**********
`

2004*8*
SMTWTFS
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2004年08月31日  旅行写真
ちょこちょこのっけてみる。

1微妙な宿からの絶景。
2 シカさん
3 大仏さん
4 仁王さん「あ」
5 仁王さん「うん」
6 デジカメに夢中な秋男氏。コレは3日目の格好なんだけどね。

このくらい小さいならオッケーっしょ。

AM 12:46:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ジッカ]

2004年08月30日  家族旅行  その4
オリンピック終わってもうたねー。夜が長いわあ。

私の布教活動の成果なのか、昨晩の男子バレー決勝の際、
ミソさんと、母・キヨコさんからお電話をいただきました。

私のリマ(図々しい)は、全く出番なかったけど、
(その前まではちょくちょく出てたのよ)
そして多分今回で引退なのだけど、とっても喜んでいました。
そしてとても良い試合だったのでした。
ちょっと面白かったのは、
優勝の瞬間はしゃぎすぎて、主審のネット上に立つ選手がいたのと、
ブラジル応援チームのなかに1人、サンバカーニバルな人がいたことです。
アレ、日本における、キンキラおじさんみたいな感じかしら。

-----------------------------------------------------

京都から近鉄線の奈良駅へ。
とりあえず、電車に乗ろうとしたところ、
ケータイをいじってた兄が一言。
「これ、特急と普通じゃ30分違うんだけど」
「そーゆーことは調べてないわけ?」

この間、私と父母が交わした言葉。
「お腹すいたー、アタシ朝からなんも食べてない」
「お父さんアイス食べようかー」

説明しますと、
今回の主賓は父・秋男氏。
今回の旅は秋男氏の行きたいところをピックアップして構成。
母・キヨコさんは宿の手配。
まあそれらに至る細かいことは行けば何とかなるって感じだろうか。

そこらへんが、カラダの半分以上が合理性で出来てるような兄としては、
許せなかったわけで。

私達は急遽特急チケットを購入し、乗車変更をしたのであった。
多分ここからだ。
ガイドブックとにらみ合う兄。
まるで荒行のような旅のはじまり。

一応フォローしておきますと。
父も母も私のように、他人任せでなるようになるさーという、
ガサツな人たちではないのです。決して。
家庭外のところでは、結構きちきちしている人たちなのだと思われます。
そしてDNAとは不思議なもので、
きっちりした性質は、全て兄へ。
なるようになるさーといった性質は、全てアタシへ。
もう少し配分良くならなかったものかねえ、父母よ。

まあそんなことはおいといて、奈良到着。
ガイドブックに載っている、今はやりの赤米などを駆使した
懐石料理みたいな店へ。結構なお味でした。
一口箸をつけ「あっ!やべっ」と写真を撮る父と兄。

そう、この旅のおかしいことといったら。
父・母・兄。デジカメ3台装備。写真とりまくり。

で、一泊目の宿へ。
これがまた、まあ安い部屋だったようで、微妙に狭いし、
微妙に古かったのだけど、
窓から興福寺の5重の塔と池が一望できて、
まあ、この眺めでよしとしようという感じでした。

で、ちょっと一息ついたところで、秋男氏待望の奈良堪能その1。

奈良といえば、東大寺、興福寺、奈良公園。
先述の通り、全部徒歩圏内だったのねえこれ。

仁王像とか大仏とか阿修羅とか。
普段信心のない私でもなんというか静寂な気持ちになってみたり。
やっぱ大仏でかいねーと思ってみたり。
奈良とかって、中学高校時分より、今行った方が多分面白いんだろうなあということを思ってみました。

で、私としては、奈良に来て秋男氏にいちばんやってもらいたかったことは、
「奈良公園で、シカにせんべいをあげる」だった。
絶対これでしょ。

秋男氏だけでも良かったんだけど、アタシもしかせんべい購入。
秋男氏もご満悦の様子。良かった良かった。

ちなみに、お盆限定なのかしらんけど、
興福寺、東大寺など、この3日間限定くらいで、夜ライトアップしてたわけですよ。
これがまたキレイだったのねー。
あと、燈台っつって、なんか道々、灯りが置いてあってこれらもキレイでした。
まあ、ライトアップ大仏はどうかと思ったけどね。

この日も猛暑猛暑で、皆でカキ氷頼むくらい暑かったんですが、
なかなかステキな一日目でしたわ。

この日、キヨコさんの万歩計によると2万歩。
10キロくらい歩いた計算になんのかしら。
私が最近覚えた足マッサージを父母兄にも施すと、
足指パッチンってやった際、
一番女子高生な叫びをしたのは、秋男氏でありました。

まあ、秋男氏がいちばん普段歩いてないだろうからねえ。

で、10時くらいには、父母はやくも就寝。
私は、まあ何となく半テレビ半寝。五輪開会式だからねえ。
探偵ナイトスクープが、しっかりした時間帯にやってました。さすが関西。
その横で、兄はひたすら明日のスケジュールを黙々と組んでいたのでした。

そして明日はどんなことになるのか…。

詳しく知ってるのは兄だけ…。

------------------------------------------つづく----------

あーやっと一日目が終わりました。
もうあん時五輪開幕だったんだよなあ…。

PM 10:52:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ジッカ]

2004年08月25日  家族旅行  その3
その前に近況を。

今週より下半期実習開始。1人ひとまず来たけれど、
3日みて第一印象がよろしくないんだなあ。

このイメージで始まってしまったのはしんどいなあと思ってるところでして。先長いし。
また、これが、指導者としてイヤなのか、同属嫌悪的にイヤなのか、
その両方でイヤなのかで悩んじゃったりして、ぐったりするんですけどね。

まあ、同業藤兄とかボンバビン・キムさんに愚痴メールを送ってみたり(ザ・迷惑メール)、
これ以上事態が冗漫なものにならないように、
恐らくハラハラして見ているであろう助手に事前注意して予防線をはってみたりと、
再びハゲるのは冗談じゃにゃあので一応対策は講じています。

実習って、指導しているフリして(フリかい)、逆に教え鍛えられるもんなのよねえ…、としみじみ思っています。

あと、来月帰省する際に、まさしく私が実習でお世話になった方であり、
この業界ではいちばん敬愛する方とお食事することになったので、
当時の自分のことや、ハゲないにはどうすればよいか、とか、
いろいろ聞いておこうと思っているところなのでした。

まあ気をとりなおして、その3いってみよう。

-----------------------------------------------------------

新幹線車中。何のことは無い指定席である。
母・キヨコさんは、グリーンでと、お願いして切符を買ったらしいが、指定席だったらしい。
こんなことってあるのだろうか?

普段移動できるのなら、デッキでもいいやっていうアタイは、
周囲に「人生最初で最後のグリーンだよ〜」とさんざん吹聴していたので、
さてどうしたもんかといった感じであるが、
このお盆真っ只中に座れるだけありがたいということでよしとしよう。

すると隣は、小学校中〜高学年あたりの少年。
ホームには母親の姿が。
奈良県の友達のところに行くらしい。
京都駅のホームで友達が待ってるということなので、
まあ間違いは起こらないとは思うが、
ウチの家族に「この子をよろしく」みたいな挨拶があったそうで、
この親子にしてみたら、ドキドキ少年一人旅!夏休み大冒険!といったところだろうか。

「一人旅?ドキドキじゃーん」とついつい声をかけると照れ笑い。
そして取り出した文庫本は「十五少年漂流記」。
読書感想文の本だろうか?
しかもサッカー少年。
行きがけにもらった「日本、パラグアイに敗北」の号外をあげると、
礼儀正しく折りたたんでリュックにしまったりして。

へー、今日日こんな健全な少年がいるのねー、と、
おばちゃんは微笑ましくなってしまったのでした。

まあそんな少年を隣に、
通路を挟んで父・秋男氏とケータイオセロ対決開始。
正直、ちょっと、いや、相当勝てると思ってたが敗北。
やっぱり家庭内呪縛は解けないままであったー。ぐやじー。

だってさー、秋男氏さー終始「参ったなあ」とか言ってさー。
ボケたフリしてさー。
ウチのキャシー(イヌ、実家で留守番中)もよくやんのよ。
縁側に登れない弱ったフリ。で、かまおうとするとキバむくの。
それをちょいと彷彿させられましたよ。恐るべし秋男氏。
「いやー、やってるウチに思い出したよー」とのことでした。
やっぱりぐやじー。

で、ちょっと疑問だったことをはっきりさせるべく、父母に問うてみる。
「家族4人だけの泊まりがけの旅行はいつ以来か?」
答えはよくいったよー。温泉とかー。とか言ってるが、
もっと思い出してみると、私をだっこしていた頃のことのようだ。
そりゃ記憶にないわ。

まあ、そうこうしているうちに京都到着。

隣の健全少年も無事友達および家族と再会できたようでお別れ。
まんずよかった。

そして一路奈良県へ!秋男氏初上陸!

ここからは、全て計画通り!のはずが…!?

----------------------------つづく-----------------------

PM 11:10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ジッカ]

2004年08月19日  バクバクですよ
今日は旅行記はお休み。

オリンピックでアタシのキャパシティはいっぱいいっぱいですよ。


私の最初のオリンピックの記憶はおそらくロサンゼルス。
カールルイスもそうだし、
山下が怪我しつつ金メダルをとった映像は、
なんとなく家のテレビのリビングの風景と共に記憶がありますやね。
家族揃ってみてた。
あの頃うちは緑のじゅうたんでした。

ちなみに体操でいっぱい10点満点をとった具志堅選手が、
余韻も醒めないうちに高校野球で母校が出たらしく、ゲスト解説者で出ていてビックリした記憶もあります。

1984年ですよ。7歳、小2?
その前の1980年モスクワはボイコットしているそうなので、
こう考えると、
アタシはアタシの人生で行われているオリンピックは全部みているわけですね。

それもこれも、オリンピック好きな父秋男氏と母キヨコさんのおかげなんだけど。

ちなみにここのパナソニックのサイトで、ロス以降の過去のオリンピックの
映像がみられるようです。

http://www.panasonic.co.jp/olympic/jp/

なんだか時代を感じますよ。
20年近く前のオリンピックでは、
外人とは体格が違うもんねーなんていう会話が当たり前だったわけで。

そうなんだよね。まあ日本を中心に見てしまうわけですが、
まずメダル最有力といわれとれなかった選手がいて、
ノーマークで取れてしまう選手もいて。
4年に1回にピークを合わせることの難しさだったり、
普段日本人としての誇りなんて考えないような大多数の人たちに、
日本を背負わされるっていうね。
出るだけでも大変なのにねえ。
と言いつつ、私も相当熱視線をテレビに向けているわけなんですけど。

スポーツなんて普段積極的にはバレーボールぐらいしかみなくて、
なかでももっとも気になるのは男子バレー。
さらにはブラジルファンっていうとんでもない非国民な私が、
4年に一回日本人を純粋に応援するオリンピック。
深いなあ。そしてゲンキンだなあ。

と、わけわからんくなってしまいました。

しかしさ、高校野球とかもそうなんだけど、
カメラマン、観客絶対タイプの美人をよく映してるなあ。


PM 11:32:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [テレビ]

2004年08月18日  家族旅行  その2
旅行記も書きたい一方で、すっかりオリンピックバカな毎日です。
オリンピックに集中したいから、仕事を休んでいいか助手に聞いたら軽く呆れ&怒られました。

とりあえず、男子バレー、ブラジルチーム。決勝まで、せめて3位決定戦まですすんでください。
今はネットで結果をみているのみですっかり欲求不満です。
昨日のイタリア戦なんで、フルセットの末第5セットが33−31だなんて。
生殺しじゃないですか。絶対みたいじゃないですか。
今から全試合ブラジル戦見せてくれるのなら、アタシは、野球やらソフトやら、
女子バレーとか水泳さえも見なくていいのに。

そして、今日の男子柔道の泉が準決勝いけるかーっていう、
あと1分半くらいで終わるって言うときに中継をぶっちぎったNHK、ふざけるな。
受信料返せ!(私は払ってない)

そして、古賀アンド谷本!アンタ達、Qちゃんと小出監督並にセットで出すぎ!

それと高校野球福島県代表の聖光学院!逆転サヨナラ3ランって…。お疲れ様でした。


さて、気をとりなおして旅行記その2

-----------------------------------------------------------
自宅からの最寄駅到着。
ロスタイムはあったものの私の予定では15分前には到着。
十分である。

と、思いつつホームに下りると、何か様子がおかしい。
世間はお盆休みだというのに、妙に人が多く、人の動きが滞っている。
不思議に思いつつとりあえず止まっている電車に乗ってみる。
すると車内放送。
「ただいまー京浜東北線は、大宮駅で車両点検をした関係で、運転を見合わせて……出発は…未定…」

軽く意識を失いかける。漫画だったら顔に縦線だよ。

その間、郡山から東京に向かっている最中の両親からメールが。
「今大宮、もうすぐだね」
ああ、娘はいとも簡単に抜かれてしまいます。
それどころか、動いてすらおりません。
一応「電車が止まってるー」とだけ返事。
きっと両親も漫画だったら顔に縦線。

そして10分近く経って電車運転再開。私の脳内では40分くらい待ったような気がする。
もちろん電車は混雑。
腕がガラスに押し付けられ、それが汗ですべるくらいの車中にて、
走馬灯のようにイロイロな思いが去来。

引き返さずにビーサンのまま出かけていたら、一本早い電車に乗れていたのではないか?
指定席だから、コレ、乗り遅れたら払い戻ししてくれないんじゃないのか?

そして、何でこんなことになるんだ?
こんなことがあっていいのか?

実質はじめてと言ってよいくらいの記念すべき家族旅行なのに。
本当なら、両親としては、この旅行は10年くらい前に想定していたものではないのか?
しかし、その間、娘がチンピラ生活をしていたり、
娘と息子が流血喧嘩を起こしたりと、阻害してきた要因はほぼ私だ。

そしてようやく、実現した、というときに、また娘が電車に乗り遅れる、
こんなことがあっていいのかー。
ああ、度重なる不孝をお許しください。
と、多少オーバーだが、こんなことを考えたりもしていた。

そして一駅ごとにケータイで到着時間を確認したり、
乗り換え時のロスタイムが発生しないよう、新幹線のチケットを既に握り締めたり、と、
たまに止まってしまう電車にドキドキしながらの40分間。

そして東京駅到着。
ともかく走る走る。

すると、思いのほか、早く新幹線のホームに到着。

実はこの時の私は最早冷静さをすっかり欠いており、
東京駅乗換えなのだけど、イメージとしては、上野駅での新幹線乗り換えを想像。
あのちょっとわかりにくくてすんごいエスカレーターを上るイメージね。
下手して迷ったら、新幹線のりばまでの異動に軽く10分はかかるぞ、これ。
ああ、やばい。どうしよう、鼻先でドアがしまったら。
ああ、軽く泣きそうだ。

と、思っていたんだけど、東京駅は乗り場が近かったのねー。
とは、いっても乗ったのは出発7分くらい前だったかな。ドキドキだったのは変わりないんだけどさ。

父秋男氏の「ああ良かったー」の安堵の声、
安堵のあまり、「置いてったらどうしようって思ったよー」と、
母キヨコさんの目にはうっすらと涙が。

1人冷静な、兄は「自由席なら同じきっぷでも次の電車乗れたけどね」とニヤリ。
まあ、心配してどうすればよいのか留守電をいれてくれていたようだ。

てなわけで、東京駅出発を前に早くもすわハイライトか!?ぐらいの異様な幕開けだったのでありました。

出発前からこの密度、まだ旅ははじまったばかり…

---------つづく-----------------------------

PM 08:09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ジッカ]

2004年08月16日  家族旅行   その1
8月13日(金)
-------------------------------------------------------
七時前
朝、母からデンワをもらう。
昨夜は藤兄はじめ同僚とお食事していたこともあり、何にも準備せず。
まあ、大抵は宿にあるだろうしと、ハンドバッグ一個。
そして高をくくってゆったりしていたら、思いのほか時間が経ってしまう。

新幹線の時間は9時半。チケットは秋男氏が職場に送ってくれたのでこちらにある。
いかんいかん、早めに着かねば。

多少余裕を持って出発。
1分歩いて不安。
「アタシ…ちゃんとカギ閉めたかなあ」。
こーゆー時は大抵閉まってるんだ。そして、そんなこと思わないときに開いていたりするんだ。
とは思っても引き返す。
やっぱりかかってるよ。

安心して再出発。
3分歩いてはっと気づく。
足元をみるとビーチサンダル…。
昨夜母、キヨコ氏に言われた言葉が去来。
「汚い格好してこないでね」
あー、どーしよー、結構いい時間だしなー。そのまま行ってしまおうか…。
キヨコ氏に最初はイロイロ言われるだろうけど…。
と、迷ってはみたもののやはり引き返す。

お気づきだろうか、ここで10分近くのこのロスタイム。

ちょっと焦りながら駅へ急ぐ。
まあ間に合うけどね…、と、駅に着いたら思いがけないことが…!?

------つづく-------

AM 07:59:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | [ジッカ]

2004年08月11日  家族標準
いよいよ、明後日、まに一家空前絶後のイベントが。

その名も秋男氏還暦記念旅行!
行先は奈良。
秋男氏、なぜだか奈良県に今まで縁がなかったそうで、
大仏やら奈良公園やらメジャーどころを行くんではないかと思います。
そして、アタシ、人生最初で最後のグリーン車に乗っちゃったりなんかしちゃったりするらしい。

家族水入らずでどこかいくなんて、
墓参りとかー、親戚のうちに行くとか、
そういったたかだか数時間のこと以外では、殆ど記憶にありません。
んー、大昔動物園でチンパンジーがフン投げてっていう、
幼稚園あたりの記憶がかすかに…。

いや、温泉とかは、親戚や仲良しのご家族と一緒とか、
そーゆーのはあっても、
家族だけでっていうのはねー。
まあアタシの自立が遅かったりとかそういう諸事情もあったりなんだり。

まあ、ややドキドキなんでありんすが、
外の世界を知って、ウチの家庭が何か違うことに気づくってよくあると思うんですが、
私の場合特に3つほど。

一つ目 、手先
私は外の世界だと手先が器用だと言われるんですが、
内に入ると、「まには家族一不器用」と言われ育ってきたこと。
まあ家族一不器用なのはホントなんだけど、
周りからは「どんな家族なんだー」と言われます。

二つ目、ご飯の呼び名。
我が実家では、
夕飯の献立を母親に聞くとき、「今日何ゴハン?」と聞く。
(恐らく言いだしっぺは兄)
たとえ、献立がパンでも、麺でも、カレーでも、何でも何ゴハン。
高校のとき私が「今日は何ゴハンかなー」とつぶやくので、
同級生は、毎日あじご飯だったり、豆ご飯だったりすると思っていたらしい。
通常は「ご飯何?」らしい。全然ニュアンス違うな。

3つ目、勝負事。
前にも書いたと思うけど、我が家は昔から家族トランプを行っており、
手加減など全くなくシビアに点数が付けられているのです。
今思えば私はあそこで、「へこむ」ってことを覚えたような気が。
何回涙目になったことか。
で、へこむ、負けないようにアタマを使って頑張る、そして強くなる。
おかげで私は外の世界で結構トランプ、ゲームなどは強い方に入るような気がする。
真面目な話、今日日のきれやすい子ドモさんには、トランプをおすすめします。

と、相当話がとびましたけれども、
私はまあ結構オセロが強くてですね、
たまにしか負けたことがないのですよ。
パソコンとかケータイについてるやつも、ハイレベルでもクリアできるくらいに。

しかーし、家族では勝った数の方が少ないわけで。
今度リベンジできるかなーなーんて企んでるわけです。
あー、でも負けるだろうなー。そしてへこむだろーなー。

と、家族旅行を前にいろいろ思い耽る今日この頃なのでしたー。

AM 12:34:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [ジッカ]

2004年08月05日  つれづれ
イロイロ羅列

・藤兄に受けてもらった学生。なかなかのツワモノというか、イマドキの子というか。
その子に限らず、時代が変わってきてるというか、舐めてるというか。
藤兄、相当ストレスフルな感じ。
若干当時ハゲ祭り真っ只中な自分を彷彿。
勉強面ならともかくさ、
いわゆる社会人としての常識を教えるのにげんなりするんよね。
人に注意するってホントエネルギーが入る。
しかも上の立場からってのがね。
そーゆーのがしんどくない人がきっと出世街道に乗るんでしょう。
まあそれも明日で終わり。藤兄、ホントありがとう。
何週間かあとにはまたはじまるんだけどさ。
なんだかんだで毎週ゴハン食べてたりするんだけど、ホントオツカレ様でした。


・秋男氏から荷物が届きました。
DVD-Rとかも入ってたんだけど、後に電話。
「お前DVDレコーダー持ってないのにR送っちゃったよー」
秋男氏…、今年の誕生日で買ってくれたじゃないですか…。
そしてメールはいつも秋男氏セルフポートレート添付。
秋男氏、還暦過ぎてますます冴えてきてる予感です。

・昨日みた「さとうきび畑」。
仲間由紀恵。いつの間にいい女優さんになっちゃって。
そりゃ大河の主役に抜擢されるねという感じ。
なんだか、和久井映見が出てきたころとかぶる。
2人とも何気なく下積みが長いしね。
恐らく他の女優さんと一線を画しているとしたら、
何やっても清楚で古風なところなんだろうなあ。

・えーと、部屋はやはりまだまだです。
明日ドライブという噂だから、今から朝までやって、
ハイテンションで仕事〜ドライブと乗り切りたいものです。
今日ちょっとお酒飲んだんだけどね。

まーそんな感じ。

AM 12:16:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | [ナカヨシ]

2004年08月03日  8月だよ
早えー。

だってさ、今月終わったらよー、今年3分の2終わるんだぜー。
もう残りの月の方が少ないんだぜー。
なんか、徒に時が過ぎてく感じよ。

いかんよ。荒んでる場合じゃないよ。
ワーカホリックな場合でもないよ。
いろいろ煩わしがっている場合じゃないよ。

あー、アタシはアタシ。流されないように流れよう。


PM 10:58:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [デイリー]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp