これがフランス映画なんだね。 パリのモンマルトルを舞台に、ゆったりとしたストーリ展開で夢見がちに生きる女の子『アメリ』の日常の話。 愛らしいその女の子のお節介というより悪戯の企ては『他人を幸福にしてあげたい』、そしてそれを密かな喜びとしているのである。

 この映画から得られる心の癒されを、決して韓国映画では感じることができない『乾燥した癒し』さらっとした幸福感と、表現したい。
 
 アメリを演じたオドレイ・トトゥは、そうなんです『ダ・ヴィンチ・コード 』のヒロイン暗号解読官役ソフィー・ヌヴーだったのでした。 知らなかった。