図書館雑記&日記兼用(更新停止)
引っ越ししました。こちらに残っているのは過去の記事だけです。最新の記事はライブドア版の方で公開しています。

2004年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

最新記事
2006年09月11日  バックアップ終了
2006年01月16日  ザ・チョコレート大博覧会
2006年01月16日  参ったなぁ……
2006年01月07日  OPACの使い方(5)−件名検索
2006年01月06日  合併余剰施設再利用図書館

過去記事
2006年09月
2006年01月
2005年05月
2005年04月
2005年03月


カテゴリー
日記(102)
図書館雑記(17)
合唱団情報(1)
書評(14)
覚え書き(11)

プロフィール
名前110kA
このブログで扱っている図書館系のニュースに関する意見は、110kA個人の意見であって、各種機関とは一切関係ありません。

いろいろ

2004年09月06日  時の町の伝説
「時の町の伝説」
(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 田中薫子訳 徳間書店 417ページ)

 正直に言おう。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの本は苦手。というか、イギリス文学自体が苦手。やたらに長い登場人物のモノローグとか、まるで反復横跳びをしているようなストーリー展開とか。一言で言えば「テンポが悪い!」(そうじゃない本ももちろんたくさんあります。) ま、これは独断と偏見に満ちた判断なんだけど。
 ところがこの本。時間移動によって同じ時間同じ場所が3回も出てくるというのに、回りくどさがない。同じシーンに戻っているにもかかわらずストーリーはしっかりと1本の線になっている。だから、読みやすい。読みやすいから余計なことを考えずに楽しく読める。
 物語の舞台は1939年イギリス。第2次世界大戦まっただ中のロンドンから田舎に疎開する途中のヴィヴィアンが「時の奥方」と間違えられて「時の町」へさらわれるところが物語は始まる。最初は「時の町」を救うための「時の奥方」とフェイバー・ジョンを探す冒険だったはずなのに、いつの間にか「時の町」を崩壊から救う「極」を探す話に。4つの「極」のありかはどこなのか? 「極」どろぼうは誰なのか? 「時の町」を救う方法とは? などなど、謎解き要素満載。一気に読めます。
 ところでこの本、時間移動というのをテーマに持ってきているにもかかわらず、タイムパラドクスをまったく扱っていない。歴史が変わってしまったらという心配をする以前に、変わりまくってる。ジョーンズお得意の魔法は一切出てこないし、出てくる時代は現代よりも科学が進んだ世界ばかりで、一瞬SFかと思うけど、こういう部分で、この本はやっぱりファンタジーなんだなと思う。

PM 05:17:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | [書評]

2004年09月06日  台風19号
 台風どうなったかなぁとYahoo!天気を見てみたら。今話題(不謹慎)の18号ではなく、19号が7日に直撃コース。って7日って明日じゃないですか!? 驚きですよ。準備しておかなくっちゃ。……よく見たら、9日でした。ふたつの台風の予想進路が重なっているから、間違っちゃったよ。どのみち来ることには変わらないんだけど。

AM 11:50:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp