推理小説と時代小説の両方を楽しめる構成になっていましたが、楽しめなかったです。 つまらなかったです。 この十津川警部はシリーズ物なのですか。 初めて知りましたが、シリーズ物となるにはそれなりに人気があったということなのですよね。

 時代小説としては、『もしもこの合戦で、勝家が秀吉に勝っていたとしたら』、というお話。 推理小説としては、この時代小説の原稿の内容が殺人事件と深く係わりあう事を突き止めるまでのお話。 このシリーズ本は、この本でもう結構です。 謎解きの醍醐味は、予想に反する展開を期待しながら読み進めるのに、まったくこれほどまでに予想通りのストーリになるとは。 黒★一個は、時代小説の内容に面白さを感じたからです。