**********
`

2006*5*
SMTWTFS
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2006年05月08日  イイ!
本日、「男はつらいよ17」を鑑賞。
私、「男はつらいよ」選手権とかやったら、
20代の部で、結構イイセン行くんじゃねーの?
とか、ヒソカに思っているんですけど。

いやー。
17作目、最高。

てのもね。
先ごろ、NHKにて寅さん人気投票が行われたそうで、
今作が2位だったんだって。
(1位は第一作目)

で、私はこの17作目は前にもみて、
良かったなーっては思っていたんだけど、
今日改めてみて、大納得。

従来の
「旅先のふれあい」
「とらやでバタバタ」
「マドンナとのロマンス」
寅さん基本ストーリーパターンを踏襲しつつも、
宇野重吉がほぼゲスト主役のようになっており、
そこにマドンナ太地喜和子がからんで・・・。
ついでに今回はあのタコ社長に油断するとうっかり惚れます。

でね。
刺身のツマのごとく、出るわ出るわチョイ役の嵐、
大滝秀治、寺尾聰(そっくり!)、佐野浅夫、桜井センリ、佐山俊二、久米明、岡田嘉子(!)・・・

と、多牌すぎないか!?と思われますが、
最後はしーっかり寅さんが締めてくれるのよ。
もうねえ。
正直解説するのももどかしいです。
悪いことは言いません。絶対見るべき。

で、なんつってもあーた、
この第17作目の最大の魅力は、
太地喜和子さん扮する、芸者ぼたんサマに着きます。
おっそろしく美形でもないし、
惚れた男に大金つぎ込んで騙されちゃうんだけど、
ジメジメしてなくって、
最高にイイオンナで、
私のような婦女子視点でも最高に可愛いオンナを、
完璧に演じています。
私はこのような女性になりたいなって思いました。
(プライベートの太地さんは苛烈だったようですが・・・)

私のマドンナランキングでも、
今のところリリーさんと並ぶ勢いです。

てなわけで、
寅さん、だっせーとかワンパターンとか言ってる人達とは、
私はつくづくお友達になれそうにないなーとか、
常々思っている次第なんですけど、
第17作は、第1作と並んでみてもあんまり後悔しないと思います。

ちなみに第1作目は、
全てのはじまりになっているーということと、
オリジナルおいちゃんの森川信さんの気のおけなさ、
博の父の、名優志村喬さんの温かさ、
なんつっても倍賞智恵子嬢の、
寅さんのマドンナって結局さくらなんだよなーっていう麗しさ。
などなどこちらもたまらんことになってます。


特に!!!
ダビングしたからいつでも観れるーとか言ってた、
秋男氏!
絶対絶対観なされ。
ついでにキヨコさんも観なされ。

PM 08:38:45 | Comment(0) | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp