**********
`

2004*3*
SMTWTFS
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    


*カテゴリ*
デイリー(242)
ワークス(140)
ヤマガタ(9)
テレビ(58)
マイニュース(74)
ジッカ(57)
ダイエット(51)
フクシマ(28)
キープクリーン(20)
ナカヨシ(40)
エンタメ(92)

*アーカイブス*
2007*01*
2006*12*
2006*11*
2006*10*
2006*09*

*コンセプト*
*ネーム*マニ
マニっていう、
カタギなチンピラの
ツレヅレって感じ

オヒマでしたらコメントを

2004年03月30日  体質チェック
たまたま仲良しの看護婦さんと話していたら、
あたくしのあまりにあまりな、不摂生不健康生活に呆れられ、
ちょっと知り合いの方に見てもらうことになりましたとさ。

まあそこは、エステに近くもあり、クリニックっぽくもあり、
かと言って、変な勧誘など胡散臭いこともなく、というところらしく。

冷え性・むくみなどの体質改善から、
ダイエットから、カラダのカウンセリングをしてくれるそうな。

その方曰く、
「カロリーメイトしか食わないような奴は、クソミソに言われる」とのこと。

こえー。

最近でこそ筋トレしてるけどさー。
結構たるんでるしさー。
ここ一年で、やせるハゲるしてるしさー。
食生活はそんなんだしさー。

どうなることやら。

とりあえず、診断は無料とのことなので、明々後日の金曜日に行くことになりましたとさ。

さて、お楽しみです。

どーしよー、体内年齢70歳とか言われたら…。
あー、ある程度覚悟しておこう…

PM 09:29:07 | [ダイエット]

2004年03月29日  かえってきました
これ、実は、火曜日に書いておりますが。

怒涛の、滋賀〜神戸〜大阪一泊2日の旅。

思ったこと。

・あたくし、関西圏、新幹線使ったのはじめて(夜行バスでしか行ったことない)。
しかしちょっと寝たらあと10分で乗り換えだった。
数年前は、ひたすらお金がなくて、時間ばっかりあった。
そして今は、お金はまああるけれど、時間があんまりない。そして体力もない(涙)。
カタギというか、大人になるって切ないものなのね…と、ちょっとだけ思いました。

・長浜は、ちょっとしたプチ京都みたいな感じでした。
町並みも好きな感じ。琵琶湖も見れたし。
そして、泊めてくれためでさん夫婦。
ベターハーフということはこーゆーことなのねー。と、
結婚とは良いものなのかもしれないなと、思ったりもしました。

・そして神戸。
キオさんに案内されて、中華食べて、雑貨屋さん行脚。
神戸の町並みはとてもよいですね。
こっちで言うところの、自由が丘とか代官山みたいな、敷居の高さがなく、
下北沢みたいな、雑多さもなく。

いいなー。神戸。住みてー。とか思ってみたりして。

・最後は大阪。
もうダッシュして、劇場へ。
たまたま譲っていただいたチケットがありまして。
キオさん一緒に走ってくれてありがとう。
芝居自体は、珍しい、超煮え切らないハナフサさんを実に2年ぶりくらいでみれたし、
前半眠くて死にそうになりつつも、見てよかったなあと思いましたとさ。

改めて思ったこと。
関西って近かったんだ…。
名古屋ってもっと近いんだ…(地理感覚ゼロな人)

今度はUSJ!USJ!
すいてるときに行きたいと思いますですのでキオさん、よろしくー(笑)

あとですね。プチ旅ちょっと気に入ったので、いろいろもくろんでは行きたいと思います。

なので、いろんな人。待っててね(抽象的ー)

PM 09:42:52 | [マイニュース]

2004年03月27日  明日 旅に出ます
あと4時間半後には、電車に乗っているはず…。

因みに今深夜の二時半。
7時くらいの電車で出発する予定。

やべー、寝れねー。掃除でもして時間稼ごう…。
別に新幹線で自由席なんで遅れても構わないんであるが、
やっぱりできるだけ満喫したいじゃない。

まあ、今掃除しがいのある部屋だしね。
そう、旅から戻ってきたら、さらにぐったりするレベルな。

そんな時に限って、わたくし、
今週は、木曜日・金曜日と、まっすぐ家に帰らず出歩いておりました。
木曜日は、野田秀樹の「透明人間の蒸気」。
宮沢りえ細かったー。キレイかったー。
野田秀樹って、20年前頃から、反米思想を芝居にしてたのね…。

そして金曜日は、ルミネにて、吉本のお笑いを。面白かったー。
しかし一緒に行ったバシピーが、
2回もお菓子を床にぶちまけたのがいちばん笑えました。

そして、土日って旅行するでしょー。
場所は、滋賀・神戸・大阪って感じ。

こんなハイパーアウトドアわたくし、多分1年に一回あるかないか。

なので、月曜日は有給をとりましたよ。
どうせ次の週から実習生が来て、しばらくあんまり休めないしさ。

まあ、そんな感じです。

めいいっぱい堪能してまいりますわー。
皆にハゲ見せるつつね。

AM 02:34:39 | [マイニュース]

2004年03月23日  かっこつけて格好悪いこと
そういえば、こんなことがあった。

あれは、去年の夏だったろうか?
帰省した際、実家に集まる友人と卓球場へ(なんて地味なの)。

勝ち抜き戦をやっておりましたら、
まあまあ、アタクシ絶好調これで、全員抜きーなんて言ってて。

すっかり調子に乗り、卓球台にて頬杖をついて、
「あ〜あ、雑魚ばっかりで相手にならないわ、疲れちゃった〜」と軽口を叩く私(藤井隆がオカマっぽく言うムカつく口調で)。


そう!その軽口を叩いた瞬間。

隣の台で卓球していたカップルのピンポン玉が、アタシのつむじ直撃!!

すみませーん、といわれたものの、カップルの特に女の人の方は、体二つに折って笑ってるし、
皆も私も大笑い。
もちろんアタシは相当恥ずかしい。


と、そんな恥ずかしい思い出を、

某女優さんが、年金のCMに出ていて、年金未納だったーっていう騒動をみててむしょうに思い出したのでした。

まあ、調べなかった社会保険庁が悪いとか、
事務所が悪いとか、本人が悪いとかイロイロ言われておりますが、
まあ、みんなが浅はかだったということで。

あのCM。もともとすっごくキライだったけど、ますます無駄なものにしてしまったわけねえ。
6億だってさー。

女優さんにしてみれば、年金未納だったーっていうのはどーでもいいことで、
やっぱ未納だったのに「払え」ってかっこつけて言っちゃってたのが痛いよねえ…。

これから、この方が、年金のことなど、
無かったことのように、
また格好つけていくのかなあ…と思うとちょっと笑けてしまう私は意地悪でしょうか?

ま、そんなことを思いました。

PM 09:20:17 | [テレビ]

2004年03月22日  思わずデンワせずにはいられない
先日、母・キヨコさんから電話が。

「この前ノーベル賞とった人って何て名前だっけ?田中さんじゃない方」

…アタシは、田中さんの方だってうろ覚えだったよ。
漠然とおじいちゃんだよねってことしか浮かばなかったさ。

「ほら、カミオカンデの人。物理学賞」

…カミオカンデという物質?物体?のことすら、その時にはじめて知りましたよ。

どうやら、親戚で集まっていて、どうしても思い出せないということで、
私に電話がかかって来た次第。

物理学賞までわかってさあー。
アタシよりもっとすぐ答えられる人いるでしょうが。
答え;兄。物理学科出身。

もう、そんなことを思いつつ、
まあ父母も兄はちょっと怖いのか知らん?ということで、
寛容な私は、呆けた両親のために、
ネットで調べて迅速に教えてさしあげたのでした。


答えは、小柴さん。

みんなすぐ出てきたー?

母・キヨコさん、すっきりした途端すぐ電話きっちゃいました。

でも、あるよね。電話して確かめたいとき。

私は、酔っ払ったときに、
「ねえねえ。ルパン3世の着物してる人って何て名前だっけー。」
(答え;石川五右衛門」)

あと、高校の友達とあってるときに、ミソジンに対して、
「ウチのクラスって何人いたー?」
とか、
「すぐ「ゲボー」っていう英語の先生だれだっけー?」
と、デンワ確認経験あり。

こーゆーのってさ、
まあ、しょーもない確認デンワに関わらず、
酔っ払ってるときってむしょうにデンワしたくなるものだけれど、
デンワする方は盛り上がってるんだけど、
受ける方は取り残されて微妙な感じになるのよね…。

と、改めてそんなことを思いました。

PM 08:52:25 | [ジッカ]

2004年03月18日  陽はまた昇るのかー
邦画を見ました。

VHSのビデオテープを、ビクターのリストラ危機の小さな小さな工場が開発するっていう
実話がもとのお話です。

釣りバカのハマちゃんこと、西田敏行がね、
正反対な実直な頭いい感じの役回りで、
また、ラストサムライの渡辺謙さまがさ、
正反対な気弱な感じで。

プロジェクトXでも取り上げられたそうなんですが、
あたくし、普通に感動してしまいました。
とってもよく出来ていると思います。
逆に、実話が面白いので当たり前とも言うか。

それで、家電業界一筋の、秋男氏に当時のビデオ事情とやらを聞いてみる。
秋男氏、もっぱら、最大のライバル・ベータ派(ソニー)でございまして。
(ちなみに今でもウチには両方あります)

私が感動したーと話してみたら、
「それはさ、(VHSを採用した)松下を持ち上げてるんでさ。まあ、資本主義だよね」

秋男氏、一刀両断の巻。

まあまあ、そうなんだけどさ、
しかしですよ。ハマちゃんとラストサムライだけでなくて、

仲代達矢
夏八木勲
石橋蓮司
井川比左志
江守徹

とかって、錚々たる人たちが沢山出てらして、もう相当な見ごたえです。

めちゃめちゃソニーだのビクターだの実名出しちゃっててさ。
このベータが流れたのって、ソニーにしてみれば過去最大の失敗くらいなもんだろうし、
よく許したなーなんて思いました。
あれは逆宣伝ですな。
下手に隠してもバレバレだからなのかしら。

こうなるとプロジェクトXもみたいかもー。
だってさ、隠密裏に開発してさ、赤字出しつつ、誰1人リストラしなかったってさ、
VHSが成功したから良いものの、ベータが採用されていたら、どないなってたんだろうと。

それでいて、この時のソニー陣営のベータ開発に関わってた部署の、
西田敏行みたいな役回りだった人はどういう気持ちだったんだろうかとか。

そして、中盤で社員の1人がレーザーディスクの開発をするために転職するっていうシーンがあるんですけれど、
今時代はDVDだしね。

ビデオ・LD・CD・MD・DVD、
オーディオ機器だけじゃなく、いろんなものに、
それぞれいろんな悲喜こもごもなドラマがあるんだろうなあ…、
と、しみじみしてしまうのでありました。

だから、秋男氏、一回くらいみても損はないんじゃないでしょうか?(笑)

PM 11:08:46 | [エンタメ]

2004年03月17日  早速アイツがやってきてアイツを迎えた
今年は来ないかもー、来ないでー、と薄い望みを抱きつつ。

と、思っていたのに、案の定やってきました。
スギ花粉。
私の自宅、玄関開いたら杉の木ありまして。
まあ、出来るだけ薬には頼らず、
自分をだましだまし生きているのですけれども。

つい先日、目も鼻もだめだー、となりまして。
お薬をたまーに服用しております。
ホントは一日二回と書いてあるんだけど、
普段無薬生活をしとるもんですから、
いちいちとっても効いているみたい。楽です。

でもさ、今日たまたま昼休み郵便局行く用事があったのですけれども、
どうしちゃったのっていうくらいの豪風で。
走っても追い風で疲れなかったから早くコトを済ますことができましたが、
やっぱりちょっとぐったりしました。

なんかさー、目がかゆくなろうが、鼻がムズムズしようがさー、
そんなことはいいんだけどさー、
それによって、仕事がちょっとペースダウンしたり、イライラしちゃうっていうところが、
自分、ダメだなあーと思うところであります。
薬飲んだら100パー症状がなくなるわけでもないしねえ。
違和感は残るわけで(と、イライラしちゃう言い訳をしてみる)。

助手の三十路男子に言われました。
助手「今スギ花粉の出ない杉の木植えてるみたいだから良かったじゃないですかー」

アタシ「それ何年後の話よ」

助手「…30年後…」

なんじゃそら。



で、そして、ついに買いました。
浄水器。
あのー、かつて買わされそうになった機械のやつではなく、ポットのやつ。
お値段もお手ごろだしね。フィルター交換も2〜3ヶ月だそうで。
ウキウキとキレイな美味しいお水をのんでいます。

が、しかーし。
私今時期、全く鼻がきかないので、イマイチ違いがわからないのでした…。
タイミング悪いー。

おまけに今喉カゼも併発しているようで若干ぼーっとしがちな今日この頃です。

まあまあ、なんとかどうにかこうにか生きてはいる様子。
しんどいながらも実習生いないからやはり気楽ですしね。
そんな感じです。

PM 09:44:41 | [マイニュース]

2004年03月13日  怒りはパワーだ その2
ようやく、実習生受け入れ地獄もフィナーレを迎えました。

来月からもまた来るはくるんだが、
今度は、毎週毎週何かしらバタバタってことはないので、幾分楽かと。

なんだかんだと、今年入って計7週間いましたからねえ…。
(内5週間ぶっ続け)

まあ、とりあえずも良かった良かった。
助手にもハゲのことカミングアウトしてみたら、
青ざめ半分、呆れ半分といった感じです。
(アタシがあまりにもあっけらかんとしてるのでね。)

で、まあ、昨日の夜、転職したてのボンバビンとデンワしていたらですね。
新しい場所で、まったく新しいことをやってかないといけないので、大変みたいです。

ウチの職場に来る、同職者も新部署ですしね。
先日スタッフさんと初顔合わせをしたら、
早くも、「あなたを中心にやっていきますー」な空気。
そして何だか初日からバリバリやってました。

前の職場で一緒に働いていた人たちと、
次の職場でこうして呼ぶことが出来て、3人また同じ職場で働くって言うのは、
そう滅多にないことだと思うんですけど、とっても嬉しくこれからなかなか楽しみなことです。

なんというか私の周りは転職者でいっぱい。私も含めて。
転職者じゃない人を数えた方が早いなあ。
その次に多いのは独身者。
転職者で独身者が類友ってどうなのでしょうねえ。私はよいんだけど。

で、まあボンバビンと話してて、
この人とは、学生時代最も一緒に過ごした人なのですけれども、
昨日のデンワでも、
「アンタは大丈夫だー」と言い合いをしてました。まじ、アンタなら大丈夫だー。
アタシはダメだけど。

そしてボンバビンに言われたこと。
「アンタって、そこそこ忙しくて、ストレス溜まってる時ってきちんと日記書くよね」

うーん。そうかもしれない。
マニノヘヤ時代、国試受験期も結構ギリギリまで書いてたし。
そもそもマニノヘヤやってた時期っていうのは不安定な時期だったし。
もひとつさらにストレス溜まったり、 
(私の人生最大のストレスピーク時は、
恐らく山形の校舎に嫌いな人といたときと、
前職場で一ヶ月間で体重が10キロ変動した時だと思われ。
今のハゲは、まあ自業自得っすからねえ)
それか、全然安定しきってしまうと、書けなくなる傾向すね。

さすがボンバビン。私よりようわかってるわあ。

さてさて、
この週末は結局できなかった家仕事をする予定。
そして来週から3週間、のびのびまったりと仕事しよう。

PM 05:40:37 | [ナカヨシ]

2004年03月11日  外人からの手紙
ええと、
去年講習会(フィーチャリング チンピラ姐(笑)を受けて、
受けただけじゃ足らず、
さらに認定をいただくには、データを採らなきゃって話は、どっかでしたようなしてないような。

で、やるべきデータを全部送ったのですよ。なんと、アメリカに。

ま、ね。
書式はきちんと提示されておってですね。
固有名詞を自分のに入れ替えるだけなんですけどね。

もう大変でしたわ。
ノーベンバーのスペルってなんだっけとか。
外国は住所の書き方が逆なもんだから、郵便番号、え?コレ何?とか軽くパニクったりと。

それ送ったのは、昨日のことなんですが、
さっきメール開いたらもう返事が来てました。

もうさ、だいたいはわかるんだけど、
私の英語能力じゃ心もとなすぎなので、翻訳サイトで一発変換して。

インターネット様様ですよ。まじで。

送ったデータが変だったら、変ですよーとか、取り直ししてー、とか
データが返って来たりするようなんだが、
どうやら、恐らく、
「分析をはじめました、2〜3週間待っててね」ってことは、一応安心してよいのかなと。
まだまだ油断はできませんがねえ。

てな感じです。

しかしねえ。私こういった、外国の方から、まともなメールもらったのはじめてすよ。
明らかに怪しいようわからんのなら、たくさんもらったことありますけどさ(無作為なやつ)

Dear Mani(仮名;まにはハンドル、念のため)

なーんて冒頭に書いてあってさ。
「おおー」という感じです。

2〜3週間ちょっとドキドキだー。ふー。


−-----−-−--−--−------

実習地獄もあと1日!よっしゃー。

でも今日は、4月から入る元同僚そして未来同僚の(笑)方がバイトで来たんで楽でした。

実に約2年半ぶりに同職の方と仕事しまして、
ちょっと緊張しつつも、懐かしくもあり、
もう、どういったリアクションが返ってくるか手に取るようにわかるので、
とってもやりやすかったですよホント。

でも4月からは、同じ場所では働かないんだけどねー。

PM 11:07:09 | [ナカヨシ]

2004年03月10日  掃除するぞ
すっかり滞った家仕事。
今日はきちんと行おう。
「やることノート」復活させよう。

夕方六時には帰宅してるのにさ。
別に立ち上がる気力すらないわけではないのに。

まあ、今日は嫌がる助手を尻目に、
筋トレ2倍しちゃったけどさ。
(最近夜食を食べていたら、若干体重が増えちゃって)

健全な身体は、キレイ部屋から。
健全な生活は、キレイ部屋から。
健康なダイエットは、キレイ部屋から。

と、自戒してみるの巻。

今からやるぞー。

なーんて、実行できたかは明日までお楽しみに

PM 08:00:17 | [キープクリーン]

2004年03月09日  くううう
先日のアカデミー賞。
毎年、世論を皮肉るスピーチ、感動的なスピーチがあったりするんですが、
わたくしが、今年くうううと思ったスピーチを発表したいと思います。

まず、司会のビリークリスタル。
「私が初司会をした13年前は何があったっけー?
そうだ、ブッシュが大統領で、フセインを攻撃してました」

コレ、日本で言ったら、干される確率高し。

ちなみに、ビリーは、ロビン・ウィリアムス(いまを生きる・グッドィルハンティング)が、
ジャネットジャクソンを真似て、片乳を出すしぐさをしていて、「やめなさい」と叱ってました。

そして、ショーン・ペン。主演男優賞。
「ミスティックリバー」アタシ原作持ってるんだよー。全くすすんでないけど。

「俳優なら誰でも分かってることがあるとしたら、
大量破壊兵器なんてなかったってこと以外での話だが、
それは演技の世界で『最優秀』なんてものはありえないってことだ。
一緒にノミネートされた素晴らしい俳優たちが、それを証明している」

このスピーチ、ウチの母キヨコさんが感銘を受けたみたいなんだけど、
私は次の妻に向けた発言の方が感動でした。

「ロビン、君のおかげでめまぐるしい人生も素晴らしいものになってます」

くううう。
この人マドンナの元ダンナさんで、
当時相当嫌な思いしたらしいのね。問題児だったそうで。
それを考えると、この発言。メロメロでしょう。

同じく、「ミスティックリバー」助演男優賞のティムロビンス。
(ショーシャンクの空に・デッドマンウォーキング監督)

「この映画で、ぼくは虐待、暴力の被害者を演じた。
そこにいるあなたがその悲劇を経験しているとしたら、
助けを求めるのは恥ずかしいことじゃない。弱いことじゃない。
人に相談するのは、ときには暴力の輪を止めるためにあなたができる最強のことなんだよ。」

この人は毎年何かしら社会的なメッセージを残す人なのですが、やっぱりやってくれました。

そして、私がいちばんくうううと思ったのはですね。
「ファインディングニモ」の監督が、妻に向かって言ったスピーチです。

「ジュリー、14歳のとき、メモに書いて君に渡したね。
でも今なら10億人を前にして言えるよ。
愛してる---」

くううう。こんなこと、言われてええええー。

でもこれ、英語だからきっといいんだよね。
日本で素面で言われてもさ、
「けっ、何キザなこと言ってやがるんでえ」
ってなるもんね。
あー、でも渡辺謙さまには言われてもいいかな(バカ妄想)。

こういった公の場での非難が許されるアメリカ、
キザなコトバがきっちりはまるアメリカ、
侮れないって感じですよマッタク。

PM 06:49:25 | [エンタメ]

2004年03月08日  なげー
まだ月曜日だよ。

今日の映画はジャッキーチェンの「酔拳2」吹替板。
ジャッキーの身体能力にひたすら感嘆。ワイヤーとか使ってないんだよねえ。
しかしウチの利用者さんには、評判いまいち。
香港の単純明快はお好みじゃなさそうだ。

ちなみに吹き替えのジャッキーの母役の吹き替え。
恐らく女優としてテレビにバシバシ出る前の戸田恵子。相変わらずな声でした。

わたくし、この手のカンフー映画とか、少林寺とかには一抹のトラウマが。
わたくし自身はこの手のアクション物とか、時代劇然りバタバタ闘うものが全く好きじゃないんだけど、
好きだったのが、我が2つ上の兄上。
まあ、その年頃はプロレスなんかも大好きで。

哀れな妹はその練習台にひたすら使われたものでした。
蹴りとかさ、4の字固めとかさ、もう何回かけられたことか。

逆に、
その年頃にそういったものに興味示さずに大きくなるとどうなの?とも思いますがねえ。

かつて我が実家庭に確か、モミの木に似た杉の木みたいな、まあ、そこそこ大きい木があったのだけど、
それも我が兄のバッティング練習にてただの棒になったりね。

そんなことをまったりと思い出しつつ映画みてましたとさ。

とか、言いつつ今日は助手の1人が帰ってきたので疲れながらも結構楽しく仕事しました。
もう1人はどうやら微妙な結果だった様子。救済措置はあるみたいでホッとしたけど。
実習勘が無い子っているんだよねえー…。
(わたくしの場合は学校勘並びに学校行く気がなかったわけで…。)

その助手の目にも、今の実習生君を今までになく私が面白がってる空気がよくわかるみたいで。
そういう相性ってあるしねえ…。

そんな感じ。
今実習生1人しかいないし、もうちょっとで終わるーつーことで、
とても気楽にやれております。

よし、乗り切るぞー。
来週末は「マンマミーア」3回目、ふふ。

PM 08:51:52 | [デイリー]

2004年03月07日  よし、あと一週間
ウチの助手の子達も、無事実習終了した様子。
詳しくは聞いてないけど、明日からバイトできるっつーことは、
一応はつつがなく終了したんでしょう。とりあえず一安心。

金曜は、1人デブ実習生君を見送り、
今週からの昔のアタシのような実習生と共に飲み会。
どっちも男の子なんで、あたしちょっとしんどいということで、
同僚君にヘルプを頼みつつ。

やっぱそのデブ実習生君はいろんな意味で苦手だわ。
そりゃあ、その学校の4人のなかでは、まともだったし、
どこ行っても大きな問題なくそれなりにやってけるでしょう。

しかし、なんつーか、熱いしハタチにして自分語りなオッサンってどうなのよ…。

ま、アタシは一緒に働きたくないなという感じで。

「来週もお手伝いに行きたいぐらいっス」とか言われちゃって。
「いや、いいから」
と、冷静に即答した私はひどいのでしょうか?

と、そんな感じ。

いやいや。でも何とか乗り切れてよかったよ。
ホント、特に助手不在ヘルプ三昧の2週間長かったー。
今思えば、ハゲ発覚してから色んな意味で吹っ切れましたよ、あたしゃ。

内容重複になってしまうと思いますが、
人事異動があった、去年夏から、まあ、痩せたりもしたんですけど、
体調の変調にわかりやすいものがなかったんで、
結構自分ではしんどいと思うのに、やっぱり考えが甘いのかなあ?と。
ほら、今日日ストレス無い人=バカで羨ましい、みたいな風潮あるでしょ。
結果、もっと苦労して然るべきなのかしらん?とね。
どんどんしんどい方向に進んでいたような。

ま、そんな感じ。

筋トレもさ。
結局先週は、月金以外、中3日サボっちゃったしさ。
明日から助手たちとみっちり復活したい所存です。

PM 06:47:33 | [ワークス]

2004年03月04日  よし、あと一日
来週…助手たち帰ってくるだろうなあ…。
便りの無いのは良い便りって言うしね。
大丈夫と思っておこう。
今日、来月できる新部署の人と話してて、
その人がウチの助手をとても絶賛してて。ちょっと気をよくしたのでした。
ここまでに鍛えたのはアタシなんだけど、
と、ちょっと心のなかで思いつつ(ヤラシい人)。

もう今週すすむのが、
早いのか早くないとかいう感覚までようわからん。

実習生のメンツがまあ良かったんで、
前より楽と感じる部分は多かったですが。

今週終了の1人は、例の4人中1人学校の唯一まともな感じで。
でも、アタシ体重100キロオーバーって耐え難いから、
そーゆー意味ではアレなんだけど。
まあまあ(我ながらひどい人だ)

で、今週からのもう1人がねえ…。
なんつーかねえ…。
飄々としてて、何考えてるかようわからんくて、
言うことがちょっと面白くて、
しかし、媚びがなく、心にも無いことはまず言わない子なんだよ…。

…と、一応アタシも学生を評価しなければならんので、そんな分析をしていたら、
はっと気づく。

…アタシ、多分、こんな実習生だった気がする…。
まあ、やや現代の子風味はあるので、
全く同じとは思わないが、
今までみた学生のなかでは、最も自分に近い匂いを感じるんだな。

で、言ったんですよ。
「アタシ、多分アンタみたいな実習生だったわ。」と。

そしたら、
「(ちょっと間)…光栄と思ってよいものか…」

そう、このリアクション。
「嬉しいです」なんてはまず出てこないとこ。
まあこのタイプというのは、アタシの経験上、
面白がってくれる人とそうじゃない人にキレイに分かれるので、要注意なんですけどね。
そーゆーのって運だし。

ちなみに、
私は幸運にも、結構面白がってもらえたようです。
特に、60過ぎのおっちゃんと、かの吉田栄作もどきには。
(やべえ、ボンバビンにしか通じないー)

で、その子、男の子だから、アタシも楽しめてんのかねえと思う。
これがさー、自分にすごくよく似た女の子がきたら、みたびハゲる可能性あるよ、きっと。
女の子ではあんましいないと思うけどねー。
(例;エリムキもボンバビンもアタシも女だけど、仕事すると結構な男前)

まあ、そんなこんなで、
最後のクール、そして最後の1人が、思いがけなく面白くやれているので、
ちょっとホッとしたりなんかしちゃったりして。

こう考えると、こーゆーことがあるから、
実習生とると面白いなあなんて油断しちゃうんだよねえ。

まあ、絶対に絶対に減らすけど。

PM 08:43:49 | [ワークス]

2004年03月03日  今井美樹
今日我が友まみりんがめでたく誕生日を迎えました。
かれこれ私らのお付き合いも5年近く…こえー。

全くの別件で普通にメールしていたら、
「アンタ他に言うことないわけ?」と切り返され。
慌てて、悪意のハッピーバースデーソングを留守電に入れときました。

あの人、3年前から永遠の24歳とか言っちゃって。
相当イカレポンチなんですけど、
さすがに、余程痛々しく思われたのか、
「…いい加減にしなよ…」と複数に言われたそうです。

しっかしねえ。
27って。私も同い年ですけどさ。
先月誕生日だったキオさんにも今回のまみりんにも言ったんですけど、
18くらいの時に描いていた27っていうのは、
すっごく大人で、今井美樹みたいなイメージだっていう話をして。

コレどうなのよ?今どうなのよ?

でもこういった、大人になりきれてないなーという感じって、
もしかすると一生つきまとうものなんですかねえ…。

それでいて、やっぱり20そこそこの子からみたら、
27なんてすっごい大人なもんだから、
それぞれの職場で「クソババア」呼ばわりされてもおかしくないんじゃ…
という話にもなり。

まあ、でもそう変われないしね。
まみりん、これからも末永く、
ちょっとは痛烈さはトーンダウンしていただいて、
お付き合いよろしくお願いします。


やはり疲れがピークに。しかも今日は会議が長引いたし。
来週から助手が帰ってくるーっていう、
気持ちカウントダウンが入ってるから、
余計に長く感じられるのかもしれないなあ、これ。

あと2日!頑張るぞー。
しかし、あさっては、また2人の学生をおごる予定。
やっぱりあんまり飲めないなー。
いっぱい飲んだら多分吐くわー。

PM 10:01:12 | [マイニュース]

2004年03月02日  ゼダジョーンズ姐さん
苦手でした。

キャサリン・ゼダ・ジョーンズ。

だってすごい迫力あるんだもん。
名前からして。ゼダ・ジョーンズ。

ビジュアルもなんというか、大美人というか、
二コールキッドマンの対極にいる大美人というか。

そして何が信じられないって、
危険な情事だの、氷の微笑だのやってる、
マイケルダグラスが旦那さん。おっさんだよ。
アンタどんだけ魅力的なのよ?みたいな。
(しかし、マイケルダグラスは一方で「カッコーの巣の上で」の制作しちゃってるから、
一概にキライになれなかったりして)。

で、マイケルダグラスが旦那ということは、
カークダグラスが舅ってことじゃない。
このしたたかさ(すっげー誉めてる)。

と、苦手だったんでしたけどさ、
「シカゴ」を借りてみたわけですよ。
もう、参った。
DVD買っちゃったじゃないか。んもう。

去年のアカデミーで助演女優賞取ってましたけど、大納得。
(今年は共演した、レニー@ブリジットジョーンズだったねえ。めでたい)

しかも去年は妊婦でものすげーボリュームでしたけど、
今年は、とっても艶やかな大美人復活。

ゼダ・ジョーンズはすごい。
芝居も巧い。
と、いうわけで、最近よく「シカゴ」をかけているのでした。


しかし今週はすすむの遅ーい。
まだ火曜日だ。

一月に引き受けた実習生。(確率4分の1の学校ね。その子もどっちかと言うとハズレ)
ウチでもそうだったけど、次行ったところでも、やっぱりレポート・ノート等、期日に出せない模様。

その話を聞いて、
出せないとか遅れるのを了解してもらう
(そりゃ、白紙のもんは見られないし)
イコール、遅れてもオッケーではないのに、この微妙なニュアンスが理解できないのだなあ、
よって、次回に生かされないのだなあ、
と、しみじみと腑に落ちました。

みんな、悪い子ではないんだけど、まあ、まず一緒に働きたくないなあと。

で、次に来る子たちに、
「あそこは楽ー」みたいな情報を伝えて、
エプロン娘がやってきて。

そのエプロン娘も、
件のエプロンにて、次の子たちに
「エプロン持ってきなー、先生怒るよー」
と、メールし、
私語を注意すれば、
「あんまりつるまない方がいいよー、先生怒るよー」
と、脈々と申し送るわけね。

まあ、そこらへんのことはきちんと教官の先生に訴えてみたんですが、
その先生曰く、
「今の子は教授室はドアをノックしてから入るってことから教えないといけないんですよ...」
とか言っちゃって。

お互いにげんなりです。
そら、そんな子達来年もよろしくとは、強く言えないもんねえ。
アタシだってわが身が可愛いし、現にハゲてるし。

PM 10:08:56 | [エンタメ]

2004年03月01日  元気な映画
アカデミー賞。ビデオ撮って今みてます。
同時通訳って興ざめだわー。
しかし、アタシ英語できないからねえ。仕方ないわー。
で、字幕版も今追ってみてます。
でも、字幕版になると、細かい賞がカットされてね。
スターのスピーチもはしょられて。

奇しくも、
渡辺謙さんやら、たそがれ清兵衛やら、受賞を逃したなか、
我が職場では、
渥美清の「喜劇 団体列車」を上映してました。

この映画、渥美清、寅さんの前だと思うんだけど、
相変わらず渥美清は振られてましたよ。
そして、何がびっくりって、
一回肥溜めにはまり、二回海に飛び込んでました。カラダ張ってるー。
お母さんのミヤコ蝶々とか、ってアラ寅さんと同じじゃない、とか。

ちょうどその前に、テレビの予告編で、
だんだん寅さん元気なくなってるなーっていう感じの頃の映像をみていて、
(満男が恋するあたりね)
ちょっと切なくなってみたり。

この「喜劇〜」シリーズ。
3部作らしく、昭和40年前後の映画なんですが、
普通に面白かった。

と、いうか、こーゆーテイストのモノが、
素直に面白いと思える日本人でよかったというか。

まあ、わたくし、やはり職業柄、
この時代の映画、相当知ってるんですけど、
「トラック野郎シリーズ」だとか「座頭市シリーズ」だとか「渡り鳥シリーズ」だとか。
おかげで、増えに増えて、レンタルビデオの会員証計4枚。バリエーション欲しいから。
その4枚を駆使して、こんなまず20代女性はレンタルしないだろうというものを借りつつ。

この頃の映画って、
見ていて思うのが、すっごいパワーがあるんですよ。画面に。
話は単純なんだけどさ、
まだまだテレビ劣勢だったり、
役者の力量だったり、破天荒さだったり。
なんだかやけに元気になります。

で、アカデミー賞の話に戻るんですが、
やっぱり本場は活気があります。
ホント映画の祭典という感じです。
日本のソレとは比べること自体が失礼よ。
(ここで、吉永小百合がなんぼのもんじゃい!と、
言うとウチのサユリスト秋男氏は下を向き、
アンチサユリキヨコさんはほくそ笑む)

私は、映画を見るときって、
ちょっと元気をもらったり、
よい感じの気分になりたい時なのですが、
アカデミーみたいな映画の祭典をみたり、
渥美清の素晴らしさをみたりして、
またちょっと元気になりました。

さて、あと2週間ー。
疲労はハッキリ言ってピークです。
しかし今週持ちこたえれば、助手も戻ってくるだろうし。
今日来た教官に、はっきり、アンタのとこ、
普通にまともなの、4人中1人だよ、
来年からはちょっと取れないし、取るとしても大幅に減らす!と断言したので、
ちょっとスッキリしましたとさ。

よし、頑張る...。

PM 08:27:58 | [エンタメ]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp