今日の喜怒哀楽
 今日はどんなことがあったのか。 自分なりの喜怒哀楽をぶつけてみる。   風刺漫画サイト「漫画で斬る!!」の日記コーナー。

AbEndがモアベター。
ここの楽しいgifアニメバナーは
「雑談日記」さん
からお借りしています。

変身!安倍じゃ危ない!
AbEndへリンクしてます。

密告奨励法の共謀罪は廃案!バナー

共謀罪クイズ、共謀罪は密告奨励でっち上げやり放題現代版治安維持法バナー


「週刊金曜日」を読もう。
Title[2].gif









プロフィール
名前MNG
URLhttp://www8.tok2.com/home2/mangadekiru/
性別
血液型O型
星座水瓶座

2006年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

最新記事
2007年09月22日  引越しました。
2007年09月22日  ガンバレ!!球児!!
2007年09月19日  早く解散せよ。
2007年09月12日  安倍総理辞任。
2007年09月09日  遂に覚悟を決めたか。

過去記事
2007年09月
2007年08月
2007年07月
2007年06月
2007年05月

カテゴリー
日記(59)
小泉政権(22)
ブッシュ政権(21)
スポーツ(93)
本(61)
政治(168)
イラク・中東情勢(43)
社会(105)
安倍政権(40)
国際(6)
漫画(34)


2006年12月04日  造反議員、復党させる方もさせる方なら、する方もする方だ。
<自民党>郵政造反11人の復党正式決定 党紀委で満場一致

 自民党は4日、党本部で党紀委員会(笹川尭委員長)を開き、郵政民営化法案に反対し同党を離党した堀内光雄元総務会長、野田聖子元郵政相ら無所属議員11人の復党を正式決定した。11人については、郵政民営化に賛成する誓約書など執行部が提示した復党条件を満たしているとして、審査の結果満場一致で認められた。誓約書の提出を拒んだ平沼赳夫元経済産業相は審査の対象外となった。
 安倍晋三首相(総裁)は党紀委後の同日夜、党本部総裁室に11人を呼び、郵政民営化を含む政権公約などの実現に向けて改めて協力を要請、同意を得た。この際、11人のうち4人が誓約書に違反した場合の対応を「議員辞職する」から「自ら身を処す」と修正していたことについて、中川秀直幹事長が「同じ趣旨か」と質問。4人は「その通り」と答え、違反した場合の議員辞職を確認した。
 堀内氏は「首相から『しっかりこれからも一緒にやっていこう』という話をいただいて、非常に力強く感じている」と記者団に語った。11人の復党で同党所属衆院議員は305人に増え、衆院議員480人のうち3分の2に迫る勢力となる。また、来年の同党への政党交付金は約2億5500万円増額される。
 また党紀委では、郵政法案に反対し党員資格や党役職の停止(いずれも1年、執行猶予が2年)となった参院の造反議員18人についても、執行猶予期間を1年間短縮し、10月27日付で処分を解除した。
 党紀委に先立ち、安倍首相は首相官邸で「最終的には総裁として、私が責任を持って判断した。批判は甘んじて受けるが、新しい仲間を受け入れ政策を推進させていくことによって国民の理解を得たい」と記者団に語った。
 復党を求める落選議員については、来夏の参院選への対応をにらみながら調整を進める。中川氏は党紀委後の会見で「参院選の作業を考えれば、年内から来春の早い時期に調整をしていく」と述べた。このうち藤井孝男元運輸相が参院岐阜選挙区、衛藤晟一前衆院議員が比例代表での出馬を検討している。【中澤雄大】
(毎日新聞)


国民をコケにしているとしかいえない、自民党の復党劇だ。
国民はこの怒りを来年の統一地方選、参院選までシッカリ覚えておかなければならない。
「のど元過ぎれば熱さ忘れる」は日本人の悪い癖だ。
忘れてばかりでは、いつまでも与党にバカにされっぱなしだ。
この怒りを選挙で晴らさなければならない。


【喜】 ベネズエラ大統領選、反米左派・チャベス氏が3選

 【カラカス=中島慎一郎】南米ベネズエラ大統領選は3日投票され、即日開票された。

 中央選管の発表(開票率78・3%)によると、反米左派のウゴ・チャベス大統領(52)が61・4%を得票、野党統一候補のスリア州知事、マヌエル・ロサレス氏(53)に23ポイントの大差をつけ、3選を決めた。チャベス氏は同日夜、勝利を宣言し、ロサレス氏は敗北を認めた。

 1998年に初当選したチャベス氏は、大統領任期を6年に延長したうえで、連続2期までと規定していた憲法を改正し、2000年に再選された。

 チャベス氏は石油価格高騰を追い風に、輸出量世界第5位の石油収入を投じ、貧困地区での医療無料化や教育支援、食糧援助などの社会・経済政策を推進した。
(読売新聞)


ベネズエラ大統領選でチャベス氏が当選した。
引き続き、アメリカのネオラテラリズムと戦って欲しい。
しかし後継者の育成も、早めにやっておいた方がいいだろう。

PM 10:46:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [政治]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp