日本の美しい自然の映像と音楽が、運命に翻弄される淡々とした展開を醸し出し、落ち着いて観賞できました。 これぞ日本映画、外国映画じゃ味わえないよ、この良さは。

 緒形拳と木村佳乃の語らない演技、それと文四郎の台詞「生涯の悔い」が深く印象とし残りました。