**********
`

2006*1*
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2006年01月25日  タイムパラドックス
「タイムマシンによって生じる矛盾のこと」
だそうです。

コドモの頃1回は、
机の左側の長くて浅い引き出しのなかが、
万が一タイムマシンだったらなあとか思ったよねえ。

そもそも、
ドラえもんの
「このままでは
のび太君の孫の代は大変だー
だから来たー」
っつう、
コンセプトがタイムパラドックスだもんねえ。

のび太君のパパの初恋は、
疎開先で出逢った女の子なんだけど、
実はその女の子は、イロイロあって髪の毛伸びちゃった
のび太君だったり、

エスパー魔美の、パパとママの出会いのきっかけは、
実は魔美が作ったものだったり、

考えれば考えるほど、
ん?どーゆーこと?とドツボにはまるんですけど、
この手の話は見入ってしまいます。

「バックトゥザフューチャー」なんてさ、
特に1なんかさ、
行った前後で生活レベル変わり過ぎだかんね。
戻って来た時点でマーティ(だっけか?)の記憶も、
リッチマンの家庭に生まれ育ったという刷り込みが
きっとされているに違いないのだけど、
ん?ほんとに?ってやっぱドツボなんだよね。

てなわけで、
まあタイムマシン物ではないんですけど、
日テレ系水曜10時の
「神はサイコロを振らない」原作本、
先日読了致しました。

表紙説明より、
「かつて、忽然と消息を絶った報和航空四○二便YS11機が
突如、羽田空港に帰還した。
しかし六十八名の乗員乗客にとって、
時計の針は十年前を指したまま……。
戸惑いながらも再会を喜ぶ彼らと、
その家族を待ち受けていた運命とは??。
歳月を超えて実現した愛と奇跡の物語。」

だそうです。
ドラマとはキャラ設定はじめ大幅に変えたりしている様子。
こっちはこっちで、
ちょっと難しかったり読みにくかった部分もあるんですが、
概ね没頭して読み終わりましたとさ。

うーん。
やっぱりこーゆー話嫌いじゃないかもー。

ちなみに、
東野圭吾の「時生」もいいです。
タイムパラドックス物としては、
「神は〜」より、感動しつつ読めます。

なんかさ、
今までの人生であった無数のエピソードでさ、
1回くらい、知らないうちに、
時空を超えて来た人と関わっていたかもしれないよ?
とか考えると、ちょっとロマンですよね。

アタクシの場合、
山形の学校受けるときに、
アタクシの受験票をさ、
時空を超えて来た私の子孫とかが、事務の人に化けて、
わざと隠してさ、
受験番号未記入状態にしたんさ。
それでアタシ今に至ってるんさ(詳しくはこちらの日記

とかナントカ考えたりして、
ちょっといいなあって思うから、
この手の話はやっぱり好きです。

***********

もちろんドラマの「神は〜」も喜んで追いかけまする。
実は中学の頃くらいから、
おこがましいことながら、
小林聡美さんに似てるってたまに言われたりしなくもないので、
好きな女優さんなのですよ。
しかも旦那さん三谷さんだしね。

***********

やはり、やたら三十路を強調したお祝いのコトバが多いなあ。
年上の方から、やたら早くこっちこいコールが、
フジアニ・オキク・中野お○ま・・・

***********

秋男氏とキヨコさんは、
明後日有頂天ホテルを見に行くそうです。
2人揃ってコメント欄に感想書くこと!
なーんつって。

PM 09:42:54 | Comment(4) | [テレビ]

2006年01月25日  いやはや
今朝方の日記で、
落ち着いていきたいと書いたばっかだと言うのに
誕生日だというのに、

もともと最忙の火曜日で
ここ最近で
最もバタバタな仕事日だったのでした。

で、スッタモンダがありまして(古っ!)
日々反省日々向上な仕事人であろうと
改めて思ったりもしました。

で、
三谷幸喜だよ。
THE有頂天ホテルだよ。

先のスッタモンダも緩和させてくれて、
有頂天かどうかはわかりませんが、
観た後、とても幸せな気分になりましたで。

映画における三谷幸喜さんの作品では、
過去最高と思われる出来で、
尚且つオールスター映画ですからねえ。

私、コレDVD間違いなく買うんですけど、
三谷さんの作風で笑える方は、
「どうせー、マニが買うからー、借りよー」
とか思わないで
是非是非劇場で観るべきかと思われます。

てなわけで、
秋男氏、キヨコさん、
絶対劇場でみて、前の晩はしっかり寝て、
二時間集中してみてください。
そして感想を私に教えるように(命令ですから)

で、映画後はケイちゃんと、
いつものタイ料理屋にて、
とうとう29だよーと言いながら、
互いに、身の回りの幼なじみ達が、
根こそぎ名字が変わっていく気配があったりして、
もうやんなっちゃうわねえって。
その割には、なんも鬼気迫るもんがなくてね。
で、電撃結婚する際は、
ショックを最小限に抑えたいので、
そっと教えてねっていう約束もしたりしましたとさ。

とにもかくにも、
なんか浮き沈みあったんですけど、
いい誕生日を迎えられたなあーなんて思いました。
傍目には淋しい人かもしれませんが、
私は結構幸せです。

***************
メールならびにプレゼント、
お気遣いありがとうございましたー

AM 04:01:24 | Comment(15) | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp