**********
`

2006*12*
SMTWTFS
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2006年12月13日  たそがれ清兵衛
先日の、「隠し剣孤影抄」に引き続き、
ヒトケタ氏からお借りするの巻。

こちらも短編集です。
で、いまのところ「たそがれ〜」だけ読みましたが、
とりあえず、原作と映画は随分と違うご様子です。
「隠し剣鬼の爪」も相当違っていたので、
また、藤沢周平の世界と、
山田洋次のヒューマニズムがコラボしているのでしょう。

それはまあ置いといて、
ほんとに読みやすいし面白いです。

散々書いているかと思いますが、
私は時代劇が不得意で、
斬り合いの描写を読むのさえ、
ほぼ拷問なんですけど、
気にならないくらい秀逸なんだと思います。

剣の達人の話なんですけど、
極力生々しさを排除して、簡潔に描いていて、
斬るに至るまでの主人公の心の動きに、
共感したり、切なかったりするので、
残虐さも抑えられていて読みやすいのかも。

おかげで、
司馬遼太郎の「暗殺」とかホント、
テーマがテーマなだけにほんと大変でした。
(色んな暗殺事件の短編集、何で読んだんでしょう?)。
他の司馬作品も、持ってはいるんだけど、
いまいち読みすすめられない。
基本的に世の中を変えるために、
どんな殺り方も辞さない、
みたいな人が多く描かれてるので、
描写も華麗で心情も共感しにくいんですよ。
大げさに言うと、
「首がポーンと跳ね上がった!」みたいな。

ほんとこの二人は描写とか世界観が、
対極にあるんだなって、
まあどちらの作品もロクに読んでませんが、
思ったりします。
あとは好みですよね。

自分は藤沢寄りかなってことです。

で、ヒトケタ氏に、
「次は「武士の一分」が載ってるやつ貸してくださいねー」
と、軽く言ってみたら、
今日デスクにもう上がってました。
来週頭の帰省の新幹線の中は決まりだな。

ちなみに、
数えてみたら、
今年は、キャシどんのこととかあって、
来週と、年末入れて7回くらい帰省することになるんす。
通常の2〜3倍です。

それでもフジアニの帰省1回分と、
交通費同じくらいみたいです。
九州って遠いね・・。

ちなみに、
秋男氏は、マサル氏と、
一緒に誕生祝したいそうです。
差し支えなかったらお伝えください。>フジアニ。


PM 10:47:29 | Comment(13) | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp