読書記録。 本や映画に対するレビューによく五つ星による評価が載っているが、私もこれからつけてみることにした。 評価判断基準は、その作品をぜひもう一度読んでみたい、または観てみたいと、その作品を通じて自分の成長の度合いをはかる、定点観測ブック・シネマに黒星を五つ。 あまりのくだらなさで、同じ作家や監督の作品に二度と接したくないと感じた時間泥棒作品には全白星を。 あとは、そのときの気分しだい。

 今回の作品の特徴は、むりやりに日本昔話を想いださせて思わせぶりに話を進める。 あとがきがなかったら、まちがいなく全白星だ。 それでも、黒星2個はどれだけあとがきがよかったか。 あとがきは、読む価値ありの作品でした。