近況報告ではなく、昨日の会社帰りの出来事から。

 電車を降りるとものすごい土砂降り。 駅構内で雨宿り。 雨宿りなんて何年ぶりかな。 雨と人ごみから発する湿気に不快感度100%にたっする。 いままではこんな状況下に晒されたらイライラ状態なのだが、「やったね、本を読む時間できたじゃないか」。 そうなんです、最近は本が読みたくて読書時間を探しているのです。 通勤電車13分間、空席がなくても立ったままバックから本を取り出し読書。 トイレ(大)の時も読書。 布団に入ればテレビをみながら読書。 シャワーを浴びながら読書。 おっとこれは嘘です。 水に濡れても平気な本があれば読むだろうな。 今の自分なら。
 とろでそんなに夢中になれる本とは。 『岡嶋二人著』のミステリー。 只今三作目。 でも、三作目ともなるとパターンがね。 同じなんだよね。 でも、なぜかやめられない。 読みやすい=情景が浮かびやすい、からかな。 早々後一つ、難しい漢字を使っていない。 これ、自分的には重要な要素。 なにしろ、意味不明・読めない漢字があると先に進んでも楽しみが半減するほど気になってしまう。


 本のお話はまたの機会に。 今夜の予告を一つ。 丸の内ビルの最上階でデナーです。 そして、明日の予告も。 鳥取へ出張です。 日記書く時間があるかな。 せっかく続いているのに。