「普通の人生などない。 いくつもの結節点で一つ一つ判断を追われながら、結局、たった一つの自分の人生を選び取る。」 本日読み終えた『女たちのジハード(篠田節子著)』の、最後の行に書かれていた言葉です。 男の聖戦とはちょっと違うかな。 でも本質は同じだよね。 と思いながら読み続けました。