図書館雑記&日記兼用(更新停止)
引っ越ししました。こちらに残っているのは過去の記事だけです。最新の記事はライブドア版の方で公開しています。

2004年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

最新記事
2006年09月11日  バックアップ終了
2006年01月16日  ザ・チョコレート大博覧会
2006年01月16日  参ったなぁ……
2006年01月07日  OPACの使い方(5)−件名検索
2006年01月06日  合併余剰施設再利用図書館

過去記事
2006年09月
2006年01月
2005年05月
2005年04月
2005年03月


カテゴリー
日記(102)
図書館雑記(17)
合唱団情報(1)
書評(14)
覚え書き(11)

プロフィール
名前110kA
このブログで扱っている図書館系のニュースに関する意見は、110kA個人の意見であって、各種機関とは一切関係ありません。

いろいろ

2004年08月01日  8月ですよ。
 もう8月1日ですよ、奥さん!(ってなに!?) 勉強してないのだけど。すっごい思い出したように言ってるけどね。採用試験まで2か月切ってんので。でも、あんまり真剣にはなれない。それは、図書館にはあまり熱心でない、自治体を受ける予定だから。どーせ、採用されても図書館には配属されないし、配属されてもずっとそこにいられるいうわけではない。別に、人事異動で別の部署に移ったっていいんだよ。人脈や経験を積むにはいいことだし。修行に出る、って感じかな? だけど、1度出てしまったら、戻ってこられるかどうか。採用が決まる前に、試験を受ける前から心配してもしょうがないことだけど、希望的には見られないでしょ? 若者が将来に希望を持てない、自治体に未来はないぞよ。

 この点で、民間委託には賛成なんだよ。少なくとも、民間がやれば、無茶な人事異動はない。だからこそ、技術も向上するし、技術が向上すれば、お客さんに満足して貰えるサービスをもっと提供できるようになるだろう。
 それか、教職のように、自治体を越えた人事異動の制度を図書館も採ればいい。そうすれば、人事の固定化を防ぎ、なおかつ、特定の分野の仕事に恒久的に関わっていくことで技術の向上が図れる。

 と思いつきの話はここまで。
 いきなり、方向の違う話をしてみる。
 ということで、鋼感想。最近書いていなかったけど、毎週見てます編。やっと登場、父上。ぼけまくりです。年いくつなんでしょうか?
 「男は行動で示す生き物なんだよ」ヒューズさんのセリフは削られてしまいましたが、行動で示しまくってちっとも理解されていなかったマスタング氏が、やっと思いの丈を言葉に表しました。でも、蓄積された不信感はそうそう払拭されないぞ。
 ゲームノベライズ版、「翔べない天使」も読みました。ゲームとは違って、世界観にあわない設定はだいぶ削られた模様。ツッコミのしがいがなくて困りました(違うって)。ゲームまだクリアしてなかったけど、これで十分でした。

 ブログって、まじめな話、情報、くだけた話、パーソナルな日記が、縦横無尽に入り乱れているすごい世界ですねぇ。あくまで、パーソナルな立場をとりたい自分にはぴったりですが、そのうち、わけようかなぁ。
今日読んだ本:井上真著「鋼の錬金術師 ―翔べない天使―

AM 11:28:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [日記]


Warning: fsockopen(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/www/html/sys/head.php on line 626

Warning: fsockopen(): unable to connect to apix.jword.jp:80 in /home/www/html/sys/head.php on line 626
SockError:apix.jword.jp