悲しい出来事と嬉しい出来事がありました。

 とっても些細な出来事なのですが、なぜか無性に悲しかった。 髪のシャンプーが終わりトリートメントを手のひらに取り出し、容器の蓋を閉めたときです。 わずかに傾いた手のひらからトリートメントが落ちた。 排水溝の周りをくるくると三周した後、音も発てずに姿を消した。 ただ呆然と見ていたら悲しくなった。

 集まるときには集まるものです。 とっても嬉しいです。 とてもとても小さな冷蔵庫の中がフルーツであふれかえっています。 葡萄・桃・梨・林檎が所狭しと。 当分の間、フルーツ三昧に明け暮れそうです。