図書館雑記&日記兼用(更新停止)
引っ越ししました。こちらに残っているのは過去の記事だけです。最新の記事はライブドア版の方で公開しています。

2006年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2006年09月11日  バックアップ終了
2006年01月16日  ザ・チョコレート大博覧会
2006年01月16日  参ったなぁ……
2006年01月07日  OPACの使い方(5)−件名検索
2006年01月06日  合併余剰施設再利用図書館

過去記事
2006年09月
2006年01月
2005年05月
2005年04月
2005年03月


カテゴリー
日記(102)
図書館雑記(17)
合唱団情報(1)
書評(14)
覚え書き(11)

プロフィール
名前110kA
このブログで扱っている図書館系のニュースに関する意見は、110kA個人の意見であって、各種機関とは一切関係ありません。

いろいろ

2006年01月07日  OPACの使い方(5)−件名検索
 件名とは本に書かれていることについてのお墨付き。「この本にはこういうことが書いてあります」と保証されていると考えて良い。しかし、件名に使われる言葉は決められている。その言葉を知らないと検索できない、と言う制限がある。
 件名に使われている言葉を知らないのにどうやって件名検索をするか。『件名標目表』という本がある。図書館へ行けば、何種類か見ることができるが、とにかく分厚いし、自宅でWebOPACを検索しているときには役に立たないだろう。しかも、「何種類かある」ので、どれが使われているかは神のみぞ知る(笑)。とりあえず、国立国会図書館がWeb上に公開しているものがあるので、それを参考にするのがいいだろう。
 それよりも簡単に「件名」を調べる方法がある。まずはとりあえず、使われてそうな言葉で「タイトル検索」してみる。そして、ヒットした本の中からとりあえず1冊、詳細を見てみて使われている件名を調べる。で、今度はその本に使われていた件名で「件名検索」してみる。そうすると、タイトル検索では出てこなかった本も出てくるのではないだろうか。これを繰り返すと、関連する本も見つかるし、関連する件名も見つかる。
 件名検索を使うとどういう御利益があるかというと、書名に内容を表す言葉が使われていなくても、検索できるということ。逆に探したいテーマを表す言葉を書名に使っていても全然関係のない内容の本を、件名検索では排除できる。

PM 11:22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | [図書館雑記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp