**********
`

2006*3*
SMTWTFS
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2006年03月20日  300円也
本日職場にて
最低3回は「疲れた」って言った気がするので。
(cf.前日記)

そんなことはさておき、
東野圭吾 「容疑者Xの献身」

最新の直木賞受賞作でございます。
ここのところ、
東野圭吾氏の作品は
あんたファンでしょってくらい、
立て続けに読んでいまして、
こちらも満を持して手に取ったわけですが、
いやー、もう。
2日で読了です。
ホント、容疑者Xの献身なんです。
いやー、もう。

でね。私は宮部みゆきさんも好きなんですけど、
直木賞受賞作が、「理由」で、
受賞漏れが「火車」って納得いかんわけですよ。
ってこれは方々で語りつくされていることなんだけど、
ちなみに、
長い長い殺人」で、そのことについて素晴らしい解説が掲載されているのでどうぞです。

で、今回の東野氏は「白夜行」で受賞漏れだったわけで、
今回6度目の候補での受賞だったそうなんですけど、
こっちの方が何となく腑に落ちるなって感じがしたのでした。
うーん。わかりずらい。
「えー、理由で取るんなら火車で良かったじゃーん」てのと、
「あー、白夜行も捨てがたいけど今回の容疑者Xは文句なしだぜ」
ってな微妙なニュアンスの違いでございます。

念のため申し上げますと、
どの作品がどう、っていうのはあくまでも個人の好みですからね。
ましてや、東野氏と宮部氏を秤にかけたりはしていないので、
あしからず、という感じです。

どうやら昭和ヒトケタ助手氏も東野作品をいたく気に入ったご様子。
今読んでいるのが終わったら、
分厚くて仕方がない文庫版「白夜行」を読む!と
張り切っておられます。

巧い作家ってのは年代選ばないんだなってつくづく。

この休日はちょっと本の整理もしよう。

PM 08:04:29 | Comment(0) | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp