞

 安倍首相は21日、公明党の太田代表と首相官邸で会談し、今国会の23日までの会期を12日間延長し、7月5日までとすることを決めた。

 これに伴い、夏の参院選は公職選挙法の規定により、7月12日公示、29日投開票となる。会期延長により、公務員制度改革関連法案や年金時効撤廃特例法案などが成立する見込みだ。

 首相の強い意向で、与党は参院選の日程を当初の想定から1週間ずらす異例の決断をしたが、野党は強く反発しており、対立は今後、さらに深まりそうだ。

 首相は会談で、「公明党にも、参院選の日程がずれることで大変な苦労をかけるが、重要法案を成立させることが国民にとって極めて重要だ。是非、協力を願いたい」と要請し、太田氏も了承した。


総理の都合で国会の会期が延長されるが、各地で混乱が起きている。
掲示板やポスター・投票用紙の日付変更や、イベントとの競合による投・開票所の使用不可などの物理的混乱以外にも、それに伴って発生する余計な費用も多大なものだ。
総理には現場の大変さが全く分っていないようだ。

税金の無駄遣いといえば、クールビズのキャンペーンだ。
<クールビズ>キャンペーン日当、1人当たり7万6300円
6月20日0時58分配信 毎日新聞

 クールビズなど地球温暖化防止を訴えるキャンペーンのため、環境省が大手広告代理店「博報堂」に支払う日当(1日7時間)が最大で1人当たり7万6300円に上ることが分かった。時給なら1万円を超える計算だ。19日の参院文教科学委員会で、民主党の蓮舫委員が、環境省の資料を分析した結果として明らかにした。契約は05年度から3年連続で結ばれており、今年度の総費用は約27億円、3年間では80億円を超える見通し。
 蓮舫委員は、高額過ぎると迫ったが、環境省は「広報のための費用として妥当で、無駄遣いではないが、指摘は参考にしたい」と話している。
 分析の対象とされたのは、06年10月から今年3月までにキャンペーンの運営にかかった人件費9640万円。博報堂の社員に対する日当は、プロジェクトリーダーが7万6300円で最も高く、主任級が5万5300〜6万4400円、一般スタッフが3万2900〜4万4100円だった。
 また、06年度は博報堂の社内にキャンペーン事務所が置かれたが、下半期だけで約990万円の経費が計上された。同省によると、電話代や光熱費、博報堂社員とは別に電話応対をするスタッフの人件費などが含まれるという。【山本建】


温暖化の新聞広告で1億6千万の自己宣伝をした安倍総理だが、クールビズでも我々の血税で大判振舞いだ。

これ以上、総理の我がままを許してはいけない。
参院選で、きっぱりとノーを突きつけなければならない。

PM 10:54:51 | Comment(0) | TrackBack(2) | [安倍政権]

2007年06月20日  数の暴力。
【怒】 改正イラク特措法成立、復興支援活動を2年間延長
6月20日20時1分配信 読売新聞

 7月末で法律の期限が切れるイラク復興支援特別措置法を2年間延長する改正法が20日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。

 政府は近く、同法に基づく基本計画を変更し、航空自衛隊のイラク派遣期間を来年7月末まで1年間延長する。

 イラク特措法は2003年7月に4年間の時限立法として成立した。昨年7月の陸上自衛隊のイラク撤収後も、空自が輸送活動を実施するための根拠法になっている。政府・与党は、日米同盟と国際貢献を重視する立場から、空自のイラクでの活動を延長する必要性があると判断した。


国際貢献という名の、米軍貢献。
何の罪もないイラク人殺しの共犯を続ける日本。


教育改革3法が成立=免許更新制導入や国の関与強化−参院本会議
6月20日19時2分配信 時事通信

 安倍内閣が今国会の最重要課題に位置付ける教育改革関連3法が、20日午後の参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。教員免許更新制の導入や教育委員会への国の関与の強化などを打ち出しており、全国約110万人の教員、学校現場に大きな影響を与えることになる。
 3法は、教育職員免許、地方教育行政、学校教育の各改正法で、昨年12月に60年ぶりに改正された教育基本法に沿った抜本的な制度の見直しの一環。安倍晋三首相の強い意向を受け、中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の異例の集中審議を経て、今国会に提出された。
 いじめ自殺や高校必修科目履修漏れなど、教育にかかわる問題が相次いだことも踏まえ、教員の質向上、教育に対する国の責任の明確化などを目的としている。
 

国の方針に従わない教員は、免許を更新されないだろう。
生徒より教育委員会や国の顔色を覗う教員が、子供達を再び戦場に送り出す。

PM 10:48:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | [政治]

2007年06月19日  日本を立て直すには?
【怒】 丸山和也氏 参院選比例代表に自民党から立候補

6月19日10時17分配信 毎日新聞

 テレビのバラエティー番組で知られる弁護士の丸山和也氏(61)が18日、夏の参院選比例代表に自民党から立候補することを正式表明した。丸山氏は自民党本部で記者会見し、「日本を立て直すには自民党を立て直すしかない。自民党の土俵を借りるが、自分の良識と信念に基づいてやっていく」などと述べた。

「日本を立て直すには自民党を立て直すしかない。」などと、本気で考えているのだとしたら、相当おめでたいと言うしかない。
「日本を立て直すには自民党を政権から追い出すしかない。」ということに多くの国民が気付いてきたことは、安倍政権の支持率の急落からも想像できる。
この食い違いは、丸山氏の考えが庶民の立場に立っていないことの証明だろう。

私の考えが甘いのかもしれないが、弁護士というのは弱者の味方だと思っていた。
しかし丸山氏といい、同じ番組に出ている橋下氏といい、強い者に尻尾を振る権力志向の弁護士のようだ。
そう言えばアメリカの要求で司法制度も変えられて、法科大学院で弁護士も粗製濫造され、日本の訴訟社会化が促進されるようだ。
弁護士も生き残るためには、権力や金持ちに媚びなければならない時代になるのだろうか。

自衛隊までが国民を監視する世の中で、国民の権利を守ってくれる弁護士がいなくならないことを祈る。

PM 06:15:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | [社会]

2007年06月17日  争点は年金。
【怒】 <年金問題>制度の仕組み、参院選の争点に…首相が見通し
6月16日23時29分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相は16日、佐賀市で記者会見し「参院選では年金制度の仕組みが大きな争点になる」との見通しを示した上で、「自民党は社会保険庁を廃止・解体し、国民に信頼できるものに変えていく」と強調した。
 また長崎市のホテルでの講演でも、首相は社保庁改革について「仕事はなるべくやりたくない、親切な対応をしない人たちには、改革した後の日本年金機構に入っていただくわけにはいかない。去っていただかなければならない」と述べた。【石川貴教】


国民の年金問題への怒りに恐れをなして、総理も参院選の争点にせざるを得なくなったようだが、完全に方向性が間違っている。
「社会保険庁を廃止・解体」しても、国民に信頼できるものにはならない。
逆に「廃止・解体」してしまっては、消えた年金は永久に解明できない。
そして年金機構には、自分に逆らわない人間だけを採用するという露骨な差別。
完全な組合つぶしだ。

国民は、総理のすりかえとごまかしに騙されてはいけない。
参院選までこの怒りを燃やし続け、自民党にハッキリと責任を取らせなければならない。

PM 11:11:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | [政治]

2007年06月15日  投票日が変わる?
【怒】 国会会期、12日間延長で調整=週明けにも判断−政府・与党

6月15日13時2分配信 時事通信

 政府・与党は15日、23日までの今国会会期を延長する方向で検討に入った。安倍晋三首相が最重要法案と位置付ける国家公務員法改正案を成立させるため、会期内に十分な審議時間を確保するのは困難と判断した。予定される参院選の日程(来月5日公示、同22日投票)が1週間遅れるだけで済む12日間の延長を軸に調整を進め、週明けにも最終判断する。
 自民党の片山虎之助参院幹事長は15日朝のラジオ番組で、会期延長について「ここまで来て『ありません』というのはおかしい」と述べ、執行部で検討していることを明らかにした。その上で、延長幅について参院選日程の変更を伴わない5日間と12日間までの両案が指摘されていることに関しては「通常国会は1 回しか(延長)できない。危険度がない方になろう」として、12日間が有力との見方を示した。


「国家公務員法」の成立が、なぜそんなに大事なのだろうか。
総理はこの法律が手柄になって、選挙に有利になるとでも思っているのだろうか。
だとしたらとんでもない勘違いだろう。
この法律を通す為に会期の延長までゴリ押しすれば、国民の与党に対する目はますます厳しくなると思うのだが、そんなことも分らないのか。

参院選の投票日を変えてまでの会期延長は、あまりにも傲慢なのではないだろうか。

PM 10:51:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | [政治]

2007年06月14日  憲法は電球ではない。太陽だ。
【怒】 先日の新聞広告で、地球温暖化防止に名を借りて自分の宣伝をぶちかました安倍総理。

電球を省エネ型に替えようなどと言っていたが、憲法は戦前型の旧式に変えたいようだ。

国民主権・戦争放棄の憲法があるとアメリカと一緒に戦争できないから、国民の言論の自由を封じて自分のやりたい放題のできる、新憲法という名の実質旧式憲法にしようとしているが、とんでもない。

日本国憲法は、今でも十分新しい。
時代に合わなくなったなんて、言いがかりもはなはだしい。
憲法は電球みたいに簡単に変えてもらっちゃあ困る。

太陽のようにいつまでも光り輝いて、国民を権力の横暴から守るのだ。

関連記事。
http://2.suk2.tok2.com/user/mankiru/?y=2007&m=06&d=06&all=0

PM 12:47:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | [漫画]

2007年06月12日  さくらパパ、ガンバレ。
【喜】 「反戦な家づくり」さんのアンケートで、改憲反対を表明した候補者の中に、元阪神タイガースの長崎慶一さんの名前を発見し、とても感動した。
頑張って欲しい。
http://www.ke-ichi.jp/

そういえば横峯さくら選手のパパも、民主党から立候補を表明した。
自民党から立候補する芸能人・スポーツ関係者が多い中で、勇気ある決断だと思う。

しかし、「行列の出来る法律相談所」の丸山弁護士は、自民党からの立候補を検討中だという。
丸川珠代とともに、情けないことだ。

PM 10:50:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | [政治]

2007年06月10日  9条改憲アンケート。
【喜】 「反戦な家づくり」さんが、自民党と民主党の議員に対して9条改憲の是非を聞いたアンケートの集計が発表された。
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-379.html

党内で主張が分かれている民主党だが、少なくない候補からハッキリした護憲の回答が寄せられていた。

今は年金問題がクローズアップされているが、これが投票日まで続くかどうかは分からない。
今回の参院選で与党が勝てば、安倍政権は9条改憲に突っ走り、日本はアメリカの手先として戦争に駆り立てられることになる。

年金も大事だが、憲法はそれ以上に大切だ。
今回のアンケートを参考にして、慎重に候補を選びたいものだ。

PM 06:04:52 | Comment(0) | TrackBack(2) | [政治]

2007年06月10日  ペースダウン。
【楽】 「侵掠−中国戦線従軍記者の証言」 小俣行男 (徳間書店)
「続・侵掠−太平洋戦争従軍記者の証言」 小俣行男 (徳間書店)

中国戦線から太平洋戦争下のマレー・シンガポールまで、ほぼ5年間にわたる従軍記。
戦中には検閲で書けなかったことを、当時の膨大なメモに基づいて戦後にありのままに記した貴重な記録。

「しょっぱいドライブ」 大道珠貴 (文春文庫)

「江戸繁盛記 寺門静軒無聊伝」 佐藤雅美 (講談社文庫)

PM 04:40:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | [本]

2007年06月09日  あとひと月あまり。
【楽】 7月中旬の甲子園予選に向けて、週末は毎週練習試合だ。
明日は県外遠征。
仕事で応援には行けないが、朝5時半に起きて子供を学校に連れて行かなければならない。
今日はもう寝ようっと。

PM 11:08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [スポーツ]

2007年06月08日  続・新聞広告。
【怒】 首相夫妻の全面広告に猛反発=「政治利用」と中止要求−民主

 全国紙などの5日付朝刊に掲載された安倍晋三首相夫妻による政府の全面広告に対し、民主党が「参院選前の政治利用、税金の無駄遣いだ」と猛反発している。
 問題の広告は、地球温暖化対策推進本部(本部長・安倍首相)による全面広告で、環境省によると広告費用は1億6500万円。二酸化炭素(CO2)削減のため、白熱電球を電球形蛍光ランプに取り換えようと呼び掛ける内容で、首相と昭恵夫人がPR役として登場した。
 この広告に対し、民主党は参院選を控えているだけにカンカン。同党の末松義規「次の内閣」環境担当は7日午後、国会内に環境省職員を呼び、「なぜ首相を使った全面広告を出したのか」などと激しく追及した。


さらに・・・

民主、首相夫妻広告で公開質問状
2007年06月08日18時58分

政府が地球温暖化防止を呼びかけようと安倍首相夫妻をモデルに全国紙に掲載した新聞広告をめぐり、民主党「次の内閣」の末松義規環境相は8日、若林環境相あてに「環境省広報予算の政治的中立性について」と題する公開質問状を出した。

 質問状は「選挙前の広告には政治的中立を損なわない他のモデルを使うのが当然だ」と指摘。「政治的に偏っていると疑われる広告に税金を充てることを中止するよう強く要求する」としたうえで、「政治的中立性」の具体的基準▽広告に首相を登場させる際の基準▽今後の広告掲載予定――などをただしている。


環境省によると広告費用は1億6500万円だそうだ。
よくもまあこんな大金を掛けて、あんな気持ち悪い広告を作ってくれたもんだ。
それも自腹とか自民党費でならともかく、国民の血税で。

民主党には徹底的に、安倍政権を追い詰めてもらいたいと思う。

PM 10:55:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | [安倍政権]

2007年06月06日  新聞広告。
【怒】 昨日の話になるが、朝刊を開いてオエッとなった。
なんとあのシンゾーが電球を持ってニタニタ笑っており、その傍らではアッキーも微笑んでいるではないか。
朝からなんと暑苦しいものを見せてくれるわいと思ったら、これが地球温暖化対策の広告だと言う。
エコ電球への交換やクールビズを推奨しても、この広告の暑苦しさだけで、日本の気温が3度は上がったと思う。

本当に朝っぱらからこんなものを見せられていい迷惑だ。
さわやかな朝の気分が吹っ飛んで、憂鬱な一日の始まりになってしまったではないか。
参院選前で色々顔を出したい気持ちも分からないではないが、君の顔を見たい人なんてほとんどいないから。
チームマイナス6%どころか、支持率マイナス60%の逆効果になるということを、肝に銘じておいてもらいたいものだ。

公序良俗に反する露出物禁止。

PM 07:09:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | [安倍政権]

2007年06月04日  自民に危機感つのる。
【楽】 与党過半数維持は「至上命令」=自民・青木氏
6月3日19時0分配信 時事通信

 自民党の青木幹雄参院議員会長は3日、島根県雲南市などで開かれた同党参院議員の会合であいさつし、夏の参院選について「本当に関が原の戦いだ。公明党としっかりスクラムを組んで何としても過半数を維持することが至上命令だ」と述べ、与党勝利に向けた全面支援を訴えた。
 その上で青木氏は、「過半数を割ったら内閣も自民党も死に体になる。景気が良くなりつつある時に国自体がどうなるか、そういうことを懸けたのが今度の選挙だ」と強調した。
 

自民は45〜49議席どまり=参院選で国民新・亀井静氏
6月3日13時1分配信 時事通信

 国民新党の亀井静香代表代行は3日、テレビ朝日の番組に出演し、参院選での自民党の獲得議席について「47プラス・マイナス2ぐらいではないか」と述べ、与党の過半数割れは必至との見方を示した。
 公明党が改選13議席を確保することを前提にすれば、与党が過半数を維持するには自民党が51議席以上取ることが必要。


<参院選>公明・太田代表が与党過半数割れの可能性指摘
 公明党の太田昭宏代表は4日、名古屋市で開かれたミッドランド毎日フォーラムで講演し、7月の参院選について「下手をすれば(自民党の議席が)50を切る可能性がある。大変きわどい選挙だ」と述べ、安倍政権への逆風が強まる中での与党過半数(64議席)割れの可能性を指摘した。そのうえで太田氏は「公明党の13議席は織り込み済みと言われても困る。逆風の中で我が党にとって大きな試練。29ある1人区で19〜20は自民党に取ってもらわなければならない」と自民党の奮起を促した。(毎日新聞)

自民党にとって、今回の参院選の情勢はかなり厳しくなってきたようだ。
青木氏の危機感も相当なもののようだが、3年前の参院選でも同じようなことを言っていた。
http://www8.tok2.com/home2/mangadekiru/kako3.htm

3年前は目標の51議席を2議席下回る49議席で、青木・安倍両幹事長の責任が問われたが、小泉総理は与党で過半数を確保したからと開き直った。
http://www8.tok2.com/home2/mangadekiru/kako4.htm

今回は言い訳できないほどの決定的な敗北を、安倍総理に突きつけてやりたいものだ。

PM 11:04:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | [政治]

2007年06月03日  支持率急落。
【喜】 内閣支持率 急落35% 全国緊急世論調査
2007年6月3日 朝刊

 共同通信社が一、二両日実施した全国緊急電話世論調査で、安倍内閣の支持率は35・8%と五月中旬の前回調査から11・8ポイント下落し、昨年九月の内閣発足以来、最低となった。不支持率も48・7%と10・5ポイント上昇。社会保険庁の年金記録不備問題や、「政治とカネ」問題で追及を受けた松岡利勝前農相の自殺が影響したとみられる。

 松岡氏を一貫して擁護した安倍晋三首相の任命責任について「果たしていない」とする人は69・5%と、「果たしている」の19・9%を引き離した。松岡氏の自殺が今後の政権運営や参院選に「影響を与える」とする人が72・3%、「与えない」とする人は23・4%だった。

 参院選を今、実施した場合の投票先を聞いたところ、民主党が28・8%と、自民党の26・5%を超えた。36・6%が民主党中心の政権を望み、自民党中心の政権の継続を望む人は35・7%。いずれの問いも安倍内閣発足以来初めて、民主党が自民党を上回った。

 内閣不支持の理由で最多が「首相に指導力がない」で、前回から12・2ポイント増えて31・4%。支持理由では49・1%が「ほかに適当な人がいない」を挙げた。

 年金時効撤廃特例法案と社会保険庁改革関連法案を強行採決するなど年金問題に対する政府、与党の取り組みに関しては「評価しない」が52・5%で、「評価する」は38・6%にとどまった。

 政治とカネの問題への首相の取り組みについて「評価できない」が71・8%に上り、「評価できる」が17・0%。政治資金の透明化策として、国会に提出されている政治資金規正法改正案に関し「今国会で改正すべきだ」が73・2%、「今国会で改正する必要はない」は18・7%だった。


安倍内閣の支持率が急落し、内閣発足以来最低に。
記事では触れられていないが、あまりにも強引な国会運営に、国民が危機感を持ったのかもしれない。

ただし、まだまだ油断は禁物だ。
この流れをさらに確実なものにし、参院選では自民党に引導を渡したいものだ。

PM 11:51:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [安倍政権]

2007年06月01日  沖縄を利用し尽くす安部政権。
【怒】 安倍首相ら、かりゆしウエアで閣議=クールビズ始まる
6月1日11時1分配信 時事通信

 夏の軽装キャンペーン「クールビズ」期間が始まった1日、安倍晋三首相と全閣僚は沖縄の夏用シャツ「かりゆしウエア」を着用して閣議に臨んだ。クールビズは今年で3年目。閣議でのかりゆし着用は、首相が4月に参院補選の応援で沖縄県入りした際に公約していた。 

衣替えで、かりゆしウェアで閣議だそうだ。
沖縄に恩を売ってるつもりかもしれないが、本当に沖縄のことを考えるなら、米軍基地をなくすことこそ急務だろう。
人気取りのために沖縄を利用しながら、米軍の犠牲に差出し続ける安倍政権には、本当に怒りを禁じえない。

こんなバカな話題を報道しているマスコミもマスコミだが。

PM 07:17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [政治]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp