むしむしする季節、こんな天候を喜びいっぱいに成長する雑草たち。 先週抜いた庭は、すでに雑草が地面を蔽い明るい緑色の絨毯と化けています。 今週の週末も雑草抜きで終わりです。

 そろそろ昼間の暑さも和らぎ散歩タイムとなり、いつもの公園にでかけました。 もちろんお供は一週間ぶりにお付き合いをしていただくメリーです。 すり鉢状の広場にくると、見覚えのある犬2頭を連れたおねいちゃんがこちらをみていました。 先客がいるからノーリードにできないな、とどうしようかとメリーをみるとしっぽを振り近くにいきたそうです。 おねいちゃんはなぜかこちらに向かって挨拶しているし、近くにいってみて思い出しました。 3週間前に動物病院に捨てられていた犬を連れて、不安そうに待合室にいたおねいちゃん(飼ってあげたいけれど家にも一頭ラブがいるから……と言っていた)とそのときのわんちゃんとラブちゃんでした。 ひろわれたわんちゃん(足を骨折していた)は、メリーとまだ完治していないのに追いかけっこをしながら楽しく遊んでいました。 でも、まだ人間不信は直っていなく僕とは遊んでくれませんでした。

 いい飼い主にめぐり合え、命を救われたモグ(ひろわれたわんちゃんの名前)君、きみはきっと雑草のごとく逞しい生命力と強運の持ち主なんだね。 これからも公園で会ったらメリーと遊んであげてね。 それから少しは僕とも遊んでね。