久しぶりの黒★五つの本に出合いました。 物語の展開が良かったわけではなく、文章が良かった。 内容は母娘3世代の物語で、これといった面白みがあるわけでもない。 とにかく文章が軽妙で静謐な筆致であった。 さっそく稲葉真弓の本を図書館から二冊借りてきました。