庭の芝生がメリー(愛犬)のオシッコで所々剥げています。 それより最近の休日は雨降りで、雑草抜きがおろそかになり、庭全体にはこびっています。 芝生においては、ダブルパンチです。 土の栄養分は雑草に獲られ、メリーにはアンモニア液を掛られと。
 今日は午前と午後に昼食をはさんで、約4時間やぶ蚊と戦いながら雑草抜きをしました。 雑草を抜くとやたらとミミズが出てきます。 土の活性化に活躍すると聞いたことがあるので、歓迎すべきなのでしょうね。 ミミズ君をさけながらの作業は結構神経をつかいます。
 さてさて、限のない雑草抜きを4時間もしていると、指先の筋力も弱まり集中力もなくなりお決まりのように、地面に向かうはずの鎌が指先に向い流血事態が発生。 不思議なことにかならず同じ場所(左手人差し指の第一関節の外側)に、鎌先が振り落とされるのです。 先週のキズが治りかけかさぶた状態になったのに、本日また同じ場所が裂けました。
 集中力の持続も、歳とともに衰えてくるのでしょうかね。 歳をいろいろなシチュエーションで感じるこのごろです。