キャンプ(那須:アカパル)
 8月28日 5821歩 3.5km
 8月29日 0歩    キャンプ
 8月30日 0歩    キャンプ
 8月31日 0歩    キャンプ

 一年近くキャンプとご無沙汰していました。 新しいテントもやっと張る事が出来て満足。 でも雨に降られ「びじょびじょのテント」を乾かす事を考えると憂鬱です。特に今度のテントは寝室とリビングが一体になっているのでトップ・カバーが広く乾かすのに一苦労しそう。 今回のキャンプは気分爽快・美食満喫・肉体酷使でした。
 もっと健康によいキャンプがしたいよ。 
犬の行動と心理
 8月21日 2690歩 1.6km
 8月22日 0歩    館山出張の為散歩できず
 8月23日 9216歩 5.6km
 8月24日 9092歩 5.5km
 8月25日 4157歩 2.5km
 8月26日 0歩    送別会の為散歩できず
 8月27日 6761歩 4.1km

 最近仕事が忙しくなり日記を書く時間が取れない。
 「犬の行動と心理(平岩 米吉)」をamazonで購入した。本を購入するのは久しぶり。読みたい本は村の図書館で借りるか無い場合はリクエストして購入してもらい借りている。昔はよく本に罫線をひきながら読んでる途中戻りながらじっくりと読んでいた。久しぶりにこの本をじっくりと読んでみよう。
犬の夢
 8月20日 4941歩 3.0km

 昨日、犬の血液型を調べていたら面白そうな内容を発見。「わんちゃんは夢を見ているのでしょうか?」
 メリーが寝ている時をよく観察すると、「いびき・歯軋り・手足をひくひく・何か食べているのか口をもぐもぐ・眼球がぐるぐる・寝言(唸る・かん高い鳴声)」など、とにかくよく動いている。
 脳波検査でレム睡眠があるということから、わんちゃんも夢をみると考えられているそうだ。鳥類、哺乳類などは睡眠の脳波にはっきりした変化がありレム睡眠が認められている。これらは大脳皮質が十分に発達し夢を見る諸条件がととのっていると考えらる。レム睡眠があれば必ず夢を見るかどうかははっきりしていませんが鳥類、哺乳類などは夢をみている可能性がある。
 なるほど、メリーも夢をみる事ができるのか。いったいどんな夢をみているのかな。だぶん食べる事にはワン一倍執着心をもっているから美味しいご馳走でもたらふく食べている夢でもみているのかな。
犬の血液型
8月19日 6326歩 3.8km

 犬の血液型に関して調べたが、医学的な知識がないのでよく理解できなかった。 血液型はDEA(Dog Erythrocyte Antigen -犬赤血球抗原)型で分類されているそうだ。 人間と同じく犬の安全な輸血を行うための血液型の組み合わせがあるとの事。 いざという時の為に、メリーの血液型を調べておくべきかな。 また、わんちゃんも人間と同じく血液型と性格に医学的には関連はないみたい。
健康な脳
 8月13日 4166歩 2.5km
 8月14日 0歩
 8月15日 0歩
 8月16日 0歩
 8月17日 3601歩 2.2km
 8月18日 3841歩 2.3km
 8月というのに冷たい雨の日が続いている。雨量も半端でなくすごい。散歩にいけずせっかくの休日もなんとなく過ごすだけでした。

 健康体維持であまりきにしていなかった脳を鍛える方法を調べてみました。 集中力・記憶力を向上させる為には、脳の神経細胞を活性化し新たな緻密なネットワークを作ればよいわけである。 外部からの視覚情報・聴覚情報をうまく脳細胞に刺激を与える。 しかしそれらの情報を受け取るまえに「メンタル ・ブロック」(否定的な意識の壁)を取り除くことが大切。
 「メンタル・ブロック」とは、
   「そんなこと自分にできるはずばない」
   「うまくいくわけがない」
   「無理だ」
  といったネガティブな考えや心の持ちようのこと。

 ここで、自己解釈。
まずこころを静めて「なにごともなんとかなるさ。」と脳に情報受け取り態勢を作る。次に、物事を複雑に考えずに「シンプルな情報」のみを脳に整理して記憶する。「複雑な情報」は外部記録媒体にまかせる。無理に記憶を脳に強制しない。行動を起す前に、もう一度「他の人にこれからの行動を誤解なく伝えるシンプルな内容になっているか」を考察してみる。これらの一連の流れを短時間で処理できるよに繰り返し脳細胞に刺激を与える。

一番大切なのは、「今脳細胞に刺激を与えているんだな」と、自己陶酔していまうこと。
ペットと同居
8月12日 1739歩 1.0km
 散歩の途中で雨に降られた。 雨が降ってきたのにメリーは帰ろうとせずボールを投げろと催促。なんとか、引きずりながら帰ってきた。「その濡れた毛むくじゃらの体、だれが拭くんじゃ」

 猫や犬をよくなでたりすると血圧が下がるという情報を発見。更に、犬や猫などのペットを飼い、親友のように付き合っている高齢者ほど健康な傾向にある。という事は、自分は健康体で長生きできる??
健康体じゃなきゃ長生きしたくないもんな。
犬の献血
8月11日 3034歩 1.8km
 現在スイス大自然周遊(Zurich〜Geneve) を歩いています。
 11日間で3.7%を踏破、ゴールまで507.01km残っています。

 架空の世界でチューリヒ州を歩いていたら日本では見たことがない立て看板を発見。
 「犬の献血に御協力をお願いします。」 献血する犬の条件は、
 〈1〉健康であること
 〈2〉体重二十五キロ以上
 〈3〉年齢一歳以上十歳未満
 〈4〉温厚
 最後の「温厚」の条件はなぜ付けられたのでしょうか。人間の献血の条件にはそんな性格条件なんてきいたことないよな。 ちなみに、犬の血液型には八種類あるそうだ。 今度、犬の血液型について調べてみよう。

 この話し(犬の献血)は、2000/03/12 読売新聞に搭載された本当の記事らしい。
墓石
8月10日 4196歩 2.4km

 昨日の台風が去り朝から暑い。はじめて父と義理姉が収められている墓の石を汗を流しながらタワシでごしごしと。 何を思い立ったのか自分でもわからず墓掃除をするなんて。 歳のせいなのかな、墓の存在がきになるなんて。
ずーっといっしょ
 8月8日  3227歩 2.2km
 8月9日  0歩    0 km 台風のため散歩行けず。

 午前中は囲碁教室に行けた。 しかし午後から台風の影響で雨風がひどくなり外にでられなかったので、図書館で借りてきた「ずーっといっしょ:伊集院静・堂本剛」を読んで過ごした。 エッセイは好きじゃないけれど、わんが出てくるので読んでみるきになっただけ。 やはり、内容・挿絵ともいま一じゃなくいま十ぐらい退屈なものでした。 ただ、タイトルの「ずーっといっしょ」という言葉だけは気に入り、わんの温もりを一生忘れないでいられたらどんなに幸せだろうかと、感じた。
動物の鳴き声
 8月7日 4684歩 2.8km(総距離 13.28km)

 公園に散歩に行くと久しぶりに「ジューベイ」「カイト」「バティー」のワン友達に逢い、「メリー」はみんなと仲良く遊びへとへと状態。

 「バウリンガル」のネーミングに関して、アメリカでは犬の鳴き声を「バウワウ」というのでそこからとったのでは。 と教えてもらった。あ〜〜そうなんだ。 では、今回発売になる「ミャウリンガル」は「MEOW(ミャー)」からとったのだろうか。このような擬声語(擬音語)は一言で片付ければ文化の違いからということで。
 これら全て人間からの視点であり、犬や猫達には文化がない??から世界共通の泣き声で、どこの国のなかまたちともすぐに翻訳機などなくてもコミニケーションが得られるのかな。 またまた、ここで疑問発生。 犬と人間のコミュニケーションはさておき、犬同士のコミュニケーションは「鳴き声」と「体全体を使った動作」でどのようにしているのかな。 今度、じっくりとメリーに聞いてみよう。
海風通信(カモガワ開拓日記)
 8月6日 2652歩 1.6km
 散歩に行く時間が遅くなってしまったので、メリーをすり鉢公園で遊ばせ帰ってきた。 

 「海風通信(カモガワ開拓日記):村山 由佳著」を読み終えた。内容は都会暮らしからあこがれの田舎暮らしをした作家の話。
 夢を実現できる境遇がうらやましくこんな暮らしができたらいいな。「一日の時間が30時間に感じられる生活に変わった」という。イラスト・写真が多く搭載されていて、いつの日にか自分もこのような本を作ってみたいな。
ミャウリンガル
8月5日 0歩 0km

 夕方から突然の雷雨により本日の散歩は中止。 メリーもこのどしゃぶりの雨で素直に散歩を行くのをあきらめてくれました。

 犬語翻訳機「バウリンガル」の第二弾として猫語翻訳機「ミャウリンガル」が発売されるそうだ。
 ここでちょっとネーミングについて疑問発生。猫は「ミャ」と鳴くから「ミャウリンガル」で納得。犬は「バ」とは鳴かないよな。「バウリンガル」が予想外の人気だったのだろうと理解しておこう。

 さてさて、猫派人間には受けるだろうか。 
薬の副作用情報
8月4日 2653歩 1.6km

 とんでもなく暑い。昼飯を食べに自宅に戻る時の車の中はまさしくサウナ状態。夕方の散歩も、暑くて最短コースで帰ってきてしまった。

 気になる新聞記事。 「一般薬でも医療用薬品でも、副作用について企業や厚生労働省に報告できるのは、薬事法で規定された医師・薬剤師などの医療関係者に限られている。患者が直接、企業や行政当局につたえる経路は閉ざされている。米国では、患者から企業に報告された副作用例は、そのまま米食品医薬品局に提示できる。副作用には敏速な対処が必要という判断が優先している。」 
 医薬品の安全性に関しては、一般の患者からの多くの情報が必要不可欠と思っていたのだが、、、、。そういえば市販の薬箱には「お身体に異常を感じられた場合は、お医者様にご相談してください。」と書かれてあり、「当社に連絡をしてください。」とは記載されていない。
夏の温泉
8月3日 4259歩 2.6km

 昨日の頭痛に懲りて、日中は家の中にこもりパステル画製作。メリーも玄関の冷たいタイルの上でお昼寝。

 世事を離れてのんびりと温泉にでもつかりたいな。夏の温泉の正しい入り方を調べてみました。
 温泉に入り汗を出す。お茶か水で水分補給する。これを何度か繰り返す。汗はもともと血液(汗腺周辺を巡っている毛細血管の血液から水分と濃縮された老廃物がこしだされて汗となる)。 汗をだしては水分を補う事を繰り返せば、細胞と毛細血管の間を水分が何度も掃除することになる。新陳代謝は高まって、疲れも取れる。
ダッチオーブン料理=頭痛
チューリッヒをスタートしました。
 8月1日 3835歩 2.3km
 8月2日 3623歩 2.2km
 
 キャンプは梅雨明けしたせいかどこも予約でいっぱい。しかたなく、自宅の駐車場
でダッチオーブン料理(ローストポーク)で我慢。 軟弱なボデーに真夏の日差しは
強すぎて頭痛発病。腕は日焼けしてひりひり。はやく夏向けボデーに変身しなくては。
スイス大自然周遊(夏秋編)
 今日からまた健康ウォーキング「 スイス大自然周遊(夏秋編)」再開です。

 今回はのんびりと健康について考えながらバーチャル・ウォーキングを楽しみます。たまにはウォーキングを休み、滞在しながら。
2003 - August
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
過去記事
Profile
名前ケンケンパパ
毎日の出来事を忘れ去るのが悔しい。
リンク
カテゴリー
カウンター

昨日
今日