**********
`

2004*3*
SMTWTFS
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2004年03月01日  元気な映画
アカデミー賞。ビデオ撮って今みてます。
同時通訳って興ざめだわー。
しかし、アタシ英語できないからねえ。仕方ないわー。
で、字幕版も今追ってみてます。
でも、字幕版になると、細かい賞がカットされてね。
スターのスピーチもはしょられて。

奇しくも、
渡辺謙さんやら、たそがれ清兵衛やら、受賞を逃したなか、
我が職場では、
渥美清の「喜劇 団体列車」を上映してました。

この映画、渥美清、寅さんの前だと思うんだけど、
相変わらず渥美清は振られてましたよ。
そして、何がびっくりって、
一回肥溜めにはまり、二回海に飛び込んでました。カラダ張ってるー。
お母さんのミヤコ蝶々とか、ってアラ寅さんと同じじゃない、とか。

ちょうどその前に、テレビの予告編で、
だんだん寅さん元気なくなってるなーっていう感じの頃の映像をみていて、
(満男が恋するあたりね)
ちょっと切なくなってみたり。

この「喜劇〜」シリーズ。
3部作らしく、昭和40年前後の映画なんですが、
普通に面白かった。

と、いうか、こーゆーテイストのモノが、
素直に面白いと思える日本人でよかったというか。

まあ、わたくし、やはり職業柄、
この時代の映画、相当知ってるんですけど、
「トラック野郎シリーズ」だとか「座頭市シリーズ」だとか「渡り鳥シリーズ」だとか。
おかげで、増えに増えて、レンタルビデオの会員証計4枚。バリエーション欲しいから。
その4枚を駆使して、こんなまず20代女性はレンタルしないだろうというものを借りつつ。

この頃の映画って、
見ていて思うのが、すっごいパワーがあるんですよ。画面に。
話は単純なんだけどさ、
まだまだテレビ劣勢だったり、
役者の力量だったり、破天荒さだったり。
なんだかやけに元気になります。

で、アカデミー賞の話に戻るんですが、
やっぱり本場は活気があります。
ホント映画の祭典という感じです。
日本のソレとは比べること自体が失礼よ。
(ここで、吉永小百合がなんぼのもんじゃい!と、
言うとウチのサユリスト秋男氏は下を向き、
アンチサユリキヨコさんはほくそ笑む)

私は、映画を見るときって、
ちょっと元気をもらったり、
よい感じの気分になりたい時なのですが、
アカデミーみたいな映画の祭典をみたり、
渥美清の素晴らしさをみたりして、
またちょっと元気になりました。

さて、あと2週間ー。
疲労はハッキリ言ってピークです。
しかし今週持ちこたえれば、助手も戻ってくるだろうし。
今日来た教官に、はっきり、アンタのとこ、
普通にまともなの、4人中1人だよ、
来年からはちょっと取れないし、取るとしても大幅に減らす!と断言したので、
ちょっとスッキリしましたとさ。

よし、頑張る...。

PM 08:27:58 | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp