【長野県上松町上松と長野県大桑村須原の区間を散歩中】
現在中山道(日本橋〜三条大橋) を歩いています。
168日間で54.1%を踏破、ゴールまで244.25km残っています。



9月21日(火)3500歩(十兵衛ちゃんとバリー君に逢う。メリーは雑草を食べてゲイゲイと吐いていた。バリー君はお腹の調子が悪く血便状態。十兵衛ちゃんは元気いっぱいはつらつ。 )

生活【問題定義】内面を支えるのは哲学か宗教か。

9月22日(水)4000歩(柏木ちゃんのライブに行くため3時頃散歩。誰にも逢わなかったけれど、公園を掃除しているおばさん達に、バリー君と間違われた。)

本【短編小説】
 琴のそら音:皆川博子:幻想性・耽美性の小説を久しぶりに読んだ。楽の音は、人の心で鳴るものである。
 花椿   :車谷長吉:椿の別名、首落ち花。重い小説であった。この重さは作者の何に対しする執念からくるものなのだろうか。
 姫椿   :浅田次郎:読後に、温かい懐かしい思い出が蘇えり、ふっと安心感を抱く。

9月23日(木)秋分 3500歩(十兵衛ちゃんとちょとだけ遊ぶ)

9月24日(金)3500歩(十兵衛ちゃんと走り回る)

9月25日(土)3000歩(誰にも逢わず)

生活【充実】午前中は絵画教室・昼食は中華料理・昼食後は昼寝・夕食は炭焼き(スペヤリブ・かつおの鎌)・夜は銭湯と、充実した一日を過ごした。

9月26日(日)3000歩(誰にも逢わず)

9月27日(月)0歩(雨のため散歩中止)

本【推理小説】死神の精度:伊坂幸太郎:爽やかな終わり方が素晴らしい。一気に読んだ。
とにかく、登場する死神の設定が面白く、この設定なら楽しいお話が沢山書けそう。

9月28日(火)3500歩(十兵衛ちゃんとバリー君に逢う)

9月29日(水)2000歩(誰にも逢えず、途中から雨に降られた)

生活【災難】流し台の上の戸棚の扉が開いており、おもいっきりおでこをぶつけた。幸いなことに切れずにすみ、流血まではいたらなかった。ただ、これから寝るまでの貴重な2時間なのに、何もする気力が無くなり10時前におでこにアイスノンを載せて寝てしまった。傍ではメリーが心配する訳でもなく、おでこに心臓がもう一つある様にドクドクいっているのに、人の腕を枕にグーグー寝ている。

9月30日(木)3500歩(十兵衛ちゃんと走り回る)

10月01日(金)4000歩(十兵衛ちゃんとバリー君に逢う)

本【推理小説】第四の殺意:横山秀夫:己の隠された性を指摘され、殺意を抱く。この小説の初めに書かれている、八行の詩の意味するところがやっと理解できる。以前読んだ【第三の時効】と同様に、無駄のない文章校正で、短編なのだが人間像が上手く描かれているのに感嘆。

10月02日(土)4000歩(十兵衛ちゃんと走り回る)

本【購入】久しぶりに本を購入した。いつもは図書館で借りるのだが、それも最近TVで宣伝しているセブンイレブンのイーエスブックを利用してみた。配送料はゼロ円。これは当然だよね。お店まで受け取りにいくんだから。ただ、ネットで注文できるのが便利なだけ。購入した本は、 【皆川博子/著:死の泉】。この間読んだ【琴のそら音:皆川博子】の文体が気に入った為、罫線を引きながら読んでみたくなったのが購入の理由。積読にならなければいいのだが。

10月03日(日)0歩(雨のため散歩中止)

10月04日(月)4000歩(十兵衛ちゃんと走り回る)

囲碁【通信教育】 「布石」の次ぎ「定石」の学習を始める。