梅雨季節真只中。 傘を差しているのに肩から提げているバックと背中が雨に濡れている女の人の後ろを、『何でこんなに濡れるのかな? もう少し傘を後ろに傾けるだけでもかなりちがうのに。』と、思いながら歩いている自分の靴はびしょ濡れで、雨水が滲みこみつま先が冷たい。 雨の中の歩き方にもよくよく観察してみると、ひとそれぞれに違いが。

 さきほどの、女の人の足の運びを観察してみると、巧みに水溜りを避けながら、どことなくスムーズな摺り足で歩いています。 跳ね返りがほとんどなく、まったくあしもとは濡れていません。 ここまで完璧な雨の中の歩き方ができるのに……。 でも、この様な歩き方をする女の人を『フェミニンな女性』だなと感じるのは、僕もおじさんになったのかな。